KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 内地
  • 電気通信研究所
  • しんどう
  • ひさし
  • 専売
  • 東商
  • 画像
  • 国鉄
  • 日本電信電話公社

「電電公社」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
96
( 1 96 件を表示)
  • 1
96
( 1 96 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1952年08月01日
    新しい看板 電電公社発足

    日本電信電話公社発足で新しい看板がかけられた=1952(昭和27)年8月1日

    商品コード: 1952080150002

  • 1954年10月25日
    金語楼宅へ通話 走る自動車から金語楼宅へ

    「モシモシ」自動車内の電話機で金語楼宅へ通話する梶井剛・電電公社総裁(円内)=1954(昭和29)年10月

    商品コード: 1954102550001

  • 1955年06月08日
    電話の時報サービス

    電電公社千代田分局にできた時報サービス機=1955(昭和30)年6月8日(縮刷版掲載なし 30年内地番号なし)

    商品コード: 2012080800363

  • 1955年08月13日
    新型公衆電話ボックス

    電電公社が設置した新型電話ボックス=1955(昭和30)年8月13日、東京・中央線高円寺駅北口広場(30年内地

    商品コード: 2006091200374

  • 1959年03月03日
    全電通電電公社集団デモ

    電電公社前で出勤者を阻止するデモ隊=1959(昭和34)年3月3日、東京・内幸町

    商品コード: 2011092600232

  • 1959年03月20日
    第4波闘争電電公社は妥結

    (上)今朝妥結前公社課長連の電話交換風景(下)妥結後職場に帰った交換嬢=1959(昭和34)年3月20日、電電公社市外電話局

    商品コード: 2011092600267

  • 1960年02月07日
    東京の電話局番が3ケタに

    電話局番の一斉3ケタ化切り替え式で、切り替え指令のベルを押す辻東京電気通信局長(中央)。左は大橋電電公社総裁=1960(昭和35)年2月7日午前0時、東京・内幸町の霞ケ関電話局

    商品コード: 2011101800091

  • 1960年06月27日
    電電公社が“記念の赤電話”設置

    全国の公衆電話10万台突破で設置された“記念の赤電話”から通話する松島トモ子さん=1960(昭和35)年6月27日、国電池袋駅東口前森永ストアの店頭

    商品コード: 2012013000169

  • 1961年08月22日
    電気通信技術研究所

    電電公社の電気通信技術研究所=1961(昭和36)年8月27日出稿 企画併用(36年内地4342)

    商品コード: 2011112800072

  • 1964年09月01日
    日本~琉球間記念通話 マイクロ回線開通式

    日本~琉球間のマイクロ回線開通式で、大田琉球政府主席と記念通話を交わす徳安郵政相(中央)。後方左は臼井総務長官、同右は大橋電電公社総裁=1964(昭和39)年9月1日、郵政省

    商品コード: 1964090150001

  • 1964年09月01日
    マイクロ回線開通式

    日本~琉球間のマイクロ回線開通式で、大田琉球政府主席と記念通話を交わす徳安郵政相(中央)。後方左は臼井総務長官、同右は大橋電電公社総裁=1964(昭和39)年9月1日、郵政省(39年内地 3719)

    商品コード: 2019031600735

  • 1965年06月03日
    (よねざわ・しげる) 米沢滋

    電電公社施設局長、電気通信研究所長、電電公社総裁、勲一等受章、東京ロータリークラブ会員、電気通信協会会長=1965(昭和40)年4月21日撮影

    商品コード: 2006073100117

  • 1967年11月22日
    (よねざわ・しげる) 米沢滋

    電電公社施設局長、電気通信研究所長、電電公社総裁、勲一等受章、東京ロータリークラブ会員、電気通信協会会長=1967(昭和42)年10月16日撮影

    商品コード: 1967112200023

  • 1968年01月18日
    (しんどう・ひさし) 真藤恒

    石川島播磨重工業社長、日本造船工業会会長、東商副会頭、日本電電公社総裁、NTT社長=1968(昭和43)年1月18日出稿、か

    商品コード: 2006011200076

  • 1970年06月18日
    (よねざわ・しげる) 米沢滋

    電電公社施設局長、電気通信研究所長、電電公社総裁、勲一等受章、東京ロータリークラブ会員、電気通信協会会長=1970(昭和45)年6月13日撮影

    商品コード: 2005103100032

  • 1970年07月10日
    (よねざわ・しげる) 米沢滋

    電電公社施設局長、電気通信研究所長、電電公社総裁、東京ロータリークラブ会員、電気通信協会会長、勲一等受章=1970(昭和45)年6月13日撮影

    商品コード: 1970071000020

  • 1970年12月17日
    婦選獲得企画

    電電公社は交換手に日本では珍しい育児休暇を最高3年まで認めている。約7万人の交換手は結婚してからも安心して働くことができる=1970(昭和45)年12月17日出稿 (45年内地7296)

    商品コード: 2011013100082

  • 1972年10月07日
    テレビで重役会議

    電電公社武蔵野通研でのテレビ会議システムの実験風景=1972(昭和47)年10月7日

    商品コード: 2010121600075

  • 1972年12月22日
    (しんどう・ひさし) 真藤恒

    石川島播磨重工業社長、日本造船工業会会長、東商副会頭、日本電電公社総裁、NTT社長=1972(昭和47)年11月6日撮影

    商品コード: 1972122200036

  • 1973年01月25日
    (しんどう・ひさし) 真藤恒

    石川島播磨重工業社長、日本造船工業会会長、東商副会頭、日本電電公社総裁、NTT社長=1972(昭和47)年11月6日撮影

    商品コード: 2005060200016

  • 1974年12月28日
    茅ヶ崎松林分局のポスター

    電電公社が制作した錦絵風ポスター。神奈川県茅ヶ崎市に開局した松林(しょうりん)分局を記念したもので、原画は明治23年製の「電話創業之図」。縦80センチ、横50センチで制作費は1枚150円ナリ。イキな芸者風のなまめかしさが人気とか

    商品コード: 2012062100136

  • 1975年09月04日
    電電公社“福祉電話”を開発

    難聴者用電話機として開発されたシルバーホン「めいりょう」。40センチ以上離れると聞こえない人や耳元で話をしないと聞き取れない程度の難聴者を対象にしたもの。音量つまみを調節するだけで受話器の声を増幅できる

    商品コード: 2013031300087

  • 1975年09月04日
    電電公社“福祉電話”を開発

    シルバーホン「めいりょう」の送受話部分(左)とフラッシュ式着信表示器。電話がかかると受話器に取り付けた装置が点滅する

    商品コード: 2013031300088

  • 1976年01月29日
    生活情報テレビ局放送開始

    実験放送が開始された多摩CCIS(生活情報システム)実験局調整室。家庭にいながらボタン一つで、娯楽から教育、ニュース、買い物案内など各種の情報を入手できる-未来の“有線都市”実験が始まった。郵政省、電電公社と生活映像情報システム開発協会の共同事業=1976(昭和51)年1月29日、東京都多摩市永山

    商品コード: 2013061300152

  • 1976年02月01日
    (まゆみ・あきのぶ) 真弓明信

    柳川商高(現・柳川高)、電電公社九州(現・NTT九州)、プロ野球選手(内野手、外野手)、太平洋クラブ、クラウンライター、阪神=1976(昭和51)年2月撮影

    商品コード: 2008012800079

  • 1976年02月12日
    (しんどう・ひさし) 真藤恒

    石川島播磨重工業社長、日本造船工業会会長、東商副会頭、日本電電公社総裁、NTT社長=1976(昭和51)年2月12日撮影

    商品コード: 2008010400091

  • 1976年03月18日
    (しんどう・ひさし) 真藤恒

    石川島播磨重工業社長、日本造船工業会会長、東商副会頭、日本電電公社総裁、NTT社長=1976(昭和51)年2月12日撮影

    商品コード: 2005020900022

  • 1976年12月09日
    ミニプッシュホン登場

    電電公社が近く販売する小型電話機「ミニプッシュホン」。送受話器部分の重さは従来のプッシュホンの2分の1、電話機全体では3分の1しかなく、色は白一色。使用料は、1900円(従来型は1300円)

    商品コード: 2014031900323

  • 1977年01月12日
    秋草篤二

    秋草篤二、経済、あきぐさ・とくじ、死去・2001(平成13)年11月22日、電電公社経理局長、同理事、同総務理事、同副総裁、同総裁、勲一等瑞宝章受章=1977(昭和52)年1月12日

    商品コード: 1977021500001

  • 1978年01月28日
    電電公社の自動車電話 来春からカー電話お目見え

    電電公社の長年の夢が実って来春から一般化される自動車電話。パトカーやタクシー無線の「片方向通話」と違い、発信者と受信者が同時に会話できる「双方向無線」で、普通の電話と全く変わらない。車に積む端末機は1台70万〜100万円

    商品コード: 2015032400255

  • 1978年04月19日
    「128キロビットROM」 電電公社が超LSI開発

    日本電信電話(電電)公社が開発した「128キロビットROM(読み出し専用メモリー)」のチップ拡大写真(30倍)。縦4ミリ、横5ミリという小さな素子上に漢字460字ほども記憶できる高密度の記憶装置で、これほど膨大な記憶容量を持つものは“世界初”という

    商品コード: 2015061000252

  • 1978年05月23日
    「画像応答システム」 TVが答える何でも情報

    旅行計画をつくる場合、必要に応じてボタンを押せば地図や宿泊施設、交通状況なども次々とテレビ画面に出てくる「画像応答システム(VRS)」。電電公社が試作に成功したもので、数学や英語の勉強、ゴルフレッスンから囲碁、将棋など豊富な情報を受け手側の自由裁量で取り出せるという画期的なもの

    商品コード: 2015062900611

  • 1979年04月25日
    衆院逓信委

    衆院逓信委で、電電公社の政府調達開放交渉について答弁する大平正芳首相。左は白浜仁吉郵政相、右は秋草篤二電電公社総裁=1979(昭和54)年4月25日

    商品コード: 2015033000268

  • 1979年05月04日
    (しんどう・ひさし) 真藤恒

    石川島播磨重工業社長、日本造船工業会会長、東商副会頭、日本電電公社総裁、NTT社長=1979(昭和54)年4月13日撮影

    商品コード: 2004100500031

  • 1979年09月05日
    光通信用のファイバー・ケーブル 大容量通信に成功

    電電公社が開発した最新の光通信用のファイバー・ケーブル=1979(昭和54)年9月(光ファイバー、NTT)

    商品コード: 1979090550001

  • 1979年12月25日
    電話とテレビを直結 「キャプテンシステム」実験開始

    郵政省と電電公社が準備を進めてきた電話とテレビを利用し情報を得ることができる「キャプテンシステム」の実験開始=1979(昭和54)年12月25日、東京・銀座電話局

    商品コード: 1979122550001

  • 1979年12月25日
    電話とテレビを直結 「キャプテンシステム」実験開始

    郵政省と電電公社が準備を進めてきた電話とテレビを利用し情報を得ることができる「キャプテンシステム」の実験開始=1979(昭和54)年12月25日、東京・銀座電話局 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第7巻使用画像(P179)

    商品コード: 2015030900496

  • 1980年01月21日
    (まゆみ・あきのぶ) 真弓明信

    柳川商高(現・柳川高)、電電公社九州(現・NTT九州)、プロ野球選手(内野手、外野手)、太平洋クラブ、クラウンライター、阪神=1980(昭和55)年1月21日撮影

    商品コード: 1980012100043

  • 1980年05月13日
    米通商代表、電電公社総裁と会談

    秋草篤二電電公社総裁(左側手前から2人目)と会談するアスキュー米通商代表(右端)=1980(昭和55)年5月13日、東京・内幸町の電電公社(55年内地4293)

    商品コード: 2018051500360

  • 1980年05月15日
    雑4762−7A キャプテンシステム

    電電公社ショールームで披露されたキャプテンシステム(ビデオテックス)。ビデオテックス (Videotex) は、電話回線を通じて、文字・画像・簡易動画を送受信するコンピュータネットワークシステム=1980(昭和55)年5月15日、東京都千代田区霞ヶ関

    商品コード: 2019101803303

  • 1980年05月15日
    雑4762−28A キャプテンシステム

    電電公社ショールームで披露されたキャプテンシステム(ビデオテックス)。ビデオテックス (Videotex) は、電話回線を通じて、文字・画像・簡易動画を送受信するコンピュータネットワークシステム=1980(昭和55)年5月15日、東京都千代田区霞ヶ関

    商品コード: 2019101803305

  • 1980年08月05日
    雑4892−12 骨伝導電話

    骨伝導電話機でテスト会話を試みるお嬢さん=1980(昭和55)年8月5日、東京都千代田区の電電公社

    商品コード: 2019110300190

  • 1980年10月24日
    日米通商協議2日目

    2日目の日米通商協議に臨む大来佐武郎政府代表(右)とアスキュー米通商代表。2日間の交渉で、電電公社の資材調達、外国たばこの輸入促進のいずれも具体的な成果をみないまま不調に終わった=1980(昭和55)年10月24日、外務省

    商品コード: 2019091700546

  • 1980年11月20日
    参院逓信委

    参院逓信委員会で、電話料金値上げについて答弁する秋草篤二電電公社総裁(中央)。左は山内一郎郵政相=1980(昭和55)年11月20日

    商品コード: 2019100700738

  • 1980年12月18日
    牛場氏、総裁就任を固辞

    握手をする牛場信彦・元対外経済担当相(右)と山内一郎郵政相。牛場氏は、次期電電公社総裁の就任を要請されるが、固辞した=1980(昭和55)年12月18日、東京・虎ノ門のホテルオークラ

    商品コード: 2019112900969

  • 1980年12月18日
    牛場氏、総裁就任を固辞

    次期電電公社総裁の就任要請を固辞し、記者会見する牛場信彦・元対外経済担当相=1980(昭和55)年12月18日、東京・虎ノ門のホテルオークラ(55年内地11352)

    商品コード: 2019112900975

  • 1980年12月19日
    電電公社の資材調達が決着

    電電公社の資材調達問題で合意し、マンスフィールド駐日米大使(左)に書簡を手渡す大来佐武郎政府代表(対外経済担当)=1980(昭和55)年12月19日、外務省

    商品コード: 2019112901114

  • 1980年12月23日
    電電公社総裁に真藤氏

    真藤恒氏(中央)に電電公社総裁就任を要請する鈴木善幸首相(右)。左は山内一郎郵政相=1980(昭和55)年12月23日、首相官邸(55年内地11543)

    商品コード: 2019112901296

  • 1980年12月31日
    NTT通信処理系装置試験風景

    ファクシミリ通信処理装置。=撮影日不明、撮影場所不明、クレジット:Jihyophoto Service/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050804586

  • 1980年12月31日
    茨城電気通信研究所

    電電公社茨城電気通信研究所の外観=撮影日不明、茨城県那珂郡東海村、クレジット:Jihyophoto Service/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050804588

  • 1980年12月31日
    オフセットカセグレンアンテナ

    電電公社三鷹ビル屋上のオフセットカセグレンアンテナ。=撮影日不明、東京都三鷹市、クレジット:Jihyophoto Service/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050804587

  • 1980年12月31日
    実用通信衛星CS-2

    電電公社の通信衛星。=撮影日不明、撮影場所不明、クレジット:Jihyophoto Service/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050804594

  • 1981年01月06日
    真藤電電公社総裁が初会見

    電電公社の新総裁に就任し、記者会見する真藤恒氏=1981(昭和56)年1月6日、郵政省(56年内地123)

    商品コード: 2020031803348

  • 1981年01月16日
    (しんどう・ひさし) 真藤恒

    石川島播磨重工業社長、日本造船工業会会長、東商副会頭、日本電電公社総裁、NTT社長=1980(昭和55)年1月6日撮影

    商品コード: 2004062900084

  • 1981年03月23日
    吉国一郎

    吉国一郎、官庁、野球、よしくに・いちろう、吉國一郎、死去・2011年9月2日、内閣法制局長官、地域振興整備公団総裁、電電公社経営委員会委員長、日本野球機構コミッショナー、野球殿堂入り、勲一等旭日大綬章受章=1981(昭和56)年3月23日

    商品コード: 1981062000026

  • 1982年11月19日
    (よねざわ・しげる) 米沢滋

    電電公社施設局長、電気通信研究所長、電電公社総裁、勲一等受章、東京ロータリークラブ会員、電気通信協会会長=1982(昭和57)年10月29日撮影

    商品コード: 2004061700079

  • 1983年08月10日
    首相が電気通信研を視察

    横須賀の電電公社電気通信研究所の施設を視察する中曽根首相=1983(昭和58)年8月10日

    商品コード: 1983081000003

  • 1984年11月19日
    東京・世田谷の通信ケーブル火災

    早朝から伝言取り次ぎセンターには電話が鳴り始め、大忙しの電電公社職員=1984(昭和59)年11月19日午前8時半、東京・駒場

    商品コード: 2021090703254

  • 1984年11月19日
    東京・世田谷の通信ケーブル火災

    伝言を自転車で配達に行く電電公社職員=1984(昭和59)年11月19日午前9時すぎ、東京・駒場の伝言とりつぎセンター

    商品コード: 2021090703255

  • 1984年11月20日
    東京・世田谷の通信ケーブル火災

    東京・世田谷の通信ケーブル火災事故を受けた緊急記者会見で、疲れた表情をみせる電電公社の真藤恒総裁=1984(昭和59)年11月20日、東京都千代田区内幸町の電電公社本社

    商品コード: 2021090703261

  • 1984年11月20日
    東京・世田谷の通信ケーブル火災

    東京・世田谷の通信ケーブル火災事故を受けて緊急記者会見する電電公社の真藤恒総裁=1984(昭和59)年11月20日、東京都千代田区内幸町の電電公社本社

    商品コード: 2021090703262

  • 1984年11月20日
    東京・世田谷の通信ケーブル火災

    通信ケーブル埋設溝の火災現場近くのマンホールを視察する左藤恵郵政相(左)。右は電電公社の北原副総裁=1984(昭和59)年11月21日、東京都世田谷区の世田谷電話局前

    商品コード: 2021090703263

  • 1984年11月25日
    東京・世田谷の通信ケーブル火災

    記者会見で通信ケーブルの不燃化など今後の対応について話す電電公社の真藤恒総裁=1984(昭和59)年11月25日、東京都千代田区内幸町の電電公社本社

    商品コード: 2021090703276

  • 1984年11月27日
    東京・世田谷の通信ケーブル火災

    世田谷の通信ケーブル火災事故で、おわびの品を手に被害者宅に向かう電電公社職員=1984(昭和59)年11月27日、東京都世田谷区

    商品コード: 2021090703278

  • 1984年11月27日
    東京・世田谷の通信ケーブル火災

    世田谷の通信ケーブル火災事故で、おわびの品を手に被害者宅に向かう電電公社職員=1984(昭和59)年11月27日、東京都世田谷区

    商品コード: 2021090703283

  • 1984年11月29日
    衆院逓信委 電電公社総裁が陳謝

    世田谷の通信ケーブル火災事故で陳謝する真藤恒電電公社総裁、左は佐藤恵郵政相=1984(昭和58)年11月29日、国会内(1984年国内十大ニュース5)

    商品コード: 1984112900008

  • 1984年12月19日
    全電通全国討論集会

    電電公社の民営移行に向けて開かれた全電通全国討論集会=1984(昭和59)年12月19日、東京・三宅坂の社会文化会館

    商品コード: 1984121900010

  • 1984年12月20日
    電電3法が成立

    傍聴席で電電改革3法案の採決を見守る電電公社の真藤恒総裁(右)と北原安定副総裁=1984(昭和59)年12月20日、衆院本会議場

    商品コード: 1984122000026

  • 1985年02月08日
    あいさつする北原副総裁 日本縦貫光ケーブルが完成

    日本縦貫光ケーブルが完成し、開通記念式典であいさつする北原電電公社副総裁=1985(昭和60)年2月8日、東京・大手町の統制電話中継所(NTT)

    商品コード: 1985020850001

  • 1985年02月08日
    日本縦貫光ケーブル伝送路が完成

    あいさつする北原安定・日本電電公社副総裁=1985(昭和60)年2月8日、東京都千代田区の大手町

    商品コード: 1985020800007

  • 1985年02月13日

    60年国内 1597-1-3 ◎新生電電がマークなど発表 日本電信電話株式会社のシンボルマークを発表する真藤総裁=1985(昭和60)年2月13日、東京・内幸町の電電公社(日本電信電話公社 真藤恒 NTT)

    商品コード: 1985021350001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年03月29日
    電電公社 民営化を前に最後の準備

    新しい看板(左)を取り付ける作業員ら=1985(昭和60)年3月29日、東京・向島電話局

    商品コード: 2005112500075

  • 1985年03月29日
    電電、専売両公社民営化

    電電公社お別れパーティーであいさつする電電公社の真藤恒総裁=1985(昭和60)年3月29日、東京・日比谷の電電公社本社

    商品コード: 2021120108242

  • 1985年03月29日
    電電、専売両公社民営化

    電電公社お別れパーティーであいさつする電電公社の真藤恒総裁=1985(昭和60)年3月29日、東京・日比谷の電電公社本社

    商品コード: 2021120108261

  • 1985年03月29日
    電電、専売両公社民営化

    電電公社お別れパーティーで、乾杯する電電公社の真藤恒総裁(右端)=1985(昭和60)年3月29日、東京・日比谷の電電公社本社

    商品コード: 2021120108274

  • 1985年03月30日
    電電、専売両公社民営化

    電電公社(左)と日本電信電話株式会社(NTT)の社旗を手にする関係者=1985(昭和60)年3月

    商品コード: 2021120108282

  • 1985年03月30日
    電電、専売両公社民営化

    民営化を前に日本電信電話株式会社のシンボルマークを取り付ける作業員。右は取り外された電電公社のシンボルマーク=1985(昭和60)年3月29日、東京・向島電話局

    商品コード: 2021120108293

  • 1985年03月30日
    電電、専売両公社民営化

    民営化を前に日本電信電話株式会社のシンボルマークを取り付ける作業員。右は取り外された電電公社のシンボルマーク=1985(昭和60)年3月29日、東京・向島電話局

    商品コード: 2021120108306

  • 1985年03月31日
    電電、専売両公社民営化

    民営化を控え、準備に忙しい電電公社本社。壁には「新生NTT誕生まであと1日」とカウントダウンが張られていた=1985(昭和60)年3月31日、東京・内幸町

    商品コード: 2021120108334

  • 1985年04月01日
    NTT発足で除幕式 電電公社を民営化

    電電公社が民営化され、日本電信電話会社(NTT)が発足。除幕式で披露された新しい社章と社旗。中央後ろ姿の人物は真藤恒社長=1985(昭和60)年4月1日、東京・内幸町の同社本社

    商品コード: 1985040150003

  • 1985年04月01日
    NTT発足で除幕式 電電公社を民営化

    電電公社が民営化され、日本電信電話会社(NTT)が発足。除幕式で披露された新しい社章と社旗。中央後ろ姿の人物は真藤恒社長=1985(昭和60)年4月1日、東京・内幸町の同社本社 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第9巻使用画像(P27)

    商品コード: 2015050700566

  • 02:35.42
    1986年05月03日
    テレホンカード

    キーワード:テレホンカード、テレフォンカード、テレカ、テレフォンカード発券機、テレホンカード発券機、テレフォンボックス、テレホンボックス、電話ボックス、缶の灰皿、公衆電話、緑の公衆電話、緑電話、黄電話、テレホンカード売り場、電電公社、NTT=製作年:1986(昭和61)年5月3日、東京、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120111584

  • 1988年06月23日
    (やまぐち・はるお) 山口開生

    電電公社理事施設局長、NTT社長=1988(昭和63)年5月25日撮影

    商品コード: 2003100800066

  • 1989年12月21日
    (やまぐち・はるお) 山口開生

    電電公社理事施設局長、NTT社長=1989(平成元)年11月14日撮影

    商品コード: 2003091900099

  • 1990年12月31日
    電電公社武蔵野電気通信研究所

    電電公社武蔵野電気通信研究所の外観。=撮影日不明、東京都武蔵野市、クレジット:Jihyophoto Service/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050804584

  • 1998年09月21日

    「カラー」「98参院選」 ◎谷田慶子(たにだ・けいこ)、愛媛参院選挙区、61、共産、新1、党県常任委員(電電公社職員)温泉郡、松山商大

    商品コード: 1998092100079

  • 2000年09月25日

    「カラー」◎徳内厚美(とくうち・あつみ)、00年衆院選愛媛4区立候補、共産党、党愛媛県委員、地区役員(電電公社職員)宇和島市、今治北高

    商品コード: 2000092500113

  • 2000年10月03日

    「カラー」◎阿部正義(あべ・まさよし)、00年衆院選新潟6区立候補、共産党、党新潟県委員、地区委員長(電電公社職員)上越市、新発田高

    商品コード: 2000100300101

  • 2010年07月29日
    キャッシュレス時代へ テレホンカードの登場

    1981(昭和56)年8月5日、電電公社が新型の磁気カード式公衆電話を発表。小銭を必要としないプリペイド方式のテレホンカード(右上)の普及は、キャッシュレス時代を象徴した。やがてオレンジカード(国鉄)、ハイウェイカード(道路公団)、図書カードなども登場する。

    商品コード: 2010072900239

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年10月13日
    シベリアから東京裁判に 瀬島龍三氏が証言

    1946(昭和21)年10月18日、東京裁判で元関東軍参謀の瀬島龍三元中佐がソ連側証人として証言。瀬島氏は捕虜としてシベリアに抑留中で、空路東京に護送された。11年間抑留の後、伊藤忠商事に入社すると会長にまで昇進。第二次臨調では電電公社、国鉄の民営化に蔭ながら尽力し、その後も中曽根首相を支えた。

    商品コード: 2011101300229

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月22日
    空前のスト権スト 国鉄が8日間ストップ

    1975(昭和50)年11月26日、国鉄、電電公社など公共企業体の労働者で組織する公労協が「スト権奪回」をスローガンに統一ストに入った。国鉄は全線がストップ、東海道新幹線の車両が東京・品川の基地にそろって並ぶ。8日間にわたる空前のストが続き郵便、電話なども大混乱したが、三木内閣は要求を拒んだ。

    商品コード: 2012112200171

  • 2014年07月31日
    キャッシュレス時代へ テレホンカードの登場

    1981(昭和56)年8月5日、電電公社が新型の磁気カード式公衆電話を発表した。小銭を必要としないプリペイド方式のテレホンカード(右上)の普及はキャッシュレス時代の到来を象徴した。オレンジカード(国鉄)、ハイウェイカード(道路公団)、図書カードなどもやがて登場。

    商品コード: 2014073100436

  • 2014年10月02日
    切り替え式 東京の電話局番が3ケタに

    電話局番の一斉3ケタ化切り替え式で、切り替え指令のベルを押す辻東京電気通信局長(中央)。左は大橋電電公社総裁=1960(昭和35)年2月7日午前0時、東京・内幸町の霞ケ関電話局 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第4巻使用画像(P44)

    商品コード: 2014100200255

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年11月20日
    空前のスト権スト 国鉄が8日間ストップ

    1975(昭和50)年11月26日、国鉄、電電公社など公共企業体の労働者で組織する公労協が「スト権奪回」をスローガンに統一ストに入った。国鉄は全線がストップ、東海道新幹線の車両が東京・品川の基地にそろって並ぶ。8日間にわたる空前のストが続き郵便、電話なども大混乱したが、三木内閣は要求を拒んだ。

    商品コード: 2014112000315

  • 2014年12月02日
    時報サービス機 電話の時報サービス開始

    電電公社の東京・千代田分局に設置された時報サービス機。10日の「時の記念日」から運用が開始された=1955(昭和30)年6月8日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第3巻使用画像(P46)

    商品コード: 2014120200538

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年10月08日
    シベリアから東京裁判に 瀬島龍三氏が証言

    1946(昭和21)年10月18日、東京裁判で元関東軍参謀の瀬島龍三元中佐がソ連側証人として証言。瀬島氏は捕虜としてシベリアに抑留中で空路東京に護送された。11年間抑留の後、伊藤忠商事に入社すると会長にまで昇進。第二次臨調では電電公社、国鉄の民営化に陰ながら尽力し、その後も中曽根首相を支えた。

    商品コード: 2015100800296

  • 1