KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • イネ
  • チガヤ
  • 令和
  • 作品
  • 完成
  • 工程
  • 思想家
  • 材料
  • 植物
  • 特徴

「陳献章」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (4)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市
    2021年03月30日
    (4)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市

    24日、江門市新会区の岡州画院で、白沙茅竜筆で絵画を創作する白沙茅竜筆制作技術継承者の張端亨(ちょう・たんこう)さん。中国広東省江門市発祥の白沙茅竜筆は、明代の思想家、陳献章(ちん・けんしょう)が発明したとされる。同市新会区の圭峰山国家森林公園に生えるイネ科の植物、チガヤを主な材料とし、多くの工程を経て完成する。白沙茅竜筆を用いて書かれた作品には、力強さや豪快さといった特徴がある。白沙茅竜筆の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(江門=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006635

  •  (8)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市
    2021年03月30日
    (8)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市

    24日、江門市新会区の岡州画院で、液体に浸して処理したチガヤを見せる白沙茅竜筆制作技術継承者の張端亨(ちょう・たんこう)さん。中国広東省江門市発祥の白沙茅竜筆は、明代の思想家、陳献章(ちん・けんしょう)が発明したとされる。同市新会区の圭峰山国家森林公園に生えるイネ科の植物、チガヤを主な材料とし、多くの工程を経て完成する。白沙茅竜筆を用いて書かれた作品には、力強さや豪快さといった特徴がある。白沙茅竜筆の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(江門=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006641

  •  (11)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市
    2021年03月30日
    (11)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市

    24日、江門市新会区の岡州画院で、白沙茅竜筆を制作する白沙茅竜筆制作技術継承者の張端亨(ちょう・たんこう)さん。中国広東省江門市発祥の白沙茅竜筆は、明代の思想家、陳献章(ちん・けんしょう)が発明したとされる。同市新会区の圭峰山国家森林公園に生えるイネ科の植物、チガヤを主な材料とし、多くの工程を経て完成する。白沙茅竜筆を用いて書かれた作品には、力強さや豪快さといった特徴がある。白沙茅竜筆の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(江門=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006645

  •  (1)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市
    2021年03月30日
    (1)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市

    24日、江門市新会区の石澗(せきかん)公園にある白沙茅竜筆伝承体験館に展示された、さまざまな種類の白沙茅竜筆。中国広東省江門市発祥の白沙茅竜筆は、明代の思想家、陳献章(ちん・けんしょう)が発明したとされる。同市新会区の圭峰山国家森林公園に生えるイネ科の植物、チガヤを主な材料とし、多くの工程を経て完成する。白沙茅竜筆を用いて書かれた作品には、力強さや豪快さといった特徴がある。白沙茅竜筆の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(江門=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006632

  •  (6)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市
    2021年03月30日
    (6)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市

    24日、完成した白沙茅竜筆とさまざまな種類の筆先。中国広東省江門市発祥の白沙茅竜筆は、明代の思想家、陳献章(ちん・けんしょう)が発明したとされる。同市新会区の圭峰山国家森林公園に生えるイネ科の植物、チガヤを主な材料とし、多くの工程を経て完成する。白沙茅竜筆を用いて書かれた作品には、力強さや豪快さといった特徴がある。白沙茅竜筆の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(江門=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006646

  •  (7)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市
    2021年03月30日
    (7)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市

    24日、江門市新会区の岡州画院で、原料のチガヤを木づちでたたく白沙茅竜筆制作技術継承者の張端亨(ちょう・たんこう)さん。中国広東省江門市発祥の白沙茅竜筆は、明代の思想家、陳献章(ちん・けんしょう)が発明したとされる。同市新会区の圭峰山国家森林公園に生えるイネ科の植物、チガヤを主な材料とし、多くの工程を経て完成する。白沙茅竜筆を用いて書かれた作品には、力強さや豪快さといった特徴がある。白沙茅竜筆の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(江門=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006640

  •  (3)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市
    2021年03月30日
    (3)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市

    24日、江門市新会区の岡州画院で、白沙茅竜筆に墨汁を付ける白沙茅竜筆制作技術継承者の張端亨(ちょう・たんこう)さん。中国広東省江門市発祥の白沙茅竜筆は、明代の思想家、陳献章(ちん・けんしょう)が発明したとされる。同市新会区の圭峰山国家森林公園に生えるイネ科の植物、チガヤを主な材料とし、多くの工程を経て完成する。白沙茅竜筆を用いて書かれた作品には、力強さや豪快さといった特徴がある。白沙茅竜筆の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(江門=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006631

  •  (5)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市
    2021年03月30日
    (5)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市

    24日、完成した白沙茅竜筆と材料、工具の一部。中国広東省江門市発祥の白沙茅竜筆は、明代の思想家、陳献章(ちん・けんしょう)が発明したとされる。同市新会区の圭峰山国家森林公園に生えるイネ科の植物、チガヤを主な材料とし、多くの工程を経て完成する。白沙茅竜筆を用いて書かれた作品には、力強さや豪快さといった特徴がある。白沙茅竜筆の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(江門=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006642

  •  (2)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市
    2021年03月30日
    (2)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市

    24日、江門市新会区の石澗(せきかん)公園にある白沙茅竜筆伝承体験館で書道を体験する観光客。中国広東省江門市発祥の白沙茅竜筆は、明代の思想家、陳献章(ちん・けんしょう)が発明したとされる。同市新会区の圭峰山国家森林公園に生えるイネ科の植物、チガヤを主な材料とし、多くの工程を経て完成する。白沙茅竜筆を用いて書かれた作品には、力強さや豪快さといった特徴がある。白沙茅竜筆の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(江門=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006630

  •  (9)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市
    2021年03月30日
    (9)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市

    24日、江門市新会区の岡州画院で、材料のチガヤの先端を整える白沙茅竜筆制作技術継承者の張端亨(ちょう・たんこう)さん。中国広東省江門市発祥の白沙茅竜筆は、明代の思想家、陳献章(ちん・けんしょう)が発明したとされる。同市新会区の圭峰山国家森林公園に生えるイネ科の植物、チガヤを主な材料とし、多くの工程を経て完成する。白沙茅竜筆を用いて書かれた作品には、力強さや豪快さといった特徴がある。白沙茅竜筆の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(江門=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006639

  •  (10)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市
    2021年03月30日
    (10)受け継がれる「白沙茅竜筆」制作技法広東省江門市

    24日、江門市新会区の岡州画院で、筆の毛先を整える白沙茅竜筆制作技術継承者の張端亨(ちょう・たんこう)さん。中国広東省江門市発祥の白沙茅竜筆は、明代の思想家、陳献章(ちん・けんしょう)が発明したとされる。同市新会区の圭峰山国家森林公園に生えるイネ科の植物、チガヤを主な材料とし、多くの工程を経て完成する。白沙茅竜筆を用いて書かれた作品には、力強さや豪快さといった特徴がある。白沙茅竜筆の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(江門=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006644

  • 1