KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 面積
  • 記者
  • 仏殿
  • 伝統
  • 保存状態
  • 全国重点文物保護単位
  • 合計
  • 国宝
  • 安国寺

「離石区」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
28
( 1 28 件を表示)
  • 1
28
( 1 28 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月30日
    山西省呂梁市で山崩れ生き埋めの9人全員死亡確認

    30日、山西省呂梁市離石区棗林郷彩家荘で撮影された山崩れ現場の写真。中国山西省呂梁市離石区棗林郷彩家荘で30日午前4時57分ごろ山崩れが発生し、生き埋めとなった9人全員の死亡が確認された。山崩れの発生を受け、緊急救援指揮部が設置され、消防、公安など100人余りと多数の大型重機を動員して救助活動が行われた。(太原=新華社記者/曹陽)=2018(平成30)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100780

  • 2020年07月15日
    山西省呂梁市で廟底溝第2期文化の住居跡を発見

    住居跡の奥の部屋の北西角から出土した陶罐。(7月15日撮影)中国山西省考古研究院によると、考古学者らが今年3~8月、同省呂梁(りょりょう)市の信義遺跡で廟底溝第2期文化(4800~4300年前)に属する住居跡12カ所などの存在を発見した。これらははっきりした地域的特徴があり、先史時代の中原と北方地域の間の文化交流や建築様式別の空間分布を探る新たな資料となる。信義遺跡は同市離石区信義鎮信義村の北にあり、面積は約40万平方メートル。仰韶(ぎょうしょう)文化の後期から竜山文化の時期に属する。今年3~8月、国道209号線呂梁新城区間のルート変更工事に合わせ、同研究院と呂梁市文化財考古学調査発掘チームが共同で、遺跡内の敷地1600平方メートル以上の発掘調査を実施した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200374

  • 2020年07月30日
    山西省呂梁市で廟底溝第2期文化の住居跡を発見

    住居跡で見つかった石灰の腰羽目。(7月30日撮影)中国山西省考古研究院によると、考古学者らが今年3~8月、同省呂梁(りょりょう)市の信義遺跡で廟底溝第2期文化(4800~4300年前)に属する住居跡12カ所などの存在を発見した。これらははっきりした地域的特徴があり、先史時代の中原と北方地域の間の文化交流や建築様式別の空間分布を探る新たな資料となる。信義遺跡は同市離石区信義鎮信義村の北にあり、面積は約40万平方メートル。仰韶(ぎょうしょう)文化の後期から竜山文化の時期に属する。今年3~8月、国道209号線呂梁新城区間のルート変更工事に合わせ、同研究院と呂梁市文化財考古学調査発掘チームが共同で、遺跡内の敷地1600平方メートル以上の発掘調査を実施した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200593

  • 2020年08月20日
    山西省呂梁市で廟底溝第2期文化の住居跡を発見

    住居跡の一つから出土した小口長頸罐。(8月20日撮影)中国山西省考古研究院によると、考古学者らが今年3~8月、同省呂梁(りょりょう)市の信義遺跡で廟底溝第2期文化(4800~4300年前)に属する住居跡12カ所などの存在を発見した。これらははっきりした地域的特徴があり、先史時代の中原と北方地域の間の文化交流や建築様式別の空間分布を探る新たな資料となる。信義遺跡は同市離石区信義鎮信義村の北にあり、面積は約40万平方メートル。仰韶(ぎょうしょう)文化の後期から竜山文化の時期に属する。今年3~8月、国道209号線呂梁新城区間のルート変更工事に合わせ、同研究院と呂梁市文化財考古学調査発掘チームが共同で、遺跡内の敷地1600平方メートル以上の発掘調査を実施した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200399

  • 2020年08月20日
    山西省呂梁市で廟底溝第2期文化の住居跡を発見

    住居跡の一つから出土した玉環のかけら。(8月20日撮影)中国山西省考古研究院によると、考古学者らが今年3~8月、同省呂梁(りょりょう)市の信義遺跡で廟底溝第2期文化(4800~4300年前)に属する住居跡12カ所などの存在を発見した。これらははっきりした地域的特徴があり、先史時代の中原と北方地域の間の文化交流や建築様式別の空間分布を探る新たな資料となる。信義遺跡は同市離石区信義鎮信義村の北にあり、面積は約40万平方メートル。仰韶(ぎょうしょう)文化の後期から竜山文化の時期に属する。今年3~8月、国道209号線呂梁新城区間のルート変更工事に合わせ、同研究院と呂梁市文化財考古学調査発掘チームが共同で、遺跡内の敷地1600平方メートル以上の発掘調査を実施した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200878

  • 2020年08月22日
    山西省呂梁市で廟底溝第2期文化の住居跡を発見

    発掘調査で出土した赤い石。(8月22日撮影)中国山西省考古研究院によると、考古学者らが今年3~8月、同省呂梁(りょりょう)市の信義遺跡で廟底溝第2期文化(4800~4300年前)に属する住居跡12カ所などの存在を発見した。これらははっきりした地域的特徴があり、先史時代の中原と北方地域の間の文化交流や建築様式別の空間分布を探る新たな資料となる。信義遺跡は同市離石区信義鎮信義村の北にあり、面積は約40万平方メートル。仰韶(ぎょうしょう)文化の後期から竜山文化の時期に属する。今年3~8月、国道209号線呂梁新城区間のルート変更工事に合わせ、同研究院と呂梁市文化財考古学調査発掘チームが共同で、遺跡内の敷地1600平方メートル以上の発掘調査を実施した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200407

  • 2020年08月25日
    山西省呂梁市で廟底溝第2期文化の住居跡を発見

    住居跡の一つから出土した白い土器片。(8月25日撮影)中国山西省考古研究院によると、考古学者らが今年3~8月、同省呂梁(りょりょう)市の信義遺跡で廟底溝第2期文化(4800~4300年前)に属する住居跡12カ所などの存在を発見した。これらははっきりした地域的特徴があり、先史時代の中原と北方地域の間の文化交流や建築様式別の空間分布を探る新たな資料となる。信義遺跡は同市離石区信義鎮信義村の北にあり、面積は約40万平方メートル。仰韶(ぎょうしょう)文化の後期から竜山文化の時期に属する。今年3~8月、国道209号線呂梁新城区間のルート変更工事に合わせ、同研究院と呂梁市文化財考古学調査発掘チームが共同で、遺跡内の敷地1600平方メートル以上の発掘調査を実施した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200379

  • 2020年09月20日
    山西省呂梁市で廟底溝第2期文化の住居跡を発見

    発掘調査で見つかった陶窯。(9月20日撮影)中国山西省考古研究院によると、考古学者らが今年3~8月、同省呂梁(りょりょう)市の信義遺跡で廟底溝第2期文化(4800~4300年前)に属する住居跡12カ所などの存在を発見した。これらははっきりした地域的特徴があり、先史時代の中原と北方地域の間の文化交流や建築様式別の空間分布を探る新たな資料となる。信義遺跡は同市離石区信義鎮信義村の北にあり、面積は約40万平方メートル。仰韶(ぎょうしょう)文化の後期から竜山文化の時期に属する。今年3~8月、国道209号線呂梁新城区間のルート変更工事に合わせ、同研究院と呂梁市文化財考古学調査発掘チームが共同で、遺跡内の敷地1600平方メートル以上の発掘調査を実施した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200695

  • 2020年10月08日
    山西省呂梁市で廟底溝第2期文化の住居跡を発見

    8日、空から見た発掘エリア。(小型無人機から)中国山西省考古研究院によると、考古研究者らは今年3~8月にかけて同省呂梁(りょりょう)市の信義遺跡で主に12カ所の廟底溝第2期文化(4800~4300年前)に属する住居跡の存在を明らかにし、先史時代の中原と北方地域間の文化交流や建築様式別の空間分布を探るための新たな資料を提供した。信義遺跡は同市離石区信義鎮信義村の北に位置し、面積は約40万平方メートル。仰韶(ぎょうしょう)文化の後期から竜山文化の時代に属する。今年3~8月にかけて、国道209号線ルート変更工事の呂梁新城区間の建設に合わせ、同研究院と市文化財発掘調査チームが共同で、遺跡内の1600平方メートル以上の敷地の発掘調査を実施した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200391

  • 2021年10月21日
    (10)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106406

  • 2021年10月21日
    (16)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106686

  • 2021年10月21日
    (6)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106314

  • 2021年10月21日
    (4)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106296

  • 2021年10月21日
    (5)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106311

  • 2021年10月21日
    (15)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106472

  • 2021年10月21日
    (14)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106664

  • 2021年10月21日
    (11)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106421

  • 2021年10月21日
    (12)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の外観。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106423

  • 2021年10月21日
    (1)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106279

  • 2021年10月21日
    (2)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106280

  • 2021年10月21日
    (18)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106702

  • 2021年10月21日
    (9)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の外観。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106359

  • 2021年10月21日
    (8)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106323

  • 2021年10月21日
    (17)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106691

  • 2021年10月21日
    (7)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106326

  • 2021年10月21日
    (13)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106452

  • 2021年10月21日
    (3)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106305

  • 2021年10月21日
    (19)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106722

  • 1