KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困脱却
  • 協同組合
  • キノコ栽培
  • ビニールハウス
  • 中国福建省
  • 黒竜江省
  • 栽培基地
  • 貧困世帯
  • キクラゲ
  • チェーン

「食用キノコ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
170
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
170
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月14日
    (3)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を前に集合写真を撮るミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (8)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、新居の前で旧居の写真を見せるミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (4)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、旧暦の新年を祝うミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (2)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    上:納雍県維新鎮坪子社区の改修前の村道。(2010年11月6日撮影)下:改修された坪子社区の道路。(2021年2月11日撮影)中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (7)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、年越し用品を買うミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (5)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、伝統的な餅菓子「糍粑(ツーバ)」作りの準備をするミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (1)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、新居の前で写真を撮るミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (6)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)の食卓で乾杯するミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.41
    2021年01月09日
    「新華社」食用キノコ産業の発展で収入増河北省平泉市

    「中国の食用キノコの里」と呼ばれる河北省平泉市では現在、栽培農家が早期収穫や高値での販売を目指し、資材の準備や原木作りを進めている。同市は食用キノコの生産や加工を農家の収入増につながる中核的な産業に定め、研究開発やハイテク栽培、高度加工、市場流通、ブランド構築を網羅する産業チェーンを形成してきた。2020年にシイタケの栽培規模が原木6億8千万本分、生産量が60万トンに達し、産業チェーン全体の生産高は62億元(1元=約16円)に上った。これにより8千戸余り、1万6千人以上が貧困状態から脱却し、1戸当たり年間2万5千元以上の収入増を実現した。(記者/駱学峰) =配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.04
    2021年01月01日
    「新華社」小さなキノコが開く豊かさへの道福建省武平県

    中国福建省竜岩市武平県はここ数年、工場での栽培と専門的な生産体制を整え、食用キノコの循環型経済を精力的に発展させてきた。産業レベルは大幅に向上し、地元村民の所得増加をけん引している。同県岩前鎮将軍村では、地元の村民が食用キノコ専業合作社(協同組合)を設立し、村の入り口にキノコ栽培基地を開設した。さらに、村と合作社が共同で福建英源食用キノコ生産基地を建設した。現在、基地の産業規模は拡大傾向にあり、1日当たりの生産量は食用キノコが3トン、食用キノコパックが3万袋に達している。また、近隣の村の住民70人以上が地元で就職できるようになった。基地で働く村民1人当たりの平均年収も、2018年の1万元(1元=約16円)以上から20年には3万元以上に増加した。(記者/陳旺) =配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    移転で豊かな暮らしを実現福建省寧徳市屏南県

    11日、屏南県路下郷富塘造福新村の木材加工工場で働く貧困脱却を果たした村民の魏万蓮(ぎ・ばんれん)さん。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県は、危険家屋の改築と「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)を積極的に進め、移転後の産業支援を業務の重点に位置付けている。同県は移転先の周辺地域で野菜、食用キノコなどの栽培業に取り組みながら、産業による貧困脱却扶助の長期的かつ効果的な仕組みの構築を模索し、移転者が貧困から脱却できるよう支援している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    移転で豊かな暮らしを実現福建省寧徳市屏南県

    11日、屏南県路下郷富塘造福新村の食用キノコ基地で働く貧困脱却を果たした村民の呉玉秀(ご・ぎょくしゅう)さん。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県は、危険家屋の改築と「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)を積極的に進め、移転後の産業支援を業務の重点に位置付けている。同県は移転先の周辺地域で野菜、食用キノコなどの栽培業に取り組みながら、産業による貧困脱却扶助の長期的かつ効果的な仕組みの構築を模索し、移転者が貧困から脱却できるよう支援している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    移転で豊かな暮らしを実現福建省寧徳市屏南県

    10日、屏南県双渓鎮禹渓新村の移転者居住区に立ち並ぶ住宅。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県は、危険家屋の改築と「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)を積極的に進め、移転後の産業支援を業務の重点に位置付けている。同県は移転先の周辺地域で野菜、食用キノコなどの栽培業に取り組みながら、産業による貧困脱却扶助の長期的かつ効果的な仕組みの構築を模索し、移転者が貧困から脱却できるよう支援している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    移転で豊かな暮らしを実現福建省寧徳市屏南県

    10日、屏南県寿山郷白玉新村の移転者居住区に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県は、危険家屋の改築と「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)を積極的に進め、移転後の産業支援を業務の重点に位置付けている。同県は移転先の周辺地域で野菜、食用キノコなどの栽培業に取り組みながら、産業による貧困脱却扶助の長期的かつ効果的な仕組みの構築を模索し、移転者が貧困から脱却できるよう支援している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    移転で豊かな暮らしを実現福建省寧徳市屏南県

    10日、屏南県寿山郷白玉新村の自宅前で、近所の人と談笑する村民の高紹翠(こう・しょうすい)さん。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県は、危険家屋の改築と「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)を積極的に進め、移転後の産業支援を業務の重点に位置付けている。同県は移転先の周辺地域で野菜、食用キノコなどの栽培業に取り組みながら、産業による貧困脱却扶助の長期的かつ効果的な仕組みの構築を模索し、移転者が貧困から脱却できるよう支援している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    「産業顧問」が農家の増収を後押し貴州省凱里市

    5日、凱里市凱棠鎮大坪村の中薬材栽培基地で、マルチシートを使った中薬材の苗の被覆について農家に指導する技術員の焦洪海(しょう・こうかい)さん(左)。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州凱里市は今年に入り、食用きのこや中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)、野菜などの特色ある産業に携わる専門技術者144人を市内166の行政村に「産業顧問」として計画的に配置。農家を訪問して技術指導を提供することで、産業の効率化や農家の増収の促進に効果を上げている。(貴陽=新華社記者/蒋成)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    「産業顧問」が農家の増収を後押し貴州省凱里市

    5日、凱里市凱棠鎮大坪村の中薬材栽培基地で、マルチシートを使った中薬材の苗の被覆について農家に指導する技術員の焦洪海(しょう・こうかい)さん(左から2人目)。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州凱里市は今年に入り、食用きのこや中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)、野菜などの特色ある産業に携わる専門技術者144人を市内166の行政村に「産業顧問」として計画的に配置。農家を訪問して技術指導を提供することで、産業の効率化や農家の増収の促進に効果を上げている。(貴陽=新華社記者/蒋成)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    「産業顧問」が農家の増収を後押し貴州省凱里市

    4日、凱里市下司鎮馬場村のイチゴ栽培基地で、農家にイチゴの病害虫防除について説明する高級農芸師の徐慶軍(じょ・けいぐん)さん(中央)。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州凱里市は今年に入り、食用きのこや中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)、野菜などの特色ある産業に携わる専門技術者144人を市内166の行政村に「産業顧問」として計画的に配置。農家を訪問して技術指導を提供することで、産業の効率化や農家の増収の促進に効果を上げている。(貴陽=新華社記者/蒋成)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    「産業顧問」が農家の増収を後押し貴州省凱里市

    4日、凱里市下司鎮馬場村の野菜栽培基地で、農家にセロリ栽培の指導をする高級農芸師の徐慶軍(じょ・けいぐん)さん(右)。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州凱里市は今年に入り、食用きのこや中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)、野菜などの特色ある産業に携わる専門技術者144人を市内166の行政村に「産業顧問」として計画的に配置。農家を訪問して技術指導を提供することで、産業の効率化や農家の増収の促進に効果を上げている。(貴陽=新華社記者/蒋成)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.60
    2020年10月13日
    「新華社」食用キノコ栽培で貧困脱却を後押し黒竜江省

    中国黒竜江省綏化市明水県は、大興安嶺南麓の広域特殊困難地区にある。同県ではここ数年、食用キノコ産業の発展に力を入れており、栽培基地を設立して貧困世帯の増収を推し進めている。(記者/王建威)<映像内容>食用キノコの栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    産業による貧困脱却支援が奏功黒竜江省

    黒竜江省綏化(すいか)市明水県興仁鎮石人村にある食用キノコ栽培基地のハウスで、ナメコを乾燥させる貧困世帯の村民。(10月11日撮影)中国黒竜江省では収穫の最盛期を迎え、至る所に豊作の喜びがあふれている。同省はここ数年、貧困脱却支援産業の発展に力を入れ、省を挙げて農業の優位性を生かした特色ある産業プロジェクト4千件近くを実行に移した。2017~19年末までに、同省の現行基準で累計61万3千人が貧困から脱却し、貧困発生率は0・07%まで低下。省内の国家級貧困県20県、省級貧困県8県全てが貧困指定から外れ、貧困村1778村全てが貧困脱却を果たし、地域全体の貧困解決を1年前倒しで達成した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月11日
    食用キノコ栽培で貧困脱却を後押し黒竜江省

    11日、明水県興仁鎮石人村にある食用キノコ栽培基地で、ナメコを干す貧困世帯の林徳山(りん・とくざん)さん。基地で働いて得る年収は1万元(1元=約16円)以上になるという。中国黒竜江省綏化市明水県は、大興安嶺南麓の広域特殊困難地区にある。同県ではここ数年、食用キノコ産業の発展に力を入れており、栽培基地を設立して貧困世帯の増収を推し進めている。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    食用キノコ栽培で貧困脱却を後押し黒竜江省

    11日、明水県興仁鎮石人村にある食用キノコ栽培基地のビニールハウスでナメコを収穫する作業員。中国黒竜江省綏化市明水県は、大興安嶺南麓の広域特殊困難地区にある。同県ではここ数年、食用キノコ産業の発展に力を入れており、栽培基地を設立して貧困世帯の増収を推し進めている。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    食用キノコ栽培で貧困脱却を後押し黒竜江省

    11日、明水県興仁鎮石人村にある食用キノコ栽培基地のハウスでナメコを収穫する作業員。中国黒竜江省綏化市明水県は、大興安嶺南麓の広域特殊困難地区にある。同県ではここ数年、食用キノコ産業の発展に力を入れており、栽培基地を設立して貧困世帯の増収を推し進めている。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    食用キノコ栽培で貧困脱却を後押し黒竜江省

    11日、明水県興仁鎮石人村にある食用キノコ栽培基地のハウスでナメコを収穫する作業員。中国黒竜江省綏化市明水県は、大興安嶺南麓の広域特殊困難地区にある。同県ではここ数年、食用キノコ産業の発展に力を入れており、栽培基地を設立して貧困世帯の増収を推し進めている。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    食用キノコ栽培で貧困脱却を後押し黒竜江省

    11日、明水県興仁鎮石人村にある食用キノコ栽培基地のハウスでナメコを収穫する作業員。中国黒竜江省綏化市明水県は、大興安嶺南麓の広域特殊困難地区にある。同県ではここ数年、食用キノコ産業の発展に力を入れており、栽培基地を設立して貧困世帯の増収を推し進めている。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    食用キノコ栽培で貧困脱却を後押し黒竜江省

    11日、明水県興仁鎮石人村にある食用キノコ栽培基地のハウスでナメコを収穫する作業員。中国黒竜江省綏化市明水県は、大興安嶺南麓の広域特殊困難地区にある。同県ではここ数年、食用キノコ産業の発展に力を入れており、栽培基地を設立して貧困世帯の増収を推し進めている。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    食用キノコ栽培で貧困脱却を後押し黒竜江省

    11日、明水県興仁鎮石人村にある食用キノコ栽培基地のハウスでナメコを収穫する作業員。中国黒竜江省綏化市明水県は、大興安嶺南麓の広域特殊困難地区にある。同県ではここ数年、食用キノコ産業の発展に力を入れており、栽培基地を設立して貧困世帯の増収を推し進めている。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    食用キノコ栽培で貧困脱却を後押し黒竜江省

    11日、明水県興仁鎮石人村にある食用キノコ栽培基地のハウスでナメコを収穫する作業員。中国黒竜江省綏化市明水県は、大興安嶺南麓の広域特殊困難地区にある。同県ではここ数年、食用キノコ産業の発展に力を入れており、栽培基地を設立して貧困世帯の増収を推し進めている。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    食用キノコ栽培に励む農家河北省灤南県

    7日、河北省灤南県の温室で食用キノコの菌床を積み上げる村民。中国河北省唐山市灤南(らんなん)県では、シイタケやヒラタケなど、各種食用キノコの生産が盛んで、年間生産量が1万トン以上となっている。(灤南=新華社記者/楊世堯)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    食用キノコ栽培に励む農家河北省灤南県

    7日、河北省灤南県の温室で食用キノコの菌床を積み上げる村民。中国河北省唐山市灤南(らんなん)県では、シイタケやヒラタケなど、各種食用キノコの生産が盛んで、年間生産量が1万トン以上となっている。(灤南=新華社記者/楊世堯)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    食用キノコ栽培に励む農家河北省灤南県

    7日、河北省灤南県の温室で食用キノコの菌床を積み上げる村民。中国河北省唐山市灤南(らんなん)県では、シイタケやヒラタケなど、各種食用キノコの生産が盛んで、年間生産量が1万トン以上となっている。(灤南=新華社記者/楊世堯)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    食用キノコ栽培に励む農家河北省灤南県

    7日、河北省灤南県の温室でキノコの生育状況を確認する村民。中国河北省唐山市灤南(らんなん)県では、シイタケやヒラタケなど、各種食用キノコの生産が盛んで、年間生産量が1万トン以上となっている。(灤南=新華社記者/楊世堯)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    食用キノコ栽培に励む農家河北省灤南県

    7日、河北省灤南県の温室でキノコの生育状況を確認する村民。中国河北省唐山市灤南(らんなん)県では、シイタケやヒラタケなど、各種食用キノコの生産が盛んで、年間生産量が1万トン以上となっている。(灤南=新華社記者/楊世堯)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    食用キノコ栽培に励む農家河北省灤南県

    7日、河北省灤南県で食用キノコの菌床を作る村民。中国河北省唐山市灤南(らんなん)県では、シイタケやヒラタケなど、各種食用キノコの生産が盛んで、年間生産量が1万トン以上となっている。(灤南=新華社記者/楊世堯)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    「油鶏樅」を作る昌寧県田園鎮文昌社区(コミュニティー)の住民。(資料写真)中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(保山=新華社記者/林碧鋒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    オオシロアリタケをきれいに洗う昌寧県田園鎮文昌社区(コミュニティー)の住民。(資料写真)中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(保山=新華社記者/林碧鋒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    油で揚げるオオシロアリタケ。(資料写真)中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(保山=新華社記者/林碧鋒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    出来上がった「油鶏樅」を見せる昌寧県田園鎮文昌社区(コミュニティー)の住民。(資料写真)中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(保山=新華社記者/林碧鋒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    きれいに洗ったオオシロアリタケ。(資料写真)中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(保山=新華社記者/林碧鋒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.05
    2020年09月24日
    「新華社」農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(記者/林碧鋒)<映像内容>オオシロアリタケの加工、食品製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    Leccinum scabrum, edible mushroom, rough-stemmed bolete, scaber stalk

    Leccinum scabrum, edible mushroom, rough-stemmed bolete, scaber stalk, Bohemian Forrest, Czech Republic, September 16, 2020. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    Mixed mushroom season in the north

    02 September 2020, Lower Saxony, Raden: Gold pips are in the moss. The gold boletus, also called the beautiful boletus, is a tasty edible mushroom. Little rainfall and dry soils give a bad start to the mushroom season. Photo: Ole Spata/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    Mixed mushroom season in the north

    02 September 2020, Lower Saxony, Raden: Gold pips are in the moss. The gold boletus, also called beautiful boletus, is a tasty edible mushroom. Little rainfall and dry soils give a bad start to the mushroom season. Photo: Ole Spata/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    Mixed mushroom season in the north

    02 September 2020, Lower Saxony, Raden: A woman uses a book of mushrooms to determine a gold tube. The gold boletus, also called the beautiful boletus, is a tasty edible mushroom. Little rainfall and dry soils give a bad start to the mushroom season. Photo: Ole Spata/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    Mixed mushroom season in the north

    02 September 2020, Lower Saxony, Raden: Gold pips are in the moss. The gold boletus, also called beautiful boletus, is a tasty edible mushroom. Little rainfall and dry soils give a bad start to the mushroom season. Photo: Ole Spata/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    Mixed mushroom season in the north

    02 September 2020, Lower Saxony, Raden: A snail eats a gold tube. The gold tube, also called a beautiful tube, is a tasty edible mushroom. Little rainfall and dry soils give a bad start to the mushroom season. Photo: Ole Spata/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    石絵に託す農村振興、山村の貧困脱却請負人陝西省留壩県

    劉勇氏が製作した石絵作品。(8月4日撮影)中国西北部の秦嶺山脈山中に位置する陝西省留壩(りゅうは)県河口村は2019年、正式に貧困脱却を果たした。同村の貧困脱却には、貧困対策担当者として村に駐在する劉勇(りゅう・ゆう)氏による食用きのこ栽培、養蜂などの産業復興策や観光地整備が大きく貢献した。劉氏は、同村だけの魅力的な「土産物」も生み出した。村には漢江の支流の一つ、褒河(ほうが)の急流があるが、劉氏は川底の玉石を見て、石絵を描くアイディアを思いついた。劉氏が余暇を利用して石の上に描く村の豊かな生活風景は、同村の色鮮やかな「名物」になっている。(留壩=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    石絵に託す農村振興、山村の貧困脱却請負人陝西省留壩県

    石絵に色を塗る劉勇氏。(8月4日撮影)中国西北部の秦嶺山脈山中に位置する陝西省留壩(りゅうは)県河口村は2019年、正式に貧困脱却を果たした。同村の貧困脱却には、貧困対策担当者として村に駐在する劉勇(りゅう・ゆう)氏による食用きのこ栽培、養蜂などの産業復興策や観光地整備が大きく貢献した。劉氏は、同村だけの魅力的な「土産物」も生み出した。村には漢江の支流の一つ、褒河(ほうが)の急流があるが、劉氏は川底の玉石を見て、石絵を描くアイディアを思いついた。劉氏が余暇を利用して石の上に描く村の豊かな生活風景は、同村の色鮮やかな「名物」になっている。(留壩=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    石絵に託す農村振興、山村の貧困脱却請負人陝西省留壩県

    自身の作品を見せる劉勇氏。(8月4日撮影)中国西北部の秦嶺山脈山中に位置する陝西省留壩(りゅうは)県河口村は2019年、正式に貧困脱却を果たした。同村の貧困脱却には、貧困対策担当者として村に駐在する劉勇(りゅう・ゆう)氏による食用きのこ栽培、養蜂などの産業復興策や観光地整備が大きく貢献した。劉氏は、同村だけの魅力的な「土産物」も生み出した。村には漢江の支流の一つ、褒河(ほうが)の急流があるが、劉氏は川底の玉石を見て、石絵を描くアイディアを思いついた。劉氏が余暇を利用して石の上に描く村の豊かな生活風景は、同村の色鮮やかな「名物」になっている。(留壩=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社にある菌床栽培の作業場で、作業を行う農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社で、キクラゲを天日干しする農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社で、キクラゲを天日干しする農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社にある菌床栽培の作業場で、作業を行う農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:47.88
    2020年07月19日
    「新華社」「食用キノコの都」を訪ねて福建省寧徳市

    「中国の食用キノコの都」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は、「キノコの王様」と呼ばれる白キクラゲの主要産地で、その生産量は世界一を誇る。古田晟農無公害白キクラゲ栽培基地で、収穫したばかりの新鮮な白キクラゲは、石づきの除去、洗浄、煮詰め、凍結・乾燥などの工程を経て、フリーズドライの即席キクラゲになる。お湯を注いで1分ほど待てば、甘い白キクラゲスープの出来上がり。(記者/林凱)<映像内容>白キクラゲの栽培、フリーズドライの加工の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、古田県双創(創新・創業)モデル基地に展示されたキノコ加工品。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、古田県双創(創新・創業)モデル基地にある十方田運営センターの展示ホールに並ぶキノコ加工品。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、古田県双創(創新・創業)モデル基地にある十方田運営センターの展示ホールに並ぶシロキクラゲ。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、福建古田晟農無公害シロキクラゲ栽培基地で、シロキクラゲの生育状況を確認する技術スタッフの王振泉(おう・しんせん)さん。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、福建古田晟農無公害シロキクラゲ栽培基地で、シロキクラゲの生育状況を確認する張家巧(ちょう・かこう)さん。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、古田県双創(創新・創業)モデル基地にある十方田運営センターの展示ホールに並ぶキノコ加工品。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、ライブ動画で商品を紹介する福建古田晟農無公害シロキクラゲ栽培基地の責任者、張家巧(ちょう・かこう)さん。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、福建古田晟農無公害シロキクラゲ栽培基地で、シロキクラゲの生育状況を確認する技術スタッフの王振泉(おう・しんせん)さん。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.80
    2020年06月21日
    「新華社」小さなマッシュルームが貧困脱却を後押し黒竜江省

    中国黒竜江省綏化(すいか)市明水県に位置するマッシュルーム生産基地は、60ムー(4ヘクタール)の敷地にビニールハウス48棟が建設されている。同基地は主にマッシュルームなど食用キノコの育種や発酵、栽培、加工、販売を行っている。スマート化されたビニールハウスは温度と湿度、二酸化炭素濃度などが制御できることから、年間を通した生産を実現している。同基地は就労や賃料収入による配当金の支給、公益ポストの設立などの方法で地元の貧困世帯の増収を後押ししている。(記者/劉赫垚)<映像内容>マッシュルームの栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元の作業場でサケツバタケを加工する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスで栽培されているサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元の加工工場に積まれたサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月23日
    青年人材を引きつける農村振興戦略山東省

    山東省徳州市夏津県生態旅游区の清凉寺村で採れたてのサケツバタケを見せる聶陽(じょう・よう)さん。大学で菌類学を学んだ聶さんは2018年に帰郷し、食用キノコの栽培を始めた。(5月23日撮影)中国山東省は2018年末、人材活用を通じた農村振興を図るため「農村人材活用の振興促進に関する若干の措置」を発表。ハイレベル人材の農村での起業を促すとともに、農民に対する訓練・育成を拡大した。同措置の実施以降、省内ではますます多くの青年が郷里にUターンして起業し、農村に定住するようになった。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、乾燥ヤマブシタケを見せる模範村の食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウス。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培拠点に保管されている芦菇の親株。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村で、低温輸送車に積み込まれた芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、リアルタイムでディスプレーに表示される計測データ。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、ディスプレーに表示される計測データ。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村で、低温輸送車に積み込まれた芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、模範村にある食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の生産ラインでヤマブシタケ加工製品にラベルを貼る従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、模範村にある食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の生産ラインでヤマブシタケ加工製品にラベルを貼る従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、栽培環境をモニタリングする湖南農業大学食用菌研究所の呉正坤(ご・せいこん)副所長。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、乾燥ヤマブシタケを選別する模範村の食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省

    17日、福建省武夷山市興田鎮西郊村のツツジ栽培基地。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省

    17日、福建省武夷山市興田鎮にある将軍石茶畑の岩茶栽培基地。(小型無人機から)中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省

    17日、福建省武夷山市興田鎮にある将軍石茶畑の岩茶栽培基地。(小型無人機から)中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省

    17日、福建省武夷山市興田鎮西郊村の葉タバコ栽培基地。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省

    17日、福建省武夷山市興田鎮西郊村の栽培園で、キヌガサダケの生育状況を確認する同鎮科学技術特派員の范文興(はん・ぶんこう)さん(右)と村民の曹祖健(そう・そけん)さん。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省

    17日、福建省武夷山市興田鎮にある将軍石茶畑の岩茶栽培基地。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2