KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • チベット仏教寺院
  • 令和
  • タンカ
  • 乾隆帝
  • 仏像
  • 仏画
  • 前身
  • 境内
  • 康熙帝
  • 後期

「雍和宮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
46
( 1 46 件を表示)
  • 1
46
( 1 46 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 北京の雍和宮 北京でも監視強まる
    2008年03月19日
    北京の雍和宮 北京でも監視強まる

    北京市内にあるチベット仏教寺院の雍和宮=19日午後(共同)

    商品コード: 2008031900388

  • 北京の占いストリート 出世に恋愛に、占い頼み
    2008年08月15日
    北京の占いストリート 出世に恋愛に、占い頼み

    北京市内のチベット仏教寺院、雍和宮近くの占いストリート(共同)

    商品コード: 2008081500049

  • 閉鎖された雍和宮 ゼロコロナ、観光業に打撃
    2022年04月30日
    閉鎖された雍和宮 ゼロコロナ、観光業に打撃

    閉鎖されたチベット仏教寺院の雍和宮=4月30日、北京(共同)

    商品コード: 2022043006121

  •  (27)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (27)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている念珠。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508522

  •  (19)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (19)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている八瑞相(はちずいそう)。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508281

  •  (2)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (2)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の万福閣。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508158

  •  (8)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (8)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の輦道(れんどう)。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508161

  •  (5)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (5)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の西牌楼。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508142

  •  (28)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (28)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている七政宝などの文化財。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508528

  •  (9)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (9)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の雍和門。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508273

  •  (20)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (20)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている碧玉金剛杵(へきぎょくこんごうしょ)。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508283

  •  (29)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (29)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている管楽器、嗩吶(さない)と法号。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508516

  •  (6)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (6)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の北牌楼。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508140

  •  (7)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (7)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の法輪殿。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508149

  •  (33)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (33)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている薫炉(くんろ)。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508526

  •  (17)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (17)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展の展示物。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508275

  •  (3)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (3)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の万福閣(右)と延綏閣。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508085

  •  (25)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (25)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている刻梵文碧玉高足浄水碗(こくぼんぶんへきぎょくこうそくじょうすいわん)。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508512

  •  (30)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (30)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている曼荼羅(マンダラ)。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508520

  •  (12)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (12)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の永佑殿。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508172

  •  (21)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (21)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている法螺(ほら)などの文化財。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508282

  •  (22)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (22)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている仏冠。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508514

  •  (16)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (16)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮班禅楼で開かれている雍和宮法物法器展。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508518

  •  (31)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (31)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている銅六臂大黒天像(どうろくひだいこくてんぞう)。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508530

  •  (24)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (24)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている金剛鐝(こんごうけつ)。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508517

  •  (11)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (11)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の雍和門前。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508171

  •  (15)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (15)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の法物流通処(仏具販売所)。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508277

  •  (14)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (14)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の鐘楼。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508270

  •  (13)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (13)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の昭泰門。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508268

  •  (26)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (26)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されているマニ車などの文化財。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508519

  •  (23)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (23)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている仏塔。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508521

  •  (10)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (10)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の雍和門。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508175

  •  (18)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (18)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展の展示物。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508276

  •  (34)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (34)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されているパンチェン・エルデニ6世像(後段中央)。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508539

  •  (4)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (4)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の万福閣(左)と永康閣。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508081

  •  (1)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (1)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮の万福閣。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508038

  •  (32)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて
    2023年02月15日
    (32)北京最大のチベット仏教寺院、雍和宮を訪ねて

    雍和宮法物法器展で展示されている銅五供(どうごくう)」。(1月1日撮影)中国北京市東城区にある雍和宮は、同市最大のチベット仏教ゲルク派寺院。前身は清の康熙帝が康熙33(1694)年に第4子胤禛(いんしん、後の雍正帝)のために建立した親王府で、雍正帝即位後の雍正3(1725)年に行宮となり雍和宮と改称された。雍正帝の子、乾隆帝の治世になると、乾隆9(1744)年にチベット仏教寺院に改められ、清朝中・後期において最高の格式を持つ仏教寺院となった。境内には碑刻や仏像、タンカ(チベット仏教の仏画)などの文化財が収蔵されており、1995年には寺院全体が雍和宮蔵伝仏教芸術博物館として登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021508524

  •  (8)北京などに引き続き暴雨警報警戒高まる
    2023年07月31日
    (8)北京などに引き続き暴雨警報警戒高まる

    30日、北京市の雍和宮大街で、傘を差しながら自転車に乗る人。中国の華北、黄淮地区では29日から、雨が次第に広がり、北京、天津両市や河北、山東、河南、山西各省などの一部地域で「暴雨」(24時間雨量50~99・9ミリ)または「大暴雨」(同100~249・9ミリ)となった。局地的に「特大暴雨」(同250ミリ以上)となった地域も見られた。これらの地域の雨は31日まで続くと見られ、中国中央気象台は30日も最高レベルの「暴雨赤色警報」を継続した。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023073105817

  •  (5)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」
    2024年01月18日
    (5)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」

    18日、北京市最大のチベット仏教寺院の雍和宮で「臘八がゆ」を受け取る人々。中国の各地では旧暦12月8日の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる18日、伝統の習慣に従って「臘八がゆ」を食べる人々の姿が見られた。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2024(令和6)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011812521

  •  (9)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」
    2024年01月18日
    (9)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」

    18日、北京市最大のチベット仏教寺院の雍和宮で「臘八がゆ」を味わう市民。中国の各地では旧暦12月8日の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる18日、伝統の習慣に従って「臘八がゆ」を食べる人々の姿が見られた。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2024(令和6)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011812530

  •  (7)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」
    2024年01月18日
    (7)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」

    18日、北京市最大のチベット仏教寺院の雍和宮で、列に並んで「臘八がゆ」を受け取る人々。中国の各地では旧暦12月8日の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる18日、伝統の習慣に従って「臘八がゆ」を食べる人々の姿が見られた。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2024(令和6)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011812532

  •  (4)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」
    2024年01月18日
    (4)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」

    18日、北京市最大のチベット仏教寺院の雍和宮で、列に並んで「臘八がゆ」を受け取る人々。中国の各地では旧暦12月8日の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる18日、伝統の習慣に従って「臘八がゆ」を食べる人々の姿が見られた。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2024(令和6)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011812522

  •  (8)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」
    2024年01月18日
    (8)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」

    18日、北京市最大のチベット仏教寺院の雍和宮で、列に並んで「臘八がゆ」を受け取る人々。中国の各地では旧暦12月8日の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる18日、伝統の習慣に従って「臘八がゆ」を食べる人々の姿が見られた。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2024(令和6)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011812534

  •  (6)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」
    2024年01月18日
    (6)伝統のかゆで温まる中国の「臘八節」

    18日、北京市最大のチベット仏教寺院の雍和宮で「臘八がゆ」を味わう人々。中国の各地では旧暦12月8日の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる18日、伝統の習慣に従って「臘八がゆ」を食べる人々の姿が見られた。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2024(令和6)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011812523

  •  (1)地下鉄の出入り口が新たな花見スポットに北京市
    2024年04月12日
    (1)地下鉄の出入り口が新たな花見スポットに北京市

    1日、地下鉄雍和宮駅付近に咲く桃の花。中国北京市で地下鉄の出入り口が写真撮影の人気スポットとなっている。気温の上昇に伴い、市内各地の地下鉄出入り口付近で桃の花やカイドウ、ハクモクレンなどが満開となり、多くの人を引き付けている。(北京=新華社配信/武亜林)= 配信日: 2024(令和6)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024041205478

  •  (2)地下鉄の出入り口が新たな花見スポットに北京市
    2024年04月12日
    (2)地下鉄の出入り口が新たな花見スポットに北京市

    1日、地下鉄雍和宮駅付近に咲く桃の花。中国北京市で地下鉄の出入り口が写真撮影の人気スポットとなっている。気温の上昇に伴い、市内各地の地下鉄出入り口付近で桃の花やカイドウ、ハクモクレンなどが満開となり、多くの人を引き付けている。(北京=新華社配信/武亜林)= 配信日: 2024(令和6)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024041205477

  • 1