KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 防空頭巾
  • 防災頭巾
  • 情報
  • 可能性
  • 委託
  • 画像
  • 研究
  • 記載
  • 説明文
  • 場所

「頭巾」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
99
( 1 99 件を表示)
  • 1
99
( 1 99 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    女性の雨装束

    和服の上に羽織を着け、高下駄を履いた若い女性が、頭巾をかぶり、蛇の目傘をもち雨をよけるポーズをとっている。スタジオにおける女性の雨装束の演出写真である。高下駄の先には泥除けのカバーがみえる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号10‐48‐0]

    商品コード: 2017080201259

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    火消し

    キーワード:風俗、火消し、火消し衆、街火消、消防組、第二大区、三番組、男性、法被、纏、防火頭巾、火事=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019073101515

  • -
    お高祖頭巾の女性

    キーワード:女性、冬装束の女、お高祖頭巾、和服=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017112400836

  • -
    Colour photograph of a Japanese woman with parasol dressed for winter.

    Colour photograph of a Japanese woman with parasol dressed for winter. Dated 1890、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062623110

  • -
    お高祖頭巾の女性たち

    顔立ちからすると子供のように見える。お高祖頭巾は、 主として冬季に女性が防寒のために用いたものであるが、非常に人気が高かった。蛇の目傘をさしたお高祖頭巾姿の女性の写真は、数多く見られる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐11‐0]

    商品コード: 2017080201476

  • -
    本牧十二天の茶屋

    ドイツ語で「横浜近くのお茶と庭園の邸宅」と題されている。横浜郊外の十二天にあった海に面した茶屋である。人力車には子供が乗せられ、客と思われる御高祖頭巾の女性が海岸沿いの街道を帰路についている。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐46‐0]

    商品コード: 2017080200719

  • -
    Head from a royal statue

    Head from a royal statue, 18th Dynasty, about 1420 BC. This damaged head of an unknown king wears the headcloth called a nemes. The style suggests a date in the mid to late 18th dynasty, around 1420 BC.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031804476

  • -
    Head from a royal statue

    Head from a royal statue, 18th Dynasty, about 1420 BC. This damaged head of an unknown king wears the headcloth called a nemes. The style suggests a date in the mid to late 18th dynasty, around 1420 BC.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031804482

  • -
    雪装束の女性たち

    御高祖頭巾をかぶり、高下駄を履いた2人の女性が作り物の庭の中で正面を向いて立っている。2人は左の女性が開いた傘に一緒に入り、右の女性は閉じた傘を右手に持っている。背景は書割。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐23‐0]

    商品コード: 2017080400538

  • -
    荒物屋

    手提げ桶や手水桶が山と積まれた店先。軒先に小さな篭が串刺しに吊り下げられている。竹製の物入れ篭や一斗ショウケなども見られる。印袢纒の定員と頭巾を被った客が商談中で、それを見まもる小僧さんたちの風景。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐44‐0]

    商品コード: 2017081401529

  • -
    僧侶と小僧

    横浜写真のばらされた一枚。袈裟と法頭巾を被った僧正に伴僧の小僧が仏像にお参りする情景のスタディオにおける演出写真。仏壇は俄か作りで貧弱である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐86‐0]

    商品コード: 2017081401666

  • -
    旅装束の女

    キーワード:旅装束の女、和傘、頭巾、下駄、草履、煙管、女性、旅装束=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018062900680

  • -
    人力車

    キーワード:人力車、車夫、お高祖頭巾、女性、乗物=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020070201120

  • -
    葬式

    中央に置かれた台座の上に頭巾を被った僧侶が座り、正面に置かれた棺に向かって読経している。棺の左右には鉦等を持った僧が3人ずつ立っている。僧侶の右後ろには羽織を着た男性とその子どもと思われる男の子が座っている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐49‐0]

    商品コード: 2017080200848

  • -
    傘をさす雪装束の女性

    スタジオ撮影だと思われるが、お高祖頭巾が冬季の防寒具であることをよく示している。蛇の目傘を手にした女性が着用しているのは、道行きコート。足元は、雪下駄だろう。典型的な女性の冬装束といえよう。(整理番号1-9に同じ。)=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐36‐0]

    商品コード: 2017080902543

  • -
    お高祖頭巾の女性

    お高祖頭巾を被った女性のスタジオ写真。お高祖頭巾は冬期の女性の防寒具として用いられた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐37‐0]

    商品コード: 2017080902625

  • -
    Fireman‘s Helmet (Kajikabuto) for a Daimyo, 18th century, Japanese, Gilt copper, leather, felt, silk, lacquer,

    Fireman‘s Helmet (Kajikabuto) for a Daimyo, 18th century, Japanese, Gilt copper, leather, felt, silk, lacquer, 39 3/4 x 24 7/16 x 20 1/2 in. (101 x 62 x 52 cm), Helmets.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101612178

  • -
    お高祖頭巾の女性

    お高祖頭巾は女性の冬の防寒具で頭や顔の一部を包み込む被りもの。この女性もすっぽり頭を包み込んでいる。四角な布に紐を付けたもので、顎の下で結び止めることができる。GIRL WINTER COSTUMEと記される。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐106‐0]

    商品コード: 2017081002409

  • -
    お高祖頭巾の女性

    雪降りの中、蛇の目笠を持ち、厚い袷と思われる袖のある着物を着て、高下駄を履き、お高祖頭巾を付けた女性の姿である。若い女性の冬の外出着姿である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号79‐36‐0]

    商品コード: 2017081401169

  • -
    小田原提灯を下げている侍、黒頭巾

    キーワード:風俗、小田原提灯、侍、黒頭巾、和傘、帯刀、大小の刀、下駄=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020070201228

  • -
    お高祖頭巾の女性

    ベアト撮影。「夜の衣装」と題されている。これは女性の夜の外出着を撮影した者である。お高祖頭巾、和傘、提灯が特徴的である。提灯の紋所は「桔梗の二引き」とよばれる上野家の家紋である。=1864~6年頃、場所不明、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号17‐28‐0]

    商品コード: 2017080201616

  • -
    お高祖頭巾の女性

    キーワード:女性、冬の装い、お高祖頭巾、和装、傘=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017112400885

  • -
    僧侶

    小型横浜アルバムの中の一枚。仏教の僧侶を女性がスタディオで演じている。法衣の上に袈裟を着け白足袋、頭には法頭巾を被り、手には払子を持っている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号50‐10‐0]

    商品コード: 2017080903240

  • -
    お高祖頭巾の女性

    お高祖頭巾は女性の冬の防寒具で頭や顔の一部を包み込む被りもの。四角な布地に紐を付けたもので、顎の下で結び止めることができる。風俗を示す典型的なスタイルである。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐121‐0]

    商品コード: 2017081002315

  • -
    冬装束の女

    キーワード:冬装束の女、御高祖頭巾、冬装束、和傘、着物=明治初期~中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018062900639

  • -
    Head from a royal statue

    Head from a royal statue, 18th Dynasty, about 1420 BC. This damaged head of an unknown king wears the headcloth called a nemes. The style suggests a date in the mid to late 18th dynasty, around 1420 BC.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031804466

  • -
    お高祖頭巾の女性

    雪降りの中、蛇の目笠を持ち、道行きの羽織を着て、高下駄を履き、お高祖頭巾を付けた女性の姿である。気品のある女性の冬の外出着姿である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐112‐0]

    商品コード: 2017081002398

  • -
    Headdress (Dzu-Kin), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Silksatin weave; metal thread weft;

    Headdress (Dzu-Kin), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Silksatin weave; metal thread weft; average: 257.2 x 67.3 cm (101 1/4 x 26 1/2 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101609585

  • -
    お高祖頭巾の女性

    お高祖頭巾は女性の冬の防寒具で頭や顔の一部を包み込む被りもの。四角な布地に紐を付けたもので、顎の下で結び止めることができる。この写真のように口を包み込む場合もある。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐42‐0]

    商品コード: 2017080903153

  • -
    雪装束の女性

    ベアト撮影。「冬の外出着を着た日本の女性」と題されている。雪のなかにお高祖頭巾の若い女性が、杖をもち佇んでいる。頭巾姿が外国人ベアトの興味を惹いたものか。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号17‐25‐0]

    商品コード: 2017080201534

  • -
    お高祖頭巾の女性

    お高祖頭巾とは、方形の布に耳掛けのひも輪をつけた頭巾で、着物の袖のような形をしているので、袖頭巾ともいった。まず袖口から顔を出し、頭部を折り込んで額にあて、左右を交互に回し留めて頭から襟、肩を覆うように被った。主に冬季の防寒用であった。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号12‐37‐0]

    商品コード: 2017080201360

  • -
    お高祖頭巾の女性

    お高祖頭巾は、享保の頃から用いられ、明治時代には、防寒用具として大流行した。材料は縮緬を用いる。色は、中年向けは鉄色、藍鼠など、若向けは紫、藤、紅掛などが用いられた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐12‐0]

    商品コード: 2017080201657

  • -
    雨の日の女性

    キーワード:御高祖頭巾(おこそずきん、お高祖頭巾)、袖頭巾(そでずきん)、提灯、女、芸妓、芸者、雨の日の女性、和装=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017103100759

  • -
    お高祖頭巾の女性

    お高祖頭巾は女性の冬の防寒具で頭や顔の一部を包み込む被りもの。四角な布地に紐を付けたもので、顎の下で結び止めることができる。この写真のような右巻きと左巻きとがある。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号50‐36‐0]

    商品コード: 2017080903343

  • -
    お高祖頭巾の女性

    スタジオ撮影だと思われるが、お高祖頭巾が冬季の防寒具であることをよく示している。蛇の目傘を手にした女性が着用しているのは、道行きコート。足元は、雪下駄だろう。典型的な女性の冬装束といえよう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐9‐0]

    商品コード: 2017072800307

  • -
    火消し

    キーワード:火消し、纏、まとい、龍吐水、提灯、鳶口、とび口、水鉄砲、十手、頭巾、手ぬぐい、半纏、はんてん、男たち、子ども=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018083100181

  • -
    火消し衆

    長梯子、纏、突きポンプを備えた8人の火消し衆(消防士)。それぞれ火消し半纏、防火頭巾、鉢巻きなどを身にまとう。明治時代の火消し衆の風俗。背後は寺院の一角らしく鐘楼もしくは燈台の石垣か。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐84‐0]

    商品コード: 2017081401172

  • -
    お高祖頭巾の女性たち

    雪降りの時、蛇の目笠を差して、厚い袷を着た冬の女性の外出着に、お高祖頭巾を着けた女性たちの姿。提灯を点しているのは夜道であろうか。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐109‐0]

    商品コード: 2017081401613

  • -
    お高祖頭巾の女性

    The Far East "明治4年12月23日号199ページ掲載。「日本の婦人」と題されている。「目だけ出した冬季の日本婦人のヴェールはトルコの回教徒のそれににているが、目的はただ寒さを防ぐだけ」という。=1864年、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号17‐37‐0]

    商品コード: 2017080201573

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    火消し

    キーワード:風俗、街火消、消防組、第二大区、三番組、火消し、火消し衆、男性、法被、纏、長梯子、突きポンプ、防火頭巾、鉢巻き、火事=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019073101514

  • -
    火消し

    キーワード:職業、火消し、纏、鳶口、頭巾、手ぬぐい、半纏、男性=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019020712933

  • -
    花売姿の女性

    写真館にて花売姿の女性を撮影する。女性は白い頭巾をかぶり、着物姿で花を入れた籠を肩から背負っている。着物は絣入り縞物の振袖である。腰帯の中から白い布は携帯品を入れるための袋と想像される。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号72‐115‐0]

    商品コード: 2017082400451

  • -
    お高祖頭巾

    キーワード:お高祖頭巾、金丸源三撮影、女性、暮らし、防寒具=明治初期、撮影場所不明、撮影者:金丸源三、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020020505813

  • -
    御高祖頭巾の女性

    キーワード:女性、 御高祖頭巾、袖頭巾、和装=撮影日不明、撮影場所不明、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018070301556

  • -
    傘をさす娘

    蛇の目傘をさし、お高祖頭巾をつけた着物姿の娘。高下駄をはいて雨の野道を行く姿。(演出写真)=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐25‐0]

    商品コード: 2017080201487

  • -
    お高祖頭巾の女性

    お高祖頭巾は、主として、 冬季に女性が、防寒のために用いたものであるが、男も被るものがあったという。江戸時代、享保の頃から用いられ、宝暦年間には大いに流行し、明治時代にも大流行し、大正頃まで用いられていた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐12‐0]

    商品コード: 2017080201548

  • -
    お高祖頭巾の女性

    石灯篭に積もった雪が見られる雪降りの中、蛇の目笠を差し、袖のある着物を着て、高下駄を履き、お高祖頭巾を付けた女性の姿である。若い女性の冬の外出着姿である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号83‐9‐0]

    商品コード: 2017081401382

  • -
    冬装束の女

    キーワード:女性、冬装束、お高祖頭巾、傘、暮らし=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018110727054

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    出陣の装束

    標題はこのようになっているが、江戸時代に火事場に出動して消火、警備する武士が着用した火事装束姿である。右手には恐らく一閃張(いっかんばり)で作ったと思われる紙製の兜頭巾(かぶとずきん)を持ち、火事羽織、腰帯、野袴、前掛を着用し、足には皮足袋を履いている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号50‐21‐0]

    商品コード: 2017080903290

  • 1939年05月06日
    子供用に各種マスクも 欧州戦線

    ドイツで子供用防毒マスクが各種開発され。通常の大人用とは異なり、6歳児用の防毒頭巾(左)のほか、首の骨がしっかりしていない幼年向け防毒ジャケット(中央奥)や母子一体型の頭巾(右)も。いずれも空気を送るふいごは大人が持っている=1939年5月、場所不明(ACME)

    商品コード: 2015040200171

  • 1942年10月24日
    第1922号 「同盟写真特報」

    “空の要塞”何するものぞ、来らば来れ!と学童の防空訓練、写真は頭巾をかぶつて避難する学童達、昭和17年10月24日(土曜日)第1922号

    商品コード: 2008063000186

  • 1942年10月24日
    第1922号 「同盟写真特報」

    「同盟写真特報」“空の要塞”何するものぞ、来たば来れ!学童の防空訓練、写真はは頭巾をかぶって避難する学童達、昭和17年10月24日(土曜日)第1922号

    商品コード: 2009040100272

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1943年11月27日
    集まった都民 五反田で防空待避訓練

    五反田付近で行われた防空待避訓練に防空頭巾や鉄帽姿で集まった大勢の都民ら=1943(昭和18)年11月27日、東京都品川区(昭和_478)

    商品コード: 1943112750001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年02月19日
    職場へ向かう人々 戦時下の出勤風景

    戦闘帽や防空頭巾姿で、ひたすら農道を歩き職場に向かう人々=1945(昭和20)年2月

    商品コード: 1945021950001

  • 01:01.18
    1960年08月31日
    「福島民報」「民報ニュース」賑やかに盆踊り大会 福島

    福島民報社とラジオ福島の主催で、恒例の盆踊り大会が福島市稲荷公園で開かれた。5000人の踊りの輪が大やぐらを囲む。90歳のおばあさんも赤頭巾姿で元気な踊り。お国自慢の白虎隊も手拍子。撮影日:1960(昭和35)年、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050803977

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1966年12月30日
    抗議する劇団員 ベトナム戦争

    1966年12月31日 ニューヨーク発 30日、頭巾をかぶりグロテスクな人形を掲げ、ニューヨークのセント・パトリック教会前をデモする人形劇団員。ベトナム戦争を文明のための戦いと位置付け、米国の全面勝利を訴えたスペルマン枢機卿の発言に抗議。ベトナムでの死者と東南アジアでのキリスト受難のため哀悼しているという(UPI=共同)

    商品コード: 2008083100060

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1967年11月29日
    頭巾被された捕虜 ベトナム戦争

    1967年11月29日 サイゴン発 取り調べのため米軍基地に到着、頭巾をかぶされ米憲兵に腕をとられ歩くて北ベトナム兵捕虜(UPI=共同)

    商品コード: 2008100500052

  • 1970年03月13日
    (おかだ・ゆうすけ) 岡田裕介

    東宝「赤頭巾ちゃん気をつけて」の製作発表記者会見に臨む森和代さん(左)と岡田裕介さん=1970(昭和45)年

    商品コード: 1970031300004

  • 1970年03月13日
    森和代

    東宝「赤頭巾ちゃん気をつけて」の製作発表記者会見に臨む森和代さん(左)と岡田裕介さん=1970(昭和45)年

    商品コード: 2020122806521

  • 1973年04月26日
    スケッチ企画6355−41 沖縄の祭り エイサー大会

    太鼓を持ち頭巾をかぶり、独特の格好で踊る沖縄伝統のエイサー=1973(昭和48)年4月26日、沖縄県(詳細不明)

    商品コード: 2018051100546

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1974年02月09日

    外信 46528 ◎在クウェート日本大使館占拠事件 大使館を出るゲリラ クウェートの日本大使館があるビルの裏口から出て来た占拠事件のゲリラ(手前の警官たちの間にいる覆面の男)。頭巾の男(中央手前)はベイルートから迎えに来たパレスチナ解放人民戦線(PFLP)のゲリラ=1974(昭和49)年2月9日(UPI=共同)

    商品コード: 1974020950001

  • 1977年12月19日
    燃えるたたら たたらの火燃える

    炉村下(むらげ)は、昔ながらの藍染めの着物に頭巾姿で不眠不休の“人の闘い”。投入する砂鉄と木炭に空気を送り込むと、たたら炉は「ゴー、ゴー」と燃え上がる。村下は、たたら作業の技術責任者で、連日連夜たたらの炎と炉内の温度管理に精を出す。数日間に及ぶ操業で炉の底に鉧(けら)がたまる=島根県仁多郡仁多町三所(みところ)(写真ニュース「たたらの火燃える」6枚組の4)

    商品コード: 2015031900150

  • 1978年01月15日
    給水車に長い列 伊豆大島近海地震

    伊豆大島近海地震で水道が破壊され、活魚運搬車を給水車に仕立て応急処置。防災頭巾やヘルメット姿の住民が給水車に長い列をつくった=1978(昭和53)年1月15日、静岡県加茂郡東伊豆町稲取(53年内地 366)

    商品コード: 2015021600356

  • 1978年02月09日
    つめ跡 “春”を待つ伊豆半島

    崩れたままの石垣のそばを学童たちは防災頭巾をかぶって集団登校。地震が起こした山津波で4戸が倒壊、7人が死亡した加茂郡河津町では、学童たちが元気に集団登校を続けている=河津町(写真ニュース「“春”を待つ伊豆半島」5枚組の4)

    商品コード: 2015041500145

  • 1980年09月01日
    「防災の日」各地で防災訓練

    始業式が終わった後、防災頭巾をかぶり教室を出る1年生=1980(昭和55)年9月1日午前10時過ぎ、東京都大田区の高畑小学校(55年内地7915)

    商品コード: 2019031301404

  • 1982年05月27日
    アルゼンチン関連

    1982年5月26日、アルゼンチン軍のエグゾセ・ミサイルによって撃沈された英海軍の駆逐艦シェフィールドからヘリコプターで救助されて、空母ハーミーズに乗り移り、防火頭巾をかぶった衛生兵に抱きかかえられる負傷兵。英国防省の発表写真=1982年5月27日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2016122300202

  • 1984年07月01日
    米国関係

    米コネチカット州の小都市スコットランドの乳牛牧場で炎上する十字架の前に立つ人種差別主義の団体クー・クラックス・クラン(KKK)。十字架に火を放つ行動が発端となって同州になお不穏な空気が漂う。頭巾に白装束のKKKは一握りの集団とはいえ、この4年間憎悪の感情をたき付け、参加人員の規模を超える影響力を及ぼしている=1984年7月1日(UPI=共同)

    商品コード: 2017051300284

  • 1984年10月30日
    レバノン情勢

    レバノンのトリポリでアラブ民主党の党員に背後から銃を構える同党の処刑担当者。カフィーヤ(頭巾)で顔を覆った処刑担当者は2人を公道に立たせ、銃を発射した=1984年10月30日(UPI=共同)

    商品コード: 2017071300280

  • 1998年02月18日
    頭巾形円筒埴輪棺 “ヘルメット”そっくり

    )、社会452S、20日付朝刊以降使用、一括使用可  上部にヘルメットのような半球体がある池田茶臼山古墳から出土した頭巾形円筒埴輪棺=大阪府池田市立歴史民俗資料館

    商品コード: 1998021800102

  • 2011年02月03日
    中学受験の6年生 疎開児童が帰京

    1945(昭和20)年2月7日、中学校に進学予定の疎開児童が帰京した。防空頭巾姿で上野駅に到着したのは東京都中野区の大和国民学校6年生の児童86人で、福島県安達郡小浜町(現二本松市)へ集団疎開していたが、大火に見舞われ予定より1カ月早い引き揚げ。足取りも軽く半年ぶりに両親の元へ戻った。

    商品コード: 2011020300236

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月08日
    宮城県石巻市の地蔵 大震災から3カ月の被災地

    3月24日、宮城県石巻市でがれきの中に残された地蔵(上)。6月4日には頭巾がかぶせられていた

    商品コード: 2011060800249

  • 2013年02月27日
    別府大学 とっきんずし

    「ジャンボいなり」とも呼ばれている大きな三角形の「とっきんずし」。宇佐、日田、竹田地方の郷土料理で、すしの形が「頭巾」に似ていることから、「頭巾」が「とっきん」に変化したものではないかと推測されている=2013(平成25)年02月27日、別府大学、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021800451

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年06月12日
    児童、頭巾かぶり避難 宮城県沖地震35年で訓練

    大規模災害を想定した総合防災訓練で、防災頭巾をかぶり、体育館に避難した児童=12日午前、仙台市青葉区の片平丁小学校

    商品コード: 2013061200128

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年06月12日
    頭巾かぶり避難する児童 宮城県沖地震35年で訓練

    大規模災害を想定した総合防災訓練で、防災頭巾をかぶり、避難する児童=12日午前、仙台市青葉区の片平丁小学校

    商品コード: 2013061200129

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年06月12日
    体育館に避難した児童 宮城県沖地震35年で訓練

    大規模災害を想定した総合防災訓練で、防災頭巾をかぶり、体育館に避難した児童=12日午前、仙台市青葉区の片平丁小学校

    商品コード: 2013061200131

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月02日
    避難する小学生 首都直下想定し大規模訓練

    首都直下地震や津波、集中豪雨での被害を想定した大規模な災害訓練で、防災頭巾をかぶり避難する小学生=2日午後、東京都江戸川区

    商品コード: 2013070200393

  • 2014年06月20日
    頭巾をかぶる客 歴史と出会うモザイク町

    「天平BAR」で頭巾の復元品をかぶり、古代の宴の雰囲気を楽しむ人たち=奈良市

    商品コード: 2014062001054

  • 2014年07月25日
    中野登美さん 親元はなれ、ひもじい毎日

    集団疎開で使った行李(こうり)や防空頭巾(ぼうくうずきん)を手に、体験を語る中野登美さん。「頭巾は、お母さんがぬのをつぎ合わせて作ってくれた」といいます=東京都品川区

    商品コード: 2014072500453

  • 2015年03月06日
    カメラ探訪 イカル

    アトリ科。全長23センチ。最近は、市街地でも見られることがある。黄色く太いくちばしに、黒い頭巾をかぶったような鳥。木の実や草の種を好んで食べるため、昔から「豆まわし」とか「豆ころがし」と呼ばれる。=2015(平成27)年3月6日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200730

  • 2015年04月07日
    喜ぶ西野監督 西野監督、笑顔で還暦祝い

    60歳の誕生日に、赤いちゃんちゃんこと頭巾を贈られて喜ぶJ1名古屋の西野監督(中央)=7日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンター

    商品コード: 2015040700442

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月22日
    二宮駅のガラスのうさぎ像

    キーワード:1体、ガラス、もんぺ、映画、駅、駅前、屋外、建物、孤児、午前中、秋、女の子、人物像、素朴な、像、彫像、鉄道、東海道線、銅像、南口、日本、悲話、風景、防空頭巾、無人、太平洋戦争、東京大空襲、二宮駅、中郡、ガラスのうさぎ、児童文学作家、高木敏子、ガラスのうさぎ像、風景メイン写真=2015(平成27)年9月22日、神奈川県二宮町、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082200699

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月22日
    二宮駅 ガラスのうさぎ像

    キーワード:1体、ガラス、もんぺ、映画、駅、屋外、孤児、午前中、秋、女の子、人物像、像、彫像、銅像、南口、日本、悲話、防空頭巾、無人、落ち着いた、太平洋戦争、東京大空襲、二宮駅、中郡、ガラスのうさぎ、児童文学作家、高木敏子、ガラスのうさぎ像、モノメイン写真=2015(平成27)年9月22日、神奈川県二宮町、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082200980

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月22日
    二宮駅 ガラスのうさぎ像

    キーワード:1体、ガラス、もんぺ、映画、駅、屋外、孤児、午前中、秋、女の子、人物像、像、彫像、銅像、南口、日本、悲話、防空頭巾、無人、落ち着いた、太平洋戦争、東京大空襲、二宮駅、中郡、ガラスのうさぎ、児童文学作家、高木敏子、ガラスのうさぎ像、モノメイン写真=2015(平成27)年9月22日、神奈川県二宮町、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082200763

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月22日
    二宮駅 ガラスのうさぎ像

    キーワード:1体、ガラス、もんぺ、映画、駅、屋外、孤児、午前中、秋、女の子、人物像、像、彫像、銅像、南口、日本、悲話、防空頭巾、無人、落ち着いた、太平洋戦争、東京大空襲、二宮駅、中郡、ガラスのうさぎ、児童文学作家、高木敏子、ガラスのうさぎ像、モノメイン写真=2015(平成27)年9月22日、神奈川県二宮町、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082200601

  • 2017年11月17日
    かばんと防空頭巾 被爆かばんをオスロで展示

    ノーベル平和センターでの展示が決まった、広島で被爆した男性のかばん(手前)と防空頭巾

    商品コード: 2017111700361

  • 2017年11月17日
    展示が決まった被爆資料 被爆かばんをオスロで展示

    ノーベル平和センターでの展示が決まった被爆資料。手前は長崎のロザリオと腕時計、奥は広島で被爆した男性の防空頭巾とかばん=17日午前、広島市

    商品コード: 2017111700362

  • 2017年12月07日
    破れたかばんと防空頭巾 忘れない、生きた証し

    ノーベル平和センターで展示される、広島で被爆した舛田幸利さんのかばん(右)と防空頭巾=広島市

    商品コード: 2017120701079

  • 2018年03月31日
    手榴弾手にする女性 九十九里で訓練

    防空頭巾にもんぺ姿で手りゅう弾を投げる訓練をする女性たち=千葉県の九十九里で検閲日は1945(昭和20)年6月24日

    商品コード: 2018033100278

  • 2018年08月15日
    盆踊り「津和野踊り」 黒頭巾、静かな盆踊り

    島根県指定無形民俗文化財の盆踊り「津和野踊り」=15日夜、島根県津和野町

    商品コード: 2018081501916

  • 07:25.92
    2019年02月15日
    「新華社」孔府の文化財にみる伝統的な春節の風習

    「天下第一の家」とされる孔子の末裔、孔家の正月は非常に盛大だ。孔子の故郷、中国山東省曲阜市にある孔子博物館には、60万点余りの孔府の文化財が大切に保存されている。明代の「門神の木版画の版木」や清代の「孔府年節対聯(年末年始に門に貼る対句)」、「六角形のガラス製方灯」などの文化財からは、長い時間を越えて続く春節の風習を感じ取ることができる。孔府は古くから、盛大な春節儀礼を継承してきた。そのため、中国の家庭における年越しのやり方が、昔ながらの姿のまま保たれている。孔府が保存してきた書類には、年越しの儀礼や手順などが詳細に記されている。孔子博物館の書庫にあった「孔府年節対聯」という書物には、清代乾隆24、25年(西暦1759、1760年)の春聯(春節に門に張る縁起の良い対句)を選んで収録した春聯の底本として、約160組の春聯の対句や門柱ごとの対句の内容、紙の色や長さ、幅などの情報が記録されている。1998年に孔府が再び春聯を張るようになってから、孔子第75代子孫の孔祥勝(こう・しょうしょう)氏が、春聯の整理と筆写を担当してきた。祥勝氏によると、孔府は官庁と住居が一体となった衙門(役所)であり、そこに張る春聯の内容は決まっていた。華麗な字句と選び抜かれた紙が使われ、建物ごとに対句も違っていたという。春聯を貼り、ランタンを掲げるだけでなく、門神(魔除けとして扉の上に貼る門を守る神の絵)を張るのも年越しに欠かせない風習だ。孔子博物館で4枚の古い門神画を見た。いずれも明代に描かれたもので、数百年の時を経ている。武門神2体は甲冑をまとい、腰には宝剣を差している。文門神2体は頭巾をかぶり、手に笏を持ち、一品(最上級の官位)の官服を身に付けている。博物館職員によると、過去数百年間、孔府の門神画にはさまざまな版があったが、今張られている門神画は博物館が所蔵する明代の木版画を復刻したものだという。春聯、門神、方灯など、正月の雰囲気を引き立てる品々だけでなく、孔府の年越しは多くの儀礼規範に沿って行われる。こうした有形無形の年越しの風習が代々受け継がれることで、人々の心の中に共通意識が形成されてきたのだ。(記者/王歓、趙小羽)<映像内容>孔子博物館の文化財展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501712

  • 2019年02月20日
    ある竜舞伝承者の元宵節四川省南充市

    20日、閬中古城で竹馬に乗って竜舞を披露する「離堆歓歌」竜舞伝承隊の唐長光さん(右端)。夜が明け始めた頃、角型の頭巾をかぶり、赤と黄色をあしらった中国の伝統衣裳を身に着けた60歳近い唐長光(とう・ちょうこう)さんは、今年最後の竜舞・獅子舞の上演に参加するため、準備を終えて四川省南充市管轄下の閬中(ろうちゅう)市に向かった。唐さんが所属する四川省南充市儀隴(ぎりょう)県「離堆歓歌」(りたいかんか)竜舞伝承隊は今回の上演のために、1カ月近い準備と稽古を重ねてきた。竹馬に乗って竜舞をしたり、高い台の上で獅子舞をするなど、難易度とレベルの高い演技がこのチームの大きな特徴だ。彼らは今年、春節文化発祥の地である「春節老人の都」の古都・閬中を訪れ、市内各地から集まった10チームと一緒に上演する。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500479

  • 2019年02月20日
    ある竜舞伝承者の元宵節四川省南充市

    20日、閬中古城で竜舞と獅子舞を披露する「離堆歓歌」竜舞伝承隊の唐長光さん(中央手前)。夜が明け始めた頃、角型の頭巾をかぶり、赤と黄色をあしらった中国の伝統衣裳を身に着けた60歳近い唐長光(とう・ちょうこう)さんは、今年最後の竜舞・獅子舞の上演に参加するため、準備を終えて四川省南充市管轄下の閬中(ろうちゅう)市に向かった。唐さんが所属する四川省南充市儀隴(ぎりょう)県「離堆歓歌」(りたいかんか)竜舞伝承隊は今回の上演のために、1カ月近い準備と稽古を重ねてきた。竹馬に乗って竜舞をしたり、高い台の上で獅子舞をするなど、難易度とレベルの高い演技がこのチームの大きな特徴だ。彼らは今年、春節文化発祥の地である「春節老人の都」の古都・閬中を訪れ、市内各地から集まった10チームと一緒に上演する。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500457

  • 2019年02月20日
    ある竜舞伝承者の元宵節四川省南充市

    20日、閬中古城で竜舞を披露する「離堆歓歌」竜舞伝承隊の女性メンバー。夜が明け始めた頃、角型の頭巾をかぶり、赤と黄色をあしらった中国の伝統衣裳を身に着けた60歳近い唐長光(とう・ちょうこう)さんは、今年最後の竜舞・獅子舞の上演に参加するため、準備を終えて四川省南充市管轄下の閬中(ろうちゅう)市に向かった。唐さんが所属する四川省南充市儀隴(ぎりょう)県「離堆歓歌」(りたいかんか)竜舞伝承隊は今回の上演のために、1カ月近い準備と稽古を重ねてきた。竹馬に乗って竜舞をしたり、高い台の上で獅子舞をするなど、難易度とレベルの高い演技がこのチームの大きな特徴だ。彼らは今年、春節文化発祥の地である「春節老人の都」の古都・閬中を訪れ、市内各地から集まった10チームと一緒に上演する。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500553

  • 2019年02月20日
    ある竜舞伝承者の元宵節四川省南充市

    20日、閬中古城で獅子舞を披露する「離堆歓歌」竜舞伝承隊。夜が明け始めた頃、角型の頭巾をかぶり、赤と黄色をあしらった中国の伝統衣裳を身に着けた60歳近い唐長光(とう・ちょうこう)さんは、今年最後の竜舞・獅子舞の上演に参加するため、準備を終えて四川省南充市管轄下の閬中(ろうちゅう)市に向かった。唐さんが所属する四川省南充市儀隴(ぎりょう)県「離堆歓歌」(りたいかんか)竜舞伝承隊は今回の上演のために、1カ月近い準備と稽古を重ねてきた。竹馬に乗って竜舞をしたり、高い台の上で獅子舞をするなど、難易度とレベルの高い演技がこのチームの大きな特徴だ。彼らは今年、春節文化発祥の地である「春節老人の都」の古都・閬中を訪れ、市内各地から集まった10チームと一緒に上演する。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500458

  • 01:05.98
    2019年07月17日
    「新華社」「おばあちゃんの澎湖湾」で知られる澎湖、福州で観光プロモーション

    澎湖(ほうこ)県政府は17日、福建省福州市で観光プロモーションを開き、四季の彩り豊かな澎湖の観光資源を紹介し、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の観光市場開拓を積極的に模索した。かつて大ヒットしたフォークソング「外婆的澎湖湾」(おばあちゃんの澎湖湾)の影響もあり、同地の知名度は海峡両岸で非常に高い。同県の陳美齢(ちん・びれい)観光処長によると、澎湖は2011年、世界的に有名な旅行ガイドブック、LONELYPLANET(ロンリープラネット)が選ぶ世界十大秘島の一つに選ばれた。また、多様な特色のある観光、ユニークな自然と文化的景観、そして四季を通じて楽しめる素晴らしい観光イベントが、澎湖を独特の観光名所にしているという。元宵節(旧暦1月15日)期間にもち米で亀を作り新しい年の平安を祈る「乞亀」の行事、国際海上花火フェスティバル、今年7月から9月にかけて開催される澎湖オーシャンパーティーカーニバル、「地元の食卓」をコンセプトに企画された秋冬グルメフェア、さらには澎湖の冬季特有の風俗「覆面頭巾」をかぶっての農漁業体験ツアーまで、澎湖では季節を問わず旅行客が地元の文化を体験することができる。同県観光協会の陳仁和(ちん・じんか)理事長は次のように述べた。澎湖には毎年約110万人の観光客が訪れるが、そのほとんどが台湾本島からで、中国大陸の市場には大きな開拓の余地がある。しかし、現時点で澎湖への移動手段は、金門島とアモイを結ぶ「小三通」(福建沿岸と金門、馬祖を結ぶ)ルートの船で行くか、台湾本島から飛行機で行くしかない。交通がやや不便で観光客が少ないため、今後この面で大きな飛躍が望まれる。(記者/陳旺)<映像内容>澎湖の観光プロモーション、撮影日:2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408491

  • 2019年12月20日
    2人の諸侯王の生活を垣間見る南京博物院で漢代王墓の特別展

    20日、特別展で展示された「長信宮灯」。貴重な造形芸術品で、宮女の姿は優美で眉と目は細長く、顔はふっくらとしている。頭巾と「曲裾深衣」と呼ばれる衣装をまとい、ひざを揃えはだしで座る造形は、端正で厳粛な漢代の儀礼を今に伝える。中国前漢時代の2人の諸侯王、中山靖王劉勝(りゅう。しょう)と江都易王劉非(りゅう・ひ)の墓から出土した文化財を展示する特別展「兄弟王-満城漢墓と大雲山漢墓」が20日、江蘇省の南京博物院で開幕した。河北博物院が所蔵する河北省満城漢墓出土の「長信宮灯(ちょうしんきゅうとう)」「朱雀銜環杯(すざくがんかんはい)」など100点近くの文化財と、南京博物院が所蔵する江蘇省大雲山漢墓出土の青銅編鐘(へんしょう)や琉璃編磬(るりへんけい)などが、来場者を輝かしい漢代の文化へといざなった。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401295

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    避難訓練する園児 訓練欠かさず、10年

    東日本大震災で甚大な被害を受けた福島県相馬市。海のそばにある「みなと保育園」では震災以降、毎月欠かさず津波を想定した避難訓練を行っている。この日も園児全員が参加した。訓練の放送が流れると最年長クラスの子どもたちは素早く机の下に入り、慣れた様子で放射線対策のかっぱや防災頭巾を身につけ高台へ避難をした。保育士の斎藤真紀子さん(56)は「防災にやりすぎはない。自分の命は自分で守れるようになってほしい」と真剣な表情で話した=8日

    商品コード: 2021030811055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    避難訓練をする園児 訓練欠かさず、10年

    東日本大震災で甚大な被害を受けた福島県相馬市。海のそばにある「みなと保育園」では震災以降、毎月欠かさず津波を想定した避難訓練を行っている。この日も園児全員が参加した。訓練の放送が流れると最年長クラスの子どもたちは素早く机の下に入り、慣れた様子で放射線対策のかっぱや防災頭巾を身につけ高台へ避難をした。保育士の斎藤真紀子さん(56)は「防災にやりすぎはない。自分の命は自分で守れるようになってほしい」と真剣な表情で話した=8日

    商品コード: 2021030811063

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    避難訓練する園児 訓練欠かさず、10年

    東日本大震災で甚大な被害を受けた福島県相馬市。海のそばにある「みなと保育園」では震災以降、毎月欠かさず津波を想定した避難訓練を行っている。この日も園児全員が参加した。訓練の放送が流れると最年長クラスの子どもたちは素早く机の下に入り、慣れた様子で放射能対策のかっぱや防災頭巾を身につけ高台へ避難をした。保育士の斎藤真紀子さん(56)は「防災にやりすぎはない。自分の命は自分で守れるようになってほしい」と真剣な表情で話した=8日

    商品コード: 2021030811079

  • 1