KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • けい
  • こうとう
  • りく
  • デザイン
  • 令和
  • 制作技法
  • 南寧
  • 原料
  • 国家
  • 工程

「陸景」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2013年09月17日
    Cheetah (Acinonyx jubatus) marking its territory

    Cheetah (Acinonyx jubatus) marking its territory, Moremi Game Reserve, Botswana, Africa、クレジット:imageBROKER.com/Michael Kraushaar/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111209584

  • 2018年05月29日
    Lion (Panthera leo)

    Lion (Panthera leo), male, monochrome, Moremi Game Reserve, Botswana, Africa、クレジット:imageBROKER.com/Michael Kraushaar/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111209435

  • 2018年09月12日
    Leopard (Panthera pardus)

    Leopard (Panthera pardus), male in tree, monochrome, Moremi Game Reserve, Botswana, Africa、クレジット:imageBROKER.com/Michael Kraushaar/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111209183

  • 2018年09月29日
    Hippo (Hippopotamus amphibius) with open mouth

    Hippo (Hippopotamus amphibius) with open mouth, Moremi Game Reserve, Botswana, Africa、クレジット:imageBROKER.com/Michael Kraushaar/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111209338

  • 2018年09月29日
    Giraffe (Giraffa camelopardalis giraffa) drinking

    Giraffe (Giraffa camelopardalis giraffa) drinking, Moremi Game Reserve, Botswana, Africa、クレジット:imageBROKER.com/Michael Kraushaar/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111209198

  • 2018年09月30日
    Hippo (Hippopotamus amphibius) showing his teeth

    Hippo (Hippopotamus amphibius) showing his teeth, Moremi Game Reserve, Botswana, Africa、クレジット:imageBROKER.com/Michael Kraushaar/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111209770

  • 2020年12月18日
    (8)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    制作途中の坭興陶作品を並べる陸景平さん。(12月2日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201072

  • 2020年12月18日
    (6)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    5日、陸景平さんが手がけた坭興陶作品。(12月5日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201003

  • 2020年12月18日
    (3)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    4日、広西チワン族自治区欽州市の工房で、弟子に彫り方を指導する陸景平さん。(12月4日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201012

  • 2020年12月18日
    (5)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市にある陸景平さんの窯で、焼成を待つ坭興陶作品。(11月9日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122200990

  • 2020年12月18日
    (4)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市の工房で、坭興陶作品のデザインを描く陸景平さん。(11月26日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201043

  • 2020年12月18日
    (7)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    5日、陸景平さんが手がけた坭興陶作品。(11月5日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201013

  • 2020年12月18日
    (9)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    制作途中の坭興陶作品を工房に運ぶ陸景平さん。(12月3日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201019

  • 2020年12月18日
    (1)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市の工房で、急須を制作する陸景平さんの窯元のメンバー。(12月2日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201028

  • 2020年12月18日
    (2)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市の工房で、従業員に坭興陶の制作技法を指導する陸景平さん。(12月3日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122200998

  • 1