KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 場所
  • 原料
  • 基準
  • 生分解
  • 販売
  • でんぷん
  • カヤツリグサ
  • ゴミ処理
  • シュークリーム
  • ハム

「食品衛生法」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1998年02月26日
    検出された子供用食器 子供用食器に環境ホルモン

    食品衛生法の基準を超える化学物質が検出された子供用食器

    商品コード: 1998022600027

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年06月10日
    林兼産業の食肉加工品 林兼産業のハムに表示違反

    食品衛生法違反(表示違反)の疑いがあったとされる林兼産業の食肉加工品

    商品コード: 2002061000282

  • 2002年07月19日
    改正案可決した衆院厚労委 輸入禁止の改正案可決

    食品衛生法の改正案を可決した衆院厚生労働委員会=19日午後

    商品コード: 2002071900062

  • 2002年10月17日
    回収される果汁飲料 輸入飲料から法定外添加物

    食品衛生法で認められていない添加物が検出され、回収対象となった果汁飲料「HOLLYWOOD 48―HOUR MIRACLE DIET」

    商品コード: 2002101700202

  • 2003年05月29日
    回収命令出した漬物 中国産漬物に違法保存料

    食品衛生法に違反する保存料が含まれているとし、名古屋市が製品の回収命令を出した漬物

    商品コード: 2003052900213

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:27.52
    2007年01月11日
    空撮 不二家工場 立ち入り検査 埼玉県、期限切れ牛乳で

    大手菓子メーカーの不二家が消費期限の切れた牛乳を使ったシュークリームを出荷していた問題で、埼玉県は11日、食品衛生法に基づき、同社埼玉工場(同県新座市)を立ち入り検査した<映像内容>不二家埼玉工場外観、空撮、撮影日:2007(平成19)年1月11日、撮影場所:埼玉県新座市

    商品コード: 2019120407143

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    白石バイオマスのバイオマス材料を30%使用したレジ袋「ネオプラUバッグ」

    白石バイオマス(京都府京丹後市)は、抗菌・消臭機能を持ち、植物由来のバイオマス材料を30%配合したプラスチック製レジ袋を開発し、小売業向けに提案を始めた。政府は7月からプラ製レジ袋の有料化を義務付ける方針だが、開発品は対象外製品になる。価格は厚みや形状、受注枚数などによって異なるが、一般的な汎用プラ製レジ袋に比べ約3割高い程度に抑えた。年間100トンの販売を目指す。白石バイオマスが開発したのは、材料にでんぷんを20%、米ぬかを10%配合したポリ袋「ネオプラUバッグ」。プラ製包装材の製造などを手がける丸真化学工業(兵庫県豊岡市)と共同開発した。白石バイオマスは原料を供給する。ネオプラUバッグは、米ぬかが持つ抗菌・消臭機能を保持したまま、レジ袋に求められる強度を付与した。500ミリリットル入りペットボトルを6本入れた場合でも破れず、持ち運べる。食品衛生法の溶出試験に適合しており、食品などをそのまま入れられる。「レジ袋有料化」の対象外になるのは、植物由来の原料を25%以上含むこと、厚さ0・05ミリメートル以上、微生物によって分解される生分解性素材など、いずれかの条件を満たす必要がある。白石バイオマスは、米ぬかを20%配合し、抗菌などの機能を持たせたポリ袋を販売していたが、強度上20%が限界だった。丸真化学工業の持つ、袋原反の加工工程や添加剤などの技術で、機能を保持したまま強度を持たせることに成功した。買い物袋として使った後は、抗菌の機能を生かした食品保存や消臭機能を生かしたおむつ廃棄、生ゴミ処理などの二次利用ができる。荻野社長は「生分解性樹脂より安価に製造できる。有料化を機に一般消費者にも袋の二次利用を普及させたい」としている。=2020(令和2)年1月15日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020703355

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月08日
    藤田興業が販売する草ストロー

    藤田興業が販売する草ストロー。土木建設業の藤田興業(岡山市南区藤田)は、植物の茎でできた「草ストロー」を販売している。プラスチック製品による海洋汚染対策で代替素材に切り替える「脱プラ」の動きに対応。製品の普及を目指し、新型コロナウイルス禍で苦境にある飲食店への寄贈活動も進めている。草ストローは、ベトナムで民芸品などの材料に使われるカヤツリグサ科のレピロニアが原料。中が空洞になった茎を現地の委託工場で長さ20センチに切りそろえ、内部の節を取り除いて乾燥させ、殺菌処理して製品化した。50本入り税別600円。木材チップを原紙にして作る紙製ストローと比べても、製造工程での二酸化炭素排出量が少なく、土に返る期間は3分の1程度の約1カ月と生分解性が高い。水に漬けてもふやけたり、折れたりせず耐水性に優れる。農薬などは使っておらず、民間の検査で食品衛生法の基準も満たしている=撮影日場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080308456

  • 1