KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • しょう
  • 三弦
  • 令和
  • 伎楽
  • 位置
  • 内部
  • 北東
  • 四つ
  • 国宝

「雲鑼」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
23
( 1 23 件を表示)
  • 1
23
( 1 23 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年03月15日
    西安鼓楽楽師、唐代の燕楽を伝承

    西安市周至県南集賢村で西安鼓楽を披露する田孝梨(でん・こうり)氏。(3月15日撮影)中国の古都・西安で、楽師らが古来の方法で唐代の宮廷燕楽(宴饗音楽)の演奏を行った。俗字譜(古楽譜の一種)を歌い、笙・管・笛などの管楽器を吹き、太鼓・方匣子・双雲鑼などの打楽器を叩き、中国伝統音楽の「生きた化石」を現代の人々の前によみがえらせた。西安鼓楽は、唐代の宮廷で最盛期を迎え、唐の都・長安を中心とする関中平原に広まった民間の重大行事や縁日の目玉となる伝統芸能だ。新中国成立当初、西安地区で数十の鼓楽社が活動していたが、今も西安で活動を続けている老舗はわずか6社のみとなっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400566

  • 2019年03月15日
    西安鼓楽楽師、唐代の燕楽を伝承

    西安市周至県南集賢村で伝統曲「刮地風」を披露する田孝梨(でん・こうり)氏(後方)と南集賢西村鼓楽社のメンバーら。(3月15日撮影)中国の古都・西安で、楽師らが古来の方法で唐代の宮廷燕楽(宴饗音楽)の演奏を行った。俗字譜(古楽譜の一種)を歌い、笙・管・笛などの管楽器を吹き、太鼓・方匣子・双雲鑼などの打楽器を叩き、中国伝統音楽の「生きた化石」を現代の人々の前によみがえらせた。西安鼓楽は、唐代の宮廷で最盛期を迎え、唐の都・長安を中心とする関中平原に広まった民間の重大行事や縁日の目玉となる伝統芸能だ。新中国成立当初、西安地区で数十の鼓楽社が活動していたが、今も西安で活動を続けている老舗はわずか6社のみとなっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400520

  • 2019年03月15日
    西安鼓楽楽師、唐代の燕楽を伝承

    西安市周至県南集賢村で合奏する田孝梨(でん・こうり)氏(後方)と南集賢西村鼓楽社のメンバーら。(3月15日撮影)中国の古都・西安で、楽師らが古来の方法で唐代の宮廷燕楽(宴饗音楽)の演奏を行った。俗字譜(古楽譜の一種)を歌い、笙・管・笛などの管楽器を吹き、太鼓・方匣子・双雲鑼などの打楽器を叩き、中国伝統音楽の「生きた化石」を現代の人々の前によみがえらせた。西安鼓楽は、唐代の宮廷で最盛期を迎え、唐の都・長安を中心とする関中平原に広まった民間の重大行事や縁日の目玉となる伝統芸能だ。新中国成立当初、西安地区で数十の鼓楽社が活動していたが、今も西安で活動を続けている老舗はわずか6社のみとなっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400522

  • 2019年03月15日
    西安鼓楽楽師、唐代の燕楽を伝承

    西安市周至県南集賢村で銅鈸(どうばつ)の演奏指導をする田孝梨(でん・こうり)氏(左)。(3月15日撮影)中国の古都・西安で、楽師らが古来の方法で唐代の宮廷燕楽(宴饗音楽)の演奏を行った。俗字譜(古楽譜の一種)を歌い、笙・管・笛などの管楽器を吹き、太鼓・方匣子・双雲鑼などの打楽器を叩き、中国伝統音楽の「生きた化石」を現代の人々の前によみがえらせた。西安鼓楽は、唐代の宮廷で最盛期を迎え、唐の都・長安を中心とする関中平原に広まった民間の重大行事や縁日の目玉となる伝統芸能だ。新中国成立当初、西安地区で数十の鼓楽社が活動していたが、今も西安で活動を続けている老舗はわずか6社のみとなっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400554

  • 2019年03月15日
    西安鼓楽楽師、唐代の燕楽を伝承

    西安市周至県南集賢村で南集賢西村鼓楽社のメンバーを指導する田孝梨(でん・こうり)氏(左)。(3月15日撮影)中国の古都・西安で、楽師らが古来の方法で唐代の宮廷燕楽(宴饗音楽)の演奏を行った。俗字譜(古楽譜の一種)を歌い、笙・管・笛などの管楽器を吹き、太鼓・方匣子・双雲鑼などの打楽器を叩き、中国伝統音楽の「生きた化石」を現代の人々の前によみがえらせた。西安鼓楽は、唐代の宮廷で最盛期を迎え、唐の都・長安を中心とする関中平原に広まった民間の重大行事や縁日の目玉となる伝統芸能だ。新中国成立当初、西安地区で数十の鼓楽社が活動していたが、今も西安で活動を続けている老舗はわずか6社のみとなっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400564

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511783

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511736

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511612

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511638

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観正殿の外観。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511712

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511715

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511776

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511811

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511794

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511796

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511623

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511695

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511713

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観の外観。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511746

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511785

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511648

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511668

  • 2020年10月23日
    独立した絵画が渾然一体となる寺院壁画山西省太符観

    10月23日、太符観后土聖母殿内の壁画(部分)。中国山西省汾陽市の北東15キロに位置する上廟村に、12~13世紀の金王朝時代に建てられた道教寺院「太符観」がある。国家級文物保護単位(国宝、重要文化財に相当)にも指定されている。境内東側の后土聖母殿の内部には、約40平方メートルの工筆重彩壁画「燕楽図」があり、中国道教で最高位の女神后土の宮中での生活が細かく描かれている。四つある壁画のうち二つは伎楽の演奏図で、5人の伎楽がそれぞれ琵琶、笙(しょう)、笛、雲鑼(うんら)、三弦を担当している。残り二つは尚宝図と尚室図で、宝箱や経典、食盒(しょくごう、重箱)などを手に仕える女性が描かれている。一つ一つの絵画が渾然一体となる壁画形式は、山西省内の寺院壁画でもほとんど例を見ないという。(汾陽=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511667

  • 1