KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • がん
  • しせい
  • テーマ
  • 人々
  • 令和
  • 勢力範囲
  • 建設
  • 指導
  • 支持
  • 政府

「顔思斉」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ市海滄区青礁村の村民代表顔建春(がん・けんしゅん、右から2人目)さんに中国国民党連戦(れん・せん)元主席の揮毫と、連横(れん・おう、連雅堂)が著した「台湾通史」を贈呈する台湾青年発展基金会の連勝文(れん・しょうぶん)董事長(右端)。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003825

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園中央にある思斉堂。1階は主に公共スペースで、2階は両岸同根開台文化展示館になっている。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003820

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ市海滄区青礁村に開園した開台文化公園。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003884

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、青礁村の開台文化公園にある両岸同根開台文化展示館で記念写真を撮る海峡両岸顔氏一族の人々。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004044

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ市海滄区基金会台胞事務局の符坤竜(ふ・こんりゅう)氏に、精緻な印刷の初版「台湾通史」影印本を贈呈する中華全国台湾同胞聯誼会文化宣伝部の陳小艶(ちん・しょうえん)部長(右側)。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004124

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ顔氏一族会の人たちと記念撮影する台北市文山区顔氏一族会の顔四川(がん・しせん、中央)さん。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004128

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、青礁村に建設された開台文化公園で行われた開園式の様子。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004143

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ市海滄区青礁村に開園した開台文化公園に置かれた昔のジャンク船の模型。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003930

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、青礁村の開台文化公園で「開台王」顔思斉の彫像を除幕する来賓。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003832

  • 1