KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • けい
  • たく
  • はく
  • 別れ
  • 場所
  • 流域
  • 深さ
  • 踏歌
  • 配信
  • 平成

「青弋江」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2011年01月24日
    李白も遊んだ桃花潭、今なお続く豊かな流れ安徽省

    安徽省宣城市涇県の桃花潭風景区にある汪倫墓。(2011年1月24日撮影)中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭は、青弋江(せいよくこう)の翟(たく)村から万村までの流域で、唐代の詩人李白(り・はく)が汪倫(おう・りん)との別れを詠んだ「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情」(桃花潭水深さ千尺及ばず汪倫が我を送るの情に)という佳句で知られる。両岸には李白が舟で旅立った東園古渡や、汪倫が足踏みで調子を取りながら歌い、見送ったとされる場所に立つ踏歌岸閣、汪倫墓などが点在している。(宣城=新華社配信/尹建生)=2011(平成23)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400468

  • 2011年05月24日
    李白も遊んだ桃花潭、今なお続く豊かな流れ安徽省

    安徽省宣城市涇県の桃花潭文化芸術センター。(2011年5月24日撮影)中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭は、青弋江(せいよくこう)の翟(たく)村から万村までの流域で、唐代の詩人李白(り・はく)が汪倫(おう・りん)との別れを詠んだ「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情」(桃花潭水深さ千尺及ばず汪倫が我を送るの情に)という佳句で知られる。両岸には李白が舟で旅立った東園古渡や、汪倫が足踏みで調子を取りながら歌い、見送ったとされる場所に立つ踏歌岸閣、汪倫墓などが点在している。(宣城=新華社配信/尹建生)=2011(平成23)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400485

  • 2015年04月06日
    李白も遊んだ桃花潭、今なお続く豊かな流れ安徽省

    安徽省宣城市涇県桃花潭鎮の汪倫が李白を見送ったとされる場所に立つ「踏歌岸閣」。(2015年4月6日撮影)中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭は、青弋江(せいよくこう)の翟(たく)村から万村までの流域で、唐代の詩人李白(り・はく)が汪倫(おう・りん)との別れを詠んだ「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情」(桃花潭水深さ千尺及ばず汪倫が我を送るの情に)という佳句で知られる。両岸には李白が舟で旅立った東園古渡や、汪倫が足踏みで調子を取りながら歌い、見送ったとされる場所に立つ踏歌岸閣、汪倫墓などが点在している。(宣城=新華社配信/尹建生)=2015(平成27)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400519

  • 2017年07月01日
    李白も遊んだ桃花潭、今なお続く豊かな流れ安徽省

    安徽省宣城市涇県の桃花潭風景区にある文昌閣。(2017年7月1日撮影)中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭は、青弋江(せいよくこう)の翟(たく)村から万村までの流域で、唐代の詩人李白(り・はく)が汪倫(おう・りん)との別れを詠んだ「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情」(桃花潭水深さ千尺及ばず汪倫が我を送るの情に)という佳句で知られる。両岸には李白が舟で旅立った東園古渡や、汪倫が足踏みで調子を取りながら歌い、見送ったとされる場所に立つ踏歌岸閣、汪倫墓などが点在している。(宣城=新華社配信/尹建生)=2017(平成29)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400561

  • 2018年03月22日
    李白も遊んだ桃花潭、今なお続く豊かな流れ安徽省

    安徽省宣城市涇県桃花潭鎮の民家。(2018年3月22日撮影)中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭は、青弋江(せいよくこう)の翟(たく)村から万村までの流域で、唐代の詩人李白(り・はく)が汪倫(おう・りん)との別れを詠んだ「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情」(桃花潭水深さ千尺及ばず汪倫が我を送るの情に)という佳句で知られる。両岸には李白が舟で旅立った東園古渡や、汪倫が足踏みで調子を取りながら歌い、見送ったとされる場所に立つ踏歌岸閣、汪倫墓などが点在している。(宣城=新華社配信/尹建生)=2018(平成30)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400573

  • 2018年03月22日
    李白も遊んだ桃花潭、今なお続く豊かな流れ安徽省

    安徽省宣城市涇県の桃花潭風景区にある南陽鎮の入り口。(2018年3月22日撮影)中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭は、青弋江(せいよくこう)の翟(たく)村から万村までの流域で、唐代の詩人李白(り・はく)が汪倫(おう・りん)との別れを詠んだ「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情」(桃花潭水深さ千尺及ばず汪倫が我を送るの情に)という佳句で知られる。両岸には李白が舟で旅立った東園古渡や、汪倫が足踏みで調子を取りながら歌い、見送ったとされる場所に立つ踏歌岸閣、汪倫墓などが点在している。(宣城=新華社配信/尹建生)=2018(平成30)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400554

  • 2020年02月12日
    李白も遊んだ桃花潭、今なお続く豊かな流れ安徽省

    安徽省宣城市涇県に位置する桃花潭風景区の町並み。(2月12日撮影)中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭は、青弋江(せいよくこう)の翟(たく)村から万村までの流域で、唐代の詩人李白(り・はく)が汪倫(おう・りん)との別れを詠んだ「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情」(桃花潭水深さ千尺及ばず汪倫が我を送るの情に)という佳句で知られる。両岸には李白が舟で旅立った東園古渡や、汪倫が足踏みで調子を取りながら歌い、見送ったとされる場所に立つ踏歌岸閣、汪倫墓などが点在している。(宣城=新華社配信/尹建生)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400482

  • 2020年06月25日
    李白も遊んだ桃花潭、今なお続く豊かな流れ安徽省

    安徽省宣城市涇県の桃花潭で行われたドラゴンボートレース。(6月25日撮影)中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭は、青弋江(せいよくこう)の翟(たく)村から万村までの流域で、唐代の詩人李白(り・はく)が汪倫(おう・りん)との別れを詠んだ「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情」(桃花潭水深さ千尺及ばず汪倫が我を送るの情に)という佳句で知られる。両岸には李白が舟で旅立った東園古渡や、汪倫が足踏みで調子を取りながら歌い、見送ったとされる場所に立つ踏歌岸閣、汪倫墓などが点在している。(宣城=新華社配信/李暁紅)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400501

  • 2020年06月25日
    李白も遊んだ桃花潭、今なお続く豊かな流れ安徽省

    安徽省宣城市涇県の桃花潭で行われたドラゴンボートレース。(6月25日撮影)中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭は、青弋江(せいよくこう)の翟(たく)村から万村までの流域で、唐代の詩人李白(り・はく)が汪倫(おう・りん)との別れを詠んだ「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情」(桃花潭水深さ千尺及ばず汪倫が我を送るの情に)という佳句で知られる。両岸には李白が舟で旅立った東園古渡や、汪倫が足踏みで調子を取りながら歌い、見送ったとされる場所に立つ踏歌岸閣、汪倫墓などが点在している。(宣城=新華社配信/李暁紅)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400473

  • 2020年06月25日
    李白も遊んだ桃花潭、今なお続く豊かな流れ安徽省

    安徽省宣城市涇県の桃花潭で行われたドラゴンボートレース。(6月25日撮影)中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭は、青弋江(せいよくこう)の翟(たく)村から万村までの流域で、唐代の詩人李白(り・はく)が汪倫(おう・りん)との別れを詠んだ「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情」(桃花潭水深さ千尺及ばず汪倫が我を送るの情に)という佳句で知られる。両岸には李白が舟で旅立った東園古渡や、汪倫が足踏みで調子を取りながら歌い、見送ったとされる場所に立つ踏歌岸閣、汪倫墓などが点在している。(宣城=新華社配信/李暁紅)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400493

  • 1