KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 韓国ソウル
  • 韓国政府
  • 韓国大統領
  • 韓国北東部
  • 韓国軍合同
  • 韓国メディア
  • 韓国仁川
  • 韓国企業
  • 韓国到着
  • 韓国南東部

「韓国」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
311
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
311
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:59.30
    2021年01月17日
    「新華社」中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。「H9」モデルは2020年下半期の発売で、中国での販売価格は30万9800元~53万9800元(1元=約16円)。韓国では自動車型式認証の取得手続き完了後、正式に市場に参入する。紅旗ブランドは1958年の創設で、紅旗セダンが中国国内の重要式典で観閲用の車両として使われるなど、中国独自の高級自動車ブランドの代表格として知られる。国内展開を加速させる一方、海外進出にも力を入れ、中東や欧州、東南アジアなどにも販売網を広げている。2020年、紅旗ブランド全体の年間生産・販売台数はいずれも20万台を超え、前年の2倍に上った。販売台数は18年に3万台、19年には10万台を超えるペースで増えている。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:57.28
    2021年01月07日
    「愛の不時着」展公開 ドラマ世界再現、8日開幕

    北朝鮮エリート将校と韓国財閥令嬢の恋愛を描き、日本でも大ブームとなった韓国ドラマの世界を450点超の小道具や写真で再現する「『愛の不時着』展」が、8日から東京都渋谷区の会場で始まるのを前に7日、報道陣に公開された。 展覧会は2月27日までJR原宿駅そばの「jing(ジング)」で、一度に入場できる客数を予定の半分に抑えながら開催され、大阪、福岡、名古屋を巡回予定。<映像内容>東京都内で公開された「愛の不時着」展のブツ撮り、撮影日:2021(令和3)年1月7日、撮影場所:東京都渋谷区

    撮影: 2021(令和3)年1月7日

  • 02:50.38
    2021年01月01日
    「AFP」North Korea on NYE: Musical performances, flag-raising and fireworks

    Musical and dance performances were held at Kim Il Sung Square on New Year‘s Eve. After the concert, a flag raising ceremony was conducted, followed by a fireworks display. IMAGES、作成日:2021(令和3)年1月1日、撮影場所:北朝鮮・平壌、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:14.40
    2021年01月01日
    「新華社」無形文化遺産の石材彫刻産業発展を推進福建省恵安県

    中国の国家級無形文化遺産に指定された福建省泉州市恵安県の石彫(石材彫刻)は1600年以上の歴史を持つ。同県はここ数年、石彫産業の伝統的な工芸技法を守るとともに技術革新による産業の発展を推し進め、世界的に有名な石彫や石材の生産拠点となっている。同県石彫石材業界の監事長を務める周文尭(しゅう・ぶんぎょう)氏によると、石彫石材業は同県の特色ある産業になっており、現在、業界全体で約700社の企業があり、従業員数は10万人近く、売上高は200億元(1元=約16円)余りに上るという。恵安の石彫製品は日本、韓国、東南アジア、中東、欧米など100以上の国・地域で販売されている。(記者/陳旺) =配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:35.43
    2020年12月27日
    「新華社」中国独自開発のインダストリアルインターネット擬態防御設備、95万回の攻撃防御に成功

    中国浙江省杭州市で開催されていた「之江杯」インダストリアルインターネット内生セキュリティー防御国際エリートチャレンジカップがこのほど、閉幕した。54時間にわたるオンラインでの激闘が展開され、米国、ドイツ、ロシア、日本、韓国、中国の40のインターネットセキュリティー対策チームが之江実験室の開発したインダストリアルインターネットシリーズ化擬態コア設備に対し95万回の高強度攻撃を試みたが、1度も成功しなかった。これは之江実験室が独自開発した中国初のインダストリアルインターネット擬態防御設備だという。擬態は、自然界の生物が他の生物または環境内の別の物体になりすまして、生存を図る能力のこと。これにヒントを得た中国工程院院士(アカデミー会員)で、同実験室サイバーセキュリティー分野首席科学者の鄔江興(お・こうきょう)氏が中心となって、サイバースペース擬態防御理論を主導して提唱、確立した。インダストリアルインターネット擬態設備はこの理論と方法のインダストリアルインターネット分野における応用になる。(記者/林光耀、朱涵、李濤) =配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.40
    2020年12月09日
    北朝鮮 金与正氏、韓国外相非難 コロナ巡り「妄言」と反発

    北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キムヨジョン)党第1副部長は8日付の談話で、韓国の康京和(カンギョンファ)外相が北朝鮮の新型コロナウイルス対応を巡り、後先を考えない「妄言」を吐いたとして、「凍り付いた北南関係により冷たい冷気を吹き付けようとしている」と非難した。朝鮮中央通信が9日伝えた。<映像内容>平壌大劇場、「人民生活向上」のスローガン、朝鮮労働党中央委員会の決定貫徹を訴えるスローガン、「生命への脅威となる新型コロナウイルス感染症を徹底して防ごう」との記事に見入る市民、「体温37度以上は出入り禁止」の張り紙、公共交通機関に乗車する際も手の消毒などを徹底など、撮影日:2020(令和2)年12月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年12月9日

  • 04:08.82
    2020年11月25日
    「AFP」Second chance: faded K-pop star competes for comeback

    Ryu Sera made her debut with K-pop girl band Nine Muses in 2010, but within four years she had been cast on the K-pop scrapheap, sacked by her management company as it reshuffled the band‘s line-up.Six years after her dismissal, she has been given a second chance on a groundbreaking new television show for failed and former idols -- and is speaking out against a structure that consumes young hopefuls with only a tiny minority surviving to stardom.、作成日:2020(令和2)年11月25日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:43.72
    2020年11月20日
    「新華社」文博会閉幕オンライン博覧会の新たな形を創造

    中国広東省深圳市で20日、新型コロナウイルスの影響により全面的にオンライン化された第16回中国国際文化産業博覧交易会(文博会)が閉幕した。文博会は開幕式、展示、投資誘致、契約、ビッグデータなどを世界各地の参加企業とクラウドを介して共有し、ディスプレー上で交流できるようにしたことで正確で効率的なマッチングを実現した。文博会組織委員会事務局によると、今回は計3243の企業(機関)が参加し、2万点以上を展示した。参加団体数は前回に比べ40%以上増加し、うち3割以上が初出展。展示品点数も倍増した。「クラウド文博会」訪問者数は20日午前12時時点で延べ1416万人に達したという。海外企業の参加は当初、困難視されていたが、オンライン開催になったことでフランスやギリシャ、オーストリア、トルコ、ベラルーシ、カナダ、アルゼンチン、ブラジル、韓国、日本、イランなど30カ国の文化関連企業と製品の出展があり、海外のバイヤー約1万人が商談を行った。(記者/李暁玲、李思佳)<映像内容>第16回中国国際文化産業博覧交易会(文博会)の様子、撮影日:2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:31.94
    2020年11月20日
    「AFP」BTS hope new album will be ‘comfort to a lot of people‘

    K-pop sensation BTS hold a press conference as they release their highly anticipated new album to a deluge of fan excitement and acclaim on Friday. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年11月20日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 03:38.02
    2020年11月19日
    「AFP」K-pop: BTS pop-up store ahead of album launch

    More than 10,000 K-pop fans have passed through the BTS pop-up store in Seoul since it opened in October. The BTS army have had to book online to attend in small groups due to Covid-19 restrictions, with group allotments booked out well in advance. Fans on Thursday took the opportunity to browse through clothing, tumblers and even BTS branded water, on the eve of the launch of the supergroup‘s latest album. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年11月19日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:46.97
    2020年11月13日
    国内初、玉虫装飾の馬具 国宝級、福岡・船原古墳

    福岡県古賀市は13日、同市の国史跡・船原古墳(6世紀末~7世紀初頭)近くの土坑から2013年に出土した馬具「杏葉」に玉虫の羽が用いられていたことが分かったと発表した。市によると、玉虫装飾の馬具はこれまで韓国・新羅時代でしか確認されておらず、国内では初めて。専門家は「朝鮮半島で作られた可能性があり、半島との交流を示す貴重な史料」と評価している。 <映像内容>説明の様子、雑観、出土した馬具と本物の玉虫の羽を使った復元したレプリカの馬具、福岡大の桃崎祐輔教授がマイクで話す様子など、撮影日:2020(令和2)年11月13日、撮影場所:福岡県古賀市

    撮影: 2020(令和2)年11月13日

  • 00:41.64
    2020年10月31日
    「新華社」京杭大運河に抱かれた「紅木家具の里」を訪ねて河北省青県

    中国河北省滄州(そうしゅう)市青県流河鎮を流れる京杭大運河の西岸に位置する「中古紅木(ローズウッド)文化小鎮」は、計画面積3・6平方キロ。鎮内にある家具市場にはさまざまな様式の紅木家具のほか、同県と大運河、紅木の歴史的なつながりを示す資料も展示されている。現在、同鎮の人口約3万4千人のうち、半数以上が紅木関連の産業に従事しており、業界の総資産は100億元(1元=約16円)近くに上る。製品は北京、天津、上海などでよく売れており、米国、日本、韓国などの国と地域で販売されている。中国北部地域の重要な紅木家具の製造・販売の集散地を擁す同県は、「中国の紅木家具の里」と呼ばれている。(記者/曹国廠)<映像内容>紅木家具の展示、製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.51
    2020年10月26日
    「新華社」天津港で初の海外コンテナ船間トランシップ実施

    シンガポールに本社を置く海運大手、アメリカンプレジデントラインズリミテッド(APL)社のコンテナ船「PLGERMANY」が26日、中国天津港に寄港し、積載していた韓国やマレーシア、シンガポールなどの国・地域向けのコンテナ894個を、デンマークを本拠とする海運大手マースク社のコンテナ船「FOLEGANDROS」に積み替えた。その後「FOLEGANDROS」は、規定の計画に基づき、天津連盟国際コンテナ埠頭を出発した。同港で海外のコンテナ船間の総積み替え(トランシップ)が行われたのは、今回が初めてだという。トランシップとは、航路の調整や船舶の返却・整備、設備の改修などの理由から、コンテナ船運航会社が途中の港で一旦貨物を下ろし、別の船にコンテナを積み替えた後、引き続き目的地へと運航するサービス形態を指す。(記者/李帥)<映像内容>APL社のコンテナ船が天津港に寄港、天津港の風景、撮影日:2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:53.14
    2020年10月15日
    「AFP」BTS‘ management agency set to soar on stock market debut: analyst

    A South Korean analyst says the IPO price of the management agency of K-pop sensation BTS “could be the lowest price we will ever see,“ but is expected to rocket on their stock market debut Thursday. IMAGES of advertising, analyst AND SOUNDBITES from analyst、作成日:2020(令和2)年10月15日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 02:15.62
    2020年10月10日
    「AFP」South Koreans watch North Korean military parade at Seoul station

    South Korean commuters watch images of a North Korean military parade from Seoul station on Saturday night broadcast, as the nuclear-armed country defied the coronavirus threat with thousands of maskless troops marching at the event. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年10月10日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:46.91
    2020年10月09日
    平壌で党創建75年祝賀公演 北朝鮮、三池淵管弦楽団

    10日の朝鮮労働党創建75年を前に、平壌の三池淵劇場で8日夜、三池淵管弦楽団による祝賀公演が行われた。北朝鮮の主要芸術団の歌手らも参加。さまざまな楽曲で党や金正恩党委員長を礼賛し、忠誠を訴えた。 10日の祝賀行事に参加するため地方などから集まった代表らがマスク姿で観覧。音楽に合わせて北朝鮮の国旗を振ったり、拍手したりしていた。 三池淵管弦楽団は女性団員が多く、この日は赤い衣装で統一していた。2018年2月の平昌冬季五輪の際には韓国に派遣された。 <映像内容>北朝鮮の平壌で行われた三池淵管弦楽団による祝賀公演の様子、撮影日:2020(令和2)年10月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年10月9日

  • 00:24.12
    2020年10月03日
    「新華社」国際陶磁器産業博覧会開催、日本企業も出展湖南省醴陵市

    中国の磁器の主要産地の一つである湖南省醴陵(れいりょう)市で9月28日から10月3日まで、国際陶磁器産業博覧会が開催されており、数十カ国からの素晴らしい陶磁器芸術品が展示されている。日本から出展している弘道の担当者は日本の磁器について、九州のものが有名であり、特に九州の中でも「有田焼」が最も特色を持つと紹介。今回出展された「有田焼」は、白磁に日本の伝統的な紋様を青で手書きした典型的なものであり、品質に優れ、細やかな仕事が施されているという。このほか、「ナルミボーンチャイナ」や九谷地方発祥の「九谷焼」や愛知県産の「常滑焼」なども展示されている。英国の著名な陶磁器ブランド、ウェッジウッドは良質なボーンチャイナや半貴石の磁器シリーズを展示した。トルコの出展企業アルスは、さまざまな色彩を持つ鮮やかで異国情緒に富んだ陶磁器の芸術品を持ち込んだ。今回の博覧会では、多種多様な磁器の他に陶磁器生産設備も展示されている。日本の新栄機工は中国の技術協力企業と共同で日用セラミック延圧成形分野の自動化設備を展示した。包装機械と陶磁器設備の大手、イタリアのサクミも博覧会に参加した。会期中には、一連の国際文化交流活動も開かれている。日本の陶芸界の大家である川添智宏氏は日本の陶磁器や職人気質について説明し、韓国の陶磁器専門家は現場で陶磁器芸術展示品の設計、制作過程などのデモンストレーションを行った。(記者/阮周囲、張格)<映像内容>国際陶磁器産業博覧会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.73
    2020年09月27日
    「新華社」「トウガラシの里」一面染める実りの赤新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に位置する沙湾県安集海鎮では現在、トウガラシが収穫期を迎え、刈り取り機の音が鳴り響いている。「トウガラシの里」の呼び名を持つ同鎮では、トウガラシの栽培面積が新疆ウイグル自治区全体の10分の1に当たる3万8千ムー(約2500ヘクタール)に上っており、トウガラシは地元農家の収入の半分を支える重要な作物となっている。安集海産のトウガラシは毎年、陝西、湖南、雲南、貴州、四川などの加工・集散地を経由して中国各地に流通するとともに、韓国や日本、東南アジアなどに輸出されている。(記者/阿曼)<映像内容>トウガラシの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:24.55
    2020年09月25日
    朝鮮紙、コロナ阻止訴え 警戒続く平壌市内

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は25日、新型コロナウイルスの流入阻止に向けた「防疫障壁」の一層の強化を訴えた。韓国人男性が北朝鮮兵士により射殺されたと韓国政府が発表したことについては触れていない。 北朝鮮メディアは、陸上だけでなく、海や河川からもコロナウイルスが流入しうると強調、監視所が増設されたと伝えている。 現地からの情報では、首都平壌では市民は外出時や公共の場所で引き続きマスクを着用。公共交通機関や商店での消毒なども徹底されている。 <映像内容>平壌市内の様子、大型テレビで世界各地の新型コロナウイルス感染拡大に関するニュースを放映する様子、市民らはみなマスク姿、10月10日の朝鮮労働党創建75年を祝う看板など。平壌市内のレストランでのコロナ対策の様子、手すりからテーブルまで徹底消毒、従業員の話、ガラスの張り紙「新型コロナウイルス感染症を徹底して阻止しよう」、入店する前に手を消毒、体温を測る客など。レストラン従業員の金光玉さん(40)の話 訳「非常防疫活動が長期化しているのに対応し、ウイルスが流入しうる場所を徹底して探し出して対策を取っている。客のマスク着用や体温計測、手の消毒などを一層強化している。一瞬の気の緩みがもたらしうる深刻な結果を認識し、防疫活動をいっそう強化したい」、撮影日:2020(令和2)年9月25日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年9月25日

  • 00:48.69
    2020年09月03日
    「新華社」「富をもたらすキノコ」、村民の増収を後押し雲南省昌寧県

    中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県田園鎮にある新城社区(コミュニティー)で、ヒメマツタケの収穫が最盛期を迎えており、同社区にあるヒメマツタケ栽培基地では、村の人たちがヒメマツタケの収穫・加工・梱包・販売に追われている。新城社区党総支部副書記の輝忠(き・ちゅう)氏によると、同基地には80棟の農業用ハウスがあり、ヒメマツタケの栽培面積は15万平方メートル余り、年間生産額は600万元(1元=約16円)近くに上る。また、基地は企業を誘致し、村民と協力してヒメマツタケ産業の発展を推進。製品は主に浙江、福建などの東部沿岸の省で販売され、日本や韓国などへも輸出されている。小さなヒメマツタケは、今では貧困者に増収をもたらす「富をもたらすキノコ」となっている。(記者/林碧鋒)<映像内容>ヒメマツタケの収穫、加工の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:25.02
    2020年09月01日
    「AFP」K-pop‘s BTS first all-South Korean act to top US singles charts

    Advertising images of BTS in Seoul after the K-pop sensation becomes the first all-South Korean act to rule the top US singles chart with their English-language “Dynamite“ hitting number one. IMAGES AND VOXPOPS、作成日:2020(令和2)年9月1日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 02:26.66
    2020年08月26日
    「AFP」South Koreans watch Christopher Nolan‘s ‘Tenet‘ at cinemas

    South Koreans hit the movie cinemas while following COVID-19 guidelines as Christopher Nolan‘s new blockbuster ‘Tenet‘ is released in theatres in more than 70 countries. South Korea has implemented strict social distancing requirements in response to a spike in coronavirus cases, with most cinema chains limiting sales to 50% of seats and requiring all movie-goers to wear masks throughout screenings. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年8月26日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 03:07.22
    2020年08月15日
    「AFP」Seoul: Thousands gather at protest despite uptick in virus cases

    Thousands of anti-government protestors defied official warnings Saturday and rallied in Seoul despite South Korea reporting its highest number of coronavirus infections in five months. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年8月15日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:20.61
    2020年08月07日
    北朝鮮、バス乗車時も消毒 新型コロナで防疫強化

    新型コロナウイルスが流入した恐れがあるとして一部地域に非常事態を宣言した北朝鮮が、首都平壌での防疫対策を強化している。スーパーなどへの入店時だけでなく、トロリーバスなど公共交通機関の乗車前にも一人一人、手を消毒する対策を取っている。 北朝鮮は7月下旬、新型コロナに感染した疑いのある脱北者が密かに韓国から南西部開城市に戻っていたとして同市を完全封鎖した。ただ、その後、確定診断は伝えられず、感染実態は不明だ。  <映像内容>北朝鮮の平壌の市内雑観、大聖(テソン)百貨店、日常生活でのコロナ予防対策を伝える大型モニター、入店前に消毒と検温、消毒液の散布、北朝鮮は公共の場所でのマスク着用を義務化、トロリーバスでは乗客一人一人が乗車前に手を消毒などの様子、撮影日:2020(令和2)年8月7日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月7日

  • 01:41.50
    2020年08月04日
    「新華社」清王朝の輝き伝える金銀工芸河北省遵化市

    中国清朝の歴代皇帝陵墓群「清東陵」がある河北省遵化市馬蘭峪(ばらんよく)鎮は、清朝皇室の歴史・文化を色濃く残し、金銀器の生産・加工が発達している。300年余りの継承・発展を経て、現在では金銀器の開発・デザイン、生産・加工、販売、展示を集約した文化産業基地が形成されている。馬蘭峪の金銀工芸は、明清金銀器が持つ伝統的な作図や鋳型制作、彫刻などの工芸の神髄を継承しつつも、花糸や象眼など皇室ゆかりの工芸技法を絶えず充実させ、製品の外観に美しさと特徴を添えている。製品は置物、酒器、茶器、食器の4シリーズ260種類余りで構成されており、北京市や天津市、広東省、福建省などに幅広い市場を持つ。韓国やロシア、フランスなどへも輸出されており、地元の雇用をけん引する特色産業となっている。同鎮には現在、金銀器加工企業が80社余りあり、周辺農民3千人余りの雇用の受け皿となっている。(記者/王昆)<映像内容>金銀工芸の生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.66
    2020年08月04日
    北朝鮮、コロナ警戒訴え 平壌市民もマスク着用徹底

    北朝鮮メディアが新型コロナウイルスに対する警戒を緩めず、予防措置を徹底するよう連日、国民に呼び掛けている。4日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は北朝鮮が「非常事態」に直面していると強調。平壌市民らは同日、例外なくマスクを付けて出歩いていた。北朝鮮は7月26日、韓国から南西部開城に密かに戻った元脱北者が新型コロナに感染している疑いがあり、開城を完全封鎖したと発表。平壌への出入りも統制している。  <映像内容>平壌市内をマスク姿で出歩く市民、撮影日:2020(令和2)年8月4日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月4日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.52
    2020年07月28日
    日韓関係に決定的な影響 菅氏、首相「贖罪」像で

    菅義偉官房長官は28日の記者会見で、旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像の前で謝罪する安倍晋三首相をモチーフにした像が韓国で設置されたことについて「日韓関係に決定的な影響を与える」と批判した。<映像内容>首相官邸で行われた菅官房長官の定例会見、撮影日:2020(令和2)年7月28日、撮影場所:東京都千代田区の首相官邸

    撮影: 2020(令和2)年7月28日

  • 01:08.66
    2020年07月26日
    「新華社」第3回輸入博の出展企業連盟が第1回会議専門委員会を設立

    第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)に出展する企業で構成される「出展企業連盟」の第1回会議が26日、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開かれた。会議では、乳業専門委員会と公共衛生感染対策専門委員会を含む専門委員会が設立されたほか、韓国の現代自動車、米化学・農業大手のダウ・ケミカル、日本の資生堂、ドイツの総合電機大手シーメンス、フランスのタイヤ大手ミシュランなど加盟企業35社が3年間の長期出展協力に関する覚書に署名した。改訂された定款も公表された。最新の規約によると、同連盟は幹事企業の輪番制を導入し、専門委員会の機能を強化していく。専門委員会は業界発展の動向分析による提言を行い、持続可能な成長を促進する。また、業界の全産業チェーンのリソースを統合し、大企業の働きがけによる関連企業の出展を進め、輸入博を業界企業の集積地へと作り上げる。同連盟は2018年に開催された第1回輸入博の会期中に出展企業側の提案により設立された。現時点で142社が加盟しており、世界の23カ国・地域をカバーしている。(記者/陳傑)<映像内容>第3回中国国際輸入博覧会の出展企業連盟の会議、撮影日:2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.23
    2020年07月20日
    UAE探査機打ち上げ 火星へ、H2Aロケット

    三菱重工業は20日午前6時58分、アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「HOPE」を載せたH2Aロケット42号機を、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。探査機は約1時間後、予定の軌道に投入され打ち上げは成功した。HOPEはムハンマド・ビン・ラシード宇宙センターが開発。7カ月かけて4億9350万キロを飛行し、UAEが建国50年を迎える2021年に火星の周回軌道に到着する。中東の国が惑星間飛行する探査機を飛ばすのは初めて。機体はパネルを開いた状態で幅約8メートル、重さ約1・5トン。紫外線や赤外線を使った観測装置を搭載し、火星の高度2万~4万キロの楕円軌道を55時間で周回する。継続的に大気を観測して気候変動を調べる。三菱重工が海外の人工衛星などを打ち上げるのは韓国やカナダなどからを含め今回で4回目。H2Aの打ち上げ成功は連続36回に伸びた。<映像内容>付近の住民、打ち上げの様子や航跡、別カメラで撮影の打ち上げの様子(固定での寄り引き映像)など、撮影日:2020(令和2)年7月20日、撮影場所:鹿児島県南種子町

    撮影: 2020(令和2)年7月20日

  • 02:17.74
    2020年07月15日
    「AFP」New York Times moving some Hong Kong staff over security law

    Images show a copy of the New York Times in Hong Kong and street scenes of the South Korean capital Seoul. The New York Times on Wednesday said it was moving its digital news hub from Hong Kong to South Korea as a result of a national security law Beijing imposed on the city. IMAGES、作成日:2020(令和2)年7月15日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:28.74
    2020年07月09日
    Police officers find dead body of Seoul Mayor

    Emergency personnel brought down the remains of Park Won-soon, Seoul Mayor, down a steep path in the early hours of the morning before they were taken to hospital. IMAGES、作成日:2020(令和2)年7月9日、撮影場所:韓国、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 04:07.26
    2020年07月06日
    「AFP」Taiwan: Exhibition showcases 2019 Hong Kong pro-democracy protests

    An exhibition marking the first anniversary of the Hong Kong pro-democracy protests is held at Taiwan Comic Base in Taipei. It features more than 100 artworks ranging from hand drawings, posters and multi-media projects from artists in Hong Kong, Taiwan, South Korea and Australia.The recent imposition of a sweeping new national security law on Hong Kong has sent chills through Taiwan, deepening fears that Beijing focus next on seizing the democratic self-ruled island. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年7月6日、撮影場所:台湾・台北、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:00.85
    2020年07月02日
    職場で差別文書、賠償命令 在日韓国人女性勝訴、大阪

    パート社員として勤務する大阪府岸和田市の東証1部上場の不動産会社「フジ住宅」で、ヘイトスピーチに当たる民族差別的な文書を配布され精神的苦痛を受けたとして、在日韓国人の50代女性が同社と男性会長(74)に計3300万円を求めた訴訟の判決で、大阪地裁堺支部(中垣内健治(なかがいと・けんじ)裁判長)は2日、計110万円の支払いを命じた。 訴状などによると、女性は2002年から勤務。13年ごろから社内で業務とは無関係に、中国や韓国を非難する表現を丸印や波線で強調した書籍や雑誌が配布された他、それを読んだ社員の「中国、韓国の国民性は私も大嫌いです」「うそが蔓延(まんえん)している民族性」などとする感想文のコピーが毎日のように、会長名で全従業員に配られた。 <映像内容>大阪地裁堺支部の外観、原告側弁護団や支援者による大阪地裁堺支部への入り、原告側弁護団長の村田浩治弁護士や原告女性らの記者会見(原告の希望により原告の顔は映していません)、撮影日:2020(令和2)年7月2日、撮影場所:大阪府大阪市

    撮影: 2020(令和2)年7月2日

  • 01:47.22
    2020年06月29日
    「新華社」長春市で中韓国際協力モデル区が設立吉林省

    中国吉林省長春市で6月29日、中国と韓国が産業協力を行う「中韓(長春)国際協力モデル区」が設立された。計画では複数の専門産業パークを建設する。新エネルギー車(NEV)や医薬品、食品、第5世代移動通信システム(5G)などの分野で中韓両国の協調・協力を強化する。一部のプロジェクトは既に着工している。同モデル区は同市北東部に位置する。当面の開発面積は約36平方キロで、長期的には約210平方キロまで拡張する。情報技術(IT)産業面では、韓国企業や国内外の有名企業との協力を強化。人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、産業インターネットなどでの産業協力を支援する。ハイエンド設備・スマート製造面では、産業用ロボットやスマート装置製造、インテリジェント制御システム、NEV・コネクテッドカー、省エネ・環境保全、氷雪用品などでの国際協力に重点を置く。韓国は、吉林省にとって最大の投資国であり、最大の観光客送り出し市場でもある。同省内には2019年末時点で韓国系企業が400社余りある。(記者/姚湜、姜明明、許暢)<映像内容>中韓(長春)国際協力モデル区が設立、撮影日:2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:25.81
    2020年06月17日
    北朝鮮、対決姿勢緩めず 韓国統一相は辞意表明

    北朝鮮が17日、南北経済協力事業が行われていた開城(ケソン)や金剛山(クムガンサン)への部隊展開や前線地域での訓練実施などの「軍事行動計画」を予告した。韓国との交流や協力に一切応じないと表明、対決姿勢を一段と強めた。計画を実行に移せば過去20年の南北融和の取り組みは水泡に帰しかねず、韓国政府は強く反発した。  <映像内容>金属工業省、南北共同連絡事務所の爆破を伝える労働新聞を読む職員ら。インタビュー2人。労働新聞を読む市民らなど、撮影日:2020(令和2)年6月17日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年6月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:26.75
    2020年06月09日
    北朝鮮、南北間の通信線完全遮断 ビラ散布抗議で連日集会

    北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、韓国の脱北者団体による北朝鮮批判ビラ散布を巡り、韓国政府に対する最初の報復措置として、同日正午(日本時間同)から南北間の通信連絡線を完全に遮断することが決まったと伝えた。北朝鮮は連日、抗議集会を組織。平壌では8日、若者や学生らによるデモ行進が行われた。<映像内容>8日に学生らが脱北者らを非難するプラカードを掲げて平壌の青年公園野外劇場を出発して金日成広場までデモ行進した様子、撮影日:2020(令和2)年6月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年6月9日

  • 01:38.56
    2020年06月07日
    北朝鮮、体制批判ビラで対韓国への攻勢強める 大規模集会、結束狙いも

    北朝鮮が脱北者団体による体制批判ビラ散布を契機に、韓国との対決姿勢を強めている。連日のように非難談話を発表し、首都平壌では大規模な抗議集会を開催。韓国の文在寅政権に態度転換を迫るとともに、内部結束を図る狙いもありそうだ。<映像内容>脱北者による北朝鮮批判ビラ散布を糾弾する集会、撮影日:2020(令和2)年6月7日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年6月7日

  • 01:22.88
    2020年06月06日
    平壌でビラ散布に抗議集会 市民ら「脱北者に死を」

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は6日、韓国政府が脱北者団体による北朝鮮批判ビラ散布を黙認したと非難した。平壌市民らが激怒しているとし、「『脱北者』のくずに死を」などと書かれた看板を掲げた抗議集会の写真も掲載した。金策工業総合大学の教員、洪明進(ホン・ミョンジン)氏(34)は「最高尊厳(金正恩党委員長)は自分の命より大切であり、冒涜はわれわれの生命安全を侵害したも当然だ。もはや言葉(による非難)だけでは済まない」と述べた。 同大青年同盟の高有進(コ・ユジン)副委員長(28)は「永遠に許されない大罪だ。今すぐ銃を手にできたら(脱北者らを)葬り去るところだ」と語った。<映像内容>金策工業総合大学の教員、洪明進氏と同大青年同盟の高有進副委員長のインタビュー、路上で掲示された新聞を読む市民らの様子など、撮影日:2020(令和2)年6月6日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年6月6日

  • 01:19.51
    2020年06月05日
    「新華社」河北省、新型コロナウイルス感染対策の対外援助を積極的に実施

    新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴い、中国河北省は対外援助を積極的に実施しており、韓国や日本、イタリア、チェコ、ドイツ、ベルギー、オランダ、ナイジェリア、ジンバブエなどにある13の友好省・州、12の友好都市、1カ所の中国在外公館に計424万元(1元=約15円)相当の医療物資を寄贈した。また、コンゴ民主共和国に12人の医療専門家グループを派遣し、現地の感染対策を支援している。(記者/張碩)<映像内容>中国河北省が新型コロナの医療物資を海外に寄贈、支援の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:18.10
    2020年05月22日
    「新華社」民間芸術家の「ヒョウタン王国」河北省

    中国河北省臨西県西尖荘村に住む「ヒョウタン張さん」こと張連忠(ちょう・れんちゅう)さんは、生活への愛情と手工芸に対する情熱から、8年前、ひょうたんで茶器の製作を開始、自らの「ヒョウタン王国」を打ち立てた。張さんは天然のヒョウタンを原材料とし、表面に烙画(焼き絵)や押し花、象眼を施して、自然で健康的かつ流行に合わせた茶器を制作している。デザインは急須、茶碗、茶台など100種類以上に上る。実用的でありながら鑑賞用や収集用としての価値もある張さんの茶器は、国内の工芸品コンクールで何度も入賞しており、北京や天津で販売されているほか、韓国や日本にも輸出されている。(記者/王昆)<映像内容>ヒョウタンを原材料とした工芸品、制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:20.99
    2020年05月21日
    「新華社」山西省、海外の友好都市と共に新型コロナに立ち向かう

    中国山西省人民政府外事弁公室はこのほど、海外で新型コロナウイルスの感染が爆発的に拡大して以降、同省が友好省・州、友好協力パートナーおよび友好関係携締結予定先など世界44カ所の地方政府宛てに見舞いのメッセージを送ったことを明らかにした。同省は海外30の地方政府に対し、サージカルマスク76万9520枚、防護服4千着、保護ゴーグル100個、使い捨て手袋3200組、調合済みの顆粒中医薬(中国伝統医薬)200人分を寄贈した。同省人民政府外事弁公室アジア処の史国偉(し・こくい)処長によると、同省は日本と韓国の友好協力パートナー都市に寄贈を行ったという。埼玉県にはマスク3万枚と防護服千着、全羅南道にマスク2万5千枚と防護服千着を送った。また同弁公室欧州アフリカ処の蔚泉高(うつ・せんこう)処長は、ドイツのノルトライン・ベストファーレン州とイタリアのマントバ県、4月に入ってからはベラルーシのブレスト州にも適時支援を行い、医療用手袋やマスク、防護服、ゴーグルなどの医療物資を届けたと説明した。同省は今後さらに海外18の地方政府に対し、サージカルマスク31万5千枚の寄贈を予定している。(記者/原勳)<映像内容>新型コロナウイルスの対策物資を海外の友好都市に寄贈、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.22
    2020年05月15日
    「新華社」寧夏回族自治区、ロシアや日本などに医療物資を寄贈

    中国寧夏回族自治区政府は15日、ロシアのトゥーラ州や日本の島根県、ルーマニアのハルギタ県に寄贈する新型コロナウイルスの感染対策物資を銀川市から発送した。物資にはN95医療用マスク3千枚、サージカルマスク5万枚、使い捨て医療用マスク1万5千枚、医療用防護服1500着が含まれる。同自治区はこれまで、韓国、イラン、パキスタン、イタリア、日本、ルーマニア、ロシアの友好都市・地域7カ所に医療物資を寄贈した。同自治区は1993年10月に島根県、2005年11月にハルギタ県、2019年10月にトゥーラ州とそれぞれ友好都市関係を結んだ。(記者/謝建雯、劉海)<映像内容>寧夏回族自治区が日本やロシアに医療物資を寄贈、荷物を発送する様子、撮影日:2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:46.58
    2020年05月11日
    Seoul closes bars and clubs over fears of second virus wave

    South Korea‘s capital has ordered the closure of all clubs and bars after a burst of new cases sparked fears of a second coronavirus wave. The nation has been held up as a global model in how to curb the virus, but the order from the Seoul mayor on Saturday followed the new infection cluster in Itaewon, one of the city‘s busiest nightlife districts. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年5月11日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 07:44.22
    2020年05月06日
    「AFP」On the COVID-19 frontline: a South Korean nurse fighting the virus

    They are among the many heroes of the pandemic, working flat out to stave off the worst effects of the coronavirus. Seven frontline health workers around the world allowed AFPTV access to their workplaces and homes — from Brazil to Senegal to South Korea. They tell us about their lives, hopes and anxieties during the crisis, as they go about their life-saving jobs. In this video report we meet South Korean nurse Hong Yeon-hee, 32, who has spent months away from her four-year-old daughter while treating patients inside the country’s coronavirus epicentre in Daegu. “One night, I just couldn‘t sleep, I was just looking at pictures and videos of my daughter, and I found myself crying“, she says. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年5月6日、撮影場所:韓国・大邱、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 02:12.34
    2020年04月14日
    China, Japan, S. Korea join ASEAN online coronavirus summit

    Leaders from China, Japan and South Korea join a special ASEAN meeting on COVID-19 chaired by Vietnam -- held online via videoconference. The Southeast Asian leaders warned of the crippling economic cost of the coronavirus and called for trade routes to reopen to protect jobs and food supplies as well as the stockpiling of medical equipment. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年4月14日、撮影場所:ベトナム・ハノイ 、クレジット:AGENCY POOL/AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:50.30
    2020年04月10日
    「新華社」博鰲で国際医薬品・医療機器展が開幕海南省

    中国海南省の博鰲(ボアオ)楽城国際医療観光先行区で10日、国際医薬品・医療機器展が開幕した。特別に輸入が許可された医薬品と医療機器を展示する中国で初めての大型展示会となる。ドイツやフランス、日本、イタリア、オーストリア、韓国、米国など12カ国の世界的メーカー26社が出展し、医薬品・医療機器300種類近くを展示した。同展は、国内未発売の医薬品・医療機器の展示が認められた中国で唯一の展示会で、関連イベントも実施される。展示された新薬や医療機器は、患者の診療や関連機関での医師研修に使うことができるという。高度に開放され、特別に規制が解除された楽城の医療政策がもたらす恩恵は、世界の医薬品・医療機器大手が中国市場に参入する上での強い味方となっている。臨床現場で得られる匿名化された患者単位のデータ「リアルワールドデータ(RWD)」の活用もこれらの企業が中国市場で主導権をとる確率を大幅に向上させた。今回輸入が認められた最新の医薬品と医療機器により、楽城はRWDの臨床活用で実際経験を蓄積できるようになる。細部のプロセスを改善して明確にし、実際の効率を向上させることで、先行区と世界の国際医薬品・医療機器大手、患者の間でウィンウィンを実現する。開幕式では、エリア内にある国際イノベーション医療センター12カ所のプレート除幕式と輸入許可を得た医薬品・医療機器の新製品6点の発表会が開かれた。先行区内の医療企業3社とフランスのClosChampirol、MEDIMEX、ドイツのScheboBiotechAGとのオンライン調印式も行われた。(記者/周旋、郭良川、鄧馳旻)<映像内容>国際医薬品・医療機器展の様子、撮影日:2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.60
    2020年04月09日
    「新華社」中車チチハル車両、韓国向け濃硫酸専用タンク車の出荷開始

    中国中車チチハル車両は9日、韓国向けに輸出する濃硫酸専用タンク車の出荷を同日から正式に開始したことを明らかにした。今回の出荷は、同社が2カ月足らずで秩序ある操業・生産再開を推進し、完成させた2番目の国際事業でもある。納入される濃硫酸専用タンク車は計20台。同社が韓国の会社のために設計・製造したもので、既存の硫酸専用タンク車を改良・グレードアップすることで、車両の積載能力や信頼性、安全性が大幅に向上した。同社は車両の設計・生産のほか、韓国のユーザーにテストや供給を含めた総合的なサービス・保障を提供していく。(記者/馬暁成)<映像内容>濃硫酸専用タンク車の製造、輸出の様子、撮影日:2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.03
    2020年04月04日
    「新華社」アヒルの卵に見る中小企業の操業再開供給網全体の復活支援進む

    中国江西省にあるアヒルの卵の加工メーカー、瑞昌市溢香農産品では、各地の飼育場から続々と運ばれてくるアヒルの卵の選別や洗浄、加工、包装、発送が行われている。同社は年間1億個以上の卵を加工しており、全国でも五指に入る規模を誇る。製品は全国20以上の省(自治区、直轄市)で販売されるだけでなく、日本や韓国、東南アジア、アフリカなどへも輸出されている。同社は2月13日に春節(旧正月)休暇明けの操業再開を決定し、従業員190人も職場に復帰したが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により原材料の供給が打撃を受け、飼料の価格が上昇したほか、一部の飼育農家の資金繰りが悪化し、飼料や卵などの流通が支障をきたすようになった。同社は「操業再開は一企業の問題ではない」ことに気付いた。顧客からの注文を抱える同社は、座して死を待つわけにいかなかった。自社の資金も切迫する中、飼育農家の窮地を救うため農家に対し300万元(1元=約15円)以上を無利子で貸し付けたほか、地元政府と協議し、検疫措置で各地域の往来が分断される中で農家が飼料などの物資を仕入れられるよう交通ルートを確保した。同社は川下の販売会社に対しても、売掛金回収期間の延長や発注量より多めの商品を納入するなどの措置を取り、資金繰りを支援した。他社との共生を図る取り組みは実を結び、現在ではネットの注文だけでも1日1万件を超え、2月の売上高は前年同月比60%増の1500万元近くに達した。突如起こったウイルスの感染の影響を受け、中国の企業は現在、厳しい試練に直面している。中小企業は大企業と比べ危機管理能力が低く、影響も大きい。資金繰りとサプライチェーンの二重の圧力にさらされ、多くの企業が「操業は再開したいが、感染拡大のリスクは犯せない」というジレンマに陥っている。中国工業・情報化部はこのほど、サプライチェーン全体の操業再開を当面の活動の重点にすると表明。企業の現実的な問題を解決し、省内の問題と地区・部門を跨ぐ問題の解決を進める方針を打ち出した。(記者/呉鍾昊、鄔慧穎、余賢紅、郭傑文)<映像内容>アヒルの卵の加工工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.20
    2020年03月27日
    「新華社」中国の病院、感染との闘い方をビデオ会議で世界と共有

    中国の浙江大学医学院付属邵逸夫医院は27日午前、世界トップの医療連盟である米メイヨー・クリニック・ケアネットワークとテレビ会議を行い、中国の病院が新型コロナウイルスの感染と闘う中で実施した予防・治療措置や経験を共有した。会議は米国や韓国、アラブ首長国連邦、インド、メキシコなど47医療機関のメンバーに公開。湖北省武漢市や荊門市で感染対策の最前線にいる医療チームの専門家ともつながった。浙江大学医学院付属邵逸夫医院の蔡秀軍(さい・しゅうぐん)院長は同医院の「全連鎖式感染予防・抑制イノベーションシステム」について詳しく紹介。これにはスタッフのスマートタイムカードや「健康コード」区分による診察、インターネット病院のオンライン問診などの革新的な取り組みが含まれると述べた。(記者/崔力、兪菀)<映像内容>新型肺炎の情報を共有するテレビ会議の様子、撮影日:2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:46.38
    2020年03月26日
    「AFP」Kaletra, Chloroquine can be used to treat covid-19: Korean Professor

    South Korea is using the anti-malaria drug chloroquine to treat some patients with severe coronavirus symptoms, but professor of infectious diseases Kim Woo-joo, from Korea University Guro Hospital, cautions the clinical effects of the drug are not yet proven and it should be administered under prescription by experienced doctors to avoid dangerous side affects.A clinical trial is underway in South Korea to determine the effectiveness of treating COVID-19 with chloroquine, with Kim hoping more will be known from trial in three to four months. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年3月26日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:39.12
    2020年03月18日
    「新華社」中国の医療機関、新型コロナウイルス感染対策マニュアルを世界と共有

    感染対策の第一線で奮闘してきた浙江大学医学院付属第一医院の専門家数十人が執筆・編集した「新型肺炎患者予防治療マニュアル」の中国語版および英語版が18日、正式発表された。これは、感染拡大が深刻な各国のために緊急に書かれた、新型肺炎感染拡大防止のための系統的対応策だ。同マニュアルは、感染の予防・抑制と管理、診療経験、看護経験の三つの部分からなる。同マニュアルを監修した同医院の梁廷波(りょう・ていは)教授によると、これは中国国家衛生健康委員会の感染予防・抑制と診療に関する指導を踏まえ、2カ月間の実践を通じて模索しまとめ上げた医療機関向けのマニュアルであり、実用性の高いものだという。特に重症・重篤患者の救急医療については、現在感染拡大の初期段階にある各国にとって、参考・手本の意義を持つとしている。梁氏はまた、中国アリババグループ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が設立した馬雲公益基金会による発案と資金援助により、同マニュアルのイタリア語版、韓国語版、日本語版、スペイン語版も間もなく公開されることを明らかにした。アリババグループによると、馬雲公益基金会、阿里雲(アリババクラウド)、医療関連サービスの阿里健康(アリヘルス)それぞれが持つ海外支援の強みを生かし、この「浙江大学医学院附属第一医院の経験」を、感染防止対応策を至急必要とする世界各国に届けるとしている。馬氏はマニュアルに寄せた序文で、これはグローバル化の時代に人類が直面した大きな試練であり、皆が協力して対処する必要があるとし、「まさに今、皆で資源を共有し、経験や教訓を交換してこそ、この災難に打ち勝つことができる」と指摘している。アリババクラウドは世界に向けた直通サイト(covid-19.alibabacloud.com)を緊急に立ち上げた。各国の医療関係者は、このサイトから無料で同マニュアルの完全版をダウンロードできる。(記者/張璇、殷暁聖)<映像内容>中国の医療機関が新型肺炎患者予防治療マニュアルを発表、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:35.18
    2020年03月17日
    「AFP」South Korea dials up virus testing with hospital ‘phone booths‘

    A South Korean hospital has introduced phone booth-style coronavirus testing facilities that allow medical staff to examine patients from behind the safety of a plastic panel, the latest innovation in the country‘s drive to track down infections. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年3月17日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:44.72
    2020年03月16日
    「新華社」馬雲氏設立の公益基金、アフリカ54カ国に防疫物資寄付

    中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏は16日夜、微博(ウェイボー)を通じ、同氏が設立した「馬雲公益基金会」と「アリババ公益基金会」がアフリカ54カ国にそれぞれマスク10万枚、防護服1千着、フェースシールド千個、検出試薬2万セットを寄付すると発表した。また、アフリカ各国の医療機関との協力により、新型コロナウイルス感染症の臨床治療に関するオンライン研修資料を提供し、現地の感染予防・抑制活動を支援することも明らかにした。馬氏によると、全ての支援物資はエチオピアの首都アディスアベバに到着後、同国のアビー首相が物流と分配を担当する。馬氏は「アフリカは医療資源が相対的に不足しており、感染が拡大すると大変な結果を招く。今回の災難は想像以上に深刻で長期的なもので、できる限りの準備をしなければならない」と述べた。アフリカでは、エチオピアなど26カ国で新型コロナウイルスによる肺炎の確定診断患者が報告されている。感染の拡大は医療衛生システムが脆弱なアフリカに新たな課題をもたらしている。アビー首相はツイッターで「馬氏がエチオピアと協力し、アフリカ諸国に1〜2万セット検出試薬と10万枚以上のマスクを提供してくれたことに厚く感謝する」と述べ、こうした物資と技術の支援がウイルスの拡散防止に極めて重要との考えを示した。両基金会はこれまで、日本、韓国、イランにそれぞれマスク100万枚を寄付したほか、イタリアやスペインなど感染が深刻な欧州各国にマスク180万枚と検出試薬10万セットを提供。米国にもマスク100万枚と検出試薬50万セットを発送しており、これらの物資は次々と各国に届いている。(記者/殷暁聖、張璇)<映像内容>馬雲公益基金会とアリババ公益基金会がアフリカ54カ国に支援物資を提供、撮影日:2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:04.48
    2020年03月15日
    「新華社」遼寧省から日本・韓国へ支援物資の第1陣を発送

    中国遼寧省が日本と韓国へと送る支援物資の第1陣が15日、瀋陽桃仙国際空港に到着した。中国南方航空が物資を16日に両国へ輸送する。今回、迅速に防護服とマスクを両国へ届けるため、関係部門が最善を尽くし、瀋陽空港への物資到着に先立って関係手続きを行った。物資の入った箱には、それぞれ「歳寒松柏、長毋相忘」(逆境の中で人の真価を知る、永遠に互いを忘れることなきよう)などの詩句を書き、遼寧省の人々から日本と韓国の人々に、ウイルスとの闘いに1日でも勝利できるよう願いを込めた。(記者/趙泳)<映像内容>中国遼寧省が日本と韓国へ支援物資を発送、撮影日:2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.52
    2020年03月12日
    「新華社」空港・駅改札口で厳格な新型コロナウイルス対策実施浙江省義烏市

    中国浙江省義烏市には外国人企業家1万5千人が常住しており、買い付けのために同市を訪れる外国人バイヤーは年間延べ55万人を超える。海外からの新型コロナウイルス流入リスクの高まりを受け、外国人企業家が集まる同市内の空港や駅改札口では、感染症に対する厳格な予防・抑制措置を実施している。統計によると、義烏空港で2月25日から3月9日に入境許可申請を行った341人のうちイラン、イタリア、韓国から訪れた人は20人で、14人が中国籍だった。これらの人は要請に基づき指定ホテルに滞在し、自主的な健康観察を行っている。(記者/鄭夢雨、李亜彪、魏董華)<映像内容>空港や駅で新型肺炎の対策実施、検温の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:26.07
    2020年03月09日
    「新華社」江豊電子、月間出荷量の最高記録更新

    中国浙江省寧波市にあるハイテク材料メーカー、江豊電子材料は、半導体チップの製造において重要な材料である超高純度スパッタリングターゲット材を製造できる世界でも有数の企業の一つ。同社は新型コロナウイルスによる肺炎が流行する中、感染の予防・抑制を徹底した上で、積極的に生産を再開した。2月の生産日数は10日間少なかったものの、出荷量は前年に比べ75・3%増加し、月間出荷量の最高記録を更新した。同社は日本、アメリカ、韓国などの海外顧客との物流ルートを確保し、原料調達、生産、出荷も復活させた。生産再開2日目の出荷量は1200枚に達した。新型肺炎感染による危機に直面して、同社の確かな納品実績は多くの顧客に認められており、注文量増加につながった。(記者/夏亮、李涛)<映像内容>江豊電子材料の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:19.13
    2020年02月25日
    「新華社」韓国最高層ビルに「武漢頑張れ」の文字

    韓国で最も高いビル、ロッテワールドタワーがこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎と闘う中国湖北省武漢市のためにライトアップされ、韓国語と中国語で「武漢頑張れ」の文字が浮かび上がった。同タワーは高さ555メートルで、123階建て。(新華社配信)<映像内容>韓国のロッテワールドタワーのライトアップ、「武漢加油」の文字、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:04.95
    2020年02月23日
    オスカー獲得の韓国のポン・ジュノ監督が来日記者会見

    米アカデミー賞の作品賞を史上初めて外国語映画で受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督が23日、受賞後初めて来日し、東京都内の日本記者クラブで会見を開いた。「受賞は光栄だが、(日本を含む)どの国のお客さんも熱く反応してくれたことが何よりもうれしい」と喜びを語った。<映像内容>東京都内の日本記者クラブで行われたポン・ジュノ監督と、主演のソン・ガンホさんの記者会見、撮影日:2020(令和2)年2月23日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2020(令和2)年2月23日

  • 00:31.42
    2020年01月30日
    「新華社」アリババ、自社のネットワーク生かし大量の医療物資を海外調達

    中国電子商取引(EC)大手のアリババグループはこのほど、同グループが世界各地から調達したN95規格マスクなど医療物資の第1便が、東方航空傘下の東航物流の貨物機で30日、インドネシアから上海浦東国際空港に到着したことを明らかにした。韓国・ソウル発の東航MU5042便も30日、アリババが購入した1万1180キロ、70万個以上の医療物資を搭載して、上海浦東空港に到着した。東方航空はアリババと全面的に協力し、インドネシアや韓国、イスラエル、ロシアなど14の国で、医療物資を世界規模に購入・輸送するシームレスな接続ルートを構築しているという。東航物流は、旅客機の床下貨物室や貨物機など、同社が有するリソースを積極的に調整し、海外で購入した物資の迅速かつ安全的な中国までの輸送を保障し、感染地域の援助を全力でサポートすると表明した。アリババは25日、10億元(1元=約16円)を投じて医療物資供給に特化した基金を設立すると発表した。中国や海外で直接医療物資を購入し、武漢市や湖北省の病院に定期的に贈るという。アリババの企業間取引(B2B)サイト「阿里巴巴国際站」は、ラザダグループや天猫国際(Tモール・グローバル)、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)、全球速売通(アリエクスプレス)などの越境ECプラットフォームと連携し、世界数十カ国でマスクや防護服、ゴーグルなどの重要物資を購入する。アリババによると、韓国やロシア、イスラエル、日本、ドイツなどの国で大量の物資が仕入れ先での検品、購入などの段取りを終え、出荷を待つばかりとなっているという。今後3日以内に650万個以上の医療物資がアリババの世界的な直接購入・輸送網を通じて武漢に配送される予定。(記者/殷暁聖)<映像内容>アリババグループが海外調達した医療物資が到着した様子、撮影日:2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:23.31
    2020年01月14日
    「新華社」韓国から返還された中国人民志願軍兵士の遺品を初公開遼寧省瀋陽市

    中国遼寧省瀋陽市の瀋陽抗美援朝烈士陵園の烈士記念館はこのほど、抗米援朝戦争(朝鮮戦争)で戦死し、戦後韓国から引き渡された中国人民志願軍烈士の遺品372点を初めて公開した。韓国は2014年以降、中国人民志願軍兵士の遺骨を6回に分けて中国に引き渡している。これまでに599人の遺骨が祖国に戻り、瀋陽抗美援朝烈士陵園に埋葬された。同陵園は、遺骨と関係する5千点以上の遺品を1点ずつ登録した公文書を電子化して保管している。今回は名前の識別できる印章を所持していた烈士24人の遺品が展示された。(記者/姜兆臣)<映像内容>朝鮮戦争で戦死した中国兵士の遺品の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:48.00
    2020年01月06日
    「新華社」ハルビンでアイスホッケーの国際ジュニア大会開催

    中国黒竜江省ハルビン市で3~6日、アイスホッケーの国際ジュニア大会が開かれた。同大会は2007年以降に生まれた選手が参加でき、ロシア、韓国、日本など国内外の8チームが優勝を目指し熱戦を繰り広げた。4日間の激闘の結果、ロシアのチームが優勝し、中国・南京のチームが準優勝、日本・長野のチームが3位となった。(記者/馬知遥、王君宝)<映像内容>アイスホッケーの国際ジュニア大会の様子、撮影日:2020(令和2)年1月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:10.93
    2020年01月01日
    平壌で新年カウントダウン 公演開催、氷の彫刻展も

    北朝鮮の首都・平壌では、中心部の金日成広場で大みそかから1日にかけて新年を祝う年越しコンサートが開かれた。1日午前0時が近づくと、集まった市民はカウントダウンを開始。新年を告げる鐘の音が響くと、歓声が湧き起こった。同広場では氷の彫刻展も開かれた。コンサートには、2018年2月に韓国で開かれた平昌冬季五輪に合わせて韓国で公演を行った「三池淵管弦楽団」や、女性音楽グループ「牡丹峰電子楽団」などが出演。花火も打ち上げられるなど華やかなムードに包まれた。<映像内容>北朝鮮の平壌の新年を祝う年越しコンサートと氷の彫刻展の様子、撮影日:2020(令和2)年1月1日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年1月1日

  • 01:28.28
    2020年01月01日
    「新華社」囲碁協会設立記念大会に巨大碁盤登場、人とAIの対局再現湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市で1日、同市江漢区囲碁協会設立記念大会が開催され、約600平方メートルの巨大な碁盤の上で白黒2色の傘を碁石に見立てた対局が行われた。同区紅領巾学校陽光校区の教師と生徒計78人が、校庭に設けられた碁盤上で傘を手に碁石に扮し、2016年3月9日に韓国のソウルで行われた人間と人工知能(AI)の対局を再現した。ソウルで実際の対局に臨んだのは囲碁AI「AlphaGo(アルファ碁)」と囲碁の世界大会を14回制覇した韓国のプロ棋士、李世石(イ・セドル)9段だった。同時開催された囲碁フェスティバルでは、競技や科学普及教育イベントを実施。囲碁トーナメントには愛好者約400人が参加し、腕を競った。参加者は最高齢が67歳、最年少が7歳だった。(記者/王斯班)<映像内容>巨大な碁盤が登場、囲碁のイベントの様子、撮影日:2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.40
    2019年12月21日
    李九段、引退対局敗れる 囲碁AIが技術進展示す

    今年11月に韓国のプロ棋士引退を表明した韓国の李世〓(石の下に乙)九段が21日、南西部の全羅南道(チョルラナムド)、曽島(チュンド)で韓国製の囲碁AIソフト「ハンドル」との引退対局の最終戦に敗れた。計3局をハンドルが2勝1敗で勝ち越し、AI技術の進展ぶりを改めて印象付けた。李九段はAIを「勝てない存在」と評して引退理由に挙げている。今月18日の第1局では李九段が先に2個の石を置くハンディをもらい勝ったが、ハンディをなくした19日は122手で敗れた。最終戦では第1局と同様のハンディが与えられたが及ばず、181手で対局を終えた。<映像内容>会場入り、対局雑観、記者会見、撮影日:2019(令和元)年12月21日、撮影場所:韓国 全羅南道

    撮影: 2019(令和元)年12月21日

  • 01:29.22
    2019年12月18日
    「新華社」「東方の宝石」トキ、穏やかに越冬陝西省寧陝県

    中国陝西省南部の山間部にある寧陝県野生復帰放鳥基地では、秦嶺山脈の奥地に生息する野生のトキが、入念な管理・保護の下で厳寒期を穏やかに過ごしている。同県寨溝村は自然が豊かで水田の区画が明確なことから、世界初のトキの生息域外野生復帰放鳥基地として、良好な生息環境を提供している。トキは最古の鳥類の一つとして「東方の宝石」とたたえられる。かつては中国や日本、韓国、ロシアなどに広く分布していたが、1970~80年代に絶滅の危機にさらされるようになった。野生のトキ7羽が81年に陝西省洋県で発見され、保護スタッフによる個体群の系譜調査、人工繁殖、放鳥による野生化の取り組みが進められた。世界のトキの個体群数は現在、3千羽を超え、うち2500羽余りが陝西省内に生息している。生息地の面積は1万4千平方キロメートル余りにまで拡大した。(記者/張晨俊)<映像内容>野生のトキの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.92
    2019年12月04日
    「新華社」世界の人形劇、福建省に大集合第6回泉州国際操り人形公演

    中国福建省泉州市で開催された第4回海上シルクロード国際芸術祭では、中心イベントとして第6回中国泉州国際操り人形公演が行われた。会場では、中国やロシア、ハンガリー、韓国などの人形使いが次々と登場し、見事な人形さばきを披露。特色ある人形のデザインや操作技巧、節回しが異彩を放った。(記者/林凱、章博寧)<映像内容>第6回中国泉州国際操り人形公演、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.08
    2019年11月22日
    GSOMIA失効を回避 河野防衛相の会見

    韓国大統領府は22日夕、日本政府に破棄すると通告していた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)を当分維持することを決め発表した。日本に対する8月の破棄通告の効力を停止すると表明し、日本政府に伝えた。河野太郎防衛相は22日午後6時すぎに、報道陣の取材に応じた。<映像内容>河野太郎防衛相の囲み取材、撮影日:2019(令和元)年11月22日、撮影場所:東京都新宿区 防衛省

    撮影: 2019(令和元)年11月22日

  • 00:54.62
    2019年11月16日
    「新華社」中日両国の考古学者、漢代の製鉄技術を復元

    中国四川省邛崃(きょうらい)市で16日、臨邛冶鉄の実験考古学イベントが開かれ、中国と日本の考古学者が漢代の製鉄技術を復元した。漢代の臨邛地区は、現在の成都市邛崃、蒲江一帯に当たる。当時は国内鉄器生産の中心地の一つで、漢代の文人、司馬相如(しば・しょうじょ)の妻で臨邛の才女と呼ばれた卓文君(たくぶんくん)の家族が、同時代で世界最大規模といわれる私営鉄工場を運営していた。今回のイベントは、四川大学歴史文化学院と成都文物考古研究院、四川省文物考古研究院、愛媛大学アジア古代産業考古学研究センター、邛崃市人民政府が共同で主催した。考古学関係者らは、発掘調査で見つかった漢代の溶鉱炉と文献記録を参考に原寸を縮小した直立炉を建設。生鉄の製造に成功し、漢代の製鉄技術の研究に重要な資料と成功例を提供した。愛媛大学アジア古代産業考古学研究センターの村上恭通教授によると、中国古代の製鉄技術は東南アジアに非常に大きな影響を与えたが、中でも臨邛の卓氏の技術は重要な役割を果たした。中国と日本、韓国3カ国の古代製鉄技術はいずれも卓氏の技術と関わりがあり、中国の古代製鉄技術を研究することは日本の製鉄技術の起源を研究することでもあるという。市内では15日、「中国西南地区と東南アジアの冶金技術の起源・伝播及び臨邛製鉄の実験考古学」国際学術シンポジウムも開催され、デンマークや英国、日本、中国など複数の国の専門家・学者50人余りが参加した。(記者/童芳)<映像内容>臨邛冶鉄の実験考古学イベントの様子、撮影日:2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 01:56.11
    2019年11月15日
    「新華社」浙江省で竜泉青磁の特別展始まる日本の重要文化財「馬蝗絆」も展示

    中国浙江省杭州市の浙江省博物館で15日、特別展「天下竜泉竜泉青磁とグローバル化」が始まった。日本の重要文化財で東京国立博物館が所蔵する「馬蝗絆」も展示されている。「馬蝗絆」は約800年前、中国の南宋時代に現在の同省竜泉市で生産され日本に贈られた青磁茶碗で、今回は「生まれ故郷」での展示となった。この青磁茶碗については、日本の儒学者、伊藤東涯が著作「馬蝗絆茶甌記」で、平重盛が安元1年(1175年)前後、杭州の育王山の寺院に黄金を寄進し、住職が返礼として贈ったと記している。茶碗はその後、室町幕府の将軍、足利義政の所有となった。だが、茶碗の底部がひび割れていたため、義政は同様の茶碗と取り替えたいと考え、使者を派遣して中国に送った。中国は当時、既に明代に入り、竜泉青磁の特徴が大きく変化していたため、同様の製品を生産することはできず、職人は金属のかすがいで補修して日本に送り返すしかなかった。茶碗の上に打たれたかすがいが「螞蝗」(ヒル)のように見えることから、この茶碗は「馬蝗絆」と名付けられた。同展は故宮博物院と浙江省博物館、麗水市人民政府の共催で開かれている。中国や日本、韓国、英国、インドなどの国・地域にある42の文化財所蔵機関から集められた文化財513点(組)が展示される。12~15世紀の竜泉青磁が中国や世界でどのように広がり発展したか、またどのように使われ、技術が伝わったかを重点的に示す展示となっている。浙江省南西部の竜泉市での磁器制作は、唐代には既に一定の規模に発展し、宋、元代から明代前期にかけて最盛期を迎えた。(記者/馮源、宋立峰)<映像内容>特別展「天下竜泉竜泉青磁とグローバル化」の展示、撮影日:2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.81
    2019年11月11日
    「新華社」サッカー男子中国代表、東アジアE-1選手権に向け武漢で合宿

    中国湖北省武漢市でこのほど、サッカー男子中国代表選抜チームの公開練習が行われ、李鉄(り・てつ)ヘッドコーチ率いる選手27人が敏捷性や協調性のトレーニングや組別対抗戦などのプログラムに取り組んだ。10月31日、中国サッカー協会は男子代表選抜チームの結成を発表し、李鉄氏をヘッドコーチに任命した。同チームは12月10日から18日まで韓国で開催される2019東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1サッカー選手権に出場する。(記者/饒饒、潘志偉)<映像内容>サッカー男子中国代表選抜チームの練習の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.48
    2019年11月11日
    「新華社」紹興酒「冬の仕込み」始まる浙江省紹興市

    中国浙江省紹興市では立冬を迎え、酒造メーカーが紹興酒の「冬の仕込み」を始めた。紹興酒は世界三大古酒の一つ。その醸造技術と文化は数千年かけて受け継がれ、発展してきた。「仕込み」は立冬から翌年2月の立春まで続く。紹興酒の品評会「第25回紹興黄酒節」も8日開幕した。開幕式では、同市の酒造メーカー代表が今年も芳醇な紹興酒が造れるよう「酒の神」に祈りを捧げた。紹興酒メーカー14社の代表が紹興酒という「金看板」を守り、さらに進化させていくと宣誓した。紹興黄酒節では「一帯一路」中国(国際)黄酒産業博覧会と中国(国際)黄酒産業サミットフォーラムも行われる。黄酒産業博覧会では今回初めてメインホールに海外製品の展示エリアが設けられ、日本や韓国、フランス、オーストラリアなどの国・地域の酒類が展示されている。(記者/韓伝号、宋立峰)<映像内容>紹興酒の冬の仕込み開始、第25回紹興黄酒節の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:30.08
    2019年11月08日
    「新華社」日本で販売されるすだれを作る農家山東省浜州市

    中国山東省浜州市無棣(むてい)県では、地元の農家がヨシのわらを整えて漂白し、日よけや飾りに使うすだれを編んでいる。すだれは廉価で環境に優しいという特徴があり、日本や韓国などの海外市場で売れており、地元農家に富をもたらす新たな手段となっている。この仕事に20年以上携わっている浜州市尚品工貿有限公司の李新明(り・しんめい)総経理によると、同社では毎年400万~500万枚のすだれを加工している。日本では毎年約1千万枚のすだれの需要があり、同社がある無棣県水湾鎮から輸出されたすだれが日本市場の約80%を占めている。地元ではすだれ加工が「どの家でも、誰でもでき、いつも忙しく、毎日収入が得られる」産業へと発展している。(記者/王歓、魏聖曜)<映像内容>すだれを作る農家の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:39.29
    2019年11月04日
    G20国会議長会議が開催 開会式の様子

    20カ国・地域(G20)国会議長会議が4日午前、国会内で開催された。各国立法府の代表が公正な貿易や投資の促進、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みなどについて議論し、同日夕方に共同声明を採択する。会議は2010年に始まり今回が6回目で、日本での開催は初めて。日本を含め17カ国と欧州議会など2機関が参加した。天皇陛下(現上皇さま)の謝罪で慰安婦問題が解決すると発言した韓国の文喜相国会議長も出席した。山東氏はフランスなどの代表者と個別に会談。文氏も会談を希望していたが、山東氏は、発言の撤回を求めた書簡に文氏の返信がなかったとして断った。<映像内容>開会式の会場に入る文喜相議長ら参加者らの様子、開会式での山東昭子参院議長あいさつ、参加者雑観など、撮影日:2019(令和元)年11月4日、撮影場所:東京 永田町 参議院議員会館講堂

    撮影: 2019(令和元)年11月4日

  • 01:27.96
    2019年10月18日
    「新華社」世界の縄跳び名人、河北省に集結中国国際縄跳びオープン

    中国河北省廊坊(ろうぼう)市固安県でこのほど、2019年中国国際縄跳びオープンが開催された。主要5種目のほかにも17の小種目が用意され、米国やフランス、韓国、日本など15カ国・地域の選手300人余りが参加した。(記者/斉雷傑)<映像内容>2019年中国国際縄跳びオープン開催の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:33.62
    2019年10月17日
    「新華社」世界軍人運動会女子サッカー中国、初戦飾る

    第7回世界軍人運動会(ミリタリーワールドゲームズ)の女子サッカーが17日、中国湖北省武漢市の武漢ナショナルフィットネスセンター(全民健身中心)で始まり、グループリーグの4試合が行われた。グループAの中国は初戦で韓国と対戦し、総合力で上回り3-0で勝利した。中国は試合開始後7分足らずで楊麗(よう・れい)が先制ゴールを決め、後半7分にも楊が追加点を挙げた。アディショナルタイムには中国のペナルティーキックでキーパーのはじいたボールを張睿(ちょう・えい)が押し込んだ。中国と同グループのドイツ対アメリカはドイツが1-0で勝利。グループBはブラジルが0-3で朝鮮(北朝鮮)に敗れ、カメルーンが2-0でフランスに勝った。女子サッカーは19日と21日にグループリーグの第2、第3試合があり、24日に準決勝、25日に決勝が行われる。<映像内容>第7回世界軍人運動会の女子サッカー、中国と韓国の試合、撮影日:2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.31
    2019年10月15日
    FIFA会長訪朝 サッカー学校を訪問

    サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の北朝鮮―韓国戦が15日、北朝鮮・平壌の金日成競技場で行われ、0―0で引き分けた。国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長も同日平壌に到着。サッカー選手の育成施設、平壌国際サッカー学校を訪れ、子どもたちの練習風景を視察した。<映像内容>平壌に到着したインファンティノ会長、サッカー学校視察時の様子など、撮影日:2019(令和元)年10月15日、撮影場所:平壌

    撮影: 2019(令和元)年10月15日

  • 01:09.99
    2019年10月09日
    「新華社」中国と韓国を結ぶ大型定期船が運航開始山東省威海

    600人余りの旅行客を乗せた大型定期船「東方明珠8号」が9日、韓国の平沢(ピョンテク)港を出発し、中国山東省威海市の竜眼港に到着した。同港は山東半島の最東端に位置し、海を隔てて日本や韓国と向き合っている。今回、竜眼港と平沢港を結ぶ大型定期船が運航を開始したことで、中国と韓国の貿易に海上の高速通路が加わった。定期船航路では旅客輸送業務の他、主に食材や電子製品、日用雑貨などを運ぶ貨物輸送業務も担う。運航開始後は毎週水、金、日曜に中国から出港し、火、木、土曜に韓国から出港する。(記者/馮媛媛、李信君)<映像内容>中韓を結ぶ大型定期船が運航開始、撮影日:2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.97
    2019年09月28日
    日比谷で日韓交流イベント 伝統芸能など披露

    日本と韓国の人的・文化的交流を進めるイベント「日韓交流おまつり」が28日、東京・日比谷公園で始まり、両国の伝統芸能などが披露された。11回目で、29日まで。<映像内容>開会式の雑観、赤羽一嘉国交相あいさつ、イベント雑観、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国特命全権大使の囲み取材など、撮影日:2019(令和元)年9月28日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2019(令和元)年9月28日

  • 01:54.51
    2019年09月27日
    「新華社」2019国際ビーチごみ清掃活動、大連市で開催

    2019年海洋ごみ合同シンポジウムおよび国際ビーチごみ清掃活動が27日、中国遼寧省大連市で4日間の日程を終え、閉幕した。会議の重要な内容の一つである、棒棰(ぼうすい)島の海水浴場での清掃活動には、大連の環境保護ボランティアと「北西太平洋地域海行動計画(NOWPAP)」加盟国の中国や日本、韓国、ロシアの4カ国の海洋ごみ連絡員、中国生態環境部のリーダー150人余りが参加した。同活動は、主にビーチに捨てられたごみや砂浜に浅く埋まったごみを分類調査し、最終的にごみを拾ってビーチをきれいにする。同日の活動で拾い集められたごみは、量ってみると、合計76キロに上った。海洋ごみ問題はここ数年、世界規模で関心を集めている。北西太平洋海洋ごみシンポジウムおよび国際ビーチごみ清掃活動は2015年から中国、ロシア、日本、韓国が持ち回りで開催している。(記者/姜兆臣)<映像内容>中国大連市で開催の2019国際ビーチごみ清掃活動の様子、撮影日:2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.01
    2019年09月10日
    南北関係改善の期待しぼむ 平壌、記念切手に文氏なし

    昨年9月18~20日に北朝鮮・平壌で南北首脳会談が開かれて来週で1年となる。当時は平壌市民の間でも高まった南北関係改善への期待はしぼみ、北朝鮮は韓国の文在寅大統領を米朝の仲介者とは認めない姿勢も鮮明にしている。平壌市内の切手販売店では10日、最近発売された6月30日の板門店での米朝首脳会談を記念する切手が売られていた。だが切手に文氏は不在だ。<映像内容>米朝板門店会談を記念する切手、封筒、封筒に押された「板門店朝米首脳会談」などと書かれたスタンプ、撮影日:2019(令和元)年9月10日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年9月10日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:03.58
    2019年09月10日
    「新華社」金正恩氏、超大型ロケット砲の試射を指導

    朝鮮中央通信は11日、同国の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏が10日に超大型ロケット砲試射の現地指導を行い、同ロケット砲などの戦術誘導兵器の生産量を高めるよう指示したと報じた。同通信の報道によると、今回の試射は2度に分けて実施され、当初の目的を達成した。金正恩氏は、超大型ロケット砲兵器システムの多方面にわたる特徴は既に検証が得られたとし、連射試験の実施を残すのみと表明した。また、金正恩氏が超大型ロケット砲など朝鮮式の戦術誘導兵器の生産量を最大限まで引き上げるよう指示したとも伝えた。韓国側は、朝鮮(北朝鮮)が10日に朝鮮半島の東側海域に向け短距離飛翔体2発を発射したとしている。(記者/程大雨、劉艶霞)<映像内容>北朝鮮の超大型ロケット砲試射を金正恩朝鮮労働党委員長が視察、平壌の街並み、撮影日:2019(令和元)年9月10日、クレジット:朝鮮中央通信/新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.96
    2019年09月10日
    北朝鮮、飛翔体2回発射 今日の平壌市内雑観

    韓国軍は10日、北朝鮮が同日朝、中部、平安南道の内陸部から日本海側に向けて飛翔体を2回発射したと明らかにした。弾道ミサイルかどうか分析を進める。北朝鮮の崔善姫第1外務次官は9日夜、米朝実務協議に9月下旬にも応じる用意があると表明。非核化交渉の主導権を握るため硬軟両様で仕掛けた形だ。<映像内容>金日成広場や平壌駅頭など平壌市内の様子を車中から撮影した映像、撮影日:2019(令和元)年9月10日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年9月10日

  • 01:42.40
    2019年08月31日
    新生クレインズが開幕戦 アイスホッケー、北海道

    3月末限りで廃部となったアイスホッケーチーム「日本製紙クレインズ」の後継の「ひがし北海道クレインズ」が、本拠地の釧路市で、発足後初となるアジア・リーグの開幕戦を迎え、アイスバックス(栃木県日光市)と対戦した。日本製紙(東京)は昨年12月、経営合理化によるチームの廃部を発表した。その後、後継のチームを発足するための運営会社が設立され、新チームが誕生。スポンサー集めやファンクラブの新設などで、今シーズン中に資金約2億円が集まる見込みだ。<映像内容>試合の様子、上野拓紀主将のインタビューなど、撮影日:2019(令和元)年8月31日、撮影場所:北海道 釧路市

    撮影: 2019(令和元)年8月31日

  • 03:02.12
    2019年08月27日
    「新華社」中国・エジプト合弁会社KONKOのテレビ工場を訪ねてカイロ

    エジプトの首都カイロの南124キロに位置する中国・エジプト合弁会社KONKOの工場では、約600人のエジプト人従業員が整然とテレビのメインボード制作、液晶パネル取り付け、外枠の射出成型などの工程に取り組んでいる。出荷されたテレビは、喜びと共に同国内の顧客に届けられる。このテレビには、中国家電大手、康佳集団(KONKA)の知恵の結晶が集められている。同社とエジプトの家電メーカーHOHOは今年、合弁会社KONKOを設立し、アフリカ・中東市場を共同で開拓している。新会社は、年間60万台の液晶テレビの生産が可能で、価格は韓国のサムスン電子やLGエレクトロニクスなど、同類ブランドの製品より5〜10%抑えられている。同社のテレビは、手頃な価格と際立つ外観、確かな品質保証によってエジプト市場での評判を次第に高めている。また、新会社の設立は同国南部に大きな雇用を生み出した。エジプト人従業員にとって、KONKOは同国の一般的な企業と比べ、多くの利点がある。賃金が比較的高いほか、良好な企業イメージと和やかな職場の雰囲気が従業員たちのより良い自我発達を後押ししている。同国でのテレビ販売台数は現在、康佳集団の海外販売台数の8%を占める。KONKOは、今後も工場の生産能力を拡大し続け、テレビや白物・小型家電を主軸に、製品構成を多様化し、中東やアフリカ、さらに欧米の市場を見据えた生産基地になるという。(記者/湯潔峰)<映像内容>中国・エジプト合弁会社KONKOのテレビ工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:51.04
    2019年08月25日
    佐々木「必ず世界一取る」 W杯高校日本代表が結団式

    30日に韓国で開幕する野球の18歳以下のU18ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表が25日、東京都内で記者会見と結団式を行い、最速163キロで注目を集める佐々木朗希投手(岩手・大船渡)は「まだ世界一になっていないので、このメンバーで必ず世界一を取るという気持ち」と意気込みを語った。<映像内容>記者会見(向かって左から奥川恭伸選手、永田裕治監督、坂下翔馬主将、佐々木朗希投手)、質疑応答、フォトセッション、結団式など、撮影日:2019(令和元)年8月25日、撮影場所:東京都豊島区 サンシャイン文化会館

    撮影: 2019(令和元)年8月25日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:35.39
    2019年08月23日
    韓国の協定破棄に「失望」 防衛相、再考を要求

    岩屋毅防衛相は23日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた韓国の対応について「失望を禁じ得ず、極めて遺憾だ」と述べた。24日の更新期限までに再考を求める意向も表明した。防衛省で記者団の取材に応じた。同時に、北朝鮮によるミサイル発射など地域の諸課題に関し「日韓や日米韓で適切な連携ができるよう賢明な対応を強く求めたい」と語った。<映像内容>岩屋防衛相の記者会見の様子、撮影日:2019(令和元)年8月23日、撮影場所:防衛省

    撮影: 2019(令和元)年8月23日

  • 01:34.55
    2019年08月22日
    「新華社」中韓日の委員(議員)による囲碁交流イベントを開催四川省成都市

    中国四川省成都市で21、22の両日、中韓日委員(議員)囲碁交流会が開催された。今回は3チームで各2戦ずつの総当たり形式が取られた。初日は3カ国から合計34人の棋士が参加し、22日に2戦目の対局が行われた。中国代表団ヘッドコーチでプロ棋士の古力(こ・りき)九段は1戦目の対局を観戦後、各国の参加棋士のレベルは高かったと振り返り、「対局は非常に拮抗しており、参加棋士の技も予想外に素晴らしかった」と感想を述べた。日本代表団ヘッドコーチで日本棋院所属のプロ棋士、武宮正樹九段は「試合の結果を追求するプロの大会とは違い、こうした交流試合は楽しみながら囲碁を打てる」と語った。韓国の国会議員で韓国国会棋友会首席副会長の李鍾九(イ・ジョング)氏は「このようなイベントは中韓日3カ国の文化交流を促進し、関係を深めるのに非常に有益だ。今回の交流イベントを通じて互いの関係を一層強化し、共同繁栄の道に向かって進むことを希望する」と述べた。中国人民政治協商会議全国委員会と韓国の国会は2013年から3年連続で、北京とソウルの持ち回りで囲碁交流イベントを共催しており、昨年8月から中韓日議員囲碁交流に拡大したという。(記者/蕭永航)<映像内容>日中韓の議員による囲碁交流会の様子、撮影日:2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.63
    2019年08月18日
    仲邑・福岡ペアが敗北 囲碁、日中の俊英対決

    日本と中国の囲碁のホープが争う、ペア碁俊英ドリームマッチが18日、東京都内のホテルで打たれ、日本の仲邑菫(なかむらすみれ)初段(10)・福岡航太朗(ふくおか・こうたろう)初段(13)ペアが中国の若手ペアに敗れた。〈映像内容〉フォトセッション、対戦雑観、表彰式、記者会見など、撮影日:2019(令和元)年8月18日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(令和元)年8月18日

  • 01:56.71
    2019年08月08日
    「新華社」扎竜国家級自然保護区、タンチョウ20羽を野生復帰黒竜江省

    中国黒竜江省にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区はこのほど、今年すでにタンチョウ20羽の野生復帰に成功したことを明らかにした。同自然保護区の面積は2100平方キロ。世界最大面積の野生タンチョウの生息・繁殖地であると同時に、世界最大規模のタンチョウの人工飼育と野生化訓練基地でもあることから、中国の「タンチョウのふるさと」と呼ばれる。同自然保護区ではこれまでに、300羽余りのタンチョウを野生復帰させてきた。タンチョウの野外での分布状況を把握するため、同保護区は全地球測位システム(GPS)での位置測定と足環装着によって追跡・観測を行っている。2012年の標識番号L002を付けたタンチョウは韓国の鉄原(チョルウォン)郡で、2017年の標識番号L077を付けたタンチョウは江蘇省塩城(えんじょう)市で観測されている。現在、野生のタンチョウは世界中に2400羽しかおらず、国際自然保護連盟(IUCN)により絶滅危惧種に指定されている。主に中国やロシア、日本、韓国、朝鮮などに分布している。(記者/何山、馬迪)<映像内容>扎竜国家級自然保護区のタンチョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:31.79
    2019年08月02日
    韓国の輸出優遇措置除外 官房長官会見

    政府は2日、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定した。半導体材料の韓国向け輸出管理の厳格化に続く規制強化の第2弾で、政令公布の21日後に施行し、今月下旬に除外する。日本がホワイト国の指定を取り消すのは韓国が初めて。〈映像内容〉首相官邸での菅義偉官房長官の記者会見、撮影日:2019(令和元)年8月2日、撮影場所:首相官邸

    撮影: 2019(令和元)年8月2日

  • 01:32.16
    2019年08月01日
    「新華社」「2019年武林群英会」、マカオで開催

    中国マカオ特別行政区体育局とマカオ武術総会が共催する武術のイベント「2019年武林群英会」が1日夜、塔石体育館で開幕した。開幕式では大勢の武術家や武術グループが、武術ショー、歌と踊り、「竜獅(りゅうし)」などを披露し、会場は大いに盛り上がった。4日間にわたる「2019年武林群英会」では、一連の武術、ボクシング、獅子舞などの競技が行われる。その中で最も注目されているのが、「太陽城集団ICKF世界コンバット・チャンピオンシップ・マカオ」。階級別の世界・アジアチャンピオンを賭けた試合が7回にわたって行われ、中国内地、マカオ・香港地区、ブラジル、米国、韓国などの国と地域の選手が参加する。また、「『一帯一路』竜獅大会」も行われ、中国内地、マカオ・香港地区、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナム、タイ、ミャンマーのチームが競い合う。最終日を飾るイベントは「武術と竜獅のパレード」。多くのチームがマカオの人気観光スポット、セナド広場を出発し、聖ポール天主堂跡を通って塔石広場へ向かう途中で、躍動感あふれる武術と竜獅を披露する。(記者/郭鑫)<映像内容>武術のイベント「2019年武林群英会」開催の様子、撮影日:2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:26.88
    2019年07月30日
    「新華社」寧波舟山港、上半期のコンテナ取扱量1390万TEU達成

    中国浙江省の寧波舟山港集団によると、今年上半期(1~6月)の同港のコンテナ取扱量は前年同期比4・7%増の1390万TEU(20フィートコンテナ換算)となり、伸び率は第1四半期(1~3月)から1・7ポイント上昇した。うち「一帯一路」沿線国・地域向け取扱量が40%以上を占めた。同港は今年に入り、サービスレベルの向上に努め「ペーパーレス」改革を迅速に進めてきた。海外輸入業務と国内取引の力強い成長が、取扱量回復の重要な原動力となった。寧波口岸(通関・検査所)も今年、日本や韓国などアジアの従来貿易パートナー及ぶ東南アジア諸国連合(ASEAN)市場との取引において安定した成長を保っている。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>コンテナ船や寧波舟山港の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:35.56
    2019年07月23日
    北朝鮮側で観光客が増加 北側からみた板門店記者ルポ

    6月30日に韓国と北朝鮮、米国の首脳が一同に会した板門店の共同警備区域(JSA)で、共同通信記者が23日、南北両方の地域から反対側を眺めた。〈映像内容〉北朝鮮側の共同警備区域、非武装地帯の映像。板門閣の地図、停戦交渉が行われた会議場の見学を終えた中国人観光客、会議場内とガイド役の朝鮮人民軍兵士、休戦協定の調印式が行われた建物前の碑や建物内の金日成氏の写真や展示資料、板門閣外観、板門閣から軍事境界線と韓国側「自由の家」を臨んだ様子、朝鮮人民軍兵士、写真撮影する中国人観光客など、撮影日:2019(令和元)年7月23日、撮影場所:共同警備区域 JSA

    撮影: 2019(令和元)年7月23日

  • 01:03.93
    2019年07月21日
    北朝鮮で地方議会選 信任投票、正恩氏へ忠誠

    北朝鮮で21日、全国の道や市、郡の人民会議(地方議会)の代議員選挙が行われた。信任投票で任期は4年。同日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は社説で、金正恩党委員長への忠誠と団結を訴え、有権者全員が賛成票を投じるよう呼び掛けた。平壌市楽浪区域の投票所では、金正恩氏による一連の首脳外交で米国や韓国との交渉窓口を務めた金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が投票した。一部韓国紙は5月、金英哲氏が粛清されたと報じていたが、改めて健在が確認された。初めて同区域の代議員に選ばれた女性の金春心(キム・チュンシム)さんは「党の期待に背かないよう人民の従僕になる」と抱負を語った。投票に訪れた男性、白林(ペク・リム)さんは「きょう選出された代議員らが最高指導者の意図に従い、貢献すると期待している」と語った。〈映像内容〉投票所、投票を呼び掛けるポスター、候補者公示、金英哲氏が投票に訪れた様子、金春心さんインタビュー、投票雑観、投票に訪れた白林さんのインタビューなど、撮影日:2019(令和元)年7月21日、撮影場所:北朝鮮 平壌市 楽浪区域 ラクナン

    撮影: 2019(令和元)年7月21日

  • 01:33.27
    2019年07月18日
    「新華社」ACG香港2019でコスプレコンテスト開催へ

    中国香港で26日から30日にかけて、アニメ、コミック、ゲームのイベント「ACG香港2019」が開催される。同イベントの主催者は18日開いた記者会見で、例年行っているeスポーツの要素のほかに、今年は最初の3日間「アニメ、eスポーツのコスプレコンテスト」を開催すると明らかにした。主催者はまた、コスプレーヤーに向けて「アジア太平洋地域コスプレカーニバル」も開くと発表。中国、日本、韓国などのコスプレーヤーが一堂に会し、ゲストとして来場者に化粧やパフォーマンスの経験などを話すという。(記者/陳其蔓、楚雄)<映像内容>「ACG香港2019」の記者会見、撮影日:2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:50.71
    2019年07月13日
    日韓、会合翌日異例の反論 輸出規制巡り対立拡大

    経済産業省は13日、韓国への輸出規制強化措置を巡り、12日に開いた日韓事務レベル会合に関し「措置の撤回を要請した」との韓国側の事後説明に反論した。経産省の担当者は13日午後に記者会見し「(韓国から)問題提起は受けたが、撤回要請は受けていない」と強調した。会合翌日に撤回要請の有無について、双方が対立する異例の展開となった。今月下旬の世界貿易機関(WTO)一般理事会での応酬は避けられず、対立の拡大は必至だ。〈映像内容〉岩松潤貿易管理課長らによる記者会見の様子、、撮影日:2019(令和元)年7月13日、撮影場所:都内

    撮影: 2019(令和元)年7月13日

  • 01:17.07
    2019年07月08日
    「新華社」蘇寧と中国聯通による初の5G体験型店舗、上海にオープン

    今年は次世代移動通信システム「5G」の商用化元年とされている。中国家電販売大手の蘇寧易購と大手通信事業者の中国聯通(チャイナユニコム)が共同で設立した初の5G体験型店舗がこのほど、上海で正式にオープンした。店舗には5G通信対応の携帯電話、8Kテレビ、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、クラウドオフィスなど、インテリジェント製品とその応用シーンが展示されている。上海の中山公園にある蘇寧易購の5G体験型店舗では、華為技術(ファーウェイ)、OPPO、VIVO、小米(シャオミ)などのメーカーによる5G試作品が陳列され、消費者はそれらを体験できる。店員が現場で測定したところ、4Gで通信する下り速度は最大で約40Mbpsだが、5Gで通信した場合は最大で900Mbpsを超え、前者の約20倍となっている。スマートフォンのほか、クラウドオフィス、クラウドゲーム、高画質の動画送信、高画質でリアルタイムなエンターテインメント体験など、消費者は店舗で5Gの重要な応用シーンを確かめることができる。蘇寧易購によると、第1弾の5G対応携帯電話は7月末、8月初めに発売され、続いて上海にある全ての蘇寧の店舗で5G信号がカバーされる予定だという。(記者/張夢潔)<映像内容>5G体験型店舗の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:50.14
    2019年06月30日
    「新華社」朝鮮中央通信、朝米首脳が会談の結果に「大きな満足の意」表明と報道

    朝鮮中央通信は1日、同国の最高指導者金正恩(キム・ジョンウン)氏は6月30日、トランプ米大統領と板門店(パンムンジョム)で対面し、会談を行ったと報じた。両首脳が会談の結果に「大きな満足の意」を示し、双方は「建設的な対話を再開し、積極的に推進していく」との内容で合意したと伝えた。報道は、金正恩氏がトランプ氏の提案に応じ、板門店で今回の「歴史的」「電撃的」な面会を行ったことは「歴史を超えた世紀の対面」であり、両国指導者の「果敢な決断」によって、敵視する両国が前例のない信頼関係を築く「驚くべき出来事」になったとした。金正恩氏は6月30日午後、板門店でトランプ氏と対面した。今回はシンガポールとハノイに続く3度目の対面。その後、トランプ氏は軍事境界線を越えて朝鮮(北朝鮮)側に入った。現職の米国大統領が朝鮮(北朝鮮)に入ったのは初めて。両首脳はその後、再び軍事境界線を越え、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が待つ韓国側の「自由の家」に移動し、3者で対面した。(記者/江亜平、程大雨、劉艶霞)<映像内容>米朝首脳が韓国側から軍事境界線を越えて北朝鮮側に入る様子、握手など、撮影日:2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:53.50
    2019年06月20日
    「新華社」ハルビン国際経済・貿易商談会の朝鮮展示エリアを訪ねて

    中国黒竜江省ハルビン市で、第6回中国・ロシア博覧会と第30回ハルビン国際経済・貿易商談会が15~19日の日程で開催されている。朝鮮(北朝鮮)や韓国、日本などの国・地域の展示エリアでは、大勢のバイヤーや市民が商談に訪れ、商品を買い求めている。中でも朝鮮(北朝鮮)展示エリアの特色ある手工芸品や油絵、切手、薬草などが人気を集めた。今回の朝鮮(北朝鮮)展示エリアには企業11社が出展した。主に朝鮮(北朝鮮)の油絵や健康食品、工芸品、伝統食品などが展示されている。(記者/斉泓鑫、劉赫垚)<映像内容>第30回ハルビン国際経済・貿易商談会の北朝鮮の展示エリア、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:54.63
    2019年06月18日
    「新華社」大きく「開花」する花卉産業福建省漳浦県

    中国福建省では近年、花卉(かき)産業が急成長を続けており、今や「人民の富」「生態系の美」を実現する新興産業となっている。台湾地区出身の黄瑞宝(こう・ずいほう)さんは1998年に自身が育てた胡蝶蘭を携えて福建省漳州(しょうしゅう)市の花卉展に参加し、その時以来この地と深い縁を持つ。同市漳浦(しょうほ)県にある漳浦台湾農民創業園は2006年に設立。中国大陸で最も早い時期に設立された胡蝶蘭植栽地の一つであり、胡蝶蘭種苗の主要生産地の一つでもある。黄さんが立ち上げた漳州鉅宝生物科学技術有限公司は、同園に入居してからすでに3千種以上の胡蝶蘭の品種を育てており、そのうち20種以上が中国農業植物新品種の認証を受けている。現在、同園には台湾資本の胡蝶蘭花卉企業が16社入居しており、年間生産種苗数は5千万株以上、生産額は3億元(1元=約16円)に達している。優れた技術を持つ台湾企業は自身の事業を拡大するだけでなく、大陸の企業に対して技術指導も行い、協力関係を築いている。鴻浩(漳州)園林有限公司は同園に入居する大陸資本の企業。同社の厳浩(げん・こう)総経理によると、台湾地区では早くから胡蝶蘭産業が勃興したため、研究開発や栽培の経験が豊富であり、台湾企業は自社の技術と経験を携えて来て、地元企業とそれらを共有することで、胡蝶蘭産業を発展させたという。2018年末現在、同県の花卉植栽面積は8万5千ムー(約5670ヘクタール)に達しており、植栽品種は2千種を上回っている。このうちガジュマルの盆栽、胡蝶蘭、多肉植物など100種余りが欧米、韓国、中東など40カ国・地域に向けて出荷されており、花卉全産業チェーンの生産額は42億元に達している。同県は同省花卉産業「開花」の縮図になっている。(記者/宓盈婷、林凱)<映像内容>胡蝶蘭栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4