KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • ドローン
  • 位置
  • 平成
  • 景観
  • 空撮
  • 風景
  • 発展
  • 開発
  • エコ

「隆徳県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年07月17日
    この時期に菜の花が見頃寧夏隆徳県

    17日、寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷前荘村で咲き誇る菜の花。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷ではこのところ、3千ムー(約200ヘクタール)余りにわたって植えられた菜の花が見頃を迎えている。六盤山の麓に位置する隆徳県はここ数年、美しい山河を発展の原動力とし、エコ・レジャー、農村観光など特色ある観光資源の開発に力を入れ、環境保護と農村観光が融合する発展を推進し、美しい村に魅力を加えると同時に、農村観光に新しい活気をもたらしている。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072000318

  • 2018年07月17日
    この時期に菜の花が見頃寧夏隆徳県

    17日、寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷前荘村で咲き誇る菜の花。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷ではこのところ、3千ムー(約200ヘクタール)余りにわたって植えられた菜の花が見頃を迎えている。六盤山の麓に位置する隆徳県はここ数年、美しい山河を発展の原動力とし、エコ・レジャー、農村観光など特色ある観光資源の開発に力を入れ、環境保護と農村観光が融合する発展を推進し、美しい村に魅力を加えると同時に、農村観光に新しい活気をもたらしている。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072000372

  • 2018年07月17日
    この時期に菜の花が見頃寧夏隆徳県

    17日、寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷前荘村に設けられた菜の花撮影ポイントで記念撮影する観光客。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷ではこのところ、3千ムー(約200ヘクタール)余りにわたって植えられた菜の花が見頃を迎えている。六盤山の麓に位置する隆徳県はここ数年、美しい山河を発展の原動力とし、エコ・レジャー、農村観光など特色ある観光資源の開発に力を入れ、環境保護と農村観光が融合する発展を推進し、美しい村に魅力を加えると同時に、農村観光に新しい活気をもたらしている。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072000321

  • 2018年07月17日
    この時期に菜の花が見頃寧夏隆徳県

    17日、寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷前荘村で、咲き誇る菜の花とそびえる青々とした六盤山が互いに照り映える。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷ではこのところ、3千ムー(約200ヘクタール)余りにわたって植えられた菜の花が見頃を迎えている。六盤山の麓に位置する隆徳県はここ数年、美しい山河を発展の原動力とし、エコ・レジャー、農村観光など特色ある観光資源の開発に力を入れ、環境保護と農村観光が融合する発展を推進し、美しい村に魅力を加えると同時に、農村観光に新しい活気をもたらしている。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072000368

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月17日
    絶対的貧困からの脱却果たした寧夏西海固地区

    寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷にある前荘村の風景。(2018年7月17日撮影、小型無人機から)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区は、かつて10年のうち9年は干ばつといわれるほど土地が痩せていた。国連の専門家も「人間の生存に必要な基本条件を備えていない地域」との結論を下していたが、自治区政府は16日、同地区にある西吉(せいきつ)県を貧困県リストから除外したと発表した。西海固は絶対的貧困に歴史的な別れを告げた。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511934

  • 2018年07月17日
    六盤山の麓で雨音を聞く寧夏回族自治区彭陽県

    寧夏回族自治区固原市隆徳県の観荘郷前荘村。(小型無人機から7月17日撮影)中国寧夏回族自治区固原市にある六盤山の山麓は、起伏が激しく植生も乏しい。頻繁に旱魃に見舞われ「苦瘠甲天下」(貧しさは天下一)と呼ばれる。国際連合世界食糧計画(WFP)も「人類の生存に適さない」と評価する。幾多の歴史的なレッテルを背負い、発展から取り残された人びとは、自治区成立から60年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(2012年)以降、党中央のさまざまな政策の恩恵を受け、力を一つにして懸命に働き、着実な成果を上げてきた。現在では杜甫の詩にある「好雨知時節(よき雨は時節を知る)」の如く生態環境が改善され、韓愈の詩にある「小雨潤如酥(小雨の潤うこと酥の如し)」のように産業の精密化を実現し、李清照の詞にある「風景雨来佳(門前の風景雨の来るも佳なり)」として民族の団結を成し遂げた。同地は斬新な姿で過去の苦難を乗り越えつつある。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700534

  • 2018年07月17日
    この時期に菜の花が見頃寧夏隆徳県

    17日、寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷前荘村で咲き誇る菜の花。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷ではこのところ、3千ムー(約200ヘクタール)余りにわたって植えられた菜の花が見頃を迎えている。六盤山の麓に位置する隆徳県はここ数年、美しい山河を発展の原動力とし、エコ・レジャー、農村観光など特色ある観光資源の開発に力を入れ、環境保護と農村観光が融合する発展を推進し、美しい村に魅力を加えると同時に、農村観光に新しい活気をもたらしている。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072000361

  • 2018年07月17日
    この時期に菜の花が見頃寧夏隆徳県

    17日、寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷前荘村で、菜の花の畑を行く村民。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市隆徳県観荘郷ではこのところ、3千ムー(約200ヘクタール)余りにわたって植えられた菜の花が見頃を迎えている。六盤山の麓に位置する隆徳県はここ数年、美しい山河を発展の原動力とし、エコ・レジャー、農村観光など特色ある観光資源の開発に力を入れ、環境保護と農村観光が融合する発展を推進し、美しい村に魅力を加えると同時に、農村観光に新しい活気をもたらしている。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072000353

  • 01:30.30
    2018年12月27日
    「新華社」シルクロードの古いとりでが新たな輝きを放つ寧夏梁堡

    中国寧夏回族自治区南部の山間部にある隆徳(りゅうとく)県奠安(てんあん)郷には、梁堡(りょうほ)という古い村落があり、ここには古代シルクロードと密接な関係を持つ古い「城堡」(防御用の土塀などで囲まれた村落)が完全な状態で残されている。考証によると、梁堡村は元代から一貫して周辺地域の貿易集散地であり、古代シルクロードの重要な宿場町だった。梁堡は2012年に第1期中国伝統村落リストに登録された。当面、中国では農村振興戦略が推進されており、このシルクロードの古い「城堡」も新たな輝きを放っている。同村では古建築を最大限保護するという原則の下、適度な観光開発を行なっており、遠方からますます多くの観光客が訪れ、古い「城堡」を見学し、地元の民俗を体験している。<映像内容>梁堡村の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400137

  • 03:11.04
    2019年03月05日
    「新華社」伝統文化を幼稚園の授業に導入寧夏隆徳

    中国では新学期が始まったが、まだ春節(旧正月)の雰囲気は残っている。寧夏回族自治区の六盤山麓に位置する固原市の隆徳県第二幼稚園では、春節を祝う伝統的な民間娯楽活動「社火」の衣装を着た園児たちが、太鼓の伴奏に合わせて竜舞や棒術、花かご担ぎなどを楽しんでいる。新学期から始まった園児たちの新たな取り組みだ。隆徳県は伝統文化が色濃く残っており、多彩な民間活動が行われている。中でも「社火」は、その規模の大きさや種類の多さ、歴史の長さで全国的に知られている。第二幼稚園の尹雯(いん・ぶん)園長は、伝統文化を幼稚園に取り入れ、園児に早い時期からこれらの文化に触れさせるにはどうしたら良いかをずっと考えてきた。昨年11月から、幼稚園の先生はさまざまな材料で船やロバ、獅子などの「社火」の道具を作り、地元の「社火」の演者を招いて実際に指導してもらっている。園児たちは精巧でかわいらしい道具や陽気な表現方法に魅せられ、喜んで参加している。今年の元旦に県の体育館で行われた大規模な親子イベントは、園児らの「社火」で幕を開けた。生き生きとした演技やかわいらしくて面白いスタイルに、会場からは拍手が沸き起こった。尹氏はこれを見て「社火」を授業に取り入れる決心を固めた。(記者/劉飛)<映像内容>中国の幼稚園で伝統文化の授業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502610

  • 1