KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ちょう
  • りく
  • 令和
  • 古寺
  • 埋葬
  • 崖山の戦い
  • 登録
  • 遺体
  • 重要文化財
  • 標識

「陸秀夫」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年04月04日
    南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵前に立つ「深圳市重点文物保護単位」標識碑の裏面。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040705883

  • 2021年04月06日
    (10)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の祭祀場の裏側から見た陵園。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610730

  • 2021年04月06日
    (11)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵で焼香する参観者。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610747

  • 2021年04月06日
    (3)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵入り口に立つ石碑の刻字。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610413

  • 2021年04月06日
    (2)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の入り口。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610415

  • 2021年04月06日
    (14)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵前に立つ「深圳市重点文物保護単位」標識碑。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610753

  • 2021年04月06日
    (6)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の牌坊(はいぼう)。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610404

  • 2021年04月06日
    (5)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の参道に埋め込まれた銘刻。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610406

  • 2021年04月06日
    (7)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の祭祀(さいし)場。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610409

  • 2021年04月06日
    (4)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の入り口から望む陵園の全景。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610410

  • 2021年04月06日
    (8)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の香炉と焼香塔。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610412

  • 2021年04月06日
    (9)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、幼帝を背負い海に身を投げる陸秀夫の像。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610416

  • 2021年04月06日
    (12)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、崖山の戦いの歴史が刻まれた石碑。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610749

  • 2021年04月06日
    (13)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵周辺の様子。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610751

  • 1