KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 研究員
  • 記者
  • せいか
  • 命名
  • 学術
  • 改善
  • 昆虫分類学
  • 自然環境
  • 都市

「鞘翅」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 00:55.92
    2021年05月03日
    「新華社」1500万年前の化石の宝庫「漳浦生物群」を発見福建省

    中国科学院南京地質古生物研究所はこのほど、中国や英国、ドイツなどの古生物学者が福建省漳浦(しょうほ)県で約1500万年前の化石群「漳浦生物群」を発見したと明らかにした。琥珀(こはく)や植物の化石標本を多く含み、古代の生物の熱帯雨林での暮らしを生き生きと映し出しているという。研究チームは10年に及ぶ野外活動で、昆虫を閉じ込めた琥珀2万5千個余り、植物化石5千個余りを採集した。化石の多様性という点でみると、漳浦生物群の琥珀類は過去100年間に見つかった生物入り琥珀群の中で最も多様性が豊かだという。漳浦琥珀には大量の標本が保存されていた。昆虫が最も多く、種類は20目200科に及ぶ。蚊などの双翅目(そうしもく)が55%と最多を占め、ハチやアリなどの膜翅目(まくしもく)、甲虫を含む鞘翅目(しょうしもく)、アブラムシやセミ、カメムシなどの半翅目(はんしもく)が続いた。羽毛や微生物の化石を含むものも大量に見つかった。研究チームのリーダーの1人、同研究所の王博(おう・はく)研究員によると、漳浦生物群は極めて豊富な種を持つ熱帯雨林の化石群で、約1500万年前に熱帯雨林が福建省南部に分布していたことを示している。平均気温22・5度、年間降水量2千ミリ近くで、年間を通じて植物が成長できる環境にあり、森林には花やコケが育ち、カタツムリやクモ、アリ、ミツバチ、コオロギ、甲虫なども数多く活動していた。多くの種は現在も存在しているという。今回の研究成果は1日、米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(ScienceAdvances)」に掲載された。(記者/王珏玢、林凱) =配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705119

  • 2021年10月31日
    (10)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    学術誌「昆虫分類学報」に掲載された研究成果。(スクリーンショット)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107195

  • 2021年10月31日
    (2)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、発見されたハムシ科の新種の標本。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107186

  • 2021年10月31日
    (11)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、ハムシ科の新種の標本。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107203

  • 2021年10月31日
    (1)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、発見されたハムシ科の新種の標本。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107184

  • 2021年10月31日
    (6)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、採集したハムシ科の新種の標本を分析する楊星科氏(中央)と研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107191

  • 2021年10月31日
    (8)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、ハムシ科の新種が見つかった広州海珠国家湿地公園。(小型無人機から)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107193

  • 2021年10月31日
    (3)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で採集した昆虫を確認する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107190

  • 2021年10月31日
    (4)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で採集した昆虫を確認する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107187

  • 2021年10月31日
    (5)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で昆虫採集の準備をする研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107189

  • 2021年10月31日
    (13)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、広州海珠国家湿地公園で採集した昆虫標本を確認する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107208

  • 2021年10月31日
    (12)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で昆虫採集の準備をする研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107204

  • 2021年10月31日
    (9)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、ハムシ科の新種が見つかった広州海珠国家湿地公園。(パノラマ写真、小型無人機から)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107194

  • 2021年10月31日
    (7)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、ハムシ科の新種の標本を顕微鏡で観察する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107192

  • 2021年10月31日
    (14)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、ハムシ科の新種が見つかった広州海珠国家湿地公園。(小型無人機から)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107211

  • 1