KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • ダイヘン
  • 日刊工業新聞
  • 産業用ロボット
  • 電気機器メーカー
  • しょういちろう
  • てつや
  • みの
  • 事業
  • 人事

「電8」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2013年08月01日
    東北電8・94%値上げ

    電力3社の電気料金値上げ

    商品コード: 2013080100636

  • 2013年08月01日
    東北電8・94%値上げ

    電力3社の電気料金値上げ

    商品コード: 2013080100638

  • 2015年05月12日
    会見する八木社長 関電8・36%再値上げへ

    記者会見する関西電力の八木誠社長=12日午前、大阪市

    商品コード: 2015051200147

  • 2017年07月11日
    関電8月値下げで競争激化

    関西電力と大阪ガスの8月の料金比較

    商品コード: 2017071100664

  • 2017年07月11日
    関電8月値下げで競争激化

    関西電力と大阪ガスの8月の料金比較

    商品コード: 2017071100665

  • 2021年01月27日
    ダイヘンのロゴマーク

    キーワード:ダイヘン、DAIHEN、電気機器メーカー、重電8社、変圧器、電力機器、産業用ロボット、アーク溶接機、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2021(令和3)年1月27日、大阪市淀川区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020409576

  • 2021年01月27日
    ダイヘンのロゴマーク

    キーワード:ダイヘン、DAIHEN、電気機器メーカー、重電8社、変圧器、電力機器、産業用ロボット、アーク溶接機、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2021(令和3)年1月27日、大阪市淀川区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020409556

  • 2021年01月27日
    ダイヘンのロゴマーク

    キーワード:ダイヘン、DAIHEN、電気機器メーカー、重電8社、変圧器、電力機器、産業用ロボット、アーク溶接機、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2021(令和3)年1月27日、大阪市淀川区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020409590

  • 2021年01月27日
    ダイヘンの本社外観

    キーワード:ダイヘン、DAIHEN、電気機器メーカー、重電8社、変圧器、電力機器、産業用ロボット、アーク溶接機、企業、本社、本社外観=2021(令和3)年1月27日、大阪市淀川区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020409591

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長(左)田尻哲也社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108542

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する田尻現社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108555

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する田尻現社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108562

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108591

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長(左)田尻哲也社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108539

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108574

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108557

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長(左)田尻哲也社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108578

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108536

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。フォトセッションでの蓑毛正一郎次期社長(左)田尻哲也社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108523

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。フォトセッションでの蓑毛正一郎次期社長(左)田尻哲也社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108593

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.54
    2021年08月14日
    「新華社」新電力取引モデルで新エネルギー消費を促進新疆ウイグル自治区

    中国の総合エネルギー基地の一つ、新疆ウイグル自治区は、新たな電力市場化取引方式により新エネルギーの消費を促進するとともに、省エネ・排出削減を後押しし、質の高い発展理念の実践に取り組んでいる。新疆電力交易センターによると、同自治区ハミ市南部と河南省鄭州市を結ぶプラスマイナス800キロボルト高圧直流送電プロジェクトの新エネルギー発電所が、8月から毎月4日に自治区内の「自家発電・自家消費」を行う石炭火力自家発電所とピークシフト代替取引を実施し、「疆電外送」(新疆の電力を他地域に送る)関連の新エネルギー電力が自治区内の電力市場化取引に参加できない現状を変えている。新たな取引は主に同センターの尽力により実現した。センターのスタッフによると、同プロジェクトの新エネルギー発電所における総設備容量は918万キロワットに上り、8月の取引によって新エネルギー発電8982万キロワット時分を支援した。新エネルギー企業の発電量増加に加え、石炭火力自家発電所の発電コスト削減が実現したほか、環境汚染の低減にもつながった。(記者/杜剛、郭燕) =配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404904

  • 1