KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • パンジャブ
  • 李浩
  • 二酸化炭素
  • 排出
  • 位置
  • 建設現場
  • 役割
  • 活用

「電投」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
30
( 1 30 件を表示)
  • 1
30
( 1 30 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年04月23日
    太陽光発電投資で不正節税

    太陽光発電ファンドの不正と出資企業の法人税が少なくなった仕組み

    商品コード: 2017042300510

  • 2017年04月23日
    太陽光発電投資で不正節税

    太陽光発電ファンドの不正と出資企業の法人税が少なくなった仕組み

    商品コード: 2017042300511

  • 2018年09月22日
    中パ経済回廊初の水力発電投資プロジェクト、全面施工段階に

    22日、パキスタン・パンジャブ州カロット地域で水力発電所プロジェクトの川のせき止めを前に開催された式典であいさつするパキスタン・エネルギー相のオマル・アユブ・カーン氏。中国・パキスタン経済回廊初の水力発電投資プロジェクトであるカロット水力発電所の工事現場でこのほど、川のせき止めに成功した。これにより同回廊の優先実施プロジェクトである同発電所の工事が全面施工段階に突入した。(パンジャブ州=新華社記者/劉天)=2018(平成30)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825707

  • 2018年09月22日
    中パ経済回廊初の水力発電投資プロジェクト、全面施工段階に

    22日、パキスタン・パンジャブ州カロット地域の水力発電所工事現場で川のせき止め作業に備える複数のトラック。(小型無人機から)中国・パキスタン経済回廊初の水力発電投資プロジェクトであるカロット水力発電所の工事現場でこのほど、川のせき止めに成功した。これにより同回廊の優先実施プロジェクトである同発電所の工事が全面施工段階に突入した。(パンジャブ州=新華社記者/劉天)=2018(平成30)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825728

  • 2018年09月22日
    中パ経済回廊初の水力発電投資プロジェクト、全面施工段階に

    22日、パキスタン・パンジャブ州カロット地域の水力発電所の工事現場で川のせき止め作業をするトラック。(小型無人機から)中国・パキスタン経済回廊初の水力発電投資プロジェクトであるカロット水力発電所の工事現場でこのほど、川のせき止めに成功した。これにより同回廊の優先実施プロジェクトである同発電所の工事が全面施工段階に突入した。(パンジャブ州=新華社記者/劉天)=2018(平成30)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825710

  • 2020年03月19日
    江蘇省南通市、1千億元規模の風力発電産業クラスター構築

    国家電力投資集団の江蘇洋上風力発電H7プロジェクト陸上工程の工事現場。同プロジェクトは、国家電投が南通市で建設する初の洋上風力発電所で、陸地から62キロ離れた海域に建設される。(3月19日撮影)中国江蘇省南通市で8日、中国(南通)洋上風力発電産業チェーン発展大会が開かれ、同市で実施されるプロジェクト24件の契約が結ばれた。総投資額と契約額は計750億元(1元=約15円)を上回った。同市は既に3年間の行動計画を制定し、1千億元規模の風力発電産業クラスター構築を計画している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503837

  • 00:43.65
    2020年11月06日
    「新華社」露天掘り炭鉱が排土場を整備、牧畜民に牧草をプレゼント内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区のホルチン草原では寒い冬を前に、地元の扎哈淖爾(ザハナル)炭鉱、霍林河炭鉱など五つの露天掘り炭鉱が、周辺の牧畜民に贈り物をした。といっても、贈ったのは金銭や石炭ではなく、炭鉱排土場を復元・整備して栽培した牧草。牧畜民が冬季用の飼料を貯蔵するのを支援し、牧畜による貧困脱却と増収を後押しするのが目的。五つの炭鉱は国家電投集団内蒙古能源の傘下で、年間総生産高は8100万トン、同自治区東部と中国東北地区の重要な石炭生産拠点になっている。2018年以来、五つの炭鉱は排土場3万3600ムー(約2240ヘクタール)を完全に復元・整備し、ハマムギやムラサキウマゴヤシなどこの地域での生育に適した牧草を植えている。五つの炭鉱は今年、従業員による刈り取り作業の経費や周辺の牧民に冬の牧草地が不足していることなどを考慮し、ムラサキウマゴヤシやコムギダマシなどの牧草を無料で牧畜民にプレゼントすることにした。草刈りや運搬にかかる人員や機械などは牧畜民が手配する。排土場を復元した牧草地では、牧畜民たちが草刈り機で牧草を刈り取り、束ね、車に積み込む作業を整然と進めている。牧草1束当たり15元(1元=約16円)で計算すると、牧畜民1世帯当たり5万元余りの増収につながるという。(記者/李雲平)<映像内容>牧草を刈り取る様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111002627

  • 00:54.89
    2021年10月30日
    「新華社」中国初の水素燃料電池ハイブリッド機関車、内モンゴルで試運転

    中国初の二酸化炭素(CO2)を排出しない水素燃料電池ハイブリッド機関車が29日、遼寧省錦州市の錦州港と内モンゴル自治区シリンゴル盟西ウジムチン旗の白音華鉱区を結ぶ「錦白鉄道」で試運転を行った。水素燃料電池機関車は同自治区赤峰市にある大板東駅を出発、実用化に向けて大きな一歩を踏み出した。水素を燃料とする燃料電池とリチウムイオン電池を電源とするハイブリッド車両で、中国の電力大手、国家電力投資集団(SPIC)傘下の国家電投集団内蒙古能源(エネルギー)、同じく傘下の国家電投集団氫能(水素エネルギー)科技発展、鉄道車両大手、中国中車傘下の中車大同電力機車の3社が共同で開発。基幹技術から部品、付属品に至るまで完全な国産化を実現した。試算によると、水素燃料電池機関車の導入後、錦白鉄道では年間約9万6千トンのCO2排出を削減できる。中車大同電力汽車の李霊濤(り・れいとう)副チーフエンジニアによると、今回試運転を行った水素燃料電池機関車は、設計時速80キロで、水素満載時の航続時間は最大24時間半。平坦な直線路線での最大けん引重量は5千トンを超える。既存の線路を変える必要がなく、維持費用も比較的安価なため、大型工場や鉱山、港湾などさまざまな場所で幅広い用途での活用が期待される。(記者/李雲平) =配信日: 2021(令和3)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103007700

  • 2021年11月21日
    (3)中パ経済回廊初の水力発電事業、ダム貯水開始

    19日、パキスタン・カロット水力発電所の余水路建設現場。パキスタン・パンジャブ州で20日、中国・パキスタン経済回廊(CPEC)初の水力発電投資プロジェクトであるカロット水力発電所が、ダムの貯水を正式に開始した。(カロット=新華社記者/李浩)= 配信日: 2021(令和3)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112111842

  • 2021年11月21日
    (6)中パ経済回廊初の水力発電事業、ダム貯水開始

    19日、パキスタン・カロット水力発電所でダム工事を行う作業員。パキスタン・パンジャブ州で20日、中国・パキスタン経済回廊(CPEC)初の水力発電投資プロジェクトであるカロット水力発電所が、ダムの貯水を正式に開始した。(カロット=新華社記者/李浩)= 配信日: 2021(令和3)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112111845

  • 00:34.24
    2021年11月21日
    「新華社」中パ経済回廊初の水力発電事業、ダム貯水開始

    パキスタン・パンジャブ州で20日、中国・パキスタン経済回廊(CPEC)初の水力発電投資プロジェクトであるカロット水力発電所が、ダムの貯水を正式に開始した。(記者/王歓、李浩) =配信日: 2021(令和3)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112111844

  • 2021年11月21日
    (4)中パ経済回廊初の水力発電事業、ダム貯水開始

    19日、パキスタン・カロット水力発電所の建屋。パキスタン・パンジャブ州で20日、中国・パキスタン経済回廊(CPEC)初の水力発電投資プロジェクトであるカロット水力発電所が、ダムの貯水を正式に開始した。(カロット=新華社記者/李浩)= 配信日: 2021(令和3)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112111841

  • 2021年11月21日
    (1)中パ経済回廊初の水力発電事業、ダム貯水開始

    20日、貯水を開始したパキスタン・カロット水力発電所のダム。パキスタン・パンジャブ州で20日、中国・パキスタン経済回廊(CPEC)初の水力発電投資プロジェクトであるカロット水力発電所が、ダムの貯水を正式に開始した。(カロット=新華社記者/李浩)= 配信日: 2021(令和3)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112111801

  • 2021年11月21日
    (2)中パ経済回廊初の水力発電事業、ダム貯水開始

    19日、パキスタン・カロット水力発電所のダムのゲート。パキスタン・パンジャブ州で20日、中国・パキスタン経済回廊(CPEC)初の水力発電投資プロジェクトであるカロット水力発電所が、ダムの貯水を正式に開始した。(カロット=新華社記者/李浩)= 配信日: 2021(令和3)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112111865

  • 2021年11月21日
    (5)中パ経済回廊初の水力発電事業、ダム貯水開始

    19日、パキスタン・パンジャブ州にあるカロット水力発電所のダム。パキスタン・パンジャブ州で20日、中国・パキスタン経済回廊(CPEC)初の水力発電投資プロジェクトであるカロット水力発電所が、ダムの貯水を正式に開始した。(カロット=新華社記者/李浩)= 配信日: 2021(令和3)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112111840

  • 01:24.00
    2021年11月21日
    Hydropower project of CPEC starts reservoir impoundment in E. Pakistani province

    STORY: Hydropower project of CPEC starts reservoir impoundment in E. Pakistani provinceDATELINE: Nov. 21, 2021LENGTH: 00:01:24LOCATION: IslamabadCATEGORY: ECONOMYSHOTLIST:1. aerial view of the Karot Hydropower Project2. various of construction of the Karot Hydropower3. SOUNDBITE 1 (Chinese): WANG YI, Karot hydropower project team leader4. SOUNDBITE 2 (English): RASHID AWAN, Pakistani civil engineer5. various of the Karot Hydropower ProjectSTORYLINE:The Karot Hydropower Project, a major pilot project under the China-Pakistan Economic Corridor (CPEC), closed the gates of the diversion tunnels on Saturday, starting reservoir impoundment.The beginning of the reservoir impoundment of the first CPEC hydropower investment project is a milestone, and will pave the way for the wet testing of the generator units, Wang Yi, Karot hydropower project team leader told Xinhua. Since.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112307457

  • 2022年06月07日
    (4)国家電投集団内蒙古能源、イノベーションと投資で発展後押し

    4日、石炭を積む国家電投集団内蒙古能源の自動運転車。中国の電力大手、国家電力投資集団(SPIC)傘下の国家電投集団内蒙古能源(エネルギー)は1千万トン級の現代化大型露天堀り炭鉱を5カ所保有し、年間生産能力8100万トンを持つ総合エネルギー企業として、イノベーションと投資を通じ企業の質の高い発展を後押ししている。同社は二酸化炭素(CO2)排出量の2030年までの減少転換、60年までの実質ゼロを目指す「双炭」目標と新たな産業変革、科学技術革命を追い風として、イノベーション主体としての役割を全面的に発揮し、バッテリー交換式電気トラック、自動運転、電気ショベルの遠隔操作、第5世代移動通信システム(5G)技術の応用など一連の重点プロジェクトの実施とハイテク技術の導入により、企業が「グリーン、ゼロカーボン、スマート、無人化」を特徴とするスマート鉱山の目標に向かって前進するよう後押ししている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060706406

  • 2022年06月07日
    (1)国家電投集団内蒙古能源、イノベーションと投資で発展後押し

    4日、石炭を運ぶ国家電投集団内蒙古能源の自動運転車。中国の電力大手、国家電力投資集団(SPIC)傘下の国家電投集団内蒙古能源(エネルギー)は1千万トン級の現代化大型露天堀り炭鉱を5カ所保有し、年間生産能力8100万トンを持つ総合エネルギー企業として、イノベーションと投資を通じ企業の質の高い発展を後押ししている。同社は二酸化炭素(CO2)排出量の2030年までの減少転換、60年までの実質ゼロを目指す「双炭」目標と新たな産業変革、科学技術革命を追い風として、イノベーション主体としての役割を全面的に発揮し、バッテリー交換式電気トラック、自動運転、電気ショベルの遠隔操作、第5世代移動通信システム(5G)技術の応用など一連の重点プロジェクトの実施とハイテク技術の導入により、企業が「グリーン、ゼロカーボン、スマート、無人化」を特徴とするスマート鉱山の目標に向かって前進するよう後押ししている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060706363

  • 2022年06月07日
    (2)国家電投集団内蒙古能源、イノベーションと投資で発展後押し

    4日、国家電投集団内蒙古能源の整備されたエリア。中国の電力大手、国家電力投資集団(SPIC)傘下の国家電投集団内蒙古能源(エネルギー)は1千万トン級の現代化大型露天堀り炭鉱を5カ所保有し、年間生産能力8100万トンを持つ総合エネルギー企業として、イノベーションと投資を通じ企業の質の高い発展を後押ししている。同社は二酸化炭素(CO2)排出量の2030年までの減少転換、60年までの実質ゼロを目指す「双炭」目標と新たな産業変革、科学技術革命を追い風として、イノベーション主体としての役割を全面的に発揮し、バッテリー交換式電気トラック、自動運転、電気ショベルの遠隔操作、第5世代移動通信システム(5G)技術の応用など一連の重点プロジェクトの実施とハイテク技術の導入により、企業が「グリーン、ゼロカーボン、スマート、無人化」を特徴とするスマート鉱山の目標に向かって前進するよう後押ししている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060706361

  • 2022年06月07日
    (3)国家電投集団内蒙古能源、イノベーションと投資で発展後押し

    4日、モニターで採掘作業を監視する国家電投集団内蒙古能源の従業員。中国の電力大手、国家電力投資集団(SPIC)傘下の国家電投集団内蒙古能源(エネルギー)は1千万トン級の現代化大型露天堀り炭鉱を5カ所保有し、年間生産能力8100万トンを持つ総合エネルギー企業として、イノベーションと投資を通じ企業の質の高い発展を後押ししている。同社は二酸化炭素(CO2)排出量の2030年までの減少転換、60年までの実質ゼロを目指す「双炭」目標と新たな産業変革、科学技術革命を追い風として、イノベーション主体としての役割を全面的に発揮し、バッテリー交換式電気トラック、自動運転、電気ショベルの遠隔操作、第5世代移動通信システム(5G)技術の応用など一連の重点プロジェクトの実施とハイテク技術の導入により、企業が「グリーン、ゼロカーボン、スマート、無人化」を特徴とするスマート鉱山の目標に向かって前進するよう後押ししている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060706407

  • 2022年06月20日
    (10)ツァイダム盆地で急速に進む太陽光・太陽熱発電青海省

    7日、中国電力大手、国家電力投資集団傘下の国家電投集団黄河上游水電開発による100万キロワット太陽光発電プロジェクトの建設現場で、太陽光パネルのフレームを設置する作業員。(小型無人機から)中国青海省のツァイダム盆地に位置する海西モンゴル族チベット族自治州では今年に入り、既存の1千万キロワット級の新エネルギー産業クラスターを基盤とし、同地域の豊富な日照と風力、荒れ地やゴビ砂漠などの資源を活用してクリーンエネルギー企業、中国広核集団(CGN)による設備容量200万キロワットの太陽光・太陽熱発電プロジェクトや「青海-河南超高圧直流送電プロジェクト2期」の20万キロワット太陽熱発電プロジェクトなど、新エネルギープロジェクト5件の建設工事が始まった。各プロジェクトは現在、秩序よく工事が進められている。同自治州はクリーンエネルギー開発に適した天然資源に恵まれており、3月末時点で新エネルギーの系統接続容量は1160万キロワットに上った。(西寧=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062010448

  • 2022年06月20日
    (2)ツァイダム盆地で急速に進む太陽光・太陽熱発電青海省

    7日、中国電力大手、国家電力投資集団傘下の国家電投集団黄河上游水電開発による100万キロワット太陽光発電プロジェクトの建設現場。(小型無人機から)中国青海省のツァイダム盆地に位置する海西モンゴル族チベット族自治州では今年に入り、既存の1千万キロワット級の新エネルギー産業クラスターを基盤とし、同地域の豊富な日照と風力、荒れ地やゴビ砂漠などの資源を活用してクリーンエネルギー企業、中国広核集団(CGN)による設備容量200万キロワットの太陽光・太陽熱発電プロジェクトや「青海-河南超高圧直流送電プロジェクト2期」の20万キロワット太陽熱発電プロジェクトなど、新エネルギープロジェクト5件の建設工事が始まった。各プロジェクトは現在、秩序よく工事が進められている。同自治州はクリーンエネルギー開発に適した天然資源に恵まれており、3月末時点で新エネルギーの系統接続容量は1160万キロワットに上った。(西寧=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062010430

  • 2022年06月20日
    (8)ツァイダム盆地で急速に進む太陽光・太陽熱発電青海省

    7日、中国電力大手、国家電力投資集団傘下の国家電投集団黄河上游水電開発による100万キロワット太陽光発電プロジェクトの建設現場で、太陽光パネルのフレームを設置する作業員。中国青海省のツァイダム盆地に位置する海西モンゴル族チベット族自治州では今年に入り、既存の1千万キロワット級の新エネルギー産業クラスターを基盤とし、同地域の豊富な日照と風力、荒れ地やゴビ砂漠などの資源を活用してクリーンエネルギー企業、中国広核集団(CGN)による設備容量200万キロワットの太陽光・太陽熱発電プロジェクトや「青海-河南超高圧直流送電プロジェクト2期」の20万キロワット太陽熱発電プロジェクトなど、新エネルギープロジェクト5件の建設工事が始まった。各プロジェクトは現在、秩序よく工事が進められている。同自治州はクリーンエネルギー開発に適した天然資源に恵まれており、3月末時点で新エネルギーの系統接続容量は1160万キロワットに上った。(西寧=新華社記者/王浡)= 配信日: 2022(令和4)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062010436

  • 2022年06月20日
    (11)ツァイダム盆地で急速に進む太陽光・太陽熱発電青海省

    7日、中国電力大手、国家電力投資集団傘下の国家電投集団黄河上游水電開発による100万キロワット太陽光発電プロジェクトの建設現場で、太陽光パネルのフレームを設置する作業員。中国青海省のツァイダム盆地に位置する海西モンゴル族チベット族自治州では今年に入り、既存の1千万キロワット級の新エネルギー産業クラスターを基盤とし、同地域の豊富な日照と風力、荒れ地やゴビ砂漠などの資源を活用してクリーンエネルギー企業、中国広核集団(CGN)による設備容量200万キロワットの太陽光・太陽熱発電プロジェクトや「青海-河南超高圧直流送電プロジェクト2期」の20万キロワット太陽熱発電プロジェクトなど、新エネルギープロジェクト5件の建設工事が始まった。各プロジェクトは現在、秩序よく工事が進められている。同自治州はクリーンエネルギー開発に適した天然資源に恵まれており、3月末時点で新エネルギーの系統接続容量は1160万キロワットに上った。(西寧=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062010451

  • 00:55.36
    2022年06月30日
    CPEC‘s Karot Hydropower Plant put into full commercial operation

    STORY: CPEC‘s Karot Hydropower Plant put into full commercial operationDATELINE: June 30, 2022LENGTH: 00:00:55LOCATION: IslamabadCATEGORY: ECONOMYSHOTLIST:1. various of the hydropower plant2. SOUNDBITE (English): WANG MINSHENG, General manager of Karot Power CompanySTORYLINE:Karot Hydropower Plant, the first hydropower investment project under the China-Pakistan Economic Corridor (CPEC), was put into full commercial operations on Wednesday.SOUNDBITE (English): WANG MINSHENG, General manager of Karot Power Company“It is the first hydropower project recorded in the joint statement of the Chinese and Pakistani governments...= 配信日: 2022(令和4)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070400863

  • 2022年06月30日
    PAKISTAN-ISLAMABAD-CPEC-HYDROPOWER PLANT-OPERATION

    (220630) -- ISLAMABAD, June 30, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo taken on April 7, 2022 shows a view of Karot Hydropower Plant in Pakistan‘s eastern Punjab province. Karot Hydropower Plant, the first hydropower investment project under the China-Pakistan Economic Corridor (CPEC), was put into full commercial operations on Wednesday.TO GO WITH “CPEC‘s Karot Hydropower Plant put into full commercial operation“ (CTG/Handout via Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070200324

  • 2022年06月30日
    PAKISTAN-ISLAMABAD-CPEC-HYDROPOWER PLANT-OPERATION

    (220630) -- ISLAMABAD, June 30, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo taken on June 22, 2022 shows a view of Karot Hydropower Plant in Pakistan‘s eastern Punjab province. Karot Hydropower Plant, the first hydropower investment project under the China-Pakistan Economic Corridor (CPEC), was put into full commercial operations on Wednesday.TO GO WITH “CPEC‘s Karot Hydropower Plant put into full commercial operation“ (CTG/Handout via Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070200315

  • 2022年07月02日
    (2)中パ経済回廊初の水力発電投資プロジェクトが商業運転開始

    パキスタン・パンジャブ州にあるカロット水力発電所。(6月22日、小型無人機から撮影)中国電力大手の中国長江三峡集団が主に投資開発を行う中国・パキスタン経済回廊(CPEC)初の水力発電投資プロジェクト「カロット水力発電所」が6月29日、商業運転を全面的に開始した。(カロット=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070206395

  • 00:55.71
    2022年07月02日
    「新華社」中パ経済回廊初の水力発電投資プロジェクトが商業運転開始

    中国電力大手の中国長江三峡集団が主に投資開発を行う中国・パキスタン経済回廊(CPEC)初の水力発電投資プロジェクト「カロット水力発電所」が6月29日、商業運転を全面的に開始した。三峡国際エネルギー投資集団の呉勝亮(ご・しょうりょう)董事長は同発電所について、年間32億キロワット時の安価なクリーンエネルギーをパキスタンに供給し、地元住民500万人の電力需要を満たすほか、パキスタンの電力不足緩和やエネルギー構造の改善、持続可能な経済発展の促進に重要な役割を果たすと語った。同発電所はパンジャブ州のカロット地区に位置し、ジェラム川のカスケード式水力発電計画の第4段階となっている。プロジェクトは2015年4月に着工し、総投資額は約17億4千万ドル(1ドル=約135円)、総設備容量は72万キロワット。標準炭換算で年間約140万トンの節約と二酸化炭素(CO2)排出量350万トンの削減を見込んでいる。(記者/王歓、姜江) =配信日: 2022(令和4)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070206393

  • 2022年07月02日
    (1)中パ経済回廊初の水力発電投資プロジェクトが商業運転開始

    パキスタン・パンジャブ州にあるカロット水力発電所。(4月7日、小型無人機から撮影)中国電力大手の中国長江三峡集団が主に投資開発を行う中国・パキスタン経済回廊(CPEC)初の水力発電投資プロジェクト「カロット水力発電所」が6月29日、商業運転を全面的に開始した。(カロット=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070206398

  • 1