KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • ヨモギ
  • 伝統行事
  • 節句
  • 記者
  • ひも
  • ゆで卵
  • ゲーム
  • 不定期
  • 伝統文化

「雄黄」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年06月22日
    端午節の伝統行事を満喫江西省南昌市

    22日、絵を描いた卵を手にする子どもたち。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を前に、江西省南昌市東湖区揚子洲鎮前洲村の文化大院で、伝統的な風習を楽しむイベントが行われた。端午節に欠かせないちまき制作の他、民俗文化の専門家を招いて、地元に伝わるさまざまな風習を再現した。卵の殻を赤く染める「染紅蛋」作りや鮮やかな色のひもで編む卵袋「編蛋袋」作り、ゆで卵をぶつけ合うゲーム「撞蛋」、ヨモギの水で体を清める「艾葉洗澡」、雄黄の粉を酒に溶いて額などに塗る「点雄黄」など、子どもたちは端午節にまつわる風習を存分に楽しんだ。文化大院は村民の文化的な生活の充実を図ることを目的に設立された。不定期で各種イベントを開催し、好評を博している。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508566

  • 2020年06月22日
    端午節の伝統行事を満喫江西省南昌市

    22日、ちまきの作り方を教わる子ども。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を前に、江西省南昌市東湖区揚子洲鎮前洲村の文化大院で、伝統的な風習を楽しむイベントが行われた。端午節に欠かせないちまき制作の他、民俗文化の専門家を招いて、地元に伝わるさまざまな風習を再現した。卵の殻を赤く染める「染紅蛋」作りや鮮やかな色のひもで編む卵袋「編蛋袋」作り、ゆで卵をぶつけ合うゲーム「撞蛋」、ヨモギの水で体を清める「艾葉洗澡」、雄黄の粉を酒に溶いて額などに塗る「点雄黄」など、子どもたちは端午節にまつわる風習を存分に楽しんだ。文化大院は村民の文化的な生活の充実を図ることを目的に設立された。不定期で各種イベントを開催し、好評を博している。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508573

  • 2020年06月22日
    端午節の伝統行事を満喫江西省南昌市

    22日、鮮やかな色のひもで編んだ卵袋の作り方を教わる子どもたち。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を前に、江西省南昌市東湖区揚子洲鎮前洲村の文化大院で、伝統的な風習を楽しむイベントが行われた。端午節に欠かせないちまき制作の他、民俗文化の専門家を招いて、地元に伝わるさまざまな風習を再現した。卵の殻を赤く染める「染紅蛋」作りや鮮やかな色のひもで編む卵袋「編蛋袋」作り、ゆで卵をぶつけ合うゲーム「撞蛋」、ヨモギの水で体を清める「艾葉洗澡」、雄黄の粉を酒に溶いて額などに塗る「点雄黄」など、子どもたちは端午節にまつわる風習を存分に楽しんだ。文化大院は村民の文化的な生活の充実を図ることを目的に設立された。不定期で各種イベントを開催し、好評を博している。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508592

  • 2020年06月22日
    端午節の伝統行事を満喫江西省南昌市

    22日、文化大院で行われた端午節のイベント。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を前に、江西省南昌市東湖区揚子洲鎮前洲村の文化大院で、伝統的な風習を楽しむイベントが行われた。端午節に欠かせないちまき制作の他、民俗文化の専門家を招いて、地元に伝わるさまざまな風習を再現した。卵の殻を赤く染める「染紅蛋」作りや鮮やかな色のひもで編む卵袋「編蛋袋」作り、ゆで卵をぶつけ合うゲーム「撞蛋」、ヨモギの水で体を清める「艾葉洗澡」、雄黄の粉を酒に溶いて額などに塗る「点雄黄」など、子どもたちは端午節にまつわる風習を存分に楽しんだ。文化大院は村民の文化的な生活の充実を図ることを目的に設立された。不定期で各種イベントを開催し、好評を博している。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508552

  • 2020年06月22日
    端午節の伝統行事を満喫江西省南昌市

    22日、酒に溶いた雄黄の粉を子どもの額に塗る民俗学の専門家。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を前に、江西省南昌市東湖区揚子洲鎮前洲村の文化大院で、伝統的な風習を楽しむイベントが行われた。端午節に欠かせないちまき制作の他、民俗文化の専門家を招いて、地元に伝わるさまざまな風習を再現した。卵の殻を赤く染める「染紅蛋」作りや鮮やかな色のひもで編む卵袋「編蛋袋」作り、ゆで卵をぶつけ合うゲーム「撞蛋」、ヨモギの水で体を清める「艾葉洗澡」、雄黄の粉を酒に溶いて額などに塗る「点雄黄」など、子どもたちは端午節にまつわる風習を存分に楽しんだ。文化大院は村民の文化的な生活の充実を図ることを目的に設立された。不定期で各種イベントを開催し、好評を博している。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508582

  • 2020年06月22日
    端午節の伝統行事を満喫江西省南昌市

    22日、赤く染めたアヒルの卵を赤いひもで編んだ卵袋に入れてつるす村民。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を前に、江西省南昌市東湖区揚子洲鎮前洲村の文化大院で、伝統的な風習を楽しむイベントが行われた。端午節に欠かせないちまき制作の他、民俗文化の専門家を招いて、地元に伝わるさまざまな風習を再現した。卵の殻を赤く染める「染紅蛋」作りや鮮やかな色のひもで編む卵袋「編蛋袋」作り、ゆで卵をぶつけ合うゲーム「撞蛋」、ヨモギの水で体を清める「艾葉洗澡」、雄黄の粉を酒に溶いて額などに塗る「点雄黄」など、子どもたちは端午節にまつわる風習を存分に楽しんだ。文化大院は村民の文化的な生活の充実を図ることを目的に設立された。不定期で各種イベントを開催し、好評を博している。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508600

  • 2020年06月22日
    端午節の伝統行事を満喫江西省南昌市

    22日、ゆで卵をぶつけ合うゲームを楽しむ男の子。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を前に、江西省南昌市東湖区揚子洲鎮前洲村の文化大院で、伝統的な風習を楽しむイベントが行われた。端午節に欠かせないちまき制作の他、民俗文化の専門家を招いて、地元に伝わるさまざまな風習を再現した。卵の殻を赤く染める「染紅蛋」作りや鮮やかな色のひもで編む卵袋「編蛋袋」作り、ゆで卵をぶつけ合うゲーム「撞蛋」、ヨモギの水で体を清める「艾葉洗澡」、雄黄の粉を酒に溶いて額などに塗る「点雄黄」など、子どもたちは端午節にまつわる風習を存分に楽しんだ。文化大院は村民の文化的な生活の充実を図ることを目的に設立された。不定期で各種イベントを開催し、好評を博している。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508506

  • 2020年06月22日
    端午節の伝統行事を満喫江西省南昌市

    22日、卵の殻に絵を描く子ども。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を前に、江西省南昌市東湖区揚子洲鎮前洲村の文化大院で、伝統的な風習を楽しむイベントが行われた。端午節に欠かせないちまき制作の他、民俗文化の専門家を招いて、地元に伝わるさまざまな風習を再現した。卵の殻を赤く染める「染紅蛋」作りや鮮やかな色のひもで編む卵袋「編蛋袋」作り、ゆで卵をぶつけ合うゲーム「撞蛋」、ヨモギの水で体を清める「艾葉洗澡」、雄黄の粉を酒に溶いて額などに塗る「点雄黄」など、子どもたちは端午節にまつわる風習を存分に楽しんだ。文化大院は村民の文化的な生活の充実を図ることを目的に設立された。不定期で各種イベントを開催し、好評を博している。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508555

  • 2020年06月22日
    端午節の伝統行事を満喫江西省南昌市

    22日、ヨモギの水で子どもの体を清める村民。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を前に、江西省南昌市東湖区揚子洲鎮前洲村の文化大院で、伝統的な風習を楽しむイベントが行われた。端午節に欠かせないちまき制作の他、民俗文化の専門家を招いて、地元に伝わるさまざまな風習を再現した。卵の殻を赤く染める「染紅蛋」作りや鮮やかな色のひもで編む卵袋「編蛋袋」作り、ゆで卵をぶつけ合うゲーム「撞蛋」、ヨモギの水で体を清める「艾葉洗澡」、雄黄の粉を酒に溶いて額などに塗る「点雄黄」など、子どもたちは端午節にまつわる風習を存分に楽しんだ。文化大院は村民の文化的な生活の充実を図ることを目的に設立された。不定期で各種イベントを開催し、好評を博している。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508601

  • 2021年06月13日
    (8)屈原の故郷で端午節を祝う湖北省秭帰県

    11日、宜昌市秭帰県で、子どものひたいに白酒と鶏冠石などを混ぜた雄黄酒を塗る住民。中国戦国時代の楚の詩人、屈原(くつ・げん)の故郷として知られる湖北省宜昌市秭帰(しき)県で11日、「2021屈原故里端午文化節(祭)」が開幕した。各地から集まった人々が、三峡ダムからほど近い長江の岸辺で屈原をしのびながら伝統行事を体験した。地元の住民は例年、旧暦の4月末からもち米、鶏肉、アヒル肉の準備、庭の清掃、銅鑼や太鼓の準備、ドラゴンボートの修理などの作業に追われる。端午節(旧暦5月5日、今年は6月14日)前夜には、ドラゴンボートを漕ぐ、匂い袋を作る、対聯(対句を書いた張り紙)を書く、ちまきを包む、ヨモギを吊るすなどの伝統行事を行い、愛国の詩人、屈原をしのぶ。祝日のにぎやかな雰囲気は旧暦5月25日(今年は7月4日)まで、前後20日間にわたって続く。(宜昌=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061305133

  • 2022年06月03日
    (4)さまざまな民俗イベントで端午節を祝う中国各地

    2日、四川省射洪市仁和鎮の広井村活動センターで、硫化ヒ素を主成分とする黄色の顔料、雄黄(ゆうおう)を使って子どもの額に「王」の字を描く地元ボランティア。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)に当たる3日、ちまきや彩色卵、香り袋などを作るさまざまな民俗イベントが中国各地で開かれた。(遂寧=新華社配信/劉昌松)= 配信日: 2022(令和4)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060314134

  • 1