KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 隆慶一郎
  • きりん
  • 五百羅漢
  • 仏陀
  • 制作
  • 創建
  • 嘉靖
  • 国家
  • 増築
  • 本殿

「隆慶」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1986年10月28日
    (りゅう・けいいちろう) 隆慶一郎

    作家=1986(昭和61)年10月28日、浅草ビューホテル

    商品コード: 2004040100300

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702308

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702315

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702322

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702332

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702340

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702393

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702426

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702429

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702458

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702459

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702463

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702412

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702441

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵の本殿。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702461

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702313

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702413

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702432

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702307

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702310

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702321

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702331

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702390

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702362

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702278

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702364

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702423

  • 2019年12月11日
    3700点の塑像が並ぶ水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    11日、水陸庵にある明代の彩色塑像。中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵には、中国古代の彩色の塑像約3700点が保存されている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された塑像で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型塑像の他、絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが並ぶ。水陸庵は隋代に創建され、唐代に増築された。現存する塑像は、五代時代の1組を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702456

  • 01:46.26
    2019年12月16日
    「新華社」3700点の壁面彫像水陸庵を訪ねて陝西省西安市

    中国陝西省西安市藍田県にある国家級重点文物保護単位(重要文化財に相当)の水陸庵は、中国古代の彩色の壁面彫像約3700点が保存されており、国内で最も保存状態の良い壁面彫像群の一つとなっている。水陸庵の本殿の壁は大部分が彩色された泥塑で埋め尽くされており、仏陀(ぶっだ)の物語や海を渡る五百羅漢の様子などを表現した大型壁面彫像の他、鳥や獣、麒麟(きりん)、花などが絵画や浮き彫り、透かし彫りで表現されている。隋代に創建され、唐代に増築された水陸庵に現存する壁面彫像は、五代時代の1組の塑像を除き、明の嘉靖42年(1563年)から隆慶元年(1567年)にかけて制作された。(記者/藺娟)<映像内容>水陸庵にある中国古代の彩色の壁面彫像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600711

  • 1