KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 地域
  • 中国語
  • 人々
  • 任期
  • 光緒
  • 内政
  • 出身
  • 南北
  • 台北城

「陳星」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
35
( 1 35 件を表示)
  • 1
35
( 1 35 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年02月03日
    高速鉄道とカーシェアリングで旅客の最後の1キロ結ぶ

    3日、湖南省から広州へ観光に訪れた文迪さん(右)と陳星儒さんが、広州南駅でカーシェアリングを利用し長隆の遊園地へ向かう。中国鉄路総公司広州局集団有限公司(広鉄集団)は旅客の「最後の1キロ」までのサービス提供を目指し、2018年の春節期間中「高速鉄道+カーシェアリング」サービスを導入する。広州南駅にインターネット配車サービスとスマート化された配車管理を導入した新エネ車駐車スペースを設置、カーシェアリングに旅客を呼び込む。観光客にさらなる利便性と、効率的な旅行体験を提供する。広州南駅には現在1100台以上の駐車スペースが用意され、カーシェアリング用車両の配車やアフタサービスに用いられる。(広州=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020800896

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月19日
    乾燥タツノオトシゴ49万匹を押収大量密輸事件を摘発青島税関

    青島税関が押収した乾燥タツノオトシゴ。(5月19日撮影)中国青島税関は14日、このほど絶滅危惧種製品である乾燥タツノオトシゴの大量密輸事件を摘発したことを明らかにした。容疑者は輸入申告した馬の皮の中に乾燥タツノオトシゴを隠しており、税関は二度にわたり現場で密輸された乾燥タツノオトシゴ1・28トン、計49万5361匹を押収、容疑者2人を逮捕した。中国の税関が近年摘発した中では、押収量が最大の乾燥タツノオトシゴ密輸事件となる。(済南=新華社配信/陳星華)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003865

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月19日
    乾燥タツノオトシゴ49万匹を押収大量密輸事件を摘発青島税関

    押収した乾燥タツノオトシゴを数える青島税関の職員。(5月19日撮影)中国青島税関は14日、このほど絶滅危惧種製品である乾燥タツノオトシゴの大量密輸事件を摘発したことを明らかにした。容疑者は輸入申告した馬の皮の中に乾燥タツノオトシゴを隠しており、税関は二度にわたり現場で密輸された乾燥タツノオトシゴ1・28トン、計49万5361匹を押収、容疑者2人を逮捕した。中国の税関が近年摘発した中では、押収量が最大の乾燥タツノオトシゴ密輸事件となる。(済南=新華社配信/陳星華)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003966

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月19日
    乾燥タツノオトシゴ49万匹を押収大量密輸事件を摘発青島税関

    押収した乾燥タツノオトシゴを見せる青島税関の職員。(5月19日撮影)中国青島税関は14日、このほど絶滅危惧種製品である乾燥タツノオトシゴの大量密輸事件を摘発したことを明らかにした。容疑者は輸入申告した馬の皮の中に乾燥タツノオトシゴを隠しており、税関は二度にわたり現場で密輸された乾燥タツノオトシゴ1・28トン、計49万5361匹を押収、容疑者2人を逮捕した。中国の税関が近年摘発した中では、押収量が最大の乾燥タツノオトシゴ密輸事件となる。(済南=新華社配信/陳星華)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003934

  • 2020年10月29日
    禹会村遺跡で竜山文化期の都市遺構見つかる安徽省

    10月29日、禹会村遺跡の遺物保管庫で、出土した竜山文化期の土器を調べる中国社会科学院学部委員で考古研究所所長の陳星燦(ちん・せいさん)氏(左)。中国安徽省蚌埠(ほうふ)市の禹会村遺跡で実施されていた集落考古学(セトルメント・アーケオロジー)調査でこのほど、大きな進展が見られた。考古学者らがこれまでの研究をもとに、遺跡内で竜山文化期の都市遺構を発見した。初期段階の発掘で、遺跡の竜山文化重点分布地区から城壁2カ所が見つかった。都市遺構のほとんどは淮河(わいが)の氾濫で流失しているが、少なくとも18万平方メートルの範囲で復元が可能だという。城壁の内と外で堀の跡も見つかり、そこから出土した土器片の年代測定により、遺構の年代が4100~4400年前の竜山文化初期から中期までさかのぼることができることも分かった。(蚌埠=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511605

  • 2022年01月05日
    (2)山東省、RCEP発効の好機を積極的に活用

    青島市の化学工業製品輸出企業で原産地調査を行う青島税関の職員。(資料写真)地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1日に発効した。中国の山東省は20年に出した試算で、RCEP発効初年度に日本への輸出品は約3億8千万元の関税減免が受けられ、段階的な関税引き下げが完了すれば、日本からの輸入品は約9億元の関税コストを削減できるとの見通しを示している。原産地証明書には、関税が大幅に優遇されるだけでなく、通関時の利便性が向上するというメリットもある。(済南=新華社配信/陳星華)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010507466

  • 2022年01月05日
    (1)山東省、RCEP発効の好機を積極的に活用

    1日、青島海湾集団にRCEP原産地証明書を発給する青島税関の職員。地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1日に発効した。中国の山東省は20年に出した試算で、RCEP発効初年度に日本への輸出品は約3億8千万元の関税減免が受けられ、段階的な関税引き下げが完了すれば、日本からの輸入品は約9億元の関税コストを削減できるとの見通しを示している。原産地証明書には、関税が大幅に優遇されるだけでなく、通関時の利便性が向上するというメリットもある。(済南=新華社配信/陳星華)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010507449

  • 2022年03月20日
    (4)2021年中国考古新発見、入選プロジェクトを発表

    18日、2021年の中国考古新発見入選プロジェクトと最終候補プロジェクトを発表する中国社会科学院考古研究所の陳星燦(ちん・せいさん)所長。中国社会科学院考古研究所は18日、北京市で2021年の中国考古新発見を発表した。四川省カンゼ・チベット族自治州稲城県の皮洛旧石器時代遺跡、河南省南陽市の黄山新石器時代遺跡、四川省広漢市の三星堆商代遺跡、江西省樟樹市の国字山戦国墓葬、湖北省孝感市雲夢県の鄭家湖戦国秦漢墓地、甘粛省武威市の唐代吐谷渾(とよくこん)王族墓葬群の六つの発掘プロジェクトが選ばれた。(北京=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2022(令和4)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032010796

  • 2022年06月08日
    (19)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の台北歴史文化展示室。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805809

  • 2022年06月08日
    (23)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂内部。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805963

  • 2022年06月08日
    (24)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂内部。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀年館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805966

  • 2022年06月08日
    (20)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の台北歴史文化展示室。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805881

  • 2022年06月08日
    (17)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の石橋と享堂。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805825

  • 2022年06月08日
    (1)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の碑廊。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805387

  • 2022年06月08日
    (21)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館台北歴史文化展示室の展示品。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805985

  • 2022年06月08日
    (8)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館に展示されている陳星聚氏の職印。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805487

  • 2022年06月08日
    (13)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の生涯陳列室。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805579

  • 2022年06月08日
    (16)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の聖旨石刻。陳星聚の死後、朝廷は聖旨(皇帝の命令)を出し、「三品道台(道の長官)」を追贈した。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805604

  • 2022年06月08日
    (18)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    台北府城北門に掲げられていた「厳疆鎖鑰(げんきょうさやく)」扁額の複製品。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805826

  • 2022年06月08日
    (26)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805986

  • 2022年06月08日
    (27)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂から見た牌坊(はいぼう)。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805991

  • 2022年06月08日
    (22)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805897

  • 2022年06月08日
    (7)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館に展示されている順昌知県時代の扁額。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805484

  • 2022年06月08日
    (11)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の中庭。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805565

  • 2022年06月08日
    (10)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の牌坊(はいぼう)。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805539

  • 2022年06月08日
    (6)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚の墓。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805459

  • 2022年06月08日
    (2)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の碑廊。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805587

  • 2022年06月08日
    (12)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の青史林。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805577

  • 2022年06月08日
    (5)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館周辺の様子。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805448

  • 2022年06月08日
    (3)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の入口。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805433

  • 2022年06月08日
    (9)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館に展示されている台北城建設に関する公文書。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805514

  • 2022年06月08日
    (14)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の生涯陳列室。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805586

  • 2022年06月08日
    (15)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の生涯陳列室。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805659

  • 2022年06月08日
    (25)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂内部。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805984

  • 2022年06月08日
    (4)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館前の広場。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805434

  • 1