KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 自衛隊員
  • 急ピッチ
  • 立ち往生
  • 横断道路
  • 知床横断
  • 北海道羅臼町
  • アルペンルート
  • 全線開通
  • 黒竜江省
  • 世界遺産

「除雪作業」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
458
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
458
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    北陸自動車道の立ち往生 北陸道と国道、同時にまひ

    大雪の影響により車が立ち往生した福井県の北陸自動車道福井北―福井IC間で除雪作業をする陸上自衛隊員=10日

    撮影: 10日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    北陸自動車道の除雪作業 北陸道の立ち往生、百台に

    大雪による立ち往生が解消されない北陸自動車道上り線で続く除雪作業=11日午前11時51分、福井県あわら市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11日午前11時51分、福井県あわら市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    北陸道の陸自隊員 大雪で一時千台超立ち往生

    大雪の影響により車の立ち往生が続く福井県の北陸自動車道福井北―福井IC間で除雪作業をする陸上自衛隊員=10日午後4時17分

    撮影: 10日午後4時17分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    北陸道で作業する陸自隊員 大雪で一時千台超立ち往生

    大雪の影響により車の立ち往生が続く福井県の北陸自動車道福井北―福井IC間で除雪作業をする陸上自衛隊員=10日午後4時14分

    撮影: 10日午後4時14分

  • 2021年01月10日
    富山駅前で除雪作業 富山、福井が災害派遣要請

    富山駅前で雪かきをする人たち=10日午前

    撮影: 10日午前

  • 01:07.80
    2021年01月06日
    空撮 陸自隊員100人が作業 記録的大雪の秋田県横手市

    記録的大雪に見舞われた秋田県横手市で6日、県からの災害派遣要請を受けた陸上自衛隊秋田駐屯地(秋田市)の隊員約100人が、住宅や学校などの除雪作業に当たった。<映像内容>秋田県横手市の市立栄小学校で屋根の雪下ろしをする陸自隊員ら、雪が積もった市立朝倉小学校と付近の自衛隊の車両などを共同通信社機から撮影した映像、撮影日:2021(令和3)年1月6日、撮影場所:秋田県横手市

    撮影: 2021(令和3)年1月6日

  • 2020年12月19日
    除雪作業する男性 関越道再開めど立たず

    関越自動車道の大和スマートインターチェンジで除雪作業をする男性=19日午前10時32分、新潟県南魚沼市

    撮影: 19日午前10時32分、新潟県南魚沼市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月18日
    除雪する人たち 大雪の関越道で車立ち往生

    夕暮れを迎えた関越自動車道の上り線で除雪作業をする作業員ら=18日午後4時49分、新潟県南魚沼市

    撮影: 18日午後4時49分、新潟県南魚沼市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月18日
    除雪作業する人たち 大雪の関越道で車立ち往生

    関越自動車道上り線の立ち往生した車列付近で続く除雪作業。車は順番に移動していた=18日午後3時28分、新潟県南魚沼市

    撮影: 18日午後3時28分、新潟県南魚沼市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月18日
    続く除雪作業 大雪の関越道で車立ち往生

    関越自動車道上り線の立ち往生した車列付近で続く除雪作業。車は順番に移動していた=18日午後3時25分、新潟県南魚沼市

    撮影: 18日午後3時25分、新潟県南魚沼市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月18日
    車列と除雪作業 大雪の関越道で車立ち往生

    関越自動車道上り線の立ち往生した車列周辺で続く除雪作業=18日午後1時41分、新潟県南魚沼市

    撮影: 18日午後1時41分、新潟県南魚沼市

  • 2020年12月18日
    車両後方で行われる除雪 関越道、長引く立ち往生

    新潟県の関越自動車道上り線の六日町IC付近で、立ち往生した車の後方で行われる除雪作業。この後、車はUターンして移動した=18日午前10時30分

    撮影: 18日午前10時30分

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:36.19
    2020年12月18日
    空撮 関越道、長引く立ち往生 下りは解消、大雪の新潟

    今季最強の寒気による大雪で多数の車が立ち往生した新潟、群馬県境付近の関越自動車道で18日、東日本高速道路などが除雪作業を進めた。午前6時すぎに下り線の立ち往生は解消したが、上り線には多数の車が残されており、新潟県警によると、数百台に及ぶとの情報がある。映像内容〉新潟県の関越自動車道上り線で立ち往生した車やトラックの列。現場で行われた復旧作業の様子、撮影日:2020(令和2)年12月18日、撮影場所:新潟県南魚沼市

    撮影: 2020(令和2)年12月18日

  • 2020年12月17日
    屋根や道路の除雪作業 日本海側で大雪続く

    大雪が降り積もった新潟県湯沢町。住民らが屋根や道路の除雪作業に追われた=17日午後

    撮影: 17日午後

  • 2020年12月17日
    大雪の新潟県湯沢町 日本海側で大雪続く

    大雪が降り積もった新潟県湯沢町。住民らが道路の除雪作業に追われた=17日午後

    撮影: 17日午後

  • 2020年12月17日
    道路の除雪作業をする住民 日本海側で大雪続く

    新潟県湯沢町で道路の除雪作業をする住民ら=17日午後

    撮影: 17日午後

  • 2020年12月17日
    大雪が降り積もった湯沢町 日本海側で大雪続く

    大雪が降り積もった新潟県湯沢町。住民らが道路の除雪作業に追われた=17日午後

    撮影: 17日午後

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.82
    2020年12月01日
    「新華社」山西省で大雪、除雪作業で鉄道の安全を確保

    中国山西省は1日、各地で大雪に見舞われ、列車の運行に支障を来す恐れが生じた。凍結すると分岐器の開通方向が表示されず、列車が指定のホームに到達できなくなる。鉄道の正常運行と利用客の安全を確保するため、中国鉄路太原局集団の太原南工務段(保線区)の作業員は吹雪の中、夜を徹して分岐器の除雪作業を行い、凍結を防いだ。<映像内容>分岐器の除雪作業の様子、撮影日:2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.14
    2020年11月24日
    「新華社」武当山で初雪、職員らが雪かき湖北省十堰市

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山でこのほど、初雪が降り、一面に美しい風景が広がった。風景区内の通行に支障が出ないよう、職員らは防護装備を身に着け、スコップで駐車場や神道の階段の除雪作業を行った。(記者/李偉)<映像内容>武当山の雪景色、除雪の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    黒竜江省で大雪、順調な中ロ貿易のため24時間態勢で除雪

    19日、綏芬河鉄道口岸で作業に当たる除雪専門チーム。中国黒竜江省は19日、大雪に見舞われ、同省最大の対ロシア鉄道口岸(通関地)である綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の運用にも影響が出た。同口岸では事前に除雪緊急対応措置を開始、除雪専門チームを立ち上げ、分岐器や作業線路、機械組立場などを対象に24時間態勢で除雪作業を行った。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    黒竜江省で大雪、順調な中ロ貿易のため24時間態勢で除雪

    19日、大雪に見舞われた綏芬河鉄道口岸。中国黒竜江省は19日、大雪に見舞われ、同省最大の対ロシア鉄道口岸(通関地)である綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の運用にも影響が出た。同口岸では事前に除雪緊急対応措置を開始、除雪専門チームを立ち上げ、分岐器や作業線路、機械組立場などを対象に24時間態勢で除雪作業を行った。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    黒竜江省で大雪、順調な中ロ貿易のため24時間態勢で除雪

    19日、綏芬河鉄道口岸で作業に当たる除雪専門チーム。中国黒竜江省は19日、大雪に見舞われ、同省最大の対ロシア鉄道口岸(通関地)である綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の運用にも影響が出た。同口岸では事前に除雪緊急対応措置を開始、除雪専門チームを立ち上げ、分岐器や作業線路、機械組立場などを対象に24時間態勢で除雪作業を行った。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    黒竜江省で大雪、順調な中ロ貿易のため24時間態勢で除雪

    19日、綏芬河鉄道口岸で作業に当たる除雪専門チームのメンバー。中国黒竜江省は19日、大雪に見舞われ、同省最大の対ロシア鉄道口岸(通関地)である綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の運用にも影響が出た。同口岸では事前に除雪緊急対応措置を開始、除雪専門チームを立ち上げ、分岐器や作業線路、機械組立場などを対象に24時間態勢で除雪作業を行った。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月16日
    青森市内の除雪作業 雪の悩み、先端技術で解決

    青森市内で除雪作業をする人=2018年1月

    撮影: 2018年1月

  • 2020年11月01日
    中国で最も寒い町で今秋最大の降雪黒竜江省大興安嶺

    1日、雪が積もった大興安嶺地区呼中区で除雪作業をする車両。「中国で最も寒い町」と呼ばれる黒竜江省大興安嶺地区呼中区は10月31日の朝から、寒気と暖気がぶつかった影響を受けて大雪になった。積雪は最も深いところで30センチ以上にも達した。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    中国で最も寒い町で今秋最大の降雪黒竜江省大興安嶺

    1日、雪が積もった大興安嶺地区呼中区で除雪作業をする車両。「中国で最も寒い町」と呼ばれる黒竜江省大興安嶺地区呼中区は10月31日の朝から、寒気と暖気がぶつかった影響を受けて大雪になった。積雪は最も深いところで30センチ以上にも達した。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    黒竜江省、大興安嶺地区で初雪

    11日、初雪が積もった大興安嶺地区呼中区で除雪作業をする車両。中国黒竜江省の大興安嶺地区に位置する漠河市や呼中区などで11日、初雪が観測された。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    黒竜江省の多くの地域で大雪に積極対応

    21日、除雪作業に導入された大型機械。中国黒竜江省チチハル市では19日午後3時から21日午前8時までの1日当たりの平均降水量が25・6ミリに達し、気象部門から一時的に大雪赤色警報が発令された。省内の複数の地域では積極的な措置を講じ、大雪に対応した。(チチハル=新華社配信/宋燕軍)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.44
    2020年04月19日
    「新華社」黒竜江省の多くの地域で大雪に各地で積極対応

    中国黒竜江省の黒河市やチチハル市、大興安嶺地区南部などで19日から大雪が降り続き、一部地域は激しい大吹雪に見舞われた。省内の高速道路は大部分が閉鎖された。極端な天候を受け、同省各地の関連部門は緊急対応策を迅速に発動し、道路の除雪に当たった。作業は人手と機械を組み合わせた方式で進められ、車道は機械装置、歩道は清掃作業員が担った。機械オペレーターが24時間体制で降雪に即応し、降った雪をできる限り早く道路脇に寄せることで、雪による交通への影響が出ないようにしている。(記者/馬知遥)<映像内容>黒竜江省で大雪、除雪作業の様子、撮影日:2020(令和2)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月16日
    銀世界

    トルコ東部ムシュ県での除雪作業。どこに道があるのか分からないほどの雪深さです。(ゲッティ=共同)

  • 2020年04月01日
    立山黒部アルペンルート アルペンルートの除雪進む

    全線開通に向け、除雪作業が急ピッチで進む「立山黒部アルペンルート」=3月、富山県立山町(たてやままち)

    撮影: 3月、富山県立山町

  • 2020年03月19日
    除雪進むアルペンルート 春へ、雪原の曲線美しく

    4月の全線開通に向け、除雪作業が急ピッチで進む「立山黒部アルペンルート」=19日午後、富山県立山町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日午後、富山県立山町

  • 2020年03月19日
    立山黒部アルペンルート 春へ、雪原の曲線美しく

    4月の全線開通に向け、除雪作業が急ピッチで進む「立山黒部アルペンルート」=19日、富山県立山町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日、富山県立山町

  • 01:01.32
    2020年03月19日
    空撮 除雪が進む立山黒部アルペンルート

    北アルプス・立山連峰を貫き、富山県と長野県を結ぶ観光路「立山黒部アルペンルート」で、4月15日の全線開通に向け急ピッチで除雪作業が進んでいる。<映像内容>除雪作業が進む立山黒部アルペンルートの空撮、撮影日:2020(令和2)年3月19日、撮影場所:富山県立山町

    撮影: 2020(令和2)年3月19日

  • 2020年03月02日
    黒竜江省最大の対ロ鉄道通関地、大雪から定時運行を守る

    2日、綏芬河駅で除雪作業に当たる作業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市は2日午後から広範囲で雪となり、6時間ほど降り続いた。綏芬河鉄道駅では直ちに緊急除雪対応を発動、延べ130人を動員し、中国とロシアを結ぶ鉄道の共同運送広軌場や機械式貨物積み替えステーション、駅の出入り口などを監視、除雪作業に当たった。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月02日
    黒竜江省最大の対ロ鉄道通関地、大雪から定時運行を守る

    2日、綏芬河駅での貨物積み下ろし作業の様子。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市は2日午後から広範囲で雪となり、6時間ほど降り続いた。綏芬河鉄道駅では直ちに緊急除雪対応を発動、延べ130人を動員し、中国とロシアを結ぶ鉄道の共同運送広軌場や機械式貨物積み替えステーション、駅の出入り口などを監視、除雪作業に当たった。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月02日
    黒竜江省最大の対ロ鉄道通関地、大雪から定時運行を守る

    2日、綏芬河駅で雪の中で作業する従業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市は2日午後から広範囲で雪となり、6時間ほど降り続いた。綏芬河鉄道駅では直ちに緊急除雪対応を発動、延べ130人を動員し、中国とロシアを結ぶ鉄道の共同運送広軌場や機械式貨物積み替えステーション、駅の出入り口などを監視、除雪作業に当たった。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月02日
    黒竜江省最大の対ロ鉄道通関地、大雪から定時運行を守る

    2日、綏芬河駅で除雪作業に当たる従業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市は2日午後から広範囲で雪となり、6時間ほど降り続いた。綏芬河鉄道駅では直ちに緊急除雪対応を発動、延べ130人を動員し、中国とロシアを結ぶ鉄道の共同運送広軌場や機械式貨物積み替えステーション、駅の出入り口などを監視、除雪作業に当たった。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、シャングリラ空港7号ボーディング・ブリッジ周辺の除雪を行う雲南デチェン森林消防大隊の救援隊員ら。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、自作の道具を使って駐機場の除雪をする雲南デチェン森林消防大隊の救援隊員ら。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、除雪を終えシャングリラ空港の職員と記念撮影する雲南デチェン森林消防大隊の隊員ら。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    天津空港、連夜の除雪作業で安全な運航を確保

    6日、天津浜海国際空港で除雪・凍結防止作業にあたる作業員。中国天津市で5日、2020年の初雪が降った。同市の天津浜海国際空港では乗客の安全な旅を保障するため、空港職員が連夜にわたって空港の敷地内や航空機などの除雪を行った。現在、同空港ではスムーズに飛行機の離着陸が行われているという。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、協力して滑走路の除雪を進める雲南デチェン森林消防大隊の救援隊員ら。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、シャングリラ空港6号搭乗橋の周辺で除雪を行う雲南デチェン森林消防大隊の救援隊員ら。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、重機を使った除雪を指揮する雲南デチェン森林消防大隊1中隊の薛宇(せつ・う)中隊長。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、協力して滑走路の除雪を進める雲南デチェン森林消防大隊の救援隊員ら。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、航空機の着陸に備え、除雪を急ぐ雲南デチェン森林消防大隊の救援隊員ら。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、シャングリラ空港の滑走路末端灯に積もった雪を取り除く雲南デチェン森林消防大隊1中隊の譚幇強(たん・ほうきょう)班長。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、駐機場の除雪を行う雲南デチェン森林消防大隊の隊員ら。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、シャングリラ空港滑走路の除雪を急ピッチで進める雲南デチェン森林消防大隊の救援隊員ら。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    高原の空港で除雪作業急ピッチ雲南省シャングリラ市

    6日、気温が急激に下がった空港で、除雪の合間に手で耳を覆って暖める雲南デチェン森林消防大隊2中隊の廖貴江(りょう・きこう)消防隊員。中国南西部の高原地帯に位置する雲南省シャングリラ市は6日、突然の大雪に見舞われた。シャングリラ空港では積雪が約10センチに達し、通常運航が不可能になったため、緊急出動した地元の森林消防隊が150分間にわたり急ピッチで除雪を進め、高原の空港の「生命線」を順調に復旧させた。(シャングリラ=新華社記者/孫敏)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    天津空港、連夜の除雪作業で安全な運航を確保

    6日、天津浜海国際空港の敷地内で除雪作業にあたる作業員。中国天津市で5日、2020年の初雪が降った。同市の天津浜海国際空港では乗客の安全な旅を保障するため、空港職員が連夜にわたって空港の敷地内や航空機などの除雪を行った。現在、同空港ではスムーズに飛行機の離着陸が行われているという。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月05日
    天津空港、連夜の除雪作業で安全な運航を確保

    5日、天津浜海国際空港で行う航空機の防除雪氷作業の様子。中国天津市で5日、2020年の初雪が降った。同市の天津浜海国際空港では乗客の安全な旅を保障するため、空港職員が連夜にわたって空港の敷地内や航空機などの除雪を行った。現在、同空港ではスムーズに飛行機の離着陸が行われているという。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月05日
    天津空港、連夜の除雪作業で安全な運航を確保

    5日、天津浜海国際空港の敷地内で除氷を行うデアイシングカー(除氷車)。中国天津市で5日、2020年の初雪が降った。同市の天津浜海国際空港では乗客の安全な旅を保障するため、空港職員が連夜にわたって空港の敷地内や航空機などの除雪を行った。現在、同空港ではスムーズに飛行機の離着陸が行われているという。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    大雪で高寒高速鉄道が移動手段の第一選択肢に黒竜江省

    18日、ハルビン太平国際空港で除雪作業を行う職員。中国黒竜江省の大部分の地域はこのほど、大雪となり、航空便の運航や高速道路の通行に影響が出る中、高地や寒冷地でも運行が可能な高寒高速鉄道が、地元の長距離移動手段の第一選択肢となった。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.63
    2019年04月14日
    「北海道新聞」雪壁眺めのんびり 知床横断道でウオーク

    大型連休前の開通を目指して除雪作業が行われている知床横断道路(国道334号)を歩く「知床雪壁(ゆきかべ)ウオーク2019」(実行委主催)が4月14日、羅臼町とオホーツク管内斜里町の2コースで行われた。羅臼側のコースには道内外から約200人が参加し、道の駅知床・らうす前から知床峠の手前2キロのスタート地点までバスで移動。コースは上り1キロ、下り9キロで、最高7メートルにもなる雪壁の間を歩き、ロータリー車による除雪作業を見学したり、雪壁や国後島をバックに写真撮影を楽しんだりしながらゴールを目指した。<映像内容>雪壁に書かれた「知床雪壁ウオーク2019スタート」の文字、スタートの掛け声、知床雪壁ウオークを楽しむ人々、知床の自然、除雪中のロータリー車を見学する人々、雪壁の前で記念写真を撮る人々、撮影日:2019(平成31)年4月14日、撮影場所:北海道 羅臼町、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(平成31)年4月14日、北海道 羅臼町

  • 2019年04月05日
    世界遺産・知床、春の準備
  • 2019年04月05日
    世界遺産・知床、春の準備
  • 2019年04月05日
    世界遺産・知床、春の準備
  • 2019年04月05日
    世界遺産・知床、春の準備
  • 2019年04月05日
    知床横断道の除雪作業 世界遺産・知床、春の準備

    大型連休前の開通を目指し、除雪作業が進む知床横断道路=5日、北海道羅臼町

    撮影: 5日、北海道羅臼町

  • 2019年04月05日
    世界遺産・知床、春の準備
  • 01:27.52
    2019年04月05日
    知床で春の準備、急ピッチ 横断道路で除雪作業進む

    世界自然遺産の北海道・知床で、国土交通省北海道開発局が5日、冬季通行止めとなっている知床横断道路(国道334号)の除雪作業を報道関係者に公開した。観光客が訪れる大型連休前の開通が目標で、春を迎える準備が進んでいる。<映像内容>道路両脇の雪壁、作業中の除雪車とショベルカーの雑観、除雪車から排出される雪のアーチ、国後島や羅臼岳と作業現場、国土交通省北海道開発局の中標津道路事務所の飯田智所長のインタビューなど、撮影日:2019(平成31)年4月5日、撮影場所:北海道 知床

    撮影: 2019(平成31)年4月5日

  • 2019年03月26日
    除雪作業のパートナー社員 冬の線路、住民が守る

    茂辺地駅の構内で線路の除雪作業に当たる、道南いさりび鉄道の「パートナー社員」=1月、北海道北斗市

    撮影: 1月、北海道北斗市

  • 2019年03月26日
    除雪作業 冬の線路、住民が守る

    茂辺地駅の構内で線路の除雪作業に当たる、道南いさりび鉄道の「パートナー社員」=1月、北海道北斗市

    撮影: 1月、北海道北斗市

  • 2019年03月12日
    旧蒜山大山スカイライン除雪作業

    雪を飛ばしながら進む除雪車=真庭市蒜山下徳山。春の観光シーズンに向け、冬季閉鎖中の真庭市―鳥取県江府町間の旧蒜山大山スカイライン(県道大山上福田線)で、除雪作業が進んでいる。今季は積雪が少なく、例年より1カ月ほど早い3月末に全面開通する見込み。=2019(平成31)年3月12日、岡山県真庭市蒜山下徳山、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 真庭市蒜山下徳山。春の観光シーズンに向け、冬季閉鎖中の真庭市―鳥取県江府町間の旧蒜山大山スカイライン

  • 00:47.94
    2019年03月12日
    「東奥日報」「雪の回廊」除雪進む/八甲田・十和田ライン

    八甲田・十和田ゴールドライン(国道103号)のうち、積雪のため閉鎖中の青森市酸ケ湯-十和田市谷地間約8キロで除雪作業が進んでいる。12日は霧が立ち込める中、酸ケ湯ゲートから約2キロ付近でロータリー除雪車が削った雪を吹き飛ばしていた。28日に傘松峠で貫通式を行う。<映像内容>八甲田・十和田ゴールドライン(国道103号)の除雪作業、撮影日:2019(平成31年)年3月12日、撮影場所:八甲田・十和田ゴールドライン(国道103号)、閉鎖中の青森市酸ケ湯-十和田市谷地間約8キロ、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(平成31年)年3月12日、八甲田・十和田ゴールドライン(国道103号)、閉鎖中の青森市酸ケ湯-十和田市谷地間約8キロ

  • 2019年02月21日
    新潟県十日町市 定住者増へ各地で模索

    除雪作業に取り組む「地域おこし協力隊」の石渡大夢さん(手前)=新潟県十日町市

  • 2019年02月14日
    青海省玉樹で大雪被害道路の円滑な通行を全力で保障

    14日、雑多県扎青郷の道路で除雪作業を行う住民。中国青海省玉樹チベット族自治州では、昨年12月下旬以降、広範囲にわたる大雪が頻繁に生じており、一部地域では積雪が45センチに達し、全自治州の1市5県はいずれも程度の異なる大雪被害に見舞われている。特に雑多県では最も深刻な被害を受け、被害の大きかった扎青、莫雲など6つの郷鎮の18の村で道路がひどく渋滞した。雑多県は大型機械37台を動員し、道路の円滑な通行の確保に全力を尽くしている。(玉樹=新華社配信/張竜)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:38.93
    2019年02月14日
    JR北海道、夜間作業公開 雪と格闘

    JR北海道は16日までに、函館線小樽駅で夜間の除雪作業を報道陣に公開した。作業員らは厳しい寒さの中「なんとしても始発列車の運行時刻を守る」との思いで雪と格闘。北海道全域で、日中を含め1日に1100人前後が作業に当たり、人件費などは年間約50億円に上る。作業現場が公開された14日未明は雪が強く降り、気温は氷点下6~7度。雪が10センチ以上積もった本線や留置線を、「排雪モータカーロータリー」と呼ばれる除雪車両が時速約15キロで行き来した。〈映像内容〉JR北海道が函館線小樽駅で報道陣に公開した夜間の除雪作業の様子、木原昌良(きはら・よしまさ)小樽駅長の話、撮影日:2019(平成31)年2月14日、撮影場所:北海道 函館線小樽駅

    撮影: 2019(平成31)年2月14日

  • 2019年02月14日
    青海省玉樹で大雪被害道路の円滑な通行を全力で保障

    14日、雑多県扎青郷で除雪作業を行うブルドーザー。中国青海省玉樹チベット族自治州では、昨年12月下旬以降、広範囲にわたる大雪が頻繁に生じており、一部地域では積雪が45センチに達し、全自治州の1市5県はいずれも程度の異なる大雪被害に見舞われている。特に雑多県では最も深刻な被害を受け、被害の大きかった扎青、莫雲など6つの郷鎮の18の村で道路がひどく渋滞した。雑多県は大型機械37台を動員し、道路の円滑な通行の確保に全力を尽くしている。(玉樹=新華社配信/張竜)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    青海省玉樹で大雪被害道路の円滑な通行を全力で保障

    13日、チャナイラカ(zhanailaka)山の峠で除雪作業を行う雪かき車。中国青海省玉樹チベット族自治州では、昨年12月下旬以降、広範囲にわたる大雪が頻繁に生じており、一部地域では積雪が45センチに達し、全自治州の1市5県はいずれも程度の異なる大雪被害に見舞われている。特に雑多県では最も深刻な被害を受け、被害の大きかった扎青、莫雲など6つの郷鎮の18の村で道路がひどく渋滞した。雑多県は大型機械37台を動員し、道路の円滑な通行の確保に全力を尽くしている。(玉樹=新華社配信/張竜)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    青海省玉樹で大雪被害道路の円滑な通行を全力で保障

    13日、雑多県へ至る309省級道路で除雪作業を行うブルドーザー。中国青海省玉樹チベット族自治州では、昨年12月下旬以降、広範囲にわたる大雪が頻繁に生じており、一部地域では積雪が45センチに達し、全自治州の1市5県はいずれも程度の異なる大雪被害に見舞われている。特に雑多県では最も深刻な被害を受け、被害の大きかった扎青、莫雲など6つの郷鎮の18の村で道路がひどく渋滞した。雑多県は大型機械37台を動員し、道路の円滑な通行の確保に全力を尽くしている。(玉樹=新華社配信/張竜)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月12日
    ブラックテクノロジーで除雪北京市

    12日、午前10時ごろに六環路で融雪剤を散布する車。中国北京市の高速道路の建設・運営管理を行う北京市首都公路発展集団有限公司(首発集団)によると、北京市は12日の降雪後、高速道路降雪凍結警報システムを初めて始動させたという。同システムは、路面センサーのデータをもとに科学的分析を行い、ピンポイントに除雪作業を手配できる。除雪作業の効率向上のため、同システムを開発した首発集団養護公司の応急指揮センターは、北京市気象局の気象システムを導入している。指揮センターは降雪前に天気予報と衛星画像の状況に基づき降雪予測を行い、パトロールや当直などの任務をピンポイントに配置している。気象システムのサポートを受け、指揮センターは管轄する道路内の1キロあたりの周辺温度をリアルタイムで調べ、指標に従いリソースを合理的に配分し、除雪作業の手配を行うことができる。(北京=新華社配信/張瑜)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月12日
    北京で降雪バス3路線運休鉄道駅周辺の輸送力を増強

    12日、北京西駅で路面の除雪作業をする駅職員。中国北京市で12日、降雪が観測された。北京公共交通集団では、乗客の利便性を最大限に確保するため緊急輸送態勢を取っており、バス3路線を運休にし、鉄道駅周辺の輸送力を増強している。(北京=新華社配信/王思宇)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月12日
    北京で降雪バス3路線運休鉄道駅周辺の輸送力を増強

    12日、大興区旧宮鎮の快速路線バス(BRT1)の徳茂荘バス停で、除雪作業をするスタッフ。中国北京市で12日、降雪が観測された。北京公共交通集団では、乗客の利便性を最大限に確保するため緊急輸送態勢を取っており、バス3路線を運休にし、鉄道駅周辺の輸送力を増強している。(北京=新華社配信/潘明剛)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月12日
    北京で積雪美しい白銀の世界に変身

    12日、北京市の会城門橋付近で、除雪作業を行う清掃員。中国北京市で12日、降雪があり、市街地や山間部は一面の銀世界に覆われた。(北京=新華社記者/張玉薇)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月12日
    ブラックテクノロジーで除雪北京市

    12日、正午ごろの指揮サブセンターのデジタル監視制御システム。中国北京市の高速道路の建設・運営管理を行う北京市首都公路発展集団有限公司(首発集団)によると、北京市は12日の降雪後、高速道路降雪凍結警報システムを初めて始動させたという。同システムは、路面センサーのデータをもとに科学的分析を行い、ピンポイントに除雪作業を手配できる。除雪作業の効率向上のため、同システムを開発した首発集団養護公司の応急指揮センターは、北京市気象局の気象システムを導入している。指揮センターは降雪前に天気予報と衛星画像の状況に基づき降雪予測を行い、パトロールや当直などの任務をピンポイントに配置している。気象システムのサポートを受け、指揮センターは管轄する道路内の1キロあたりの周辺温度をリアルタイムで調べ、指標に従いリソースを合理的に配分し、除雪作業の手配を行うことができる。(北京=新華社配信/王瑩)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月12日
    ブラックテクノロジーで除雪北京市

    12日、正午ごろに六環路で融雪剤を散布する車。中国北京市の高速道路の建設・運営管理を行う北京市首都公路発展集団有限公司(首発集団)によると、北京市は12日の降雪後、高速道路降雪凍結警報システムを初めて始動させたという。同システムは、路面センサーのデータをもとに科学的分析を行い、ピンポイントに除雪作業を手配できる。除雪作業の効率向上のため、同システムを開発した首発集団養護公司の応急指揮センターは、北京市気象局の気象システムを導入している。指揮センターは降雪前に天気予報と衛星画像の状況に基づき降雪予測を行い、パトロールや当直などの任務をピンポイントに配置している。気象システムのサポートを受け、指揮センターは管轄する道路内の1キロあたりの周辺温度をリアルタイムで調べ、指標に従いリソースを合理的に配分し、除雪作業の手配を行うことができる。(北京=新華社配信/王帥)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月12日
    ブラックテクノロジーで除雪北京市

    12日、午前10時ごろに五環路で融雪剤や長い橋用の融雪液を散布する車。中国北京市の高速道路の建設・運営管理を行う北京市首都公路発展集団有限公司(首発集団)によると、北京市は12日の降雪後、高速道路降雪凍結警報システムを初めて始動させたという。同システムは、路面センサーのデータをもとに科学的分析を行い、ピンポイントに除雪作業を手配できる。除雪作業の効率向上のため、同システムを開発した首発集団養護公司の応急指揮センターは、北京市気象局の気象システムを導入している。指揮センターは降雪前に天気予報と衛星画像の状況に基づき降雪予測を行い、パトロールや当直などの任務をピンポイントに配置している。気象システムのサポートを受け、指揮センターは管轄する道路内の1キロあたりの周辺温度をリアルタイムで調べ、指標に従いリソースを合理的に配分し、除雪作業の手配を行うことができる。(北京=新華社配信/曹偉)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月31日
    除雪作業をする男性 米に寒波、氷点下41度

    吹雪の中、除雪作業をする男性=30日、米ニューヨーク州バファロー(ロイター=共同)

    撮影: 30日、米ニューヨーク州バファロー

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:53.83
    2019年01月11日
    「新華社」ロシア式の除雪作業大砲射撃で高速道路の雪崩を解消

    ロシア非常事態省の作業員は11日、雪に覆われた山を大砲で射撃し人為的な雪崩を起こすことで、雪崩の恐れで閉鎖されたコーカサス横断高速道路の開通作業を行った。同高速道路はコーカサス地域の南北を結ぶ唯一の道路で、雪崩多発地点が234カ所もあり「ロシアで最も危ない道」と呼ばれている。同日の射撃作業では、作業員63人と装備11件が投入されたという。(記者/張若玄、李東旭)<映像内容>ロシア式の除雪作業、雪崩、撮影日:2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月09日
    竜門石窟が雪化粧、水墨画のような風景に河南省洛陽市

    9日、竜門石窟風景区にある盧舎那大仏の前の階段で除雪作業をする清掃員。中国河南省の洛陽市にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)風景区では9日、雪がやんだ後、辺り一面に銀世界が広がり、水墨画のような風景となった。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:50.88
    2018年12月30日
    「新華社」「瑞雪は豊年の兆し皆で道路の安全確保」湖南省

    中国湖南省の西部から東部にかけての大半の地区では12月28日以来、大雪が降り、張家界や鳳凰古城などの景勝地には、雪景色を見ようと大勢の観光客が訪れている。同月30日、省都の長沙はすっかり雪化粧し、南方の都市が一味違った銀世界の様相を見せた。多くの市民が早くから外に出て珍しい雪景色を眺め、写真を撮っていた。また多くの清掃作業員たちも、朝早くから道路で除雪作業を始めていた。大雪は湖南省に美しい景色をもたらしたが、同時に交通や電力、民間航空にはかなりの影響を与えている。同月29日の昼11時、湖南省の電力需要が初めて3008万キロワットを突破、過去最高を更新した。電力供給を保障するため、国家電網湖南省電力公司は延べ2万人近くを投入して凍結状況の観測や巡回応急修理に当たるとともに、多くの主要電線路で交流・直流融氷を実施し、省全域の生産・生活に必要な電力を確保している。湖南高速公路公司は同月27日、凍結防止通行保障対策を始動させ、特に西部山岳地帯の高速道路については重点的に防護措置を講じている。融雪剤の散布や除氷車による除雪などの措置で基本的な通行を確保し、重点箇所の橋梁や道路区間は熱再生加熱機などの機械で除雪・除氷を行っている。高速道路交通警察は多くの料金所で交通管制を実施。長沙黄花国際空港には除氷車と除雪車11台が出動して連続的に作業を続け、旅行客の旅の安全を保障している。(記者/姚羽、范軍威)<映像内容>中国湖南省の降雪の様子、撮影日:2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月30日
    南方の都市が雪化粧湖南省長沙市

    12月30日、長沙市内で道路の除雪作業を行う作業員。中国湖南省長沙市で2018年12月29日夜から、北方の寒気が南下して気温が低下し、雨や雪が降った。これを受け、地元政府は市民の生産活動や生活上の安全を確保するために積極的な措置を講じた。(長沙=新華社記者/竜弘涛)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月30日
    南方の都市が雪化粧湖南省長沙市

    12月30日、長沙市内で道路の除雪作業を行う作業員。中国湖南省長沙市で2018年12月29日夜から、北方の寒気が南下して気温が低下し、雨や雪が降った。これを受け、地元政府は市民の生産活動や生活上の安全を確保するために積極的な措置を講じた。(長沙=新華社記者/竜弘涛)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月21日
    「氷の都」が白銀の世界へ一変黒竜江省ハルビン

    21日、ハルビンの市街地で除雪作業をする作業車。「氷城」(氷の都)と呼ばれる中国黒竜江省ハルビン市で21日、雪が降り、町全体が冬の装いとなった。(ハルビン=新華社記者/韓宇)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:05.63
    2018年10月29日
    「新華社」黒竜江省呼瑪県で35年ぶりの大雪

    強い寒気の影響を受け、中国黒竜江省呼瑪(こま)県ではここ数日、大雪が降り続き、現地気象部門によると29日時点で35年ぶりに最大降雪量を更新した。【解説】呼瑪県と県外を行き来するには主に自動車道路に頼っているが、大雪続きで同県の交通が大きな影響を受けた。気象部門の説明によると、今回の積雪は最大26センチに達した。現地では直ちに4段階の上から2番目の「大雪2級応急対応」が発令され、官民共に除雪作業に取り組んだ。説明によると、呼瑪県の行政・交通部門は除雪作業のため、使用可能な全ての大型車両を動員し、29日早朝から市街地や各郷、鎮で除雪を開始、48時間以内の完了を目指して急ピッチで進め、車両の通行と物資の流通を確保したという。(記者/馬知遥)<映像内容>大雪による影響や除雪作業の様子、撮影日:2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月06日
    除雪する知床横断道路 世界遺産・知床に春の足音

    冬季通行止めとなっている知床横断道路の除雪作業。奥は羅臼岳=6日、北海道羅臼町

    撮影: 6日、北海道羅臼町

  • 2018年04月06日
    除雪作業の知床横断道路 世界遺産・知床に春の足音

    冬季通行止めとなっている知床横断道路の除雪作業。奥は羅臼岳=6日、北海道羅臼町

    撮影: 6日、北海道羅臼町

  • 02:48.26
    2018年04月06日
    世界遺産・知床に春の足音 横断道路で除雪進む

    世界自然遺産の北海道・知床で、国土交通省北海道開発局が6日、冬の間は通行止めになっている知床横断道路(国道334号)の除雪作業を報道陣に公開した。大型連休前に開通する見通し。知床にようやく遅い春が近づいてきた。道路の雪は深い所で約8メートル。残雪の羅臼岳を望む峠道の作業現場は氷点下1・5度と肌寒く、路面は一部で凍結していた。ショベルカーが大量の雪を切り崩し、除雪車が沿道に勢いよく雪を吹き飛ばしていた。知床横断道路は斜里町と羅臼町を結ぶ。例年11月から約半年間、雪のため23・8キロの区間が通行止めになる。<映像内容>ショベルカーを使っての除雪作業の様子、除雪された道路など、撮影日:2018(平成30)年4月6日、撮影場所:北海道羅臼町

    撮影: 2018(平成30)年4月6日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月21日
    ニューヨーク再び暴風雪に見舞われる

    21日、米ニューヨークのタイムズスクエアで除雪作業を行う作業員。米ニューヨークは21日、再び暴風雪に見舞われた。この影響で、ニューヨークの3大空港では2000便を超えるフライトがキャンセルになり、全市の公立学校が休校になった。(ニューヨーク=新華社記者/王迎)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月17日
    北京で「春雪」を迎える

    17日、北京市延慶区内の住宅地で除雪作業を行う作業員。同日の午前9時、北京の多くの地域でみぞれや小雪となり、145日間続いた「有効降水量ゼロ」(1日の降水量0・1ミリ以下)の日に終わりを告げた。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月07日
    選手村の除雪作業 平昌パラ、天候の懸念再び

    平昌冬季パラリンピックの選手村で行われた、重機による除雪作業=5日、韓国・平昌(共同)

    撮影: 5日、韓国・平昌

  • 2018年03月03日
    黒竜江省で再び大雪

    3日、ハルビン市内の中山路で除雪作業を行う大型除雪車。中国黒竜江省は3日、再び大雪に見舞われた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2018(平成30)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月01日
    選手村周辺の除雪作業 五輪から仕様変更

    平昌冬季パラリンピックの選手村付近で進められる除雪作業=1日、韓国・平昌(共同)

    撮影: 1日、韓国・平昌

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月15日
    気象災害被害

    ハウスの倒壊を防ぐための除雪作業=2018(平成30)年2月15日、福井県越前市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2018年02月12日
    雪で覆われた道路の除雪 日本海側、大雪警戒

    福井県坂井市の国道8号に続く道路で続けられる除雪作業=12日

    撮影: 12日

  • 2018年02月09日
    除雪作業の自衛隊員 北陸で記録的大雪

    追加要請を受け「福井鉄道」の線路の除雪をする自衛隊員=9日午後、福井市

    撮影: 9日午後、福井市

  • 2018年02月09日
    線路の除雪作業の自衛隊員 北陸で記録的大雪

    追加要請を受け「福井鉄道」の線路の除雪をする自衛隊員=9日午後、福井市

    撮影: 9日午後、福井市

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5