KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ちょう
  • 世界
  • 基礎
  • 太鼓
  • 学生
  • 平成
  • 成績
  • 拍子
  • 振動
  • 教員

「静寂の世界」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年11月29日
    静寂の世界でダンスに託す愛河北省石家荘市

    11月29日、石家荘市特殊教育学校で生徒たちと共にウォーミングアップをする趙鈺さん。中国河北省の石家荘市特殊教育学校に特殊教育の教員として勤務する趙鈺(ちょう・ぎょく)さんは、同校でダンスを教えている。新人の頃は視覚・聴覚の障害や自閉症を持つ生徒との意思疎通が難しかったが、趙さんはめげずにあらゆる機会を捉えてコミュニケーション技術を磨いた。例えば、ダンスの基礎がない生徒に繰り返し手本を見せる、音楽が聞こえない生徒にダンスのリズムを太鼓の拍子で示し、振動を通じて学生に伝えるなどだ。趙さんは「5分間のダンスパフォーマンスをするには、700日以上かけて数万回に及ぶ反復練習をする必要がある」と語った。趙さん率いる特殊教育学校ダンスチームはここ数年、国や省の特殊教育学校芸術コンクールで優秀な成績を収めている。趙さんのダンスは生徒たちの心を動かし、「静寂」の世界で愛のリズムを刻んでいる。(石家荘=新華社記者/金怡)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020953

  • 2018年11月29日
    静寂の世界でダンスに託す愛河北省石家荘市

    11月29日、石家荘市特殊教育学校で生徒たちにダンスの手本を見せる趙鈺さん。中国河北省の石家荘市特殊教育学校に特殊教育の教員として勤務する趙鈺(ちょう・ぎょく)さんは、同校でダンスを教えている。新人の頃は視覚・聴覚の障害や自閉症を持つ生徒との意思疎通が難しかったが、趙さんはめげずにあらゆる機会を捉えてコミュニケーション技術を磨いた。例えば、ダンスの基礎がない生徒に繰り返し手本を見せる、音楽が聞こえない生徒にダンスのリズムを太鼓の拍子で示し、振動を通じて学生に伝えるなどだ。趙さんは「5分間のダンスパフォーマンスをするには、700日以上かけて数万回に及ぶ反復練習をする必要がある」と語った。趙さん率いる特殊教育学校ダンスチームはここ数年、国や省の特殊教育学校芸術コンクールで優秀な成績を収めている。趙さんのダンスは生徒たちの心を動かし、「静寂」の世界で愛のリズムを刻んでいる。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021103

  • 2018年11月29日
    静寂の世界でダンスに託す愛河北省石家荘市

    11月29日、石家荘市特殊教育学校で生徒にダンスを教える趙鈺さん。中国河北省の石家荘市特殊教育学校に特殊教育の教員として勤務する趙鈺(ちょう・ぎょく)さんは、同校でダンスを教えている。新人の頃は視覚・聴覚の障害や自閉症を持つ生徒との意思疎通が難しかったが、趙さんはめげずにあらゆる機会を捉えてコミュニケーション技術を磨いた。例えば、ダンスの基礎がない生徒に繰り返し手本を見せる、音楽が聞こえない生徒にダンスのリズムを太鼓の拍子で示し、振動を通じて学生に伝えるなどだ。趙さんは「5分間のダンスパフォーマンスをするには、700日以上かけて数万回に及ぶ反復練習をする必要がある」と語った。趙さん率いる特殊教育学校ダンスチームはここ数年、国や省の特殊教育学校芸術コンクールで優秀な成績を収めている。趙さんのダンスは生徒たちの心を動かし、「静寂」の世界で愛のリズムを刻んでいる。(石家荘=新華社記者/金怡)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021172

  • 2018年11月29日
    静寂の世界でダンスに託す愛河北省石家荘市

    11月29日、石家荘市特殊教育学校で生徒にダンスを教える趙鈺さん。中国河北省の石家荘市特殊教育学校に特殊教育の教員として勤務する趙鈺(ちょう・ぎょく)さんは、同校でダンスを教えている。新人の頃は視覚・聴覚の障害や自閉症を持つ生徒との意思疎通が難しかったが、趙さんはめげずにあらゆる機会を捉えてコミュニケーション技術を磨いた。例えば、ダンスの基礎がない生徒に繰り返し手本を見せる、音楽が聞こえない生徒にダンスのリズムを太鼓の拍子で示し、振動を通じて学生に伝えるなどだ。趙さんは「5分間のダンスパフォーマンスをするには、700日以上かけて数万回に及ぶ反復練習をする必要がある」と語った。趙さん率いる特殊教育学校ダンスチームはここ数年、国や省の特殊教育学校芸術コンクールで優秀な成績を収めている。趙さんのダンスは生徒たちの心を動かし、「静寂」の世界で愛のリズムを刻んでいる。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021083

  • 2018年11月29日
    静寂の世界でダンスに託す愛河北省石家荘市

    11月29日、石家荘市特殊教育学校で生徒にダンスを教える趙鈺さん。中国河北省の石家荘市特殊教育学校に特殊教育の教員として勤務する趙鈺(ちょう・ぎょく)さんは、同校でダンスを教えている。新人の頃は視覚・聴覚の障害や自閉症を持つ生徒との意思疎通が難しかったが、趙さんはめげずにあらゆる機会を捉えてコミュニケーション技術を磨いた。例えば、ダンスの基礎がない生徒に繰り返し手本を見せる、音楽が聞こえない生徒にダンスのリズムを太鼓の拍子で示し、振動を通じて学生に伝えるなどだ。趙さんは「5分間のダンスパフォーマンスをするには、700日以上かけて数万回に及ぶ反復練習をする必要がある」と語った。趙さん率いる特殊教育学校ダンスチームはここ数年、国や省の特殊教育学校芸術コンクールで優秀な成績を収めている。趙さんのダンスは生徒たちの心を動かし、「静寂」の世界で愛のリズムを刻んでいる。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020957

  • 2018年11月29日
    静寂の世界でダンスに託す愛河北省石家荘市

    11月29日、石家荘市特殊教育学校で太鼓の拍子を通じて生徒たちにリズム感を身に付けさせる趙鈺さん。中国河北省の石家荘市特殊教育学校に特殊教育の教員として勤務する趙鈺(ちょう・ぎょく)さんは、同校でダンスを教えている。新人の頃は視覚・聴覚の障害や自閉症を持つ生徒との意思疎通が難しかったが、趙さんはめげずにあらゆる機会を捉えてコミュニケーション技術を磨いた。例えば、ダンスの基礎がない生徒に繰り返し手本を見せる、音楽が聞こえない生徒にダンスのリズムを太鼓の拍子で示し、振動を通じて学生に伝えるなどだ。趙さんは「5分間のダンスパフォーマンスをするには、700日以上かけて数万回に及ぶ反復練習をする必要がある」と語った。趙さん率いる特殊教育学校ダンスチームはここ数年、国や省の特殊教育学校芸術コンクールで優秀な成績を収めている。趙さんのダンスは生徒たちの心を動かし、「静寂」の世界で愛のリズムを刻んでいる。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021168

  • 2018年11月29日
    静寂の世界でダンスに託す愛河北省石家荘市

    11月29日、石家荘市特殊教育学校で生徒たちと共にウォーミングアップをする趙鈺さん。中国河北省の石家荘市特殊教育学校に特殊教育の教員として勤務する趙鈺(ちょう・ぎょく)さんは、同校でダンスを教えている。新人の頃は視覚・聴覚の障害や自閉症を持つ生徒との意思疎通が難しかったが、趙さんはめげずにあらゆる機会を捉えてコミュニケーション技術を磨いた。例えば、ダンスの基礎がない生徒に繰り返し手本を見せる、音楽が聞こえない生徒にダンスのリズムを太鼓の拍子で示し、振動を通じて学生に伝えるなどだ。趙さんは「5分間のダンスパフォーマンスをするには、700日以上かけて数万回に及ぶ反復練習をする必要がある」と語った。趙さん率いる特殊教育学校ダンスチームはここ数年、国や省の特殊教育学校芸術コンクールで優秀な成績を収めている。趙さんのダンスは生徒たちの心を動かし、「静寂」の世界で愛のリズムを刻んでいる。(石家荘=新華社記者/金怡)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021166

  • 2018年11月29日
    静寂の世界でダンスに託す愛河北省石家荘市

    11月29日、石家荘市特殊教育学校で生徒たちと共にダンスの稽古をする趙鈺さん。中国河北省の石家荘市特殊教育学校に特殊教育の教員として勤務する趙鈺(ちょう・ぎょく)さんは、同校でダンスを教えている。新人の頃は視覚・聴覚の障害や自閉症を持つ生徒との意思疎通が難しかったが、趙さんはめげずにあらゆる機会を捉えてコミュニケーション技術を磨いた。例えば、ダンスの基礎がない生徒に繰り返し手本を見せる、音楽が聞こえない生徒にダンスのリズムを太鼓の拍子で示し、振動を通じて学生に伝えるなどだ。趙さんは「5分間のダンスパフォーマンスをするには、700日以上かけて数万回に及ぶ反復練習をする必要がある」と語った。趙さん率いる特殊教育学校ダンスチームはここ数年、国や省の特殊教育学校芸術コンクールで優秀な成績を収めている。趙さんのダンスは生徒たちの心を動かし、「静寂」の世界で愛のリズムを刻んでいる。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021100

  • 2018年11月29日
    静寂の世界でダンスに託す愛河北省石家荘市

    11月29日、石家荘市特殊教育学校で生徒たちと共にダンスの稽古をする趙鈺さん。中国河北省の石家荘市特殊教育学校に特殊教育の教員として勤務する趙鈺(ちょう・ぎょく)さんは、同校でダンスを教えている。新人の頃は視覚・聴覚の障害や自閉症を持つ生徒との意思疎通が難しかったが、趙さんはめげずにあらゆる機会を捉えてコミュニケーション技術を磨いた。例えば、ダンスの基礎がない生徒に繰り返し手本を見せる、音楽が聞こえない生徒にダンスのリズムを太鼓の拍子で示し、振動を通じて学生に伝えるなどだ。趙さんは「5分間のダンスパフォーマンスをするには、700日以上かけて数万回に及ぶ反復練習をする必要がある」と語った。趙さん率いる特殊教育学校ダンスチームはここ数年、国や省の特殊教育学校芸術コンクールで優秀な成績を収めている。趙さんのダンスは生徒たちの心を動かし、「静寂」の世界で愛のリズムを刻んでいる。(石家荘=新華社記者/金怡)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020901

  • 2018年11月29日
    静寂の世界でダンスに託す愛河北省石家荘市

    11月29日、石家荘市特殊教育学校で生徒にダンスを教える趙鈺さん。中国河北省の石家荘市特殊教育学校に特殊教育の教員として勤務する趙鈺(ちょう・ぎょく)さんは、同校でダンスを教えている。新人の頃は視覚・聴覚の障害や自閉症を持つ生徒との意思疎通が難しかったが、趙さんはめげずにあらゆる機会を捉えてコミュニケーション技術を磨いた。例えば、ダンスの基礎がない生徒に繰り返し手本を見せる、音楽が聞こえない生徒にダンスのリズムを太鼓の拍子で示し、振動を通じて学生に伝えるなどだ。趙さんは「5分間のダンスパフォーマンスをするには、700日以上かけて数万回に及ぶ反復練習をする必要がある」と語った。趙さん率いる特殊教育学校ダンスチームはここ数年、国や省の特殊教育学校芸術コンクールで優秀な成績を収めている。趙さんのダンスは生徒たちの心を動かし、「静寂」の世界で愛のリズムを刻んでいる。(石家荘=新華社記者/金怡)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020937

  • 2018年11月29日
    静寂の世界でダンスに託す愛河北省石家荘市

    11月29日、石家荘市特殊教育学校で太鼓の拍子を通じて生徒たちにリズム感を身に付けさせる趙鈺さん。中国河北省の石家荘市特殊教育学校に特殊教育の教員として勤務する趙鈺(ちょう・ぎょく)さんは、同校でダンスを教えている。新人の頃は視覚・聴覚の障害や自閉症を持つ生徒との意思疎通が難しかったが、趙さんはめげずにあらゆる機会を捉えてコミュニケーション技術を磨いた。例えば、ダンスの基礎がない生徒に繰り返し手本を見せる、音楽が聞こえない生徒にダンスのリズムを太鼓の拍子で示し、振動を通じて学生に伝えるなどだ。趙さんは「5分間のダンスパフォーマンスをするには、700日以上かけて数万回に及ぶ反復練習をする必要がある」と語った。趙さん率いる特殊教育学校ダンスチームはここ数年、国や省の特殊教育学校芸術コンクールで優秀な成績を収めている。趙さんのダンスは生徒たちの心を動かし、「静寂」の世界で愛のリズムを刻んでいる。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021173

  • 1