KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 中国
  • デザイン
  • 欧米
  • 記者
  • シェア
  • 伝統
  • 出身
  • 北京
  • 南通

「飛行性」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1977年01月04日
    軍事関連

    米シコルスキー社が飛行性能を示すために公表したUH60A機の飛行写真。機体を90度以上傾けて飛行している。同社が米陸軍の汎用戦術輸送機システム(UTTAS)用に開発し、陸軍が1976年12月23日、採用を発表した=1977年1月4日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2014022100312

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年06月07日
    「ミグ29」 ロシア戦闘機購入を検討

    ロシアの戦闘機「ミグ29」(共同)(資料A36469)(政府筋は7日、ロシア空軍の最新鋭戦闘機2、3機を年内にも購入する方向で、防衛庁など関係当局が検討に着手したことを明らかにした。日ロ防衛協力を推進する一方で、低迷続きのロシア経済を後押しする狙いもあり、防衛庁は、分解して部品の精度や飛行性能などを細かくチェックしたい考え。実現すれば日本がロシアの戦闘機を購入する初のケースとなる)

    商品コード: 1997060700011

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年06月07日
    「スホイ27」 ロシア戦闘機購入を検討

    ロシアの戦闘機「スホイ27」(タス=共同)(政府筋は7日、ロシア空軍の最新鋭戦闘機2、3機を年内にも購入する方向で、防衛庁など関係当局が検討に着手したことを明らかにした。日ロ防衛協力を推進する一方で、低迷続きのロシア経済を後押しする狙いもあり、防衛庁は、分解して部品の精度や飛行性能などを細かくチェックしたい考え。実現すれば日本がロシアの戦闘機を購入する初のケースとなる)

    商品コード: 1997060700017

  • 04:13.14
    2018年08月23日
    「新華社」【字幕あり】DJI、ニューヨークで「Mavic」シリーズ新機種を発表

    中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は現地時間23日、米ニューヨークで「御」Mavic2シリーズの新型ドローン、「御」Mavic2Proと「御」Mavic2Zoomを発表した。新型ドローンは折り畳み式デザインを継承しながら、Hasselblad(ハッセルブラッド)の画像と光学ズーム技術を先進的な飛行プラットフォームに融合させ、商用ドローンの画質の限界を打ち破った。「御」Mavic2ProはDJIとHasselbladが共同開発した空撮カメラを搭載し、有効2000万画素の1インチCMOSイメージセンサーを採用。「御」Mavic2Zoomは商用ドローンとして初めて光学ズームレンズを採用し、等価焦点距離は24~48ミリとなる。「御」Mavic2シリーズは飛行性能やデジタル画像伝送性能、スマート撮影、安全性能がいずれも一世代前の製品から大幅に向上し、ワンタッチ撮影をサポートし、タイムラプス動画の合成もできる。著名な華人登山家で、写真家や映画制作者でもある金国威(ジミー・チン)氏は新モデル発表会で、自身の試用体験を披露した。金氏は、中国のハイテク製品は世界の映画・テレビ制作に対し、さらに多くの可能性を提供していると表明し、海外華人として「中国製造(メイド・イン・チャイナ)」を誇りに思うと述べた。(記者/張墨成)<映像内容>新型発表の様子、登山家・金国威のインタビュー、展示会の様子、撮影日:2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018082822913

  • 2020年01月26日
    福島ロボットテストフィールドでテストしたドローン

    日本産業用無人航空機工業会(浜松市北区、阪口晃敏会長)は、福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)で、産業用飛行ロボット(ドローン)を認証するためのフライトテストを2日間にわたって実施した。マルチロータータイプのドローンのテストを行った。ドローンを含む無人航空機の認定は国レベルの制度がなく、同工業会は独自の認定制度を充実させ、今後国際標準化に対応したモデルとなるような認定制度にしていきたい考え。福島ロボットテストフィールドは広範囲で安全に無人航空機を飛ばすことができ、上空の風速が分かる無人航空機のテストにはうってつけの拠点だという。無人航空機を開発する国内メーカーほぼ全てが加盟する日本産業用無人航空機工業会は、これまで飛行テストはメーカーサイトを使うなどして行ってきた。すでに無人ヘリコプターを5機、固定翼機で1機、マルチロータータイプで1機を認定している。今回、福島ロボットテストフィールドを認定審査の場として初めて活用、自律制御システム研究所が開発したマルチロータータイプのドローンの実証を実施した。書類審査や飛行性能確認などを終え、最後の確認の実証フライトとなった。3キログラムの荷を積める重量9・8キログラムの機体を上空150メートル以上まで上げ、高度での安定移動や横方向への移動、電波が通じなくなったときの安定着陸などのフェールセーフテストなど2日間で18フライトを試みた。同工業会は無人航空機の認定を自主的に進めているが、今後は機体の種類に応じて、国土交通省や第三者機関などが認定するような制度につなげていくことを見込んでいる。同工業会は認定制度のモデルとして、福島ロボットフィールドをその実証拠点として位置付けていく考えだ。2020(令和2)年1月26日、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールド、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020703342

  • 2020年10月31日
    2020 Nanchang Flight Congress 2020 Nanchang Flight Congress

    Flight performance at nanchang Flight Congress 2020. Nanchang, Jiangxi, China, November 1, 2020.=2020(令和2)年10月31日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113003704

  • 2021年04月16日
    伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、たこの骨組みに使う竹ひごを作る楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)=配信日:2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042610474

  • 2021年04月25日
    NASA‘s Mars Helicopter Third Flight

    April 25, 2021 - Mars Surface - NASA‘s Ingenuity Mars Helicopter can be seen hovering during its third flight on April 25, 2021, as seen by the left Navigation Camera aboard NASA‘s Perseverance Mars rover. The Ingenuity Mars Helicopter was built by JPL, which also manages this technology demonstration project for NASA Headquarters. It is supported by NASA‘s Science Mission Directorate, Aeronautics Research Mission Directorate, and Space Technology Mission Directorate. NASA‘s Ames Research Center and Langley Research Center provided significant flight performance analysis and technical assistance during Ingenuity‘s development. AeroVironment Inc., Qualcomm, Snapdragon, and SolAero also provided design assistance and major vehicle components. The Mars Helicopter Delivery System was designed and manufactured by Lockheed Space Systems in Denver. (Credit Image: © NASA/JPL-Caltech/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©NASA/JPL-Caltech/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042902686

  • 2021年04月25日
    (2)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、完成したたこの試し揚げに出掛ける楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503756

  • 2021年04月25日
    (6)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、完成したたこの試し揚げをする楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503762

  • 2021年04月25日
    (10)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、たこの骨組みを作る楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503764

  • 2021年04月25日
    (11)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、たこの骨組みを作る楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503766

  • 2021年04月25日
    (4)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、たこの骨組みに使う竹ひごを作る楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503758

  • 2021年04月25日
    NASA‘s Mars Helicopter Third Flight

    April 25, 2021 - Mars Surface - This is the third color image taken by NASA‘s Ingenuity helicopter. It was snapped on the helicopter‘s second flight, on April 22, 2021, from an altitude of about 17 feet (5.2 meters). Tracks made by NASA‘s Perseverance Mars rover can be seen as well. The Ingenuity Mars Helicopter was built by JPL, which also manages this technology demonstration project for NASA Headquarters. It is supported by NASA‘s Science Mission Directorate, Aeronautics Research Mission Directorate, and Space Technology Mission Directorate. NASA‘s Ames Research Center and Langley Research Center provided significant flight performance analysis and technical assistance during Ingenuity‘s development. AeroVironment Inc., Qualcomm, Snapdragon, and SolAero also provided design assistance and major vehicle components. The Mars Helicopter Delivery System was designed and manufactured by Lockheed Space Systems in Denver. (Credit Image: © NASA/JPL-Caltech/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©NASA/JPL-Caltech/ZUMA W...

    商品コード: 2021042904105

  • 2021年04月25日
    NASA‘s Mars Helicopter Third Flight

    This black-and-white image was taken by the navigation camera aboard NASA‘s Ingenuity helicopter during its third flight, on April 25, 2021. The Ingenuity Mars Helicopter was built by JPL, which also manages this technology demonstration project for NASA Headquarters. It is supported by NASA‘s Science Mission Directorate, Aeronautics Research Mission Directorate, and Space Technology Mission Directorate. NASA‘s Ames Research Center and Langley Research Center provided significant flight performance analysis and technical assistance during Ingenuity‘s development. AeroVironment Inc., Qualcomm, Snapdragon, and SolAero also provided design assistance and major vehicle components. The Mars Helicopter Delivery System was designed and manufactured by Lockheed Space Systems in Denver.、クレジット:/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042904096

  • 2021年04月25日
    (7)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で凧を作る楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503763

  • 2021年04月25日
    (8)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、出来上がった竜の連凧(れんだこ)を点検する楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503765

  • 2021年04月25日
    (5)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、たこに糸を通し角度を調整する楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503759

  • 2021年04月25日
    (9)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、たこの絵付けをする楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503767

  • 2021年04月25日
    (1)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村でたこの絵付けをする楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503757

  • 2021年04月25日
    (12)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、たこの骨組みを作る楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503768

  • 2021年04月25日
    (13)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、たこの骨組みに使う竹ひごを作る楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503775

  • 2021年04月25日
    (14)伝統だこの女性伝承者山東省濰坊市

    16日、濰坊市楊家埠村で、たこの骨組みを作る楊紅衛さん。中国山東省の無形文化遺産伝承者、楊紅衛(よう・こうえい)さんは、代々たこ作りを営む家の出身。祖父の楊同科(よう・どうか)さんの元で1982年から濰坊凧(いぼうだこ)作りを学び、これまで北京や深圳(広東省)などでたこ作りやたこ揚げを披露してきた。1992年に故郷の同省濰坊市楊家埠村に戻ってからは、たこ作りに専念している。楊さんは40年近い創作活動の中で、たこ作りの伝統的な技法を受け継ぎつつも大胆に革新を進めた。村の年画(春節に飾る縁起物の絵)をデザインに採り入れ、なめらかな線と鮮やかな色彩を持ち、端正な骨組みにより飛行性能にも優れたたこを作り出した。濰坊は、北京、天津、南通(江蘇省)と並び中国だこの四大産地として知られる。濰坊国際たこ揚げ大会は、これまで38回連続で開催されており、国内外で有名なたこ揚げ大会となっている。同市には現在、たこ製造企業が300社余りあり、年間生産高は約20億元(1元=約17円)近くと国内市場で85%のシェアを誇る。欧米や東南アジアなど40余りの国・地域にも輸出されており、国際市場で75%のシェアを持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042503776

  • 2021年10月29日
    2021 Nanchang Flight Conference

    The civil version of the sixth Formation flight performance at the 2021 Nanchang Flight Conference, October 29, 2021, Nanchang city, Jiangxi Province, China.=2021(令和3)年10月29日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111112354

  • 2021年10月29日
    2021 Nanchang Flight Conference

    The civil version of the sixth Formation flight performance at the 2021 Nanchang Flight Conference, October 29, 2021, Nanchang city, Jiangxi Province, China.=2021(令和3)年10月29日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111112372

  • 2021年10月29日
    2021 Nanchang Flight Conference

    The civil version of the sixth Formation flight performance at the 2021 Nanchang Flight Conference, October 29, 2021, Nanchang city, Jiangxi Province, China.=2021(令和3)年10月29日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111112106

  • 2021年10月30日
    CHINA-HENAN-ANYANG-AEROBATIC PERFORMANCE (CN)

    (211030) -- ANYANG, Oct. 30, 2021 (Xinhua) -- An aircraft gives aerobatic performance at a public event hosted by the China Aircraft Owners and Pilots Association (AOPA-China) in Anyang City of central China‘s Henan Province, Oct. 30, 2021. (Xinhua/Li Jianan)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110105278

  • 2021年10月30日
    CHINA-HENAN-ANYANG-AEROBATIC PERFORMANCE (CN)

    (211030) -- ANYANG, Oct. 30, 2021 (Xinhua) -- An aircraft gives aerobatic performance at a public event hosted by the China Aircraft Owners and Pilots Association (AOPA-China) in Anyang City of central China‘s Henan Province, Oct. 30, 2021. (Xinhua/Li Jianan)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110105406

  • 2021年10月30日
    CHINA-HENAN-ANYANG-AEROBATIC PERFORMANCE (CN)

    (211030) -- ANYANG, Oct. 30, 2021 (Xinhua) -- An aircraft gives aerobatic performance at a public event hosted by the China Aircraft Owners and Pilots Association (AOPA-China) in Anyang City of central China‘s Henan Province, Oct. 30, 2021. (Xinhua/Li Jianan)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110105249

  • 2021年10月30日
    CHINA-HENAN-ANYANG-AEROBATIC PERFORMANCE (CN)

    (211030) -- ANYANG, Oct. 30, 2021 (Xinhua) -- An aircraft gives aerobatic performance at a public event hosted by the China Aircraft Owners and Pilots Association (AOPA-China) in Anyang City of central China‘s Henan Province, Oct. 30, 2021. (Xinhua/Li Jianan)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110105049

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月26日
    日本風洞製作所のドローン耐風試験用風洞

    日本風洞製作所(福岡県久留米市)は、飛行ロボット(ドローン)の風洞実験機で攻勢をかける。国家安全保障の観点から官公庁は中国製ドローン調達を事実上排除し、国産や欧米メーカーに特需の追い風が吹いている。ドローンは機体が小型な分、向かい風時の飛行性能や耐風性で大きな差が出ることから、風洞実験機の需要が拡大している。ドローンメーカーや採用を決める官公庁への提案を強化する方針だ。日本風洞製作所の受注件数は2018年の10件が19年は20件、20年は30件、21年は35―40件見込みと「年10件ペースで伸びている」(ジョシュア社長)。風の影響を受けやすいドローンはカタログ性能で「飛行時間30分、積載重量2キログラム」などとあっても、飛行中に風にあおられて実際は半分以下になることも珍しくない。特に積乱雲などで乱気流が発生しやすい山間地帯や海面付近、橋や高層ビルの間を飛ぶドローンは風の影響を強く受ける。福島県南相馬市に国のテストコースがあるが、同じコースでも天候や風の影響により飛行性能に違いが出る。顧客へ売り込むには、顧客が使う現場の状況に合わせた飛行データが不可欠になる。同社は自転車やバイクレース向けの風洞試験装置を多く手がける。ドローン向けもこの技術を生かし開発した。基本ユニットの価格は消費税抜きで650万円。送風出力は7・5キロワット、上空から吹き下ろす風や横風、向かい風、下から吹き上げる風などを自在に合成できる。全地球測位システム(GPS)の電波が届かない屋内でも飛行試験が可能。客観的なデータを得られるため、信頼性も増すとしている。=2021(令和3)年11月26日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120314538

  • 2022年03月05日
    (3)恐竜化石の宝庫、天演博物館を訪ねて四川省崇州市

    天演博物館が所蔵するプテラノドンの化石。プテラノドンは、7千万年前に生息していた飛行性爬虫類の一種。(2月20日撮影)中国四川省崇州市(成都市の管轄下にある県級市)にある工業パークの敷地内にひっそりとたたずむ天演博物館は、国家2級博物館で、成都で唯一、地質標本と古生物標本を主に展示する民営の博物館でもある。中国の自然科学系博物館の中でも特に有名で、間もなく開館する成都自然博物館には、同館とつながりのある恐竜の化石27体が展示されるという。アジアの民営博物館の中で古生物と化石の数量が最も多く、種類も最もそろっており、所蔵品は約5万点、タイムスパンは26億年で、種類は恐竜だけでも70種余りに上る。(崇州新華社配信/陶軻)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030505528

  • 1