KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 景観
  • 記者
  • 風景
  • しょう
  • インド
  • ムー
  • 世紀
  • 仕事
  • 分析
  • 受賞

「集約農業」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月11日
    「中国グリーン」への貢献で大国の責任を示す

    塞罕壩機械営林場の千層板分場で苗木を運ぶ作業員。(資料写真)米航空宇宙局(NASA)はこのほど、SNSに「世界は20年前よりもさらに緑化が進んでいる。NASAの衛星データによると、中国とインドの行動が地球の緑化を主導している」と投稿した。NASAの衛星データは、2000~2017年に地球全体で新たに増えた緑化面積の約4分の1が中国で、その貢献率は世界トップだと示している。分析によると、中国の貢献のうち植樹造林が42%、集約農業が32%となっている。河北省承德(しょうとく)市北部にある塞罕壩(さいかんは)機械営林場総場の于士涛(う・しとう)氏は「これは中国の緑化プロジェクトと私の仕事を認めたものだ」と語った。塞罕壩は1950年代、めったに人が訪れない砂嵐が吹き荒れる砂地だった。1962年から始まった半世紀以上に及ぶ植樹造林を経て、今では塞罕壩の森林地帯は112万ムー(約747平方キロ)となり、森林率は80%に達し、世界の人工造林の歴史に残る奇跡を成し遂げた。塞罕壩営林場の建設者は2017年、国連環境保護の最高栄誉である「地球大賞(ChampionsoftheEarth)」を受賞した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2013(平成25)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701602

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月18日
    「中国グリーン」への貢献で大国の責任を示す

    河北省塞罕壩機械営林場の千層板分場にある苗畑でアカマツの苗木を選ぶ作業員。(2014年4月18日撮影)米航空宇宙局(NASA)はこのほど、SNSに「世界は20年前よりもさらに緑化が進んでいる。NASAの衛星データによると、中国とインドの行動が地球の緑化を主導している」と投稿した。NASAの衛星データは、2000~2017年に地球全体で新たに増えた緑化面積の約4分の1が中国で、その貢献率は世界トップだと示している。分析によると、中国の貢献のうち植樹造林が42%、集約農業が32%となっている。河北省承德(しょうとく)市北部にある塞罕壩(さいかんは)機械営林場総場の于士涛(う・しとう)氏は「これは中国の緑化プロジェクトと私の仕事を認めたものだ」と語った。塞罕壩は1950年代、めったに人が訪れない砂嵐が吹き荒れる砂地だった。1962年から始まった半世紀以上に及ぶ植樹造林を経て、今では塞罕壩の森林地帯は112万ムー(約747平方キロ)となり、森林率は80%に達し、世界の人工造林の歴史に残る奇跡を成し遂げた。塞罕壩営林場の建設者は2017年、国連環境保護の最高栄誉である「地球大賞(ChampionsoftheEarth)」を受賞した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2014(平成26)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701652

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月18日
    「中国グリーン」への貢献で大国の責任を示す

    塞罕壩機械営林場の千層板分場で働く作業員。(2014年4月18日撮影)米航空宇宙局(NASA)はこのほど、SNSに「世界は20年前よりもさらに緑化が進んでいる。NASAの衛星データによると、中国とインドの行動が地球の緑化を主導している」と投稿した。NASAの衛星データは、2000~2017年に地球全体で新たに増えた緑化面積の約4分の1が中国で、その貢献率は世界トップだと示している。分析によると、中国の貢献のうち植樹造林が42%、集約農業が32%となっている。河北省承德(しょうとく)市北部にある塞罕壩(さいかんは)機械営林場総場の于士涛(う・しとう)氏は「これは中国の緑化プロジェクトと私の仕事を認めたものだ」と語った。塞罕壩は1950年代、めったに人が訪れない砂嵐が吹き荒れる砂地だった。1962年から始まった半世紀以上に及ぶ植樹造林を経て、今では塞罕壩の森林地帯は112万ムー(約747平方キロ)となり、森林率は80%に達し、世界の人工造林の歴史に残る奇跡を成し遂げた。塞罕壩営林場の建設者は2017年、国連環境保護の最高栄誉である「地球大賞(ChampionsoftheEarth)」を受賞した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2014(平成26)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701604

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年07月10日
    「中国グリーン」への貢献で大国の責任を示す

    緑が広がる河北壩上閃電河国家湿地公園。(2014年7月10日撮影)米航空宇宙局(NASA)はこのほど、SNSに「世界は20年前よりもさらに緑化が進んでいる。NASAの衛星データによると、中国とインドの行動が地球の緑化を主導している」と投稿した。NASAの衛星データは、2000~2017年に地球全体で新たに増えた緑化面積の約4分の1が中国で、その貢献率は世界トップだと示している。分析によると、中国の貢献のうち植樹造林が42%、集約農業が32%となっている。河北省承德(しょうとく)市北部にある塞罕壩(さいかんは)機械営林場総場の于士涛(う・しとう)氏は「これは中国の緑化プロジェクトと私の仕事を認めたものだ」と語った。塞罕壩は1950年代、めったに人が訪れない砂嵐が吹き荒れる砂地だった。1962年から始まった半世紀以上に及ぶ植樹造林を経て、今では塞罕壩の森林地帯は112万ムー(約747平方キロ)となり、森林率は80%に達し、世界の人工造林の歴史に残る奇跡を成し遂げた。塞罕壩営林場の建設者は2017年、国連環境保護の最高栄誉である「地球大賞(ChampionsoftheEarth)」を受賞した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2014(平成26)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月28日
    「中国グリーン」への貢献で大国の責任を示す

    木々が生い茂る河北省承德市の塞罕壩。(2018年7月28日撮影)米航空宇宙局(NASA)はこのほど、SNSに「世界は20年前よりもさらに緑化が進んでいる。NASAの衛星データによると、中国とインドの行動が地球の緑化を主導している」と投稿した。NASAの衛星データは、2000~2017年に地球全体で新たに増えた緑化面積の約4分の1が中国で、その貢献率は世界トップだと示している。分析によると、中国の貢献のうち植樹造林が42%、集約農業が32%となっている。河北省承德(しょうとく)市北部にある塞罕壩(さいかんは)機械営林場総場の于士涛(う・しとう)氏は「これは中国の緑化プロジェクトと私の仕事を認めたものだ」と語った。塞罕壩は1950年代、めったに人が訪れない砂嵐が吹き荒れる砂地だった。1962年から始まった半世紀以上に及ぶ植樹造林を経て、今では塞罕壩の森林地帯は112万ムー(約747平方キロ)となり、森林率は80%に達し、世界の人工造林の歴史に残る奇跡を成し遂げた。塞罕壩営林場の建設者は2017年、国連環境保護の最高栄誉である「地球大賞(ChampionsoftheEarth)」を受賞した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701671

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年08月01日
    「中国グリーン」への貢献で大国の責任を示す

    河北省張家口市の「草原天路」沿いに生い茂る植生。(2017年8月1日撮影)米航空宇宙局(NASA)はこのほど、SNSに「世界は20年前よりもさらに緑化が進んでいる。NASAの衛星データによると、中国とインドの行動が地球の緑化を主導している」と投稿した。NASAの衛星データは、2000~2017年に地球全体で新たに増えた緑化面積の約4分の1が中国で、その貢献率は世界トップだと示している。分析によると、中国の貢献のうち植樹造林が42%、集約農業が32%となっている。河北省承德(しょうとく)市北部にある塞罕壩(さいかんは)機械営林場総場の于士涛(う・しとう)氏は「これは中国の緑化プロジェクトと私の仕事を認めたものだ」と語った。塞罕壩は1950年代、めったに人が訪れない砂嵐が吹き荒れる砂地だった。1962年から始まった半世紀以上に及ぶ植樹造林を経て、今では塞罕壩の森林地帯は112万ムー(約747平方キロ)となり、森林率は80%に達し、世界の人工造林の歴史に残る奇跡を成し遂げた。塞罕壩営林場の建設者は2017年、国連環境保護の最高栄誉である「地球大賞(ChampionsoftheEarth)」を受賞した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701662

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月28日
    「中国グリーン」への貢献で大国の責任を示す

    木々が生い茂る河北省承德市の塞罕壩。(2018年7月28日撮影)米航空宇宙局(NASA)はこのほど、SNSに「世界は20年前よりもさらに緑化が進んでいる。NASAの衛星データによると、中国とインドの行動が地球の緑化を主導している」と投稿した。NASAの衛星データは、2000~2017年に地球全体で新たに増えた緑化面積の約4分の1が中国で、その貢献率は世界トップだと示している。分析によると、中国の貢献のうち植樹造林が42%、集約農業が32%となっている。河北省承德(しょうとく)市北部にある塞罕壩(さいかんは)機械営林場総場の于士涛(う・しとう)氏は「これは中国の緑化プロジェクトと私の仕事を認めたものだ」と語った。塞罕壩は1950年代、めったに人が訪れない砂嵐が吹き荒れる砂地だった。1962年から始まった半世紀以上に及ぶ植樹造林を経て、今では塞罕壩の森林地帯は112万ムー(約747平方キロ)となり、森林率は80%に達し、世界の人工造林の歴史に残る奇跡を成し遂げた。塞罕壩営林場の建設者は2017年、国連環境保護の最高栄誉である「地球大賞(ChampionsoftheEarth)」を受賞した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701608

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月28日
    「中国グリーン」への貢献で大国の責任を示す

    木々が生い茂る河北省承德市の塞罕壩。(2018年7月28日撮影)米航空宇宙局(NASA)はこのほど、SNSに「世界は20年前よりもさらに緑化が進んでいる。NASAの衛星データによると、中国とインドの行動が地球の緑化を主導している」と投稿した。NASAの衛星データは、2000~2017年に地球全体で新たに増えた緑化面積の約4分の1が中国で、その貢献率は世界トップだと示している。分析によると、中国の貢献のうち植樹造林が42%、集約農業が32%となっている。河北省承德(しょうとく)市北部にある塞罕壩(さいかんは)機械営林場総場の于士涛(う・しとう)氏は「これは中国の緑化プロジェクトと私の仕事を認めたものだ」と語った。塞罕壩は1950年代、めったに人が訪れない砂嵐が吹き荒れる砂地だった。1962年から始まった半世紀以上に及ぶ植樹造林を経て、今では塞罕壩の森林地帯は112万ムー(約747平方キロ)となり、森林率は80%に達し、世界の人工造林の歴史に残る奇跡を成し遂げた。塞罕壩営林場の建設者は2017年、国連環境保護の最高栄誉である「地球大賞(ChampionsoftheEarth)」を受賞した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701678

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月07日
    「中国グリーン」への貢献で大国の責任を示す

    木々が生い茂る河北省承德市の塞罕壩。(2018年10月7日撮影)米航空宇宙局(NASA)はこのほど、SNSに「世界は20年前よりもさらに緑化が進んでいる。NASAの衛星データによると、中国とインドの行動が地球の緑化を主導している」と投稿した。NASAの衛星データは、2000~2017年に地球全体で新たに増えた緑化面積の約4分の1が中国で、その貢献率は世界トップだと示している。分析によると、中国の貢献のうち植樹造林が42%、集約農業が32%となっている。河北省承德(しょうとく)市北部にある塞罕壩(さいかんは)機械営林場総場の于士涛(う・しとう)氏は「これは中国の緑化プロジェクトと私の仕事を認めたものだ」と語った。塞罕壩は1950年代、めったに人が訪れない砂嵐が吹き荒れる砂地だった。1962年から始まった半世紀以上に及ぶ植樹造林を経て、今では塞罕壩の森林地帯は112万ムー(約747平方キロ)となり、森林率は80%に達し、世界の人工造林の歴史に残る奇跡を成し遂げた。塞罕壩営林場の建設者は2017年、国連環境保護の最高栄誉である「地球大賞(ChampionsoftheEarth)」を受賞した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701636

  • 02:04.90
    2019年04月24日
    「新華社」台湾農家、精緻農業で切り拓く希望の田野福州市

    中国の福建省福州市と台湾の経済・社会における融合発展が進むにつれ、ますます多くの台湾同胞が福州市で投資し、農業を発展させている。台湾屏東(へいとう)県出身の謝根亮(しゃ・こんりょう)さんは1991年、福州市管轄する福清市で弘晟食品を設立した。ここ数年は大陸の広大な市場と優れた政策環境に着目し、台湾特有の樹木、真柏(シンパク)を導入。栽培から盆栽制作にいたる特色ある精緻な農業を発展させてきた。台湾真柏の幹は柔らかかつ丈夫で、造型がしやすく、寒さと乾燥に強いため栽培も容易で、盆栽や庭木に適している。謝さんは台湾真柏を普及させ、消費市場を育成することで、企業の転換と向上を目指している。謝さんの特色のある精緻な農業に対し、同じく台湾同胞農家の劉進裕(りゅう・しんゆう)さんは、集約農業に重点を置く。台湾の先進的な経験を参考に科学技術イノベーションを用いた近代的フルーツ栽培の道を歩んでいる。福州市は2018年末時点で累計507の台湾資本農業プロジェクトの誘致に成功している。総投資額は12億6千万ドル(1ドル=約112円)で、契約額は7億3千万ドル、実行額は4億9千万ドルに達する。農業や林業、牧畜業、副業などの産業が含まれる。また、同市では累計で13の郷鎮が台湾の9つの郷鎮とマッチング交流を実施。初期段階の両岸農業協力交流メカニズムを作り上げ、両岸(中国の大陸と台湾)農業と企業の協力・交流プラットフォームを構築した。(記者/林凱)<映像内容>盆栽など農業の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042400998

  • 1