KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 音読み
  • 教科書
  • 令和
  • 児童
  • 記者
  • 世の中
  • 中学生
  • 人工内耳
  • 先生
  • 医学

「音読」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
36
( 1 36 件を表示)
  • 1
36
( 1 36 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Gompachi Komurasaki no Toko no Tsuki, 逢身八契 権八小紫の床の通気, Shared Feelings in the Bedchamber of Komurasaki and Gompachi,

    Gompachi Komurasaki no Toko no Tsuki, 逢身八契 権八小紫の床の通気, Shared Feelings in the Bedchamber of Komurasaki and Gompachi, Edo period (1615–1868), ca. 1795, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, H. 14 15/16 in. (37.9 cm); W. 10 3/16 in. (25.9 cm), Prints, Kitagawa Utamaro (Japanese, 1753?–1806), This series involves an elaborate pun on the traditional Eight Views of Omi painting theme. Omi is both a place name and the phonetic reading of the characters for ‘lovers‘ meetings.‘ In these prints, lovers made famous in joruri puppet plays and in the Kabuki theater are matched with sentiments created out of word play on each of the conventional titles of the eight scenes.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071700557

  • 1997年10月18日
    何がそんなにおかしいの

    ベルリンの世界文化センターで、中国の現代画家ユエ・ミンジュン(音読み)の作品を見詰める観客。絵は“笑顔の国”としての中国がモチーフ。この展示会では、中国を代表する現代美術作家三十一人の作品が集められている。(ロイター=共同)

    商品コード: 1997101800023

  • 2003年11月18日
    数並べに挑戦する高齢者 音読、計算で痴ほうを防げ

    東北大などの痴ほう予防プロジェクトで、数並べに取り組む高齢者=10月、仙台市宮城野区

    商品コード: 2003111800007

  • 2003年12月11日
    いろいろな“学ぶ意味”

    「脳を鍛える大人の音読ドリル」「同・計算ドリル」

    商品コード: 2003121100152

  • 2004年06月06日
    大人用ドリル 大人用ドリルが120万部

    老化予防の「脳を鍛える大人の計算ドリル」(左)と「大人の音読ドリル」

    商品コード: 2004060600069

  • 2005年10月13日
    川島隆太教授 朝刊音読で脳活性化を

    インタビューに答える東北大の川島隆太教授=12日、仙台市の東北大

    商品コード: 2005101300143

  • 2005年11月22日
    岡本典子さん 奮闘、声のボランティア

    上映会前に音声ガイドの音読練習をする岡本典子さん=10月15日、名古屋市北区

    商品コード: 2005112200015

  • 2006年04月12日
    音読で脳を鍛えるソフト 商品ニュース

    中央情報システムのパソコン用ソフト「楽しい脳トレ 監修版」

    商品コード: 2006041200162

  • 01:40.60
    2006年09月18日
    男性長寿日本一をお祝い 敬老の日、宮崎の111歳

    敬老の日の18日、宮崎県都城市の男性長寿日本一田鍋友時(たなべ・ともじ)さん(111)を、長峯誠(ながみね・まこと)都城市長が表敬訪問した。田鍋さんはこの日が誕生日。長峯市長が花束とお祝い状を贈呈すると、田鍋さんは熱心にお祝い状を読み「みなさまのおかげで生きています。まだまだ長生きするようだ」と話していた<映像内容>お祝いのケーキを挟み、長峯市長と向かい合った席で「まだまだ生きる」と話す田鍋さん、田鍋さんの日記を音読する長峯市長、お祝いに駆けつけた人たち、撮影日:2006(平成18)年9月18日、撮影場所:宮崎県都城市

    商品コード: 2019100206969

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月31日
    音読の練習をする参加者 視覚障害者に代読・代筆

    「読み書き支援員」の養成講習会で、音読の練習をする参加者=7月2日、東京都品川区

    商品コード: 2011073100148

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月15日
    日本語を音読する女性 広げよう、日本語の輪

    ジャカルタの語学学校で日本語の教科書を音読する女性=13日(共同)

    商品コード: 2013081500364

  • 2015年10月15日
    神学校の少年ら 近代化迫られる神学校

    インド西部ムンバイの神学校「ダルール・ウルム・ハンフィア・ラズビア」で聖典コーランを音読する少年ら=8月(共同)

    商品コード: 2015101500620

  • 2015年10月15日
    コーランを音読する少年ら 近代化迫られる神学校

    インド西部ムンバイの神学校「ダルール・ウルム・ハンフィア・ラズビア」で聖典コーランを音読する少年ら=8月(共同)

    商品コード: 2015101500621

  • 2016年10月15日
    教科書を音読する勝君 地方と都市「転校」自由に

    徳島県美波町立日和佐小で、教科書を音読する勝君(仮名、左)=7日

    商品コード: 2016101500003

  • 2017年06月17日
    音読鑑賞の皇太子さま 日本人児童らと交流

    コペンハーゲン日本人補習校を訪問し、和歌などの音読を鑑賞される皇太子さま=17日(共同)

    商品コード: 2017061700576

  • 2017年06月26日
    「忘れ難い印象の絵本」

    「『ちいさいおうち』を音読したら、胸がいっぱいになって涙が出た。そんな経験は初めてだった」とシンポジウムで思い出を話す松岡享子さん=東京都江東区

    商品コード: 2017062600746

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年10月07日
    音読する武井さんら 国会審議、市民が演じる

    「コッカイオンドク!」で安倍首相に扮(ふん)する弁護士の武井由起子さん(右)ら=7日午後、東京都新宿区

    商品コード: 2017100700542

  • 02:03.71
    2019年06月04日
    「新華社」百年の屋敷が伝える家風、文化観光の新たな目玉に

    中国江西省南昌市北部郊外の新建区に、歴史的建築物が立ち並ぶ「汪山土庫(おうさんどこ)」がある。この屋敷群に代々伝わる優れた家風が独特の「磁場」を形作り、每月万単位の観光客を引き寄せている。汪山土庫は新建程氏一族の居住地で、南昌市北部郊外の新建区大塘坪郷汪山崗に位置し、108ムー(約7ヘクタール)の敷地内に25棟の家屋が建ち、部屋数は全部で1443部屋、572の中庭がある。ここ200年の間に、汪山土庫からは百人以上に上る社会各界の著名人が輩出しており、輝かしい知の流れを脈々と伝えてきた。この5年間で汪山土庫の主だった建物が修理され、各種インフラ設備も日に日に整い、延べ30万人余りの観光客を迎えてきた。その名を慕って訪れ、程氏一族の物語に耳を傾ける人々がますます増えている。観光客を相手に昔の物語を語る合間を縫っては、程さんは小学校入学を控えた孫に「程氏家訓十条」の音読指導をしている。程氏一族の人々は現在、世界31の国や地域に散らばっている。郷里に残った一人として、程さんはこの先も生家を守り続け、より多くの観光客に自らよき家風を伝えていくつもりだ。(記者/黄浩然)<映像内容>「汪山土庫」の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060404900

  • 2019年10月28日
    Reading aloud

    28 October 2019, Berlin: ILLUSTRATION - A mother reads to her daughter from a book. (to dpa “Falling asleep ritual or discontinued model? Reading study will be presented“) Photo: Hans-Thomas Frisch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103004082

  • 2019年10月28日
    Reading aloud

    28 October 2019, Berlin: ILLUSTRATION - A mother reads to her daughter from a book. (to dpa “Falling asleep ritual or discontinued model? Reading study will be presented“) Photo: Hans-Thomas Frisch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103003895

  • 2020年10月02日
    「朝拝」 神職と「朝拝」体験を

    橿原神宮の「朝拝」で、神職ら(左列)にならって祝詞を音読する散歩ツアー参加者ら=奈良県橿原市

    商品コード: 2020100204227

  • 2020年10月02日
    参加者ら 神職と「朝拝」体験を

    橿原神宮の「朝拝」で、神職ら(左列)にならって祝詞を音読する散歩ツアー参加者ら=奈良県橿原市

    商品コード: 2020100204233

  • 01:19.34
    2020年11月09日
    熊本のバイデン町長、祝福の電話鳴りやまず 「親父はなんて漢字を、と恨んでいた」

    米大統領選でジョー・バイデン前副大統領の勝利が確実となり、熊本県の「じょう・ばいでん」と話題の梅田穣(ゆたか)・山都(やまと)町長(73)が9日、毎日新聞のインタビューに応じた。名前を音読みにすると同じとネットで脚光を浴び、祝福の電話が鳴りやまない毎日が続いていると驚く。だが、実はこれまで名前の字は好きではなかったという。【撮影・清水晃平】=2020(令和2)年11月9日、撮影場所:熊本県山都町、クレジット:毎日新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111306343

  • 2022年03月04日
    (3)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    莆田市特殊教育学校の職業教室の製パンクラスで、ケーキ作りを学ぶ聴覚障害のある児童・生徒。(2月24日撮影)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406986

  • 2022年03月04日
    (5)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    2021年に西安美術学院の入学試験に合格し、卒業生の模範となった荘志宇(そう・しう)さん(中央)を訪問する莆田市特殊教育学校の呉勁松(ご・けいしょう)校長(右端)と特殊教育教師の蔡黎萍(さい・れいへい)さん。(2月23日撮影)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406987

  • 2022年03月04日
    (12)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    莆田市特殊教育学校の運動場で遊ぶ聴覚障害のある児童・生徒。(2月24日撮影)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030407031

  • 2022年03月04日
    (2)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    莆田市特殊教育学校の職業教室の油絵クラスで、油絵を学ぶ聴覚障害のある児童・生徒。(2月24日撮影)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406967

  • 2022年03月04日
    (7)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    莆田市特殊教育学校の運動場で、特殊教育の教師とかくれんぼをする聴覚障害のある児童・生徒。(小型無人機から、2月24日撮影)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406990

  • 2022年03月04日
    (11)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    莆田市特殊教育学校の運動場で教師と共に遊ぶ聴覚障害のある児童・生徒。(2月24日撮影)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406994

  • 01:01.62
    2022年03月04日
    「新華社」「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(記者/邰暁安、魏培全、陳弘毅) =配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406971

  • 2022年03月04日
    (4)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    莆田市特殊教育学校の職業教室の美容クラスで、聴覚障害のある児童・生徒に美容と理髪の技術を指導する陳志慧(ちん・しけい)さん(右端)。(2月24日撮影)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406985

  • 2022年03月04日
    (6)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    放課後、校内の運動場を歩いて帰る聴覚障害のある児童・生徒。(2月23日撮影)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406988

  • 2022年03月04日
    (10)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    聴覚障害のある児童に「カエルダンス」の練習を指導する特殊教育の教師(左端)。(2月24日撮影)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406995

  • 2022年03月04日
    (8)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    人工内耳を装着し、手話や音声で教師とコミュニケーションをとる聴覚障害のある児童・生徒。(2月23日撮影)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406989

  • 2022年03月04日
    (9)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    人工内耳を装着し、手話や音声で教師とコミュニケーションをとる聴覚障害のある児童・生徒。(2月23日撮影)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406991

  • 2022年03月04日
    (1)「聞こえる」夢、福建省莆田市の特別支援学校を訪ねて

    莆田市特殊教育学校の一角。(2月24日撮影、小型無人機から)中国福建省の莆田(ほでん)市特殊教育学校では、聴覚障害のある児童・生徒70人余りが9年間の義務教育を受けている。教室では、教科書の音読をしたり、先生からの質問に手話と発声を交えて答えたりしている。また聴覚障害のある児童・生徒が将来、より良く社会に溶け込めるよう、中学生からは絵画や製パン、美容などの職業訓練コースも用意されている。医学や社会福祉の発展に伴い、新生児の早期検診、人工内耳や補聴器の利用により、多くの聴覚障害児が世の中の美しい音を聞き、社会生活に溶け込めるようになっている。(莆田=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030407047

  • 1