KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 風景
  • 令和
  • 景観
  • 全長
  • 位置
  • 景勝地
  • 観光客
  • 仏教遺跡
  • 古代

「青銅峡市」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 新しい順
25
( 1 25 件を表示)
  • 1
25
( 1 25 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年08月12日
    (6)黄河が流れる青銅峡市を空中散歩寧夏回族自治区

    5日、青銅峡市葉盛鎮を流れる黄河。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区青銅峡市は黄河上流に位置し、大河が広々とした大地を流れる壮大な風景が広がっている。(呉忠=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302773

  • 2021年08月12日
    (2)黄河が流れる青銅峡市を空中散歩寧夏回族自治区

    5日、空から見た青銅峡水利施設。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区青銅峡市は黄河上流に位置し、大河が広々とした大地を流れる壮大な風景が広がっている。(呉忠=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302756

  • 2021年08月12日
    (3)黄河が流れる青銅峡市を空中散歩寧夏回族自治区

    5日、青銅峡市内で大きく湾曲して流れる黄河。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区青銅峡市は黄河上流に位置し、大河が広々とした大地を流れる壮大な風景が広がっている。(呉忠=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302758

  • 2021年08月12日
    (5)黄河が流れる青銅峡市を空中散歩寧夏回族自治区

    5日、寧夏回族自治区呉忠市利通区と青銅峡市を結ぶ呉忠黄河大橋。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区青銅峡市は黄河上流に位置し、大河が広々とした大地を流れる壮大な風景が広がっている。(呉忠=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302753

  • 2021年08月12日
    (4)黄河が流れる青銅峡市を空中散歩寧夏回族自治区

    5日、空から見た青銅峡市葉盛鎮の水稲栽培拠点。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区青銅峡市は黄河上流に位置し、大河が広々とした大地を流れる壮大な風景が広がっている。(呉忠=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302759

  • 2021年08月12日
    (7)黄河が流れる青銅峡市を空中散歩寧夏回族自治区

    5日、青銅峡市葉盛鎮を流れる黄河。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区青銅峡市は黄河上流に位置し、大河が広々とした大地を流れる壮大な風景が広がっている。(呉忠=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302774

  • 2021年08月12日
    (1)黄河が流れる青銅峡市を空中散歩寧夏回族自治区

    5日、河川に恵まれた青銅峡市の風景。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区青銅峡市は黄河上流に位置し、大河が広々とした大地を流れる壮大な風景が広がっている。(呉忠=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302754

  • 2021年08月12日
    (8)黄河が流れる青銅峡市を空中散歩寧夏回族自治区

    5日、空から見た青銅峡黄河大峡谷。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区青銅峡市は黄河上流に位置し、大河が広々とした大地を流れる壮大な風景が広がっている。(呉忠=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302757

  • 2020年12月13日
    (22)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    寧夏回族自治区青銅峡市の一百零八塔。青銅峡ダム湖西岸の崖下に位置する。面積は6980平方メートル。創建年代は不明だが、題記などから西夏時代と思われる。チベット仏教形式の内部に空洞のない実心塔で、12段のピラミッド型に108基の塔が整然と配置されている。中国に現存するラマ塔群の中で最も規模が大きい。(2015年9月11日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506499

  • 2020年04月05日
    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区

    5日、青銅峡黄河大峡谷の観光エリアにある大禹文化園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001996

  • 2020年04月05日
    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区

    5日、船に乗り黄河大峡谷を見物する観光客。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001945

  • 2020年04月05日
    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区

    5日、青銅峡黄河大峡谷の観光エリアにある仏教遺跡「108塔」を散策する観光客。中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001879

  • 2020年04月05日
    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区

    5日、青銅峡黄河大峡谷の風景。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001978

  • 2020年04月05日
    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区

    5日、青銅峡黄河大峡谷の風景。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001858

  • 2020年04月05日
    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区

    5日、青銅峡黄河大峡谷の観光エリアにある大禹文化園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001959

  • 2020年04月05日
    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区

    5日、船に乗り黄河大峡谷を見物する観光客。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001983

  • 2020年04月05日
    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区

    5日、青銅峡黄河大峡谷の観光エリアにある大禹文化園を散策する観光客。中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001991

  • 2020年04月05日
    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区

    5日、青銅峡黄河大峡谷の風景。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001931

  • 2019年11月02日
    2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に

    2日、寧夏回族自治区青銅峡市を流れる唐徠渠。中国寧夏回族自治区の銀川平原中部にあるかんがい用水路の唐徠渠(とうらいきょ)は、漢代に建設されたがその後使われなくなった。唐代元和15年(西暦820年)に霊州大都督府長史の李聴(り・ちょう)が中心となって浚渫(しゅんせつ)工事を実施し水路を修復。現在の名称となった。2千年以上の歴史がある唐徠渠は全長300キロ余り、同自治区内の複数の市・県・区を流れる水路で、黄河の水を引いた水路としては自治区内で最もかんがい区域が長い。唐徠渠は現在、農業用水路として重要な機能を果たしているだけでなく、都市の美しい景観の一部にもなっている。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104725

  • 2019年11月02日
    2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に

    2日、寧夏回族自治区青銅峡市を流れる唐徠渠。中国寧夏回族自治区の銀川平原中部にあるかんがい用水路の唐徠渠(とうらいきょ)は、漢代に建設されたがその後使われなくなった。唐代元和15年(西暦820年)に霊州大都督府長史の李聴(り・ちょう)が中心となって浚渫(しゅんせつ)工事を実施し水路を修復。現在の名称となった。2千年以上の歴史がある唐徠渠は全長300キロ余り、同自治区内の複数の市・県・区を流れる水路で、黄河の水を引いた水路としては自治区内でかんがい区域が最も長い。唐徠渠は現在、農業用水路として重要な機能を果たしているだけでなく、都市の美しい景観の一部にもなっている。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104612

  • 2019年11月02日
    2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に

    2日、唐徠渠上流の青銅峡市に作られた観光客向けの風景区。中国寧夏回族自治区の銀川平原中部にあるかんがい用水路の唐徠渠(とうらいきょ)は、漢代に建設されたがその後使われなくなった。唐代元和15年(西暦820年)に霊州大都督府長史の李聴(り・ちょう)が中心となって浚渫(しゅんせつ)工事を実施し水路を修復。現在の名称となった。2千年以上の歴史がある唐徠渠は全長300キロ余り、同自治区内の複数の市・県・区を流れる水路で、黄河の水を引いた水路としては自治区内でかんがい区域が最も長い。唐徠渠は現在、農業用水路として重要な機能を果たしているだけでなく、都市の美しい景観の一部にもなっている。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104730

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:25.39
    2019年03月19日
    「新華社」温室の中の生命力寧夏回族自治区青銅峡市

    中国寧夏回族自治区では3月中旬になっても寒さが続き、緑色の草木を探し出すことは難しいが、施設園芸農業パークを訪れると春の息吹を感じられる。青銅峡市大壩(だいは)鎮蔣東(しょうとう)村の農業パークの温室に入ると、緑の枝にぶら下がった真っ赤なイチゴが目に飛び込んでくる。多肉植物の花を専門に栽培、販売する別の大きな温室の中は、さらに色とりどりで生命力に満ちており、多くの市民が花の鑑賞や購入を目的に遠くから訪れている。蔣東村は、自治区内で最も早く温室栽培を始めた村の一つで、同村の温室はここ十数年で2回の「高度化とモデルチェンジ」を行った。多肉植物やトマト、キカラスウリ、イチゴ、ブドウなど、栽培する作物も増えている。水不足が発展の足かせとなっていた地元村民らは、これら温室により貧困からの脱却に成功した。(記者/盧鷹)<映像内容>中国の農業パークの風景、イチゴや多肉植物など栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000303

  • 01:10.59
    2019年02月19日
    「新華社」夜の闇に浮かび上がる黄河楼寧夏青銅峡市

    中国寧夏回族自治区青銅峡市の黄河西岸にある黄河楼で元宵節(旧暦1月15日)の19日夜、多数の飾り灯籠(ランタン)がきらめき、まばゆいばかりの光が揺らめいた。黄河楼は夜空の下、銀河の中にいるような華麗な姿を浮かび上がらせ、黄河楼新春灯会(ランタンフェスティバル)はクライマックスを迎えた。黄河楼は5千年の輝かしい文明を全方位的に展示する博物館。今年の黄河楼新春灯会は黄河をテーマに、黄河文化の要素を際立たせた。(記者/盧鷹)<映像内容>黄河楼新春灯会の様子、撮影日:2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604088

  • 03:33.44
    2018年10月01日
    「新華社」「高空王子」、限界に挑戦黄河大峡谷で綱渡り

    中国寧夏回族自治区青銅峡市の黄河大峡谷で1日、これまで何度もギネス世界記録を更新してきた「高空王子」ことアディリ(阿迪力)さんが再び限界に挑戦、空中に張ったワイヤで黄河を渡るというスリル満点のパフォーマンスを見せた。同日のパフォーマンスでは、赤い衣装を身に着けたアディリさんと弟子のシャルトル(沙特爾)さんが安全装置を一切使用せず、黄河の両岸に掛け渡されたスチールワイヤで向かい合って進んだ。2人は黄河上空の中間地点で出会い、あぐらをかいて座る、スマートフォンで自撮り、目を閉じて歩く、前後移動、2人の位置の入れ替え、ジャンプなど、一連の刺激的な上空でのパフォーマンスを行った。(記者/盧鷹)<映像内容>空中に張ったワイヤで黄河を渡るパフォーマンスの様子、撮影日:2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100920276

  • 03:46.83
    2018年08月19日
    「新華社」「橋」で見る寧夏回族自治区

    中国の黄河は、寧夏回族自治区の中衛市を過ぎると北へ流れを変える。広大な沃野が続く寧夏平原を397キロにわたり潤し、その流れは絶えることがない。黄河に架かる数々の橋は、同自治区の勢い良い発展の証であり、輝かしい未来へと導く「高速発展の道」だ。自治区成立60周年にあたり、呉忠市内にある黄河大橋を訪ねてみよう。葉盛黄河公路大橋は呉忠市と霊武市の間にかかる橋で、自治区が独自に設計・施工した最初の黄河公路大橋。1970年12月に開通した。自治区内を流れる黄河の架橋の歴史を見つめてきた証人であり、その後の黄河深水橋建設において貴重な経験をもたらした。青銅峡黄河大橋は呉忠市内の青銅峡水利中枢ダムの下流にある。1989年7月に着工し、1991年9月に開通した。呉忠黄河公路特大橋は、呉忠市と青銅峡市を結ぶ重要な基幹工事で、「黄河金岸」(自治区内の黄河流域都市開発構想)建設のシンボル的なプロジェクトでもある。双方向4車線の主橋部はPC箱桁橋で多柱基礎形式が採用されている。2010年11月15日に開通した。(記者/唐亜蒙)<映像内容>黄河大橋の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801285

  • 1