KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • ホンダ
  • アライアンス
  • エンジン
  • カギ
  • サプライズ
  • 令和
  • 全固体電池
  • 具体
  • 反応
  • 姿勢

「青山眞二」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • ホンダとヤマハ発の幹部 18年にOEM供給開始へ
    2016年10月05日
    ホンダとヤマハ発の幹部 18年にOEM供給開始へ

    握手をするホンダの青山真二取締役執行役員(左)とヤマハ発動機の渡部克明取締役常務執行役員=5日午後、東京都港区

    商品コード: 2016100500582

  • 握手を交わす福田氏ら 郵便配達に電動バイク
    2017年03月23日
    握手を交わす福田氏ら 郵便配達に電動バイク

    記者会見を終え、握手を交わす日本郵便の福田聖輝副社長(左)とホンダの青山真二取締役執行役員=23日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2017032300835

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する青山真二執行役専務
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する青山真二執行役専務

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408677

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408657

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する青山真二執行役専務
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する青山真二執行役専務

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408670

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する青山真二執行役専務
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する青山真二執行役専務

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408671

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408655

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408661

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(手前)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(奥)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408663

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408654

  • 次世代燃料電池システム ホンダ、次世代電池外販へ
    2023年02月02日
    次世代燃料電池システム ホンダ、次世代電池外販へ

    ホンダが外販する次世代燃料電池システムと青山真二執行役専務(中央)ら=2日午前、東京都内

    商品コード: 2023020207356

  • ホンダの青山副社長 日系各社、中国にEV攻勢
    2023年04月18日
    ホンダの青山副社長 日系各社、中国にEV攻勢

    上海国際モーターショーの記者発表会でポーズをとるホンダの青山真二副社長(左)=18日(共同)

    商品コード: 2023041814222

  • 青山真二副社長 ホンダ「きちんと対応」
    2023年04月18日
    青山真二副社長 ホンダ「きちんと対応」

    上海国際モーターショーの会場で取材に応じるホンダの青山真二副社長=18日、上海(共同)

    商品コード: 2023041814655

  • 1