KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 陶器
  • 世界
  • 令和
  • 受賞
  • 名人
  • 巨匠
  • 師事
  • 称号
  • 職人

「陶都」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」中国「西部の陶都」で夏休みの陶芸学習が盛んに
    02:21.50
    2018年08月22日
    「新華社」中国「西部の陶都」で夏休みの陶芸学習が盛んに

    ろくろの回転に合わせて、泥まみれの小さな両手が流れに沿って動き、粘土を練り合わせてさまざまな形の陶器を造形している。ここは中国「西部の陶都」甘粛省白銀市平川区の陶磁器町だ。今年の夏休みは、専門家の先生が指導して、より多くの中小学生が陶芸の学習に参加、伝統の陶芸を学ぶことがますます盛んになっている。陶磁器町の無形文化財継承センター――陶芸伝習所では、6歳から12歳の子ども30人余りが忙しく粘土をこね、練り合わせ、ろくろで造形している。それなりに格好がついた陶器が一つ一つ子どもたちの手でゆっくりと成型され、徐々に出来上がっていく。蘇暁梅主任によると、平川区陶磁器工芸技術は2017年に、甘粛省の無形文化遺産に登録され、伝統文化技術のより良い継承と発揚のため、冬休みと夏休みには、今後さらに多くの子どもに陶磁器制作を学ぶ機会を提供し、陶芸を引き続き継承し、大いに発揚する計画であるという。(記者/郭剛)<映像内容>ろくろで陶芸を学ぶ子どもたち、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801267

  •  (9)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (9)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    宜興市の工房で紫砂壺を制作する曹婉芬さん。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/蘭紅光)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608420

  •  (7)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (7)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    宜興市の工房で紫砂壺を制作する曹婉芬さん。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/蘭紅光)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608413

  •  (3)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (3)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    宜興市の工房で紫砂壺制作用の工具を見せる曹婉芬さん。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/韓瑜慶)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608383

  •  (8)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (8)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    宜興市の工房で紫砂壺制作用の道具を見せる曹婉芬さん。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/蘭紅光)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608421

  •  (12)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (12)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    曹婉芬さんの作品。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/蘭紅光)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608539

  •  (10)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (10)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    宜興市の工房で紫砂壺を制作する曹婉芬さん。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/蘭紅光)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608529

  •  (14)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (14)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    曹婉芬さんの作品。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/蘭紅光)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608566

  •  (6)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (6)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    宜興市の工房で紫砂壺を制作する曹婉芬さん。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/柳文恵)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608407

  •  (11)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (11)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    曹婉芬さんが紫砂壺を焼く電気窯。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/蘭紅光)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608536

  •  (4)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (4)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    宜興市の工房で紫砂壺を制作する曹婉芬さん。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608380

  •  (1)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (1)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    宜興市の工房で紫砂壺を制作する曹婉芬さん。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/韓瑜慶)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608370

  •  (13)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (13)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    曹婉芬さんの作品。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/蘭紅光)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608563

  •  (5)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (5)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    宜興市の工房で紫砂壺を制作する曹婉芬さん。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/李任滋)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608410

  •  (2)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市
    2023年04月26日
    (2)紫砂制作70年陶磁芸術大師の曹婉芬さん江蘇省宜興市

    宜興市の工房で紫砂壺を制作する曹婉芬さん。(3月30日撮影)中国江蘇省宜興(ぎこう)市は「中国の陶都」と呼ばれ、優れた紫砂(しさ)陶器の職人が多くいる。中でも中国陶磁芸術大師の称号を持つ曹婉芬(そう・えんふん)さん(83)は代表的存在とされる。曹さんは同市蜀山古南街の陶芸家の家に生まれ、幼少時から紫砂芸術の薫陶を受けた。1955年に紫砂の巨匠・朱可心(しゅ・かしん)氏に師事し、他の多くの名人からも技芸を学んだ。70年近い創作活動では全国や世界の陶磁器品評会で何度も受賞し、国内外で高い評価を受けてきた。(宜興=新華社記者/韓瑜慶)= 配信日: 2023(令和5)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042608381

  • 1