KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • きゅう
  • しゅう
  • たん
  • ちょう
  • ろ過
  • 令和
  • 仮焼
  • 分布
  • 地域
  • 堆積

「陶硯」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 発見された陶硯の破片 飛鳥期の硯に装飾穴
    2013年12月11日
    発見された陶硯の破片 飛鳥期の硯に装飾穴

    大阪府富田林市の畑ケ田南遺跡で発見された、飛鳥時代とみられる陶硯の破片=11日

    商品コード: 2013121100620

  •  (8)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県
    2022年01月01日
    (8)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    昔ながらの方法で澄泥硯を作る職人。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/呂夢琦)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103928

  •  「新華社」文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県
    01:03.24
    2022年01月01日
    「新華社」文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。中でも「澄泥」は、澄泥硯を作る上で最も特徴的な工程の一つとされる。職人は、大きなかめ、きめの細かい絹の袋、異なる目の細かさのふるいで十数回も泥をろ過し、素材の純度を高める。ろ過された泥は、冷暗所で少なくとも1年間寝かされる。その後、泥をこねて中の気泡を抜く。この工程が極めて重要で、十分にこねなければ後の工程で素地にひび割れが生じる。職人は設計図に基づき、陰干しした硯の素地に細やかな彫刻を施す。続いて紙やすりで磨き、焼成し、水で磨いて艶出しすれば澄泥硯が完成する。(記者/呂夢琦、趙陽、王皓、高剣飛、陳志豪) =配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103637

  •  (3)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県
    2022年01月01日
    (3)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    昔ながらの方法で澄泥硯を作る職人。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/呂夢琦)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103891

  •  (4)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県
    2022年01月01日
    (4)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    完成した澄泥硯。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/呂夢琦)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103892

  •  (2)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県
    2022年01月01日
    (2)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    完成した澄泥硯。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/王皓)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103897

  •  (6)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県
    2022年01月01日
    (6)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    澄泥硯を彫る工程を体験する英国人のマークさん。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/王皓)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103918

  •  (1)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県
    2022年01月01日
    (1)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    昔ながらの方法で澄泥硯を作る職人。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/呂夢琦)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103898

  •  (7)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県
    2022年01月01日
    (7)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    彫刻を終えた澄泥硯。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/王皓)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103920

  •  (5)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県
    2022年01月01日
    (5)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    澄泥硯に彫刻を施す職人。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/王皓)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103899

  • 1