KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 風景
  • 位置
  • 記者
  • 再建
  • 埋葬
  • 移転
  • 蜀漢
  • 令和
  • 一人
  • 三国志

「雲陽県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
57
( 1 57 件を表示)
  • 1
57
( 1 57 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2012年10月13日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟の廟会(びょうえ、縁日)で披露された竜舞。(2012年10月13日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2012(平成24)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100493

  • 2013年08月25日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2013年8月25日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2013(平成25)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100502

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜に輝く張飛廟の一角。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100492

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟にある「桃園の誓い」の彫像。蜀の英雄、劉備、関羽、張飛の3人が、劉備を長兄とする義兄弟の契りを交わした場面を再現している。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100487

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜の中で美しく輝く張飛廟。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100510

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜の中で美しく輝く張飛廟。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100495

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜の中で美しく輝く張飛廟。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100498

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟にある書画が飾られた廊下。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100505

  • 2017年01月27日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟で線香を焚き、幸福を祈る参拝者。(2017年1月27日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2017(平成29)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100484

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100494

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100501

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100482

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100474

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100508

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100509

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内に建つ張飛像。(2017年11月7日撮影、小型無人機機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100488

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100479

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100500

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100504

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100489

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100477

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100491

  • 2018年04月15日
    霧に包まれた龍缸国家地質公園

    15日、龍缸国家地質公園でガラスの展望回廊を歩く観光客。中国重慶市雲陽県の龍缸国家地質公園(ジオパーク)では15日、霧が立ち込め、仙境さながらの幻想的な景観を醸し出した。(雲陽=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041800460

  • 2018年10月01日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    大勢の人出で賑わう年に一度の張飛廟の廟会(びょうえ、縁日)。(2018年10月1日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100497

  • 2018年12月15日
    持続可能な発展を堅持、重慶市が歩む貧困脱却への道

    重慶市雲陽県で実った柑橘類を収穫する農家の人たち。(2018年12月15日撮影)中国政府は今年中に、現行基準における農村部の貧困者全てを貧困から脱却させるとしており、貧困脱却の堅塁攻略戦は最終段階を迎えている。西南地区に位置する直轄市の重慶市では、各級政府が的確に政策を実施して貧困脱却の仕組みを打ち立てるとともに、環境保護と持続可能な発展の理念を堅持し、環境配慮型発展の理念に沿った貧困脱却の道を歩んできた。(重慶=新華社配信)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904586

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日に撮影した張飛廟の正門。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100478

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日、武官の帽子のような形をした張飛廟の屋根。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100507

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日、張飛廟の壁に飾られた書画。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100483

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日に撮影した張飛廟。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100506

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日に撮影した張飛廟の外観。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100475

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日に撮影した張飛廟。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100476

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501334

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501329

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501368

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501372

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501392

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501441

  • 2020年08月04日
    貧困脱却を果たした重慶市の三峡プロジェクト地域

    上:2000年に撮影した重慶市雲陽県の風景。(重慶市三峡移民記念館提供)下:8月4日に撮影した重慶市雲陽県の風景。(重慶=新華社配信/黄偉)中国重慶市の三峡プロジェクト地域は、長江の上流に位置し、面積は約1万平方キロ。約3千万人の人口を抱え、プロジェクトが始動する前は貧困に悩まされていた。しかし、一連の支援策と地元政府の取り組みにより、今年5月には19の区・県が全て貧困脱却を果たした。(組み合わせ写真、重慶=新華社配信)=2000(平成12)年、2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701477

  • 2021年09月29日
    (3)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    24日、雲陽竜缸国家地質公園にある岐山草場一帯の朝の風景。中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093001451

  • 2021年09月29日
    (13)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    23日、雲陽竜缸国家地質公園にあるガラスの桟道「雲端廊橋」。(小型無人機から)中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003160

  • 2021年09月29日
    (10)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    23日、雲陽竜缸国家地質公園の岐山草場を散策する観光客。中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003158

  • 2021年09月29日
    (8)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    23日、雲陽竜缸国家地質公園の風景。中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093001547

  • 2021年09月29日
    (12)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    23日、雲陽竜缸国家地質公園にあるガラスの桟道「雲端廊橋」を散策する観光客。中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003154

  • 2021年09月29日
    (11)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    23日、雲陽竜缸国家地質公園にある岐山草場の風景。(小型無人機から)中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003156

  • 2021年09月29日
    (6)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    24日、雲陽竜缸国家地質公園の岐山草場に広がる風景を撮影する観光客。中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093001510

  • 2021年09月29日
    (4)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    24日、雲陽竜缸国家地質公園にある岐山草場一帯の朝の風景。中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093001499

  • 2021年09月29日
    (5)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    24日、雲陽竜缸国家地質公園の岐山草場を散策する観光客。中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003623

  • 2021年09月29日
    (7)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    24日、雲陽竜缸国家地質公園の岐山草場を散策する観光客。中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003624

  • 2021年09月29日
    (2)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    23日、雲陽竜缸国家地質公園の風景。(小型無人機から)中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003625

  • 2021年09月29日
    (1)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    23日、雲陽竜缸国家地質公園の風景。(小型無人機から)中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003503

  • 2021年09月29日
    (9)壮大な風景を満喫、雲陽竜缸国家地質公園を訪ねて重慶市

    23日、雲陽竜缸国家地質公園にある岐山草場の一角。(小型無人機から)中国重慶市雲陽県の雲陽竜缸国家地質公園は、三峡ダムエリア中央部の奥地に位置する。巨大な穴「天坑」や峡谷、鍾乳洞、高山草原、森林などの景観が一体となっており、2017年に国家5A級景勝地に指定された。同公園はここ数年、豊かな自然を保護し、景勝地の建設を進め、景観資源を掘り起こすことで、その知名度と評価を高めている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003612

  • 2021年10月15日
    (2)水辺の緑道が憩いの場に重慶市雲陽県

    14日、重慶市雲陽県の月光草坪公園で朝の運動をする市民。中国重慶市雲陽県を流れる長江と澎渓河の岸辺にこのほど、全長33キロの環湖緑道が完成した。緑道は付近の8公園をつなぎ、市民の憩いの場となっている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101508948

  • 2021年10月15日
    (6)水辺の緑道が憩いの場に重慶市雲陽県

    13日、空から見た重慶市雲陽県の浜江公園。(小型無人機から)中国重慶市雲陽県を流れる長江と澎渓河の岸辺にこのほど、全長33キロの環湖緑道が完成した。緑道は付近の8公園をつなぎ、市民の憩いの場となっている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101508946

  • 2021年10月15日
    (4)水辺の緑道が憩いの場に重慶市雲陽県

    14日、重慶市雲陽県の月光草坪公園でジョギングをする市民。中国重慶市雲陽県を流れる長江と澎渓河の岸辺にこのほど、全長33キロの環湖緑道が完成した。緑道は付近の8公園をつなぎ、市民の憩いの場となっている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101508940

  • 2021年10月15日
    (3)水辺の緑道が憩いの場に重慶市雲陽県

    13日、空から見た重慶市雲陽県の浜江公園。(小型無人機から)中国重慶市雲陽県を流れる長江と澎渓河の岸辺にこのほど、全長33キロの環湖緑道が完成した。緑道は付近の8公園をつなぎ、市民の憩いの場となっている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101508952

  • 2021年10月15日
    (1)水辺の緑道が憩いの場に重慶市雲陽県

    14日、重慶市雲陽県の月光草坪公園で朝の運動をする市民。中国重慶市雲陽県を流れる長江と澎渓河の岸辺にこのほど、全長33キロの環湖緑道が完成した。緑道は付近の8公園をつなぎ、市民の憩いの場となっている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101508950

  • 2021年10月15日
    (5)水辺の緑道が憩いの場に重慶市雲陽県

    13日、重慶市雲陽県の浜江公園で健康器具を利用する市民。中国重慶市雲陽県を流れる長江と澎渓河の岸辺にこのほど、全長33キロの環湖緑道が完成した。緑道は付近の8公園をつなぎ、市民の憩いの場となっている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101508949

  • 1