KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 不足
  • 家庭
  • 昭和
  • ご飯
  • そば
  • むら
  • めい
  • やかん
  • インバーター
  • オイルショック

「電気炊飯器」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1945年12月31日
    Norwegian kitchen

    Norwegian kitchen with refrigerator and electric cooker 1945、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082202471

  • 1973年12月20日
    かまどの復活

    民家の土間で、女性がたきぎをくべているのは炊事用のかまど。ご飯を炊くはがまとやかんがかけてある。そばには、かつては家庭の常備品だった七輪も。天井に向かって伸びる柱状のものは煙突。以前は多くの家にかまどがあり、食事時には家々の煙突から煙が上った。当時、電気炊飯器や石油・ガスコンロは普及していたが、この年秋の石油ショックで燃料類が不足し高騰。急きょ、昔ながらのかまどが見直され、復活した。=1973(昭和48)年12月20日、岡山県鏡野町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821687

  • 1995年08月23日
    全面加熱の炊飯器

    日立製作所の電気炊飯器「RZ―IHE10」

    商品コード: 1995082300029

  • 1998年08月24日
    炊きむらのない炊飯器

    東芝の電気炊飯器「火力番VFインバーター」

    商品コード: 1998082400134

  • 1998年11月06日
    展示品を見る北京市民 北京で松下幸之助展が開幕

    松下幸之助展に展示された初期の電気炊飯器や掃除機を見る市民ら=6日午前、北京・中国歴史博物館(共同)

    商品コード: 1998110600072

  • 2001年09月04日
    味にこだわる高機能炊飯器

    新製品が続々登場している電気炊飯器

    商品コード: 2001090400093

  • 2004年10月22日
    今も健在、50年前の1号器

    電気炊飯器の売り場は炊飯重視派と多用途派が火花を散らす=東京都内の家電量販店

    商品コード: 2004102200126

  • 2004年10月22日
    今も健在、50年前の1号器

    半世紀前の電気炊飯器1号器。足達周子さん(右)と和子さんは「いつまで使えるか試してみたい」=東京都東久留米市の自宅

    商品コード: 2004102200124

  • 2014年12月22日
    デパートの売り場 出そろった電気炊飯器

    デパートの家電売り場に並ぶ電気炊飯器=1968(昭和43)年3月、東京・銀座松屋 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第5巻使用画像(P184)

    商品コード: 2014122200151

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.36
    2021年01月27日
    「新華社」中国の電力不足、背後に農村の電力消費構造の変化

    中国国家エネルギー局のデータによると、20年10月までに農村の電化率は約18%に達した。冷蔵庫、洗濯機の使用率は大幅に向上し、エアコン保有台数は12年の2倍以上に増えた。電磁調理器と電気炊飯器はすでに広く普及しているほか、オートバイや農業用車両の電動化も徐々に進んでいる。これに加え、数回にわたる寒波襲来や各地で続く経済回復、農村の電力消費量の急増が中国の安定した電力供給に厳しい試練をもたらしている。冬に入ると、湖南、江西、浙江、内モンゴルなどの省・自治区は相次いで「有序用電」(電力使用に対する管理強化)あるいは「限電」(電力制限)に関する通知を出した。送電大手、国家電網傘下の国網湖南省電力公司経済技術研究院省重点実験室の文明(ぶん・めい)主任は「農村経済の発展や生活水準の向上、ハイパワー家電の普及に伴い、特に季節的な電力使用量が年々増加し、農村の電力需要が急増している。いずれにせよ、引き続き省の要求に基づき、家庭や病院、学校など民生部門の電力需要を優先的に満たしていく」と説明した。現在、中国の農村地域では安定的かつ信頼性の高い送電サービスをほぼ全面的に実現している。20年10月までに農村の平均停電時間は15年の50時間以上から約15時間に減少した。総合電圧合格率は94・96%から99・70%に上昇し、1戸当たりの配電容量は1・67キロボルトアンペアから2・7キロボルトアンペアに増加した。(記者/張玉潔、張格、姚子雲) =配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012704184

  • 1