KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 輝き
  • 太原
  • 孫亮
  • 一種
  • 先代
  • 制作技法
  • 女性
  • 工程

「陽城県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 03:23.58
    2018年08月22日
    「新華社」陶磁器の都目指し国際博覧会開催山西省陽城県

    中国山西省晋城市陽城県で18~20日、17の国と地域から専門家や研究者、出展や買い付けを目的とする企業が集まる、国際陶磁博覧会が開催された。山西省陽城県人民政府史小林県長陽城の陶磁器製造の歴史は古く、陶磁器とガラス器の故郷として名高い。昔から「南に景徳鎮あれば、北に後則腰あり」(後則腰村:陶磁器とガラス製品で名高い陽城県内の村)とたたえられてきた。近年、われわれは華北における陶磁器の都となるべく努めている。革新を図り、規模を拡大し、ジャンルを開拓し、ブランドを打ち立て、文化が内包するものを深く掘り起こし、産業のけん引エネルギーを強化し続けることで、陶磁器産業を陽城の経済社会を発展させる柱となる産業、人々に豊かさをもたらす産業にした。(記者/原勲)<映像内容>国際陶磁博覧会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801295

  • 2020年05月27日
    農家の増収へ、伝統の養蚕業を振興山西省陽城県

    5月27日、山西省晋城市陽城県寺頭郷の桑畑で働く村民。中国山西省は石炭の産地として知られる。省の東南部にある晋城市陽城県も重要な石炭鉱区だが、近年は伝統の養蚕業が再び輝きを取り戻し、農家の増収の重要な手段となっている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060907864

  • 2020年05月27日
    農家の増収へ、伝統の養蚕業を振興山西省陽城県

    5月27日、生糸を梱包する山西省晋城市陽城県寺頭郷の村民。中国山西省は石炭の産地として知られる。省の東南部にある晋城市陽城県も重要な石炭鉱区だが、近年は伝統の養蚕業が再び輝きを取り戻し、農家の増収の重要な手段となっている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908063

  • 2020年05月27日
    農家の増収へ、伝統の養蚕業を振興山西省陽城県

    5月27日、繰糸工場で働く山西省晋城市陽城県寺頭郷の村民。中国山西省は石炭の産地として知られる。省の東南部にある晋城市陽城県も重要な石炭鉱区だが、近年は伝統の養蚕業が再び輝きを取り戻し、農家の増収の重要な手段となっている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908373

  • 2020年05月27日
    農家の増収へ、伝統の養蚕業を振興山西省陽城県

    5月27日、山西省晋城市陽城県寺頭郷黍地村の養蚕基地。中国山西省は石炭の産地として知られる。省の東南部にある晋城市陽城県も重要な石炭鉱区だが、近年は伝統の養蚕業が再び輝きを取り戻し、農家の増収の重要な手段となっている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908069

  • 2020年05月27日
    農家の増収へ、伝統の養蚕業を振興山西省陽城県

    5月27日、真綿の布団を作る山西省晋城市陽城県寺頭郷の村民。中国山西省は石炭の産地として知られる。省の東南部にある晋城市陽城県も重要な石炭鉱区だが、近年は伝統の養蚕業が再び輝きを取り戻し、農家の増収の重要な手段となっている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908206

  • 2020年05月27日
    農家の増収へ、伝統の養蚕業を振興山西省陽城県

    5月27日、養蚕室で働く山西省晋城市陽城県寺頭郷黍地村の村民。中国山西省は石炭の産地として知られる。省の東南部にある晋城市陽城県も重要な石炭鉱区だが、近年は伝統の養蚕業が再び輝きを取り戻し、農家の増収の重要な手段となっている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908073

  • 2020年05月27日
    農家の増収へ、伝統の養蚕業を振興山西省陽城県

    5月27日、山西省晋城市陽城県寺頭郷張家荘村にある樹齢千年とされるクワの木。中国山西省は石炭の産地として知られる。省の東南部にある晋城市陽城県も重要な石炭鉱区だが、近年は伝統の養蚕業が再び輝きを取り戻し、農家の増収の重要な手段となっている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908240

  • 2020年05月28日
    再び光彩を放つ伝統の彩釉陶器「琺華」山西省晋城市

    ろくろの使い方を紹介する職人。(5月28日撮影)中国山西省南東部でかつて盛んに制作された「琺華(ほうか)」と呼ばれる彩釉陶器は、生産が100年ほど途絶えていたが、ここ数年、同省晋城市陽城県で息を吹き返し再び輝きを放っている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804763

  • 2020年05月28日
    再び光彩を放つ伝統の彩釉陶器「琺華」山西省晋城市

    山西省無形文化遺産「喬氏法花」伝統陶磁器技能伝承者の喬加勝(きょう・かしょう)さんと、喬さんの作品。(5月28日撮影)中国山西省南東部でかつて盛んに制作された「琺華(ほうか)」と呼ばれる彩釉陶器は、生産が100年ほど途絶えていたが、ここ数年、同省晋城市陽城県で息を吹き返し再び輝きを放っている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204668

  • 2020年05月28日
    再び光彩を放つ伝統の彩釉陶器「琺華」山西省晋城市

    琺華に細工を施す職人。(5月28日撮影)中国山西省南東部でかつて盛んに制作された「琺華(ほうか)」と呼ばれる彩釉陶器は、生産が100年ほど途絶えていたが、ここ数年、同省晋城市陽城県で息を吹き返し再び輝きを放っている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204679

  • 2020年05月28日
    再び光彩を放つ伝統の彩釉陶器「琺華」山西省晋城市

    琺華の皿「金陵十二釵琺華看盤(きんりょうじゅうにさいほうかかんばん)」。(5月28日撮影)中国山西省南東部でかつて盛んに制作された「琺華(ほうか)」と呼ばれる彩釉陶器は、生産が100年ほど途絶えていたが、ここ数年、同省晋城市陽城県で息を吹き返し再び輝きを放っている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204560

  • 2020年05月28日
    再び光彩を放つ伝統の彩釉陶器「琺華」山西省晋城市

    山西省無形文化遺産「喬氏法花」伝統陶磁器技能伝承者の喬加勝(きょう・かしょう)さんが制作した琺華の人物像。(5月28日撮影)中国山西省南東部でかつて盛んに制作された「琺華(ほうか)」と呼ばれる彩釉陶器は、生産が100年ほど途絶えていたが、ここ数年、同省晋城市陽城県で息を吹き返し再び輝きを放っている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204586

  • 2020年05月28日
    再び光彩を放つ伝統の彩釉陶器「琺華」山西省晋城市

    山西省無形文化遺産「喬氏法花」伝統陶磁器技能伝承者、喬加勝(きょう・かしょう)さんの家に代々伝わる「祥雲仙鶴琺華瓶(しょううんせんかくほうかへい)」。(5月28日撮影)中国山西省南東部でかつて盛んに制作された「琺華(ほうか)」と呼ばれる彩釉陶器は、生産が100年ほど途絶えていたが、ここ数年、同省晋城市陽城県で息を吹き返し再び輝きを放っている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204665

  • 2020年05月28日
    再び光彩を放つ伝統の彩釉陶器「琺華」山西省晋城市

    琺華の制作を体験する地元の学生。(5月28日撮影)中国山西省南東部でかつて盛んに制作された「琺華(ほうか)」と呼ばれる彩釉陶器は、生産が100年ほど途絶えていたが、ここ数年、同省晋城市陽城県で息を吹き返し再び輝きを放っている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204580

  • 01:00.12
    2020年08月07日
    「新華社」明・清代の繁栄伝える集落、観光資源として地域の活力に山西省陽城県

    中国山西省晋城市陽城県にある砥洎城(しきじょう)は、面積約3万7千平方メートルで、城壁の全長は706メートル。最も高い部分は地上20メートルで、北は沁河に面し、3方向が水に囲まれた半島の形をしている。蜂の巣状の「るつぼ城壁」を持つこの明代古城は、この地の明・清代の経済的繁栄ぶりを映し出している。砥洎城、皇城相府、郭峪古城などの明・清代の古城は、中国北方地域の防御型堡寨(ほうさい)集落の代表。今も昔ながらの生活機能を持ち、300人近くが居住すると同時に、各地から大勢の観光客が訪れている。(記者/宋育沢)<映像内容>蜂の巣状の「るつぼ城壁」を持つ明代古城の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081401913

  • 2022年03月29日
    (9)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    23日、喬氏琺華日用磁器の作業場で職人から琺華の制作状況を確認する喬琳さん(右から2番目)。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907529

  • 2022年03月29日
    (11)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    24日、山西省陽城県沙坡(さは)村で焼成中の琺華。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907534

  • 2022年03月29日
    (1)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    23日、山西省陽城県沙坡(さは)村で琺華を制作する喬琳さん。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907536

  • 2022年03月29日
    (3)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    23日、山西省陽城県沙坡(さは)村で琺華を制作する喬琳さん。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907491

  • 2022年03月29日
    (12)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    24日、山西省陽城県沙坡(さは)村で客顧客に琺華を紹介する喬琳さん(左)。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907532

  • 2022年03月29日
    (10)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    23日、山西省陽城県沙坡(さは)村で職人と琺華の制作方法について交流する喬琳さん(左)。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907533

  • 2022年03月29日
    (4)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    23日、山西省陽城県沙坡(さは)村で琺華を制作する喬琳さん。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907500

  • 2022年03月29日
    (7)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    22日、山西省陽城県沙坡(さは)村の喬氏琺華日用磁器の生産現場で琺華を制作する職人。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907530

  • 2022年03月29日
    (6)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    24日、喬氏琺華日用磁器の作業場で製品の品質を確認する喬琳さん(右から2番目)。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907535

  • 2022年03月29日
    (5)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    23日、山西省陽城県沙坡(さは)村で自身の作品を見せる喬琳さん。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907502

  • 2022年03月29日
    (2)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    23日、山西省陽城県沙坡(さは)村で絵の具の色を調整する喬琳さん。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907492

  • 2022年03月29日
    (8)伝統陶磁器「琺華」に新たな輝きを山西省晋城市

    22日、山西省陽城県沙坡(さは)村の喬氏琺華日用磁器の作業場で琺華を制作する職人。琺華(ほうか、「法花」「法華」とも)は中国山西省の南東部で盛んに制作されている。彫刻や絵画などが融合した彩釉陶器の一種で、材料の選定や土練り、施釉、焼成など10余りの工程があり、その制作方法は複雑だ。山西省無形文化遺産「喬氏琺華」伝統陶磁器技能の第29代伝承者、喬琳(きょう・りん)さんは1990年代生まれの女性で、2015年に留学を終え同省晋城市陽城県に帰郷し、先代から制作技法を受け継いだ。琺華製品の販売低迷に直面した喬さんは、絵付けや模様をよりモダンな雰囲気に改良した製品作りに着手。新しい製品は、デザイン性が高く、絵付けに特別感があり、現代的な面もあると、消費者から高い評価を得ている。(晋城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907531

  • 2022年05月09日
    Xinhua Headlines: A look at younger generation on China‘s new journey

    (220509) -- BEIJING, May 9, 2022 (Xinhua) -- Qiao Lin creates Fahua artwork at Shapo Village of Yangcheng County, north China‘s Shanxi Province, March 23, 2022. (Xinhua/Yang Chenguang)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051001675

  • 1