KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 資料
  • 閣僚
  • 東京
  • 大将
  • 訪問
  • 満州事変
  • 五・一五事件
  • 会見
  • 会議

「陸相」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
229
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
229
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1923年11月04日
    原敬の3周忌

    原敬前総裁の3周忌に出席した政友会幹部。前列右から高橋是清総裁、田中義一陸相、徳川家達貴族院議長、山本達夫氏、野田卯太郎氏、中橋徳五郎氏、後列右は大岡育造氏=1923(大正12)年11月4日、東京・芝の増上寺(※関東大震災とは関係ない)

    商品コード: 2009042800214

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1925年12月31日
    (うがき・かずしげ) 中将礼服の宇垣一成

    軍人、政治家。1868(明治元)年、岡山生まれ。陸軍大学校卒。ドイツ駐在、陸軍次官などを経て、清浦内閣の陸軍大臣に就任し、加藤高明内閣、第一次若槻内閣でも留任。浜口内閣で再度陸相を務める。1919年に陸軍中将、陸相在任中の1925年に陸軍大将。その後、朝鮮総督、第一近衛内閣の外務大臣と拓務大臣などを歴任。太平洋戦争後は公職追放解除後の1953年参議院議員に当選し、在職中の1956年没=撮影年月日不詳

    商品コード: 1997030400099

  • 1929年05月13日
    日本電報通信社資料

    満州某重大事件で白川義則陸相(右から2人目)を訪問した公正会代表の(右から)江木翼、一條実孝、井上清純、大井成元の各貴族院議員たち=1929(昭和4)年5月13日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011051800044

  • 1929年06月22日
    日本電報通信社資料

    白川義則陸相(右手前)の案内で新兵器使用の演習を見学する地方長官たち=1929(昭和4)年6月22日、千葉市の下志津陸軍歩兵学校(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011062300195

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1929年06月28日
    日本電報通信社資料

    満州某重大事件の奏上のため参内する白川義則陸相=1929(昭和4)年6月28日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929062800001

  • 1929年07月02日
    日本電報通信社資料

    成立した浜口雄幸内閣。(左から)小泉又次郎逓相、俵孫一商工相、町田忠治農相、小橋一太文相、幣原喜重郎外相、財部彪海相、浜口雄幸首相、宇垣一成陸相、江木翼鉄相、安達謙蔵内相、井上準之助蔵相、松田源治拓相、渡辺千冬法相と鈴木富士弥書記官長(浜口首相の後方)=1929(昭和4)年7月2日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011070100208

  • 1929年07月02日
    日本電報通信社資料

    浜口雄幸内閣発足。親任式と初閣議を終え記念写真に納まる浜口雄幸首相と閣僚たち。左から小泉又次郎逓信相、俵孫一商工相、町田忠治農相、小橋一太文相、幣原喜重郎外相、財部彪海相、浜口雄幸首相、宇垣一成陸相、江木翼鉄道相、安達謙蔵内相、井上準之助蔵相、松田源治拓務相、渡辺千冬司法相、鈴木富士弥書記官長=1929(昭和4)年7月2日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929070200005

  • 1929年07月02日
    日本電報通信社資料

    親任式を終え記念写真に納まる浜口雄幸(中央)内閣の閣僚たち。(左から)小泉又次郎逓相、俵孫一商工相、町田忠治農相、小橋一太文相、幣原喜重郎外相、財部彪海相、浜口雄幸首相、宇垣一成陸相、江木翼鉄相、安達謙蔵内相、井上準之助蔵相、松田源治拓相、渡辺千冬法相、鈴木富士弥書記官長=1929(昭和4)年7月2日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011070100162

  • 1929年07月04日
    日本電報通信社資料

    事務引き継ぎに臨む白川義則前陸相(左)と宇垣一成新陸相=1929(昭和4)年7月4日、陸軍省(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929070400004

  • 1929年08月20日
    日本電報通信社資料

    来日したドイツの飛行船ツェッペリン伯号の乗員・乗客らを招き4大臣主催の歓迎晩さん会。記念撮影に納まる(左から)宇垣一成陸相、フォレッチ(Voreztsch)駐日ドイツ大使、飛行船指揮者フーゴー・エッケナー博士(Hugo Eckener)、小泉又次郎逓信相、ハースト新聞の代表として乗船したドラモンド・ヘイ記者(Grace Drummond Hay)、幣原喜重郎外相、財部彪海相=1929(昭和4)年8月20日、帝国ホテル(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929082000005

  • 1929年10月03日
    日本電報通信社資料

    故田中義一前首相の政友会の党葬に臨む(前列左から)高橋是清元首相、山本悌二郎前農相、森恪幹事長(2列目左から)宇垣一成陸相、白川義則前陸相、大庭二郎陸軍大将ら=1929(昭和4)年10月3日、青山斎場(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929100300001

  • 1929年10月24日
    日本電報通信社資料

    所沢-台湾間往復大飛行に成功し帰還、杉山元陸相代理(左)に飛行報告をする花沢友男大尉(左)と中村昌三中尉=1929(昭和4)年10月24日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011091500181

  • 1929年11月06日
    日本電報通信社資料

    帝展に入選した「若き士官」が弱弱しいとして非難され、作品を撤回した岡田行一画伯(右)のためにモデルになった宇垣一成陸相=1929(昭和4)年11月6日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929110600001

  • 1929年12月09日
    日本電報通信社資料

    宇垣一成陸相(右端)らが列席して行われた廃兵待遇改善などに関する審議会=1929(昭和4)年12月9日、陸軍省会議室(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011113000104

  • 1929年12月26日
    日本電報通信社資料

    第57帝国議会開院式を前に大礼服姿の浜口雄幸内閣の閣僚たち。左から江木翼鉄道相(顔の半面が切れている)、田中隆三文相、町田忠治農相、小泉又次郎逓信相、安達謙蔵内相、俵孫一商工相(奥、笑顔)、浜口雄幸首相、井上準之助蔵相、幣原喜重郎外相、鈴木富士弥書記官長(奥、ブレあり)、宇垣一成陸相、松田源治拓務相=1929(昭和4)年12月26日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929122600001

  • 1930年01月08日
    日本電報通信社資料

    陸軍始め観兵式に臨む宇垣一成陸相(左から3人目)、松田源治拓相(左から2人目)、財部彪海相(右から3人目)ら=1930(昭和5)年1月8日、代々木練兵場(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011122600135

  • 1930年01月14日
    日本電報通信社資料

    満鉄事業経営会議に臨む(右から)井上準之助蔵相、松田源治拓相、浜口雄幸首相、仙石貢満鉄総裁、幣原喜重郎外相、宇垣一成陸相=1930(昭和5)年1月14日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1970010100026

  • 1930年01月21日
    日本電報通信社資料

    第57帝国議会。下院(衆院)大臣席に並ぶ浜口内閣閣僚。前列右から浜口雄幸首相、幣原喜重郎外相、井上準之助蔵相、宇垣一成陸相、安達謙蔵内相、松田源治拓務相=1930(昭和5)年1月21日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930012100005

  • 1930年02月11日
    日本電報通信社資料

    完成した自身の肖像画を披露する宇垣一成陸相(左から2人目)と作者の岡田行一画伯(その右)。右から2人目は丸山鶴吉、警視総監=1930(昭和5)年2月11日、陸相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930021100004

  • 1930年03月12日
    日本電報通信社資料

    全国師団司令部主任会議で訓示する宇垣一成陸相=1930(昭和5)年3月12日、陸軍省会議室(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012060100219

  • 1930年04月23日
    日本電報通信社資料

    第58特別議会開院式 開院式を前に記念撮影に納まる大礼服姿の浜口雄幸首相(前列中央)と閣僚たち。後列左から松田源治拓務相、渡辺千冬法相が半分隠れている人物は不明、小泉又次郎逓相、安達謙蔵内相、町田忠治農相、田中隆三文相、その隣は不明。前列左から江木翼鉄道相、幣原喜重郎外相、浜口首相、井上準之助蔵相、俵孫一商工相。宇垣陸相は入院中、財部海相はロンドン軍縮会議出席中で不在=1930(昭和5)年4月23日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930042300003

  • 1930年05月05日

    SK21-56 ◎中耳炎の手術を受けた戸山軍医学校を退院する宇垣一成陸相=1930(昭和5)年5月5日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012072500247

  • 1930年05月11日
    日本電報通信社資料

    中耳炎の手術から退院後初めて登院し貴族院本会議場の閣僚席に座った宇垣一成陸相(中央)。右は幣原喜重郎外相、左は小泉又次郎逓相=1930(昭和5)年5月11日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930051100001

  • 1930年05月17日

    SK21-163 ◎再び入院する宇垣一成陸相=1930(昭和5)年5月17日、陸相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012080601031

  • 1930年05月19日
    日本電報通信社資料

    ロンドン海軍軍縮会議から帰国した全権の財部彪海相(前列右から2人目)を迎え臨時閣議に臨む浜口雄幸首相(その左)ら閣僚。前列左から江木翼鉄道相、幣原喜重郎外相、右端は安達謙蔵内相。後列左から鈴木富士弥書記官長、町田忠治農相、俵孫一商工相、小泉又次郎逓相、渡辺千冬法相、松田源治択務相田中隆三文相。宇垣陸相と井上蔵相は欠席=1930(昭和5)年5月19日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2008100800071

  • 1930年05月19日

    SK21-184 ◎ロンドン海軍軍縮会議から帰国した全権の財部彪海相(前列右から2人目)を迎えて開かれた臨時閣議。前列左から江木翼鉄道相、幣原喜重郎外相、浜口雄幸首相、右端は安達謙蔵内相。後列左から鈴木富士弥書記官長、町田忠治農相、川崎卓吉法制局長官、俵孫一商工相、小泉又次郎逓相、渡辺千冬法相、松田源治択務相、田中隆三文相。宇垣陸相と井上蔵相は欠席=1930(昭和5)年5月19日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012080800646

  • 1930年06月04日

    SK22-85 ◎陸相官邸前に建立される故山県有朋公爵の銅像=1930(昭和5)年6月4日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012081700202

  • 1930年06月16日
    日本電報通信社資料

    浜口雄幸首相(左)を訪問し事務打合せを行った阿部信行陸相代理=1930(昭和5)年6月16日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012082400168

  • 1930年06月16日
    日本電報通信社資料

    臨時陸相代理設置の裁可を仰ぐため参内する浜口雄幸首相=1930(昭和5)年6月16日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012082400166

  • 1930年06月19日
    日本電報通信社資料

    臨時閣議で若槻礼次郎首席全権(手前中央)から報告を聞く浜口内閣閣僚。前列左から安達謙蔵内相、浜口雄幸首相、若槻全権、江木翼鉄相、俵孫一商工相、後列左から町田忠治農相、田中隆三文相、松田源治拓相、渡辺千冬法相、井上準之助蔵相、阿部陸相代理、鈴木富士弥書記官長=1930(昭和5)年6月19日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930061900001

  • 1930年07月25日
    日本電報通信社資料

    葉山滞在中の天皇へ天機奉伺に向かう(前列左から)浜口雄幸首相、幣原喜重郎外相、江木翼鉄相(後方右から)小泉又次郎逓相、阿部陸相代理=1930(昭和5)年7月25日、東京駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930072500006

  • 1930年08月17日
    日本電報通信社資料

    箱根強羅にある諸戸氏の別荘で病後療養中の宇垣一成陸相(左)を見舞った浜口雄幸首相=1930(昭和5)年8月17日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930081700001

  • 1930年08月17日
    日本電報通信社資料

    箱根強羅にある諸戸山荘で病後療養中の宇垣一成陸相(右)を見舞う浜口雄幸首相=1930(昭和5)年8月17日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012092800251

  • 1930年08月17日
    日本電報通信社資料

    箱根強羅にある諸戸山荘で病後療養中の宇垣一成陸相(手前)を見舞い、庭園を散策する浜口雄幸首相(奥)=1930(昭和5)年8月17日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012092800264

  • 1930年09月02日
    日本電報通信社資料

    3大陸横断飛行に成功し阿部陸相代理(手前右)から記念の日本刀を贈られる東善作飛行士と、その左後方は欧亜大陸横断飛行に成功した報知新聞の吉原清治飛行士=1930(昭和5)年9月2日、陸相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930090200003

  • 1930年09月13日
    日本電報通信社資料

    乃木神社第19回年祭。参拝する金谷範三陸軍参謀総長(右)と安部陸相代理(中央)=1930(昭和5)年9月13日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012101500272

  • 1930年11月05日
    日本電報通信社資料

    阿部信行陸相代理(中央)を訪問する井上準之助蔵相(右)=1930(昭和5)年11月5日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013010900110

  • 1930年12月09日
    日本電報通信社資料

    陸相代理を務める安部信行中将=1930(昭和5)年12月9日、陸相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013031300293

  • 1930年12月26日
    日本電報通信社資料

    第59帝国議会開会式を前に記念撮影に納まる浜口雄幸内閣の幣原喜重郎臨時首相代理(前列中央)と閣僚たち。前列左から渡辺千冬法相、俵孫一商工相、江木翼鉄道相、幣原外相兼臨時首相代理、宇垣一成陸相、井上準之助蔵相、安達謙蔵内相、後列左から川崎卓吉法制局長官、鈴木冨士弥書記官長、田中隆三文相、町田忠治農相、松田源治拓相、小泉又次郎逓相、安保清種海相=1930(昭和5)年12月26日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930122600002

  • 1931年01月05日
    日本電報通信社資料

    新年初閣議に臨む浜口雄幸内閣の幣原喜重郎臨時首相代理(前列中央)と閣僚たち。左から田中隆三文相、町田忠治農相、俵孫一商工相(手前)、俵の後ろは安保清種海相、安達謙蔵内相、その右後ろは鈴木富士弥書記官長、幣原外相兼臨時首相代理、江木翼鉄相、井上準之助蔵相、井上の後ろは川崎卓吉法制局長官、松田源治拓相、小泉又次郎逓相、宇垣一成陸相=1931(昭和6)年1月5日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931010500004

  • 1931年02月27日
    日本電報通信社資料

    シャム(現タイ)が宇垣一成陸相に勲章を伝達=1931(昭和6)年2月27日、シャム公使館(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013050800202

  • 1931年04月05日
    日本電報通信社資料

    浜口雄幸首相を見舞った松田源治拓相(右端)、宇垣一成陸相(中央)=1931(昭和6)年4月5日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013073100351

  • 1931年04月13日
    日本電報通信社資料

    浜口内閣総辞職。閣僚の辞表をまとめて参内する宇垣一成陸相=1931(昭和6)年4月13日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013081600242

  • 1931年04月14日
    日本電報通信社資料

    親任式を終え、初閣議に臨む若槻礼次郎首相(前列左から4人目)と閣僚たち。前列左から田中隆三文相、渡辺千冬法相、江木翼鉄相、若槻礼次郎首相、南次郎陸相、安達謙蔵内相、町田忠治農相、井上準之助蔵相、後列左から安保清種海相、桜内幸雄商工相、小泉又次郎逓相、原脩次郎拓相、川崎卓吉内閣書記官長。幣原喜重郎外相は写っていない=1931(昭和6)年4月14日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931041400006

  • 1931年04月14日
    日本電報通信社資料

    南次郎新陸相の夫人と令嬢=1931(昭和6)年4月14日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013081600258

  • 1931年04月14日
    日本電報通信社資料

    親任式を終え新閣僚の原脩次郎拓相(左端)、南次郎陸相(右から2人目)、桜内幸雄商工相(右端)と乾杯する若槻礼次郎首相=1931(昭和6)年4月14日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013081600260

  • 1931年04月14日
    日本電報通信社資料

    親任式に参内する新陸相の南次郎大将=1931(昭和6)年4月14日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931041300002

  • 1931年04月15日
    日本電報通信社資料

    新旧陸相の事務引継ぎをする宇垣一成前陸相(左)と南次郎新陸相=1931(昭和6)年4月15日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013081600266

  • 1931年04月17日
    日本電報通信社資料

    議員たちの新兵器見学の案内で陸軍下志津飛行学校(現千葉市若葉区)を訪れた南次郎新陸相(右)と宇垣一成前陸相(中央)=1931(昭和6)年4月17日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013081600283

  • 1931年04月17日
    日本電報通信社資料

    新兵器(集音式対空探知機)の見学会で議員らを案内する南次郎陸相(手前)=1931(昭和6)年4月17日、陸軍下志津飛行学校(現千葉市若葉区)(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931041700002

  • 1931年04月25日
    日本電報通信社資料

    陳情に訪れ南次郎陸相(右端)と会見する全国廃兵代表たち=1931(昭和6)年4月25日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013083000227

  • 1931年06月17日
    日本電報通信社資料

    朝鮮総督の親任式に参内する宇垣一成前陸相=1931(昭和6)年6月17日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931061700002

  • 1931年06月17日
    日本電報通信社資料

    朝鮮総督就任を受諾し、予備役編入について南次郎陸相(左)と懇談する宇垣一成大将=1931(昭和6)年6月17日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013111300224

  • 1931年06月17日
    日本電報通信社資料

    朝鮮総督就任を受諾し、自宅で揮毫する宇垣一成前陸相=1931(昭和6)年6月17日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931061700001

  • 1931年06月18日
    和服姿の6巨頭

    来年2月ジュネーブで行われる軍縮会議に向け方針を協議するため集まった政府と軍部の6巨頭。左から谷口尚真海軍軍令部長、南次郎陸相、安保清種海相、若槻礼次郎首相、幣原喜重郎外相、金谷範三陸軍参謀総長=1931(昭和6)年6月18日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1970010100033

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1931年06月18日
    (うがき・かずしげ) 和服姿の宇垣一成

    軍人、政治家。1868(明治元)年、岡山生まれ。陸軍大学校卒。ドイツ駐在、陸軍次官などを経て、清浦内閣の陸軍大臣に就任、加藤高明内閣、第一次若槻内閣でも留任し、浜口内閣で再度陸相を務める。その後、朝鮮総督、第一近衛内閣の外務大臣と拓務大臣などを歴任。太平洋戦争後は公職追放解除後、参議院議員に当選、在職中の1956年没。写真は朝鮮総督就任前頃の撮影=1931(昭和6)年6月18日複写

    商品コード: 1931061800001

  • 1931年06月24日
    日本電報通信社資料

    若槻礼次郎内閣閣僚の満鉄正副総裁招待懇談会。前列左から渡辺千冬法相、田中隆三文相、小泉又次郎逓相、幣原喜重郎外相、江口定條満鉄副総裁、内田康哉満鉄総裁、若槻礼次郎首相、町田忠治農相、井上準之助蔵相、後列左から安保清種海相、原脩次郎拓相、桜内幸雄商工相、南次郎陸相、川崎卓吉内閣書記官長=1931(昭和6)年6月24日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013112700119

  • 1931年06月27日
    日本電報通信社資料

    内田康哉満鉄総裁(右から2人目)が若槻礼次郎首相(右端)と閣僚たちを招待して開かれた御礼昼食会。後方は江口定條満鉄副総裁、左端は安達謙蔵内相、左から2人目は南次郎陸相=1931(昭和6)年6月27日、東京・麻布狸穴の満鉄社宅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013112700125

  • 1931年06月29日
    日本電報通信社資料

    陸軍特命検閲使に決まり、参内して奏上した白川義則元陸相(左)と鈴木孝雄大将=1931(昭和6)年6月29日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931062900002

  • 1931年06月30日
    日本電報通信社資料

    軍制改革正案を付議する非公式軍事参議官会議に出席の閑院宮殿下。後方は南次郎陸相=1931(昭和6)年6月30日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013120400215

  • 1931年08月04日
    日本電報通信社資料

    全国師団長会議2日目に、訓示する南次郎陸相(後方中央)=1931(昭和6)年8月4日、陸軍省(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931080400002

  • 1931年08月06日
    日本電報通信社資料

    閣議に向かう南次郎陸相。全国師団長会議で一般政治論、外交問題に対して行った訓示演説の内容が問題となっている=1931(昭和6)年8月6日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013121100201

  • 1931年08月10日
    日本電報通信社資料

    来年2月に開かれるジュネーブ軍縮会議全権に内定した佐藤尚武駐ベルギー大使が準備会議に出席となり、若槻礼次郎首相主催で送別会が開かれた。前列右から南次郎陸相、幣原喜重郎外相、佐藤大使、若槻首相=1931(昭和6)年8月10日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931081000004

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1931年08月18日
    日本電報通信社資料

    恩給法改正の最終要求案を持ち閣議に臨む南次郎陸相(左)と安保清種海相=1931(昭和6)年8月18日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931081800004

  • 1931年08月21日
    日本電報通信社資料

    フィリピン視察の途中日本に立ち寄り、南次郎陸相(右)を訪問するパトリック・J・ハーリー米国陸軍長官(中央)。左はW・キャメロン・フォーブス駐日米大使=1931(昭和6)年8月21日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013122000226

  • 1931年08月24日
    日本電報通信社資料

    軍縮会議主席全権選衡閣議に臨む(左から)南次郎陸相、幣原喜重郎外相、安保清種海相=1931(昭和6)年8月24日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014010800318

  • 1931年08月28日
    日本電報通信社資料

    チャールズ・リンドバーグ夫妻歓迎会。手前右から南次郎陸相、幣原喜重郎外相、チャールズ・リンドバーグ氏、W・キャメロン・フォーブス駐日米大使、アン夫人、小泉又次郎逓相、大角岑生海相=1931(昭和6)年8月28日、帝国ホテル(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014011500240

  • 1931年08月29日
    日本電報通信社資料

    故浜口雄幸前首相の民政党葬で礼拝する(右から)南次郎陸相、井上準之助蔵相ら=1931(昭和6)年8月29日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014011500243

  • 1931年09月08日
    日本電報通信社資料

    問題化してきた中村大尉事件(陸軍参謀中村震太郎大尉と他3人が興安嶺東側を密偵していた際、屯墾軍に拘束され銃殺、遺体を焼き捨てられた)の閣議に臨む幣原喜重郎外相(右)と南次郎陸相=1931(昭和6)年9月8日、掛け合わせ(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014021400389

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1931年09月19日
    日本電報通信社資料

    柳条湖事件(満州事変)が起き開かれた緊急臨時閣議に臨む若槻礼次郎内閣の閣僚たち。左から桜内幸雄商工相、南次郎陸相、若槻礼次郎首相、安保清種海相、安達謙蔵内相、田中隆三文相=1931(昭和6)年9月19日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931091900006

  • 1931年09月19日
    日本電報通信社資料

    奉天の日支(日中)衝突事件で開かれた緊急臨時閣議。左から桜内幸雄商工相、南次郎陸相、若槻礼次郎首相、安保清種海相、安達謙蔵蔵相、田中隆三文相=1931(昭和6)年9月19日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014022100772

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1931年09月22日
    日本電報通信社資料

    柳条湖事件(満州事変)に関する会談を終え退出する(右から)若槻礼次郎首相、南次郎陸相、川崎卓吉・内閣法制局長官=1931(昭和6)年9月22日、東京・駒込富士前町の若槻氏私邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931092200001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1931年09月24日
    日本電報通信社資料

    柳条湖事件(満州事変)に関する緊急閣議を終え退出する若槻礼次郎内閣の閣僚たち。(左から)町田忠治農相、幣原喜重郎外相、安保清種海相、南次郎陸相、小泉又次郎逓相、渡辺千冬法相、安達謙蔵内相=1931(昭和6)年9月24日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931092400004

  • 1931年09月29日
    日本電報通信社資料

    満州事変について開かれた陸海軍首脳部会議を終えて退出する東郷平八郎元帥(左)と、見送る(右から)南次郎陸相、金谷範三参謀総長ら=1931(昭和6)年9月29日、東京・永田町の陸相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931092900001

  • 1931年11月05日
    日本電報通信社資料

    満蒙の実情視察を終えて帰国した陸軍の白川義則大将(元陸相)=1931(昭和6)年11月5日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931110500002

  • 1931年12月29日
    日本電報通信社資料

    就任奉告のため伊勢神宮に参拝する荒木貞夫陸相(右から3人目)=1931(昭和6)年12月29日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931122900003

  • 1932年01月04日
    日本電報通信社資料

    勅諭下賜50周年記念に当り参内、勅諭を奉授する荒木貞夫陸相(右)と大角岑生海相=1932(昭和7)年1月4日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014050700214

  • 1932年01月06日
    日本電報通信社資料

    新年初閣議に臨む犬養内閣の閣僚たち。前列左から山本悌二郎農相、中橋徳五郎内相、犬養毅首相(外相兼務)、大角岑生海相、床次竹二郎鉄相、後列左から荒木貞夫陸相、森恪書記官長、秦豊助拓相、島田俊雄法制局長官。荒木陸相と大角海相から、錦州入城など満州情勢などの報告があった。鈴木法相、三土逓相、前田商相、鳩山文相は旅行中で欠席=1932(昭和7)年1月6日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932010600004

  • 1932年01月09日
    日本電報通信社資料

    内閣総辞職に関する重要閣議に臨む中橋徳五郎内相(右)と荒木貞夫陸相=1932(昭和7)年1月9日、掛け合わせ(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014051900338

  • 1932年01月10日
    日本電報通信社資料

    愛国号(民間からの献納機)の命名式に臨む荒木貞夫陸相(右)。左後方は輸送機の愛国2号機=1932(昭和7)年1月10日、東京・代々木練兵所(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932011000002

  • 1932年01月11日
    日本電報通信社資料

    満州から帰朝し、荒木貞夫陸相に視察報告をする南次郎前陸相(左)=1932(昭和7)年1月11日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014052600446

  • 1932年01月20日
    日本電報通信社資料

    満州事件の独立守備隊戦死者11勇士の英霊に礼拝する荒木貞夫陸相=1932(昭和7)年1月20日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014100300312

  • 1932年01月20日
    日本電報通信社資料

    満州出征兵士の安泰を祈願し参拝した歴代天皇御陵の記念の御朱印を「本庄繁関東軍司令官に差し上げて下さい」と荒木貞夫陸相に差し出す大阪市天王寺小5年生の東村日出子さん=1932(昭和7)年1月20日、東京・永田町の陸相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014091200254

  • 1932年01月21日
    日本電報通信社資料

    満蒙対策を協議する芳沢謙吉外相(右)と荒木貞夫陸相=1932(昭和7)年1月22日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014112400058

  • 1932年01月24日
    日本電報通信社資料

    軍馬補充部が創立されて50年、競馬法が実施されて10周年を記念し帝国馬連協会主催で開かれた馬事展覧会を参観する荒木貞夫陸相=1932(昭和7)年1月24日、東京・明治神宮外苑の日本青年館(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014112400067

  • 1932年02月08日
    日本電報通信社資料

    錦州で戦死した松尾部隊25名の近衛師団葬で焼香する荒木貞夫陸相(後ろ姿)=1932(昭和7)年2月8日、東京・目黒の近衛輜重兵大隊(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932020800001

  • 1932年02月13日
    日本電報通信社資料

    満州事変の傷病兵を見舞う荒木貞夫陸相(右から2人目)=1932(昭和7)年2月13日、東京・大久保の第一衛戍病院(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014121500555

  • 1932年02月18日
    日本電報通信社資料

    東京市内の実業家、政界の各有力団体が芳沢謙吉外相(中央)就任祝賀を兼ね開いた招待晩餐会。左は永田秀次郎東京市長、右端は南次郎陸相=1932(昭和7)年2月18日、東京会館(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014121900554

  • 1932年02月18日
    日本電報通信社資料

    東京市内実業家、政界各有力団体が芳沢謙吉外相(中央)就任祝賀を兼ね開いた招待晩餐会。左は永田秀次郎東京市長、右端は南次郎陸相=1932(昭和7)年2月18日、東京会館(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014121900556

  • 1932年02月23日
    日本電報通信社資料

    衆院選に大勝した政友会内閣の初閣議。前列左から鳩山一郎文相、山本悌二郎農相、鈴木喜三郎法相、高橋是清蔵相、犬養毅首相、荒木貞夫陸相、大角岑生海相、前田米蔵商工相、三土忠造逓相、床次竹次郎鉄相、後列左から秦豊助拓相、荒木貞夫陸相、島田俊雄法制局長官。中橋内相、芳沢外相は欠席=1932(昭和7)年2月23日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2009042600080

  • 1932年02月29日
    日本電報通信社資料

    荒木貞夫陸相を訪問した国際連盟の支那調査委員の一行(リットン調査団)。左から2人目から右へフランク・ロス・マッコイ少将(米)、アンリ・クローデル将軍(仏)、荒木貞夫陸相、アルドロバンディ・マレスコッティ伯(伊)、ビクター・リットン委員長(英)、ハインリッヒ・シュネー博士(独)=1932(昭和7)年2月29日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015011600331

  • 1932年03月05日
    日本電報通信社資料

    満州事変。ハルビンの双城堡の激戦で戦死した仙台の歩兵第4連隊兵士52名の遺骨が神戸経由で帰り、上野駅長室に安置され、荒木貞夫陸相が焼香した=1932(昭和7)年3月5日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2009050700175

  • 1932年03月05日
    日本電報通信社資料

    荒木貞夫陸相(右)と会見する愛国号(民間からの献納機)3機を献納した小布施新三郎氏。小布施氏は日本橋の株式仲買人で、献金した23万円で3機が製作された=1932(昭和7)年3月5日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2009050700174

  • 1932年03月12日
    日本電報通信社資料

    肉弾三勇士の3母堂はるばる上京。荒木貞夫陸相(右)を訪問し、畏き辺りよりの祭奠料を伝達される3母堂=1932(昭和7)年3月12日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015022500288

  • 1932年03月16日
    日本電報通信社資料

    満州事変の傷病兵を慰問する(右から)犬養毅首相夫人の千代子さんと大角岑生海相、山本悌二郎農相、荒木貞夫陸相、三土忠造逓相、鳩山一郎文相の各夫人たち=1932(昭和7)年3月16日、東京・大久保の第一衛戍病院(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2009051000043

  • 1932年03月19日
    日本電報通信社資料

    増上寺で営まれる上海、満州事変戦死者追悼会で弔辞を読む荒木貞夫陸相=1932(昭和7)年3月19日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015030400551

  • 1932年03月20日
    日本電報通信社資料

    第61臨時議会開院式前に控室で待機する犬養毅首相(中央)と閣僚たち。左から森恪書記官長(顔半分だけ)、芳沢謙吉外相、鳩山一郎文相、山本悌二郎農相、荒木貞夫陸相、犬養首相(内相も兼務)、鈴木喜三郎法相、秦豊助拓相、前田米蔵商工相、大角岑生海相、床次竹二郎鉄相。高橋蔵相、三土逓相、島田法制局長官は写っていない=1932(昭和7)年3月20日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2009051100117

  • 1932年03月22日
    日本電報通信社資料

    衆院本会議で満州及び上海事変の経過報告する大角岑生海相(右)と荒木貞夫陸相=1932(昭和7)年3月22日、掛け合わせ(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015031800295

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年03月23日
    日本電報通信社資料

    満州事変費案を起立採決する衆院本会議。ひな壇右端は荒木貞夫陸相=1932(昭和7)年3月23日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2009051100144

  • 1932年03月25日
    日本電報通信社資料

    第61臨時議会閉院式に臨む犬養毅内閣の閣僚たち。前列左から芳沢謙吉外相、秦豊助拓相、山本悌二郎農相、三土忠造逓相、大角岑生海相、鈴木喜三郎法相、床次竹二郎鉄相、後列左から荒木貞夫陸相、前田米蔵商工相、鳩山一郎文相=1932(昭和7)年3月25日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2009051100242

  • 1
  • 2
  • 3