KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 歴史
  • 令和
  • 資料
  • 北京
  • 壁画
  • 記者
  • プロセス
  • 南海
  • 大発見
  • 広東省

「随州」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
130
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
130
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1978年05月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    1978年、曾侯乙編鐘の出土した様子。2018年4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=1978(昭和53)年5月、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517360

  • 2004年04月01日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    1978年の「曽侯乙(そうこういつ)墓」の調査で見つかった「曽侯乙編鐘(へんしょう)」の出土時の様子。(複製写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2004(平成16)年4月1日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708741

  • 2007年01月25日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    下段第2組5つ目の甬鐘のつり下げ部分の猿の顔と竜の体をした装飾。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517189

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    下段第1組3つ目の甬鐘(ようしょう)のつり下げ部分の猿の顔。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517375

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    曾侯乙編鐘の音階の銘文「宮角」(音名はE)。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517114

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段第1組3つ目の編鐘正面に金工象嵌(ぞうがん)された銘文。2018年4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517357

  • 2007年02月09日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段の柱になっている銅像の顔。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517758

  • 2007年02月09日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段の柱になっている銅像。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517679

  • 2007年03月05日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    1978年の「曽侯乙(そうこういつ)墓」の調査で見つかった「曽侯乙編鐘(へんしょう)」の銘文。(2007年3月5日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2007(平成19)年3月5日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708754

  • 2013年05月13日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    上空から見た葉家山墓地の第二次発掘調査現場。(2013年5月13日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2013(平成25)年5月13日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708682

  • 2013年09月16日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    2013年の調査で見つかった葉家山M111号墓。(2013年9月16日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2013(平成25)年9月16日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708690

  • 2018年08月08日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    2011年に湖北省随州市の文峰塔M4号墓から出土した甬鐘(ようしょう)の拓本。(2018年8月8日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708740

  • 2018年08月17日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    湖北省博物館で展示している曾侯乙編鐘。(8月17日撮影)4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517225

  • 2018年08月17日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    8月17日、湖北省博物館で曾侯乙編鐘を見学する来場者。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517110

  • 2018年08月17日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    湖北省博物館で曾侯乙編鐘を見学する来場者。(8月17日撮影)4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517702

  • 02:07.59
    2019年05月30日
    「新華社」華人·華僑1万人、始祖·炎帝を祭る湖北省随州市

    中国湖北省随州市で5月30日、世界中の華人がルーツを訪ねる「己亥年(2019年)世界華人炎帝故里尋根祭」および「炎帝神農拝謁式」が盛大に行われた。同市は、中国人の始祖とされる伝説上の帝王「炎帝神農」の生誕地と伝えられている。30の国と地域の華人・華僑や社会各界の代表者計約1万人が、式典会場となった市内の烈山で一堂に会し、共に炎帝を祭った。「随州神農祭典」は2011年、国家級無形文化遺産に登録されている。(記者/王斯班、喩珮)<映像内容>「己亥年世界華人炎帝故里尋根祭」および「炎帝神農拝謁式」の様子、撮影日:2019(令和元)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060404895

  • 2019年06月02日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    曽侯「宝」の墓から出土した編鐘。(6月2日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504137

  • 2019年06月04日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    曽侯「宝」の墓の椁室(棺をおさめた部屋)。(6月4日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504131

  • 2019年06月05日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    曽公「求」の夫人「漁」の墓の椁室(棺をおさめた部屋)。(6月5日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504155

  • 2019年07月11日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    銅の壺の発掘作業をするスタッフ。(7月11日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504139

  • 2019年07月20日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    銅の礼器の発掘作業をするスタッフ。(7月20日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504135

  • 2019年07月21日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    内棺の発掘作業をするスタッフ。(7月21日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月21日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504123

  • 2019年07月25日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    曽公「求」の墓から出土した銅器。(7月25日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504128

  • 2019年07月25日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    曽公「求」の墓の椁室(棺をおさめた部屋)。(7月25日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504129

  • 2019年07月25日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    発掘作業現場。(7月25日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504125

  • 2019年08月02日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    2日、曽公「求」の夫人「漁」の墓から出土した銅の礼器。中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504122

  • 2019年08月02日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    2日、曽公「求」の墓から出土した銅の鼎。中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504127

  • 2019年08月02日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    2日、曽侯「宝」の夫人「羋加」の墓から出土した編鐘。中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504151

  • 2019年08月02日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    2日、曽公「求」の墓から出土した銅の壺。中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504136

  • 2019年08月13日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    曽侯「宝」の夫人「羋加」の墓の椁室(棺をおさめた部屋)。(資料写真)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504152

  • 01:58.99
    2019年08月14日
    「新華社」湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。曽の国とは「春秋左氏伝」などの文献で言うところの「随の国」で「一つの国に二つの名」がある。随の国は西周(紀元前1046年~紀元前771年)初期に周の天子が南方を鎮守するために封建した重要な邦国であり、その故地は現在の湖北省随州市にあり、西周初期から戦国時代(紀元前5世紀~紀元前221年)中期まで存続した。春秋時代の曽の国と周王朝、楚の国、その他諸侯国との関係やその文化的な由来を探るため、湖北省文物考古研究所は2018年10月から随州棗樹林墓地に対する主体的な探査と発掘調査を開始した。これまでに墓地からは土坑墓54基、馬坑3基が見つかっている。同研究所の郭長江(かく・ちょうこう)副研究員は次のように説明した。ここは春秋時代中期~末期の曽国公の墓地で、墓の形式は多くが長方形の竪穴土坑墓だ。墓は東西方向につくられ、配置は比較的厳密である。これまでに青銅器千点余りが出土しており、一部の青銅器には銘文があった。銘文では主に「曽公」「曽」「曽叔」「曽侯」「曽夫人」などの表記が使われていた。そのうち2組の墓は曽の国の君主レベルの夫婦合葬墓で、曽侯「宝」とその夫人「羋加」の墓(168、169号墓)および、曽公「求」とその夫人「漁」の墓(190、191号墓)。曽侯「宝」と夫人の並穴合葬墓は共に盗掘に遭っていたが、青銅の礼楽器が残っていた。特に夫人の墓には鈕鐘19点など重要な文化財が残されていた。曽公「求」と夫人の並穴合葬墓も盗掘されていたが「求」の墓には銅の礼器と完全な編鐘一式、夫人の墓には銅の礼器一式が残されていた。(記者/喩珮)<映像内容>曽の国の君主と夫人の合葬墓2基の発掘調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407274

  • 2019年09月24日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    2016年~17年の随州市漢東東路M129号墓の調査で出土した「曽公」の銘文の入った編鐘。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708765

  • 2019年09月24日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    2011年に随州市の文峰塔M1号墓から出土した甬鐘(ようしょう)。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708697

  • 2019年09月24日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    2013年に葉家山M111号墓から出土した銅簋(どうき)の銘文「犺作烈考南公宝尊彝」。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。目にも鮮やかな曽国の「国宝」にはどのような物語が秘められているのか。3千年以上も地下で眠り続けた曽国からはどのような秘宝が出土したのか。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708773

  • 2019年11月26日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    26日、襄陽東駅の構内で漢十高速鉄道の時刻表を見る市民。中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200875

  • 2019年11月26日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    26日、襄陽東駅を出発する試験運転中の列車。中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200779

  • 2019年11月26日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    26日、襄陽東駅で行われた市民開放デーのイベントで、待合ロビーを見学する市民。中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200852

  • 2019年11月26日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    26日、襄陽東駅で行われた市民開放デーのイベントで、見学に訪れた市民に駅構内の施設などを紹介するスタッフ。中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200853

  • 2019年11月26日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    26日、丹江口ダムを通過する試験運転中の列車。(小型無人機から)中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200864

  • 2019年11月26日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    26日、襄陽東駅の前で自撮りする市民。中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200845

  • 2019年11月26日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    26日、襄陽東駅で行われた市民開放デーのイベントで、見学に訪れた市民に駅構内の施設などを紹介するスタッフ。中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200791

  • 2019年11月26日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    26日、襄陽東駅の全景。(小型無人機から)中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200865

  • 2019年11月27日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    27日、空から見た十堰東駅。(小型無人機から)中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200850

  • 2019年11月27日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    27日、空から見た十堰東駅。(小型無人機から)中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200857

  • 2019年11月27日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    27日、明るく広々とした十堰東駅の待合ロビー。中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200859

  • 2019年11月29日
    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省

    29日、漢十高速鉄道の開通後、初めて漢口駅を出発する列車。中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200902

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    黒竜江省チチハル市の洪河遺跡から出土した骨器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322358

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝にある吐蕃時期の壁画墓から出土したトルコ石を象眼した金の器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322411

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址・皇城台から出土した石彫(いしぼり)。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322512

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址・皇城台にある擁壁東側の北部分。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322435

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝にある吐蕃時期の壁画墓・墓坑の全景。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322505

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地にある「曽公求の墓」から出土した青銅製礼器1セット。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322513

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址・皇城台から出土した石彫(いしぼり)。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322400

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝にある吐蕃時期の壁画墓の前室・東壁に描かれた「牽馬迎賓図」。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322530

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地にある「曽公求の墓」の椁室(かくしつ、棺をおさめた部屋)。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322448

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡の分布図。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322340

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡から出土した陶器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322443

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    黒竜江省チチハル市の洪河遺跡から出土した陶製の鬲(れき、袋状の脚を有する三足器)。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322353

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州市の西孟荘竜山文化遺跡から出土した陶器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322502

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地にある「曽公求の墓」から出土した青銅製の編鐘(へんしょう)1セット。編鐘とは音高の異なる複数の鐘を枠に吊るした古代中国の打楽器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322529

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    黒竜江省チチハル市の洪河遺跡東エリアにある遺構。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322439

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    山西省運城市絳(こう)県にある西呉壁遺跡の東部発掘エリア。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322444

  • 01:55.88
    2020年02月17日
    「新華社」四川省の台湾系企業、新型肺炎対策で「同胞の力」を結集

    中国四川省成都市郫都区にある成都中延榕珍菌業でこのほど、従業員がエリンギ1トンを箱詰めしてトラックに積み込み、湖北省随州市に送る準備を遅くまで行っていた。同社は台湾資本の大手農業企業で、これまでに武漢市にエリンギ10トンと支援物資を送っている。同社の徐健哲(じょ・けんてつ)氏は、「台湾資本企業として、大陸での支援と保護にとても感謝している。台湾系企業からの寄贈は、社会全体の中でほんの一部かもしれないが、困難な状況を共に克服し、責任を果たす必要がある」と語った。新型コロナウイルスによる肺炎が発生してから、四川省にある台湾系企業は、自らの資源を活用して次々と感染予防・抑制物資を調達、寄贈している。また、早期に生産を再開し、農産物の供給を保障しており、四川省各地から感染予防・抑制の最前線にマスクや医薬品、野菜などの物資を次々と送り、「台湾同胞の力」を結集している。(記者/蕭永航、余里)<映像内容>支援物資をトラックに詰め込む様子、農業企業の工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700143

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    黒竜江省双鴨山市饒河県の小南山遺跡から出土した玉器。(組み合わせ写真、資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102573

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    甘粛省敦煌市の旱峡玉鉱遺跡で出土した半地穴式住居跡。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102577

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    (21)2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地の「曽夫人漁」椁室。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102645

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    陝西省神木市の石峁遺跡皇城台から出土した石刻。(組み合わせ写真、資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102652

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    黒竜江省双鴨山市饒河県の小南山遺跡第2墓区の石積み。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102690

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    上:黒竜江省双鴨山市饒河県の小南山遺跡から出土した原始土器片。下:墓葬から出土した玉器。(組み合わせ写真、資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102691

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    山西省絳県の西呉壁遺跡で見つかった二里頭文化期の灰坑から出土した銅鉱石。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102695

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    上:陝西省漢中市南鄭区の疥疙洞旧石器時代洞穴遺跡の近景。下:同遺跡から出土した石製品。(組み合わせ写真、資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102643

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    (24)2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    新疆ウイグル自治区奇台県の石城子遺跡の全景。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102687

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    (28)2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    広東省で引き上げられた南宋時代の沈没船「南海1号」の概観と各船倉の貨物。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102692

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    甘粛省敦煌市の旱峡玉鉱遺跡第2地点東部の歩哨所、鉱坑、材料選別区の分布状況。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102697

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    上:湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地から出土した「曽公求」編鐘。下:「曽夫人漁」銅礼器。(資料写真、組み合わせ写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102699

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地の車坑から出土した神人馭竜双通車の部材。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102703

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    (30)2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    広東省で引き上げられた南宋時代の沈没船「南海1号」の船内から見つかった白釉印花罐と中に収められていた広口の小瓶。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102552

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    (22)2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    新疆ウイグル自治区奇台県の石城子遺跡。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102644

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    河南省周口市の淮陽平粮台遺跡。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102676

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    山西省絳県の西呉壁遺跡から出土した銅製錬用の道具。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102710

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    山西省絳県の西呉壁遺跡で見つかった二里頭文化期の木炭窯遺構。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102551

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    (29)2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    広東省で引き上げられた南宋時代の沈没船「南海1号」の船内から見つかった金葉子(古代の貨幣、左)と金瓔珞(ようらく)の胸飾り(右)。(資料写真、組み合わせ写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102555

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    (23)2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    新疆ウイグル自治区奇台県の石城子遺跡の北西角楼と城壁遺構。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102647

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    甘粛省敦煌市の旱峡玉鉱遺跡から出土した玉器の原料。(組み合わせ写真、資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102689

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地から出土した「曽夫人漁」銅鬲(れき)の銘文。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102701

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    (25)2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    青海省烏蘭県の泉溝吐蕃時期壁画墓墓室の内部構造。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102719

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    (27)2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    青海省烏蘭県の泉溝吐蕃時期壁画墓の前室東壁に描かれた儀衛図。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102722

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    陝西省神木市の石峁遺跡皇城台発掘区。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102574

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    陝西省漢中市南鄭区の疥疙洞旧石器時代洞穴遺跡から出土したヒトの歯と頭骨破片。(組み合わせ写真、資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102694

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    上:陝西省神木市の石峁遺跡皇城台から出土した鷹をかたどった土器。下:玉製の鉞(えつ)。(組み合わせ写真、資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102542

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    河南省周口市の淮陽平糧台遺跡南城門付近の排水遺構。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102669

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    河南省周口市の淮陽平糧台遺跡から出土した竜山文化の王冠の破片。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102679

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    (26)2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    青海省烏蘭県の泉溝吐蕃時期壁画墓の隠し棚から見つかった木箱に収められていた金メッキ王冠と金杯。(資料写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102716

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曽伯克父甗(そうはくこくふげん)。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605263

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」を見学する来場者。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605367

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曾国の青銅器。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605360

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曽伯克父盨(そうはくこくふしゅ)。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605368

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曾国の青銅器。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605264

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月13日
    (2)救助や復旧活動続く豪雨被災地湖北省随県

    13日、柳林鎮で路面の土砂を撤去する救助隊員。中国湖北省随州市随県政府は13日、同県柳林鎮で11~12日に非常に強い雨が降り、8千人余りが被災し、21人が死亡、4人が行方不明になったと発表した。現在、被災状況のさらなる確認と救助・復旧活動が続けられている。(随州=新華社配信/伍志尊)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081402896

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月13日
    (6)救助や復旧活動続く豪雨被災地湖北省随県

    13日、救援物資を運送する車両を協力して動かす救援隊員。中国湖北省随州市随県政府は13日、同県柳林鎮で11~12日に非常に強い雨が降り、8千人余りが被災し、21人が死亡、4人が行方不明になったと発表した。現在、被災状況のさらなる確認と救助・復旧活動が続けられている。(随州=新華社配信/伍志尊)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081402908

  • 1
  • 2