KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • かん
  • 丸印
  • 令和
  • 任期
  • 保管
  • 地方
  • 変化
  • 文学者
  • 施行
  • 書体

「韓玉峰」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2022年03月12日
    (2)12枚の投票権証明書で振り返る中国人代の歴史山西省

    2月17日、韓玉峰氏が保管する選民証の一部。中国山西省大同市出身の文学者、韓玉峰(かん・ぎょくほう)氏(89)は「選民証(投票権証明書)」12枚を同省太原市の自宅に大切に保管している。そのうち最も古いのは1953年のもので、中国で最初の選挙法「中華人民共和国全国人民代表大会および地方各級人民代表大会選挙法」が正式に施行された後に発行された初の選民証として知られる。12枚の選民証は、1953年から2021年までの間に、書体が繁体字から簡体字へ、印鑑が角印から丸印へ、任期が2年、3年、5年へと変化したことなど、中国人民民主の発展過程を物語っている。(太原=新華社配信/李佩)= 配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408712

  • 2022年03月12日
    (1)12枚の投票権証明書で振り返る中国人代の歴史山西省

    2月17日、山西省太原市で、選民証を貼ったアルバムをめくる韓玉峰氏。(ビデオ映像のキャプチャー画像)中国山西省大同市出身の文学者、韓玉峰(かん・ぎょくほう)氏(89)は「選民証(投票権証明書)」12枚を同省太原市の自宅に大切に保管している。そのうち最も古いのは1953年のもので、中国で最初の選挙法「中華人民共和国全国人民代表大会および地方各級人民代表大会選挙法」が正式に施行された後に発行された初の選民証として知られる。12枚の選民証は、1953年から2021年までの間に、書体が繁体字から簡体字へ、印鑑が角印から丸印へ、任期が2年、3年、5年へと変化したことなど、中国人民民主の発展過程を物語っている。(太原=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408714

  • 2022年03月12日
    (3)12枚の投票権証明書で振り返る中国人代の歴史山西省

    2月17日、山西省太原市で、初めて手に入れた選民証を見せる韓玉峰氏。(ビデオ映像のキャプチャー画像)中国山西省大同市出身の文学者、韓玉峰(かん・ぎょくほう)氏(89)は「選民証(投票権証明書)」12枚を同省太原市の自宅に大切に保管している。そのうち最も古いのは1953年のもので、中国で最初の選挙法「中華人民共和国全国人民代表大会および地方各級人民代表大会選挙法」が正式に施行された後に発行された初の選民証として知られる。12枚の選民証は、1953年から2021年までの間に、書体が繁体字から簡体字へ、印鑑が角印から丸印へ、任期が2年、3年、5年へと変化したことなど、中国人民民主の発展過程を物語っている。(太原=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408716

  • 2022年03月12日
    (5)12枚の投票権証明書で振り返る中国人代の歴史山西省

    2月17日、韓玉峰氏が所有する最も新しい選民証。中国山西省大同市出身の文学者、韓玉峰(かん・ぎょくほう)氏(89)は「選民証(投票権証明書)」12枚を同省太原市の自宅に大切に保管している。そのうち最も古いのは1953年のもので、中国で最初の選挙法「中華人民共和国全国人民代表大会および地方各級人民代表大会選挙法」が正式に施行された後に発行された初の選民証として知られる。12枚の選民証は、1953年から2021年までの間に、書体が繁体字から簡体字へ、印鑑が角印から丸印へ、任期が2年、3年、5年へと変化したことなど、中国人民民主の発展過程を物語っている。(太原=新華社記者/馬志異)= 配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408715

  • 01:27.46
    2022年03月12日
    「新華社」12枚の投票権証明書で振り返る中国人代の歴史山西省

    中国山西省大同市出身の文学者、韓玉峰(かん・ぎょくほう)氏(89)は「選民証(投票権証明書)」12枚を同省太原市の自宅に大切に保管している。そのうち最も古いのは1953年のもので、中国で最初の選挙法「中華人民共和国全国人民代表大会および地方各級人民代表大会選挙法」が正式に施行された後に発行された初の選民証として知られる。12枚の選民証は、1953年から2021年までの間に、書体が繁体字から簡体字へ、印鑑が角印から丸印へ、任期が2年、3年、5年へと変化したことなど、中国人民民主の発展過程を物語っている。韓氏はすでに、選民証を山西省檔案館に寄付する旨を関係者に伝えており、より多くの人が中国の人民民主の歴史に触れ、それに対する理解を深めることを願っている。(記者/馬志異) =配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408706

  • 2022年03月12日
    (4)12枚の投票権証明書で振り返る中国人代の歴史山西省

    2月17日、1953年に中国初の選挙法「中華人民共和国全国人民代表大会及び地方各級人民代表大会選挙法」が正式に施行された後に発行された初の選民証を指差す韓玉峰氏。(ビデオ映像のキャプチャー画像)中国山西省大同市出身の文学者、韓玉峰(かん・ぎょくほう)氏(89)は「選民証(投票権証明書)」12枚を同省太原市の自宅に大切に保管している。そのうち最も古いのは1953年のもので、中国で最初の選挙法「中華人民共和国全国人民代表大会および地方各級人民代表大会選挙法」が正式に施行された後に発行された初の選民証として知られる。12枚の選民証は、1953年から2021年までの間に、書体が繁体字から簡体字へ、印鑑が角印から丸印へ、任期が2年、3年、5年へと変化したことなど、中国人民民主の発展過程を物語っている。(太原=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408717

  • 1