KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 仏像
  • ユネスコ
  • 登録
  • 世界遺産
  • 洞窟
  • 竜門石窟
  • 太原
  • 莫高窟

「雲岡石窟」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
218
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
218
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の石刻羅漢像。(組み合わせ写真、2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803528

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の飛天造像。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803691

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟の看経寺で、唐代(618~907年)の石刻羅漢像を見つめる観光客。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803649

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代の石刻羅漢像の一つ、提多迦(だいたか)尊者像。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803618

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の入口。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803578

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の石刻羅漢像。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803446

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の石刻羅漢像を撮影する観光客。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803407

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟にある奉先寺にたたずむ仏像。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803631

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「龍門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟にある奉先寺にたたずむ仏像。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803602

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟風景区にある奉先寺にたたずむ仏像。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803389

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    空から望む竜門石窟。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803373

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    洛陽市の郊外にある竜門石窟の盧舎那大仏。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803518

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    洛陽市の郊外にある竜門石窟の盧舎那大仏。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803472

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟の敷地内に建つ香山寺。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803496

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    降りしきる雪の中にたたずむ盧舎那大仏。(1月9日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803594

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    雪化粧した竜門石窟の一角。(1月9日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803630

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    洛陽市の郊外にある竜門石窟の雪景色。(1月9日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803519

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟の敷地内にたたずむ雪化粧した香山寺。(1月9日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803563

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803342

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803640

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区を訪れた観光客。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803368

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある天王像、力士像と牡丹の花が織りなすコントラストが、趣ある風景を作り出している。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803678

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    緑豊かな河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803682

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    緑に囲まれた河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を訪れた観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803436

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区で、金剛力士像の前でたたずむ観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803601

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    緑に囲まれた竜門石窟の敷地内にたたずむ香山寺。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803369

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(3月26日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803537

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある看経寺を見学する観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803590

  • 2019年10月15日
    3Dプリントによる複製石窟の彩色・組み立てが完了雲岡石窟

    3Dプリント技術で複製された石窟。(10月15日撮影)中国山西省の雲岡石窟研究院は5日、3Dプリント技術による同石窟第12窟複製制作プロジェクトが大詰めを迎え、広東省深圳市で彩色と組み立てが完了したと発表した。12月末には浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で展示され、世界巡回への第一歩を踏み出す。(太原=新華社配信)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701371

  • 2019年10月15日
    3Dプリントによる複製石窟の彩色・組み立てが完了雲岡石窟

    複製窟のブロックを積み上げる作業スタッフ。(10月15日撮影)中国山西省の雲岡石窟研究院は5日、3Dプリント技術による同石窟第12窟複製制作プロジェクトが大詰めを迎え、広東省深圳市で彩色と組み立てが完了したと発表した。12月末には浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で展示され、世界巡回への第一歩を踏み出す。(太原=新華社配信)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701310

  • 2019年10月15日
    3Dプリントによる複製石窟の彩色・組み立てが完了雲岡石窟

    3Dプリント技術で複製された石窟。(10月15日撮影)中国山西省の雲岡石窟研究院は5日、3Dプリント技術による同石窟第12窟複製制作プロジェクトが大詰めを迎え、広東省深圳市で彩色と組み立てが完了したと発表した。12月末には浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で展示され、世界巡回への第一歩を踏み出す。(太原=新華社配信)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701372

  • 2019年10月29日
    3Dプリントによる複製石窟の彩色・組み立てが完了雲岡石窟

    10月29日、3Dプリント技術で複製された石窟(左)とオリジナルの雲岡石窟第12窟。(組み合わせ写真)中国山西省の雲岡石窟研究院は5日、3Dプリント技術による同石窟第12窟複製制作プロジェクトが大詰めを迎え、広東省深圳市で彩色と組み立てが完了したと発表した。12月末には浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で展示され、世界巡回への第一歩を踏み出す。(太原=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701348

  • 2019年11月07日
    3Dプリントによる複製石窟の彩色・組み立てが完了雲岡石窟

    3Dプリントによる複製窟に色を塗る美術作業チームのメンバー。(資料写真、組み合わせ写真)中国山西省の雲岡石窟研究院は5日、3Dプリント技術による同石窟第12窟複製制作プロジェクトが大詰めを迎え、広東省深圳市で彩色と組み立てが完了したと発表した。12月末には浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で展示され、世界巡回への第一歩を踏み出す。(太原=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701328

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内部の様子。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603191

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603173

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第10窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603174

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第17窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603189

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603127

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603115

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603116

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603126

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第16窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603164

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日に撮影した雲岡石窟。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603140

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603141

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603158

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603176

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内部の様子。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603110

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603094

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603166

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟の外観。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603188

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第9窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603171

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第20窟の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603177

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第7窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603192

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第8窟内部の様子。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603193

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第19窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603190

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第10窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603172

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603139

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、雪がやんだ後の麦積山石窟。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901690

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、雪がやんだ後の麦積山石窟。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901658

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、麦積山石窟の仏像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901675

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、雪がやんだ後の麦積山石窟。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901729

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、麦積山石窟の仏像。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901654

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、麦積山石窟の仏像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901682

  • 2020年02月12日
    雲岡石窟、オンラインの「バーチャル観光」が人気

    12日、バーチャルで再現した「オンライン雲崗石窟」のスクリーンショット。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は1月25日から、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防対策のため一時的に閉鎖されている。雲岡石窟はこのほどバーチャルで見どころが見学できる「オンライン雲岡石窟」のサービスを開始、11日までに延べ15万2300人が「バーチャル観光」に訪れた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700606

  • 2020年02月12日
    雲岡石窟、オンラインの「バーチャル観光」が人気

    12日、バーチャルで再現した「オンライン雲崗石窟」のスクリーンショット。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は1月25日から、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防対策のため一時的に閉鎖されている。雲岡石窟はこのほどバーチャルで見どころが見学できる「オンライン雲岡石窟」のサービスを開始、11日までに延べ15万2300人が「バーチャル観光」に訪れた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700567

  • 2020年02月12日
    雲岡石窟、オンラインの「バーチャル観光」が人気

    12日、バーチャルで再現した「オンライン雲崗石窟」のスクリーンショット。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は1月25日から、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防対策のため一時的に閉鎖されている。雲岡石窟はこのほどバーチャルで見どころが見学できる「オンライン雲岡石窟」のサービスを開始、11日までに延べ15万2300人が「バーチャル観光」に訪れた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700384

  • 2020年02月12日
    雲岡石窟、オンラインの「バーチャル観光」が人気

    12日、バーチャルで再現した「オンライン雲崗石窟」のスクリーンショット。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は1月25日から、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防対策のため一時的に閉鎖されている。雲岡石窟はこのほどバーチャルで見どころが見学できる「オンライン雲岡石窟」のサービスを開始、11日までに延べ15万2300人が「バーチャル観光」に訪れた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700628

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟で行われた保全作業。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社記者/武敵)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402335

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟で、雲岡砂岩に修復剤を塗る作業員。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402355

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟で、送気ゴム球を使って岩の隙間の堆積物を取り除く作業員。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402384

  • 2020年05月10日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    雲岡石窟第12窟の伎楽天。西域伝来の楽器も見られる。(5月10日撮影)中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802053

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟で行われた保全作業。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402382

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟でマスキングテープを貼る作業員。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402276

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟でラテックスを塗る作業員。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402278

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟で、蒸留水を使って雲岡砂岩の修復剤を調合する作業員。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402295

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟で行われた保全作業。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社記者/武敵)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402345

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟で、雲岡砂岩に修復剤を塗る作業員。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社記者/武敵)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402388

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟で行われた保全作業。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社記者/武敵)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402277

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟で蒸留水を噴霧する作業員。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402318

  • 2020年05月10日
    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市

    10日、山西省大同市の雲岡石窟で行われた保全作業。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社記者/武敵)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402357

  • 2020年05月11日
    習近平氏、山西省を視察

    11日、大同市の雲岡石窟で歴史文化遺産の保護状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は11日、山西省を視察した。(大同=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301093

  • 2020年05月11日
    習近平氏、山西省を視察

    11日、大同市の雲岡石窟で歴史文化遺産の保護状況を視察の際、居合わせた観光客に手を振る習近平氏(左)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は11日、山西省を視察した。(大同=新華社記者/李学仁)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301107

  • 2020年05月11日
    習近平氏、山西省を視察

    11日、大同市の雲岡石窟で歴史文化遺産の保護状況を視察する習近平氏(先頭)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は11日、山西省を視察した。(大同=新華社記者/劉彬)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301100

  • 02:43.84
    2020年05月16日
    「新華社」3Dプリントで再現、原寸大の雲岡石窟が世界を巡る山西省

    中国山西省の雲岡石窟研究院はここ数年、デジタル化による文化財保護活動に積極的に取り組み、デジタル技術を通じて雲岡石窟を3Dプリントし、世界を巡らせようとしている。同研究院は3Dレーザースキャン技術と多数の画像の3D再構成を組み合わせた作業方法を採用。文化財本体のあらゆる細部を収集し、デジタル情報を3Dプリントすることで、文化財の材質や色の質感まで高精度に再現することが可能となった。石窟は日々風化が進んでおり、長年のデータを比較することで、いつ風化してしまうかを推測できる。これは研究者にとっては、風化を防げるうちに石窟保護プランを示し、実施に移さなければならないことを意味する。デジタル技術を文化財保護に応用することで、文化遺産の研究や保護、管理のレベルは飛躍的に向上した。さらに、しっかりとした研究を前提に人々に公開することで、世界の人々が雲岡文化を理解し、身近に感じることも可能になった。同省大同市にある雲岡石窟は、1500年の歴史を持つ中国最大の古代石窟群の一つ。2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。(記者/武敵、趙陽、徐偉、馬志異)<映像内容>雲岡石窟を3Dプリントでデジタル化、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051801137

  • 2020年06月10日
    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された雲岡石窟の釉陶仏眼。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204528

  • 2020年06月10日
    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    10日、浙江大学芸術・考古博物館で公開された雲岡石窟の原寸大3Dレプリカを見学する来場者。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204571

  • 2020年06月10日
    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された文化財。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204596

  • 2020年06月10日
    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された北魏時代の菩薩頭像。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204566

  • 2020年06月10日
    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    10日、浙江大学芸術・考古博物館で公開された雲岡石窟の原寸大3Dレプリカの彩色天井。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204603

  • 2020年06月10日
    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    10日、浙江大学芸術・考古博物館で公開された雲岡石窟の原寸大3Dレプリカ。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204614

  • 2020年06月10日
    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された雲岡石窟で新たに出土した陶罐(とうかん)。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204624

  • 2020年06月10日
    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された北魏時代の彩絵菩薩立像(上半身欠損)。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204518

  • 2020年06月10日
    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された雲岡石窟の菩薩立像。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204573

  • 2020年06月10日
    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    10日、浙江大学芸術・考古博物館で公開された雲岡石窟の原寸大3Dレプリカの仏像。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204636

  • 2020年06月10日
    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    10日、浙江大学芸術・考古博物館で公開された雲岡石窟の原寸大3Dレプリカの「天人楽団」。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204608

  • 01:54.10
    2020年06月12日
    「新華社」雲岡石窟の3Dレプリカ、浙江大学で初公開

    中国浙江省杭州市の浙江大学で12日、山西省にある世界遺産「雲岡石窟」の洞窟の一つを3Dプリンターで再現したレプリカの組み立てが完成した。3Dプリンターによる移動可能な原寸大の洞窟レプリカは世界で初めてだという。高精度デジタル技術と3Dプリント技術で制作された同レプリカは、「音楽窟」とも呼ばれる雲岡石窟第12窟の前殿後室を再現。洞窟の形状や精巧で美しい彫像はもちろん、長い年月で風化した細かな傷までが正確に表現されている。雲岡石窟の「音楽窟」の深さは14メートルで、幅11メートル、高さ9メートル。5世紀に開削され、内部には天空の伎楽や中国内外の楽器が彫刻されている。中国最古の「宮廷交響楽団」といわれており、中国の音楽・舞踊史において重要な位置を占める。浙江大学文化遺産研究院と雲岡石窟研究院の共同プロジェクトチームは、2016年からデータの収集と処理、構造設計、パーツのプリントや着色などの作業を進め、数々の技術的な問題を克服してきた。洞窟のデジタルデータの精度は0・03ミリで、完成したレプリカの誤差は2ミリ未満、色彩再現度は95%以上となっている。同レプリカは、2メートル平方のブロック110個を6層に分けて積み上げている。ブロックは軽量素材で作られており総重量は約2トン。標準コンテナ8台に積載し輸送することができ、組み立てには1週間を要する。杭州で完成披露展示会を行った後、世界各地で巡回展を行うという。(記者/朱涵、李濤)<映像内容>雲岡石窟の3Dレプリカが公開、撮影日:2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706274

  • 01:09.46
    2020年06月12日
    「新華社」浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示

    中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で12日、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が始まった。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)が出展されるほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像も展示される。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも展示される。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれている。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(記者/朱涵、李濤)<映像内容>山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展、撮影日:2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061604302

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第10窟の後室南壁の窟門と明窓の間に施された彫刻。下部は忍冬文(にんどうもん、唐草文様)と化生童子を模した門簪(もんさん、門上部の突き出た部分)ならなる。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802048

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第9窟の窟門頂部に施された彫刻。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802052

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第6窟の中心塔柱北面の下層重龕主尊と右側衆。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802069

  • 1
  • 2
  • 3