KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 主任
  • 令和
  • 変化
  • 実現
  • 東芝
  • 火力
  • 病院
  • 説明
  • ぞう

「電磁調理器」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年02月12日
    「ネットワーク経済情報」(九州) 電磁調理器用磁器なべ

    電磁調理器用に特殊技術で開発された磁器なべ

    商品コード: 1994021200044

  • 1994年07月27日
    「商品ニュース」 電磁調理器用プレート

    熱が均一に伝わるアルミ製の焼き肉プレート

    商品コード: 1994072700022

  • 1994年09月17日
    操作ボタンの点字表示 目の不自由な人も安心

    電磁調理器の操作ボタンのひとつひとつに付けられた点字「暮らしの経済」(身障者)

    商品コード: 1994091700006

  • 1995年02月16日
    じか火利用の電磁調理器

    東芝の「煮るぞう MR―N10」

    商品コード: 1995021600043

  • 1996年05月20日
    火力の強い電磁調理器

    富士通ゼネラルが発売した電磁調理器

    商品コード: 1996052000089

  • 2002年08月15日
    大火力の電磁調理器

    日立ホーム&ライフソリューションが発売する電磁調理器

    商品コード: 2002081500158

  • 2002年12月20日
    加熱途切れない調理器

    瞬時に加熱し、加熱がほとんど途切れない東芝の電磁調理器

    商品コード: 2002122000071

  • 03:11.42
    2020年02月26日
    「新華社」機械が煎じる中医薬浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市臨安区の華東医薬は、伝統的な煎じ薬の製造工程で人の手による作業の機械化を実現した。同社の煎薬サービスセンターではほとんどの時間、11台のロボットだけが慌ただしく行き来しており、484台あるスマート電磁調理器も中医薬の種類に合わせ、煎じ薬の工程に必要な温度と時間を調整している。同センターの朱士峰(しゅ・しほう)副主任は、煎じ薬の製造工程である調剤や煎じ薬、保管、包装などのスマート化を実現しており、大病院にもワンストップのスマート化サービスを提供することが可能だと説明。このスマート煎じ薬システムでは1時間当たり処方箋500枚分の中医薬が製造でき、同社が中国で初めて調剤の半自動化と煎じ工程の無人化を実現した「煎じ代行企業」になったと述べた。同システムは煎じ薬の全工程が追跡可能で、調剤段階での薬のリアルタイム撮影や、煎じ工程のビッグデータに基づいた自動加水・浸漬、煎じ工程の自動配分など、さまざまな情報がリアルタイムで追跡、保存され、工程の厳密性を確保している。(記者/夏亮、孔令杭)<映像内容>機械による中医薬の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022704853

  • 2020年08月06日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:広西チワン族自治区南丹県里湖瑶族郷仁広村当脚屯で、煮炊きに使う枝を拾い集め、家路につく陸老愛(りく・ろうあい)さん。(2018年1月12日撮影)下:6日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅で、電磁調理器で料理をする陸老愛さん。(組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2018(平成30)年1月12日、2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402328

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.36
    2021年01月27日
    「新華社」中国の電力不足、背後に農村の電力消費構造の変化

    中国国家エネルギー局のデータによると、20年10月までに農村の電化率は約18%に達した。冷蔵庫、洗濯機の使用率は大幅に向上し、エアコン保有台数は12年の2倍以上に増えた。電磁調理器と電気炊飯器はすでに広く普及しているほか、オートバイや農業用車両の電動化も徐々に進んでいる。これに加え、数回にわたる寒波襲来や各地で続く経済回復、農村の電力消費量の急増が中国の安定した電力供給に厳しい試練をもたらしている。冬に入ると、湖南、江西、浙江、内モンゴルなどの省・自治区は相次いで「有序用電」(電力使用に対する管理強化)あるいは「限電」(電力制限)に関する通知を出した。送電大手、国家電網傘下の国網湖南省電力公司経済技術研究院省重点実験室の文明(ぶん・めい)主任は「農村経済の発展や生活水準の向上、ハイパワー家電の普及に伴い、特に季節的な電力使用量が年々増加し、農村の電力需要が急増している。いずれにせよ、引き続き省の要求に基づき、家庭や病院、学校など民生部門の電力需要を優先的に満たしていく」と説明した。現在、中国の農村地域では安定的かつ信頼性の高い送電サービスをほぼ全面的に実現している。20年10月までに農村の平均停電時間は15年の50時間以上から約15時間に減少した。総合電圧合格率は94・96%から99・70%に上昇し、1戸当たりの配電容量は1・67キロボルトアンペアから2・7キロボルトアンペアに増加した。(記者/張玉潔、張格、姚子雲) =配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012704184

  • 1