KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 先住民
  • 内訳
  • 同時代
  • 土坑墓
  • 存在
  • 戦国時代
  • 東区
  • 概念
  • 歴史

「青白江区」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年09月25日
    中欧班列、中国·ポーランド青少年友好交流を推進

    25日、中国語を勉強するポーランドのウッチ第1小学校の児童。中国四川省成都市青白江区外国語小学校とポーランドのウッチ第1小学校が25日、ポーランドのウッチ市で友好校協定を締結。2015年の成都市とウッチ市の友好都市締結に続く、両都市の人的、文化交流・協力の新たな成果となった。2013年に成都市青白江区からウッチ市に至る中欧班列(蓉欧快速鉄道)が開通してから5年間、両都市を往復する列車本数は絶えず増加し、双方の経済・貿易、教育、文化などの分野における交流・協力を力強く推進している。(ウッチ=新華社記者/陳序)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825635

  • 2018年09月25日
    中欧班列、中国·ポーランド青少年友好交流を推進

    25日、ポーランドのウッチ第1小学校で、同国の小学生に中国の食べ物を紹介する成都市青白江区外国語小学校の教師、李艶(り・えん)さん。中国四川省成都市青白江区外国語小学校とポーランドのウッチ第1小学校が25日、ポーランドのウッチ市で友好校協定を締結。2015年の成都市とウッチ市の友好都市締結に続く、両都市の人的、文化交流・協力の新たな成果となった。2013年に成都市青白江区からウッチ市に至る中欧班列(蓉欧快速鉄道)が開通してから5年間、両都市を往復する列車本数は絶えず増加し、双方の経済・貿易、教育、文化などの分野における交流・協力を力強く推進している。(ウッチ=新華社記者/陳序)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825639

  • 2018年11月07日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で見つかった成人の土坑墓。(11月7日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019461

  • 2018年11月07日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した副葬品。(11月7日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019015

  • 2018年11月14日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した銅鉞(えつ)。(11月14日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019005

  • 2018年11月20日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した銅鉞と銅剣。(11月20日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019022

  • 2018年11月22日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で墳墓の整理をする発掘スタッフ。(11月22日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019469

  • 2018年11月23日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した紡輪(ぼうりん)と銅削刀(さくとう、かみそり)。(11月23日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019077

  • 2018年12月13日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で見つかった、幼児を埋葬した小型土坑墓。(12月13日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019034

  • 2018年12月13日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で見つかった甕棺墓。(12月13日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019052

  • 2018年12月16日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地東区の全景。(12月16日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019452

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月03日
    四川省成都市青白江区でM5・1の地震

    3日、四川省成都市金堂県の空き地に避難した住民。中国地震ネットワーク・センター(CENC)によると、四川省成都市青白江区(北緯30・74度、東経104・46度)で3日午前0時5分(日本時間同1時5分)ごろ、マグニチュード(M)5・1の地震があった。震源の深さは21キロ。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2020020401270

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月03日
    四川省成都市青白江区でM5・1の地震

    3日、四川省成都市金堂県で避難する住民。中国地震ネットワーク・センター(CENC)によると、四川省成都市青白江区(北緯30・74度、東経104・46度)で3日午前0時5分(日本時間同1時5分)ごろ、マグニチュード(M)5・1の地震があった。震源の深さは21キロ。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020401179

  • 2021年02月22日
    (1)サンクトペテルブルグ行き「中欧班列」第1便、成都を出発

    21日、成都市の国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した同市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便。中国四川省成都市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便が21日、同市青白江区にある国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した。この列車には、中国の総合化学メーカー、中国化学工程集団傘下の中国化学工程第七建設が手掛ける「一帯一路」大型プロジェクト、「バルチック・ガス・ケミカル・コンプレックス(GCC)」プロジェクトの建設関連物資が積み込まれている。同プロジェクトは契約額が約1千億元(1元=約16円)に上る、石油化学分野で単独の契約額が世界最大のプロジェクトになる。列車が13日後に到着すると、サンクトペテルブルクは成都発国際貨物列車が開拓した59番目の輸送先となる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022209654

  • 2021年02月22日
    (3)サンクトペテルブルグ行き「中欧班列」第1便、成都を出発

    21日、成都市の国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した同市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便。(小型無人機から)中国四川省成都市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便が21日、同市青白江区にある国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した。この列車には、中国の総合化学メーカー、中国化学工程集団傘下の中国化学工程第七建設が手掛ける「一帯一路」大型プロジェクト、「バルチック・ガス・ケミカル・コンプレックス(GCC)」プロジェクトの建設関連物資が積み込まれている。同プロジェクトは契約額が約1千億元(1元=約16円)に上る、石油化学分野で単独の契約額が世界最大のプロジェクトになる。列車が13日後に到着すると、サンクトペテルブルクは成都発国際貨物列車が開拓した59番目の輸送先となる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022209655

  • 2021年02月22日
    (2)サンクトペテルブルグ行き「中欧班列」第1便、成都を出発

    21日、成都市の国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した同市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便。中国四川省成都市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便が21日、同市青白江区にある国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した。この列車には、中国の総合化学メーカー、中国化学工程集団傘下の中国化学工程第七建設が手掛ける「一帯一路」大型プロジェクト、「バルチック・ガス・ケミカル・コンプレックス(GCC)」プロジェクトの建設関連物資が積み込まれている。同プロジェクトは契約額が約1千億元(1元=約16円)に上る、石油化学分野で単独の契約額が世界最大のプロジェクトになる。列車が13日後に到着すると、サンクトペテルブルクは成都発国際貨物列車が開拓した59番目の輸送先となる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022209657

  • 1