KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 平成
  • いにしえ
  • たん
  • ちょう
  • 再現
  • 北宋
  • 李安
  • 清明上河図
  • 演芸場

「飴細工」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
34
( 1 34 件を表示)
  • 1
34
( 1 34 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  飴細工屋
    -
    飴細工屋

    「目録番号4553」と同じ構図の写真であるが、映した角度が異なっている。飴屋の足の位置などから分かるが、4553は写真の上が弦形に切られている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐19‐0]

    商品コード: 2017081501819

  •  飴細工屋
    -
    飴細工屋

    空気を入れて膨らませながら飴細工をつくっている人を映している。一方では、いろいろな細工物を見上げている女の子をとらえている。市中では、このような伝統芸ともいえるパフォーマンスが見られた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号89‐19‐0]

    商品コード: 2017081400886

  •  飴細工屋
    -
    飴細工屋

    市中を移動しながら飴細工を売り歩く人。今日では見られなくなったが、熱を与えて飴を練りながらいろいろな形に整えて子どもたちの気を引き売るものである。伝統芸の一つでもある。=明治中期、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号69‐54‐0]

    商品コード: 2017082400295

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2016年01月31日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園。(2017年1月31日、小型無人機から)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209382

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2016年05月02日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    観光客でにぎわう河南省開封市の清明上河園風景区。(2016年5月2日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209458

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2016年07月31日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区を訪れた観光客。(2016年7月31日、小型無人機から)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209333

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2017年03月26日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で、水上ショーを見ようと橋の上に集まった大勢の観光客。(2017年3月26日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209328

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2017年03月26日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で「烙画」(焼き絵)の実演をする工芸家。(2017年3月26日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209347

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2017年03月26日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で高足踊りを披露する演者。(2017年3月26日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209378

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2017年03月26日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で蹴鞠を披露する演者。(2017年3月26日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209461

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2017年03月26日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で火吹き芸を披露する曲芸師。(2017年3月26日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209324

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2017年03月26日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で雑技を見物する観光客。(2017年3月26日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209337

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2017年03月26日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で、女性が手まりを投げ、受け取った男性を結婚相手とした昔の習俗を再現する演者ら。(2017年3月26日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209331

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2017年03月26日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で火吹き芸を披露する曲芸師。(2017年3月26日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209394

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2017年03月31日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で開催された、北宋の都を再現した大型水上実景ショー。(2017年3月31日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2017(平成29)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209279

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2017年05月30日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で南宋の武将、岳飛を主人公とした演目を披露する演者。(2017年5月30日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2017(平成29)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209340

  •  春節ムードいっぱい活気あふれる中国農村の定期市
    2019年01月23日
    春節ムードいっぱい活気あふれる中国農村の定期市

    23日、四川省内江市東興区高梁鎮の定期市で、べっこう飴細工を買う子ども。23日は旧暦12月18日にあたり、中国四川省内江市東興区の高梁鎮は定期市で年越し用品を買い求める地元の人々で大いに賑わった。この日はちょうど市が立つ日で、市場には他の村や町および都市部から買い物客が集まり、活気にあふれていた。(内江=新華社配信/黄正華)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821016

  •  「新華社」エンパイアステートビル、ライトアップで春節祝う
    01:26.03
    2019年02月05日
    「新華社」エンパイアステートビル、ライトアップで春節祝う

    米ニューヨーク市のシンボル、エンパイアステートビルディング(ESB)は4、5両日夜に頂上部を3色にライトアップして中国の旧正月「春節」を祝う。ライトアップは、中国文化部が同市で行う中国伝統文化のPRイベント「ハッピーニューイヤー・ファンタスティックチャイナ(歓楽春節•芸術中国匯)」のスタッフと中国中央美術学院が共同でデザインした。赤、青、黄の単色ライトが交互にビルの頂上部分を彩る。同ビルで1日午前に開催された2019年中国春節点灯式典には、ニューヨーク中国総領事館の黄屏(こう・へい)総領事とエンパイアステート・リアルティ・トラスト(ESRT)のケスラー社長兼最高執行責任者(COO)が参加し、ライトの点灯を象徴するスイッチを入れた。ビル1階のショーウィンドーには中国対外文化集団公司がデザインした今年の干支「己亥」(いがい、つちのとい)にちなんだ泥人形や切り絵、飴細工、灯籠などが展示された。同ビルの春節ライトアップは今年で連続19年目となる。(記者/張墨成、長遠)<映像内容>ニューヨークで行われた2019年中国春節点灯式典の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518456

  •  「廟会」のB級グルメ舌で味わう春節の味江蘇省淮安市
    2019年02月08日
    「廟会」のB級グルメ舌で味わう春節の味江蘇省淮安市

    8日、淮安市の清江浦廟会で、飴細工を味わう子ども。旧正月の4日目にあたる8日、大勢の見物客で賑わう中国江蘇省淮安(わいあん)市の清江浦廟会(びょうえ、縁日)では、見物客らが特色あるさまざまな小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理を指す)を味わい、春節(旧正月)の雰囲気を存分に楽しんでいた。(淮安=新華社配信/賀敬華)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217572

  •  「廟会」のB級グルメ舌で味わう春節の味江蘇省淮安市
    2019年02月08日
    「廟会」のB級グルメ舌で味わう春節の味江蘇省淮安市

    8日、淮安市の清江浦廟会で、飴細工を味わう子ども。旧正月の4日目にあたる8日、大勢の見物客で賑わう中国江蘇省淮安(わいあん)市の清江浦廟会(びょうえ、縁日)では、見物客らが特色あるさまざまな小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理を指す)を味わい、春節(旧正月)の雰囲気を存分に楽しんでいた。(淮安=新華社配信/賀敬華)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216940

  •  ふるさとの農作物即売会が大にぎわい江西省南昌市
    2019年03月06日
    ふるさとの農作物即売会が大にぎわい江西省南昌市

    6日、江西省南昌市南昌県蒋巷鎮で行われた「2019家郷大集」農作物即売会でピータンを買い求める人々。「江南の名鎮」と称される中国江西省南昌市南昌県蒋巷鎮で6日、地域の特色を残しながら農村ブランドを発展させることを目的とした「2019家郷大集(ふるさと市場)農産物即売会」が行われた。即売会には、魚醤、豆豉(大豆を発酵させて作る調味料)、べっこう飴細工、干したアヒル肉など100種類近い地元の農産物が並び、訪れた多くの市民や観光客が買い求めていた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100257

  •  ふるさとの農作物即売会が大にぎわい江西省南昌市
    2019年03月06日
    ふるさとの農作物即売会が大にぎわい江西省南昌市

    6日、江西省南昌市南昌県蒋巷鎮で行われた「2019家郷大集」農作物即売会で、地元特産の「印花団子」を試食する人々。「江南の名鎮」と称される中国江西省南昌市南昌県蒋巷鎮で6日、地域の特色を残しながら農村ブランドを発展させることを目的とした「2019家郷大集(ふるさと市場)農産物即売会」が行われた。即売会には、魚醤、豆豉(大豆を発酵させて作る調味料)、べっこう飴細工、干したアヒル肉など100種類近い地元の農産物が並び、訪れた多くの市民や観光客が買い求めていた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100258

  •  ふるさとの農作物即売会が大にぎわい江西省南昌市
    2019年03月06日
    ふるさとの農作物即売会が大にぎわい江西省南昌市

    6日、江西省南昌市南昌県蒋巷鎮で行われた「2019家郷大集」農作物即売会で、地元の食品、糖餅(餡入りの焼き菓子)作りの実演をする料理人。「江南の名鎮」と称される中国江西省南昌市南昌県蒋巷鎮で6日、地域の特色を残しながら農村ブランドを発展させることを目的とした「2019家郷大集(ふるさと市場)農産物即売会」が行われた。即売会には、魚醤、豆豉(大豆を発酵させて作る調味料)、べっこう飴細工、干したアヒル肉など100種類近い地元の農産物が並び、訪れた多くの市民や観光客が買い求めていた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100347

  •  ふるさとの農作物即売会が大にぎわい江西省南昌市
    2019年03月06日
    ふるさとの農作物即売会が大にぎわい江西省南昌市

    6日、江西省南昌市南昌県蒋巷鎮で行われた「2019家郷大集」農作物即売会で、料理人による牛肉スープの調理を見学する人々。「江南の名鎮」と称される中国江西省南昌市南昌県蒋巷鎮で6日、地域の特色を残しながら農村ブランドを発展させることを目的とした「2019家郷大集(ふるさと市場)農産物即売会」が行われた。即売会には、魚醤、豆豉(大豆を発酵させて作る調味料)、べっこう飴細工、干したアヒル肉など100種類近い地元の農産物が並び、訪れた多くの市民や観光客が買い求めていた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100291

  •  ふるさとの農作物即売会が大にぎわい江西省南昌市
    2019年03月06日
    ふるさとの農作物即売会が大にぎわい江西省南昌市

    6日、江西省南昌市南昌県蒋巷鎮で行われた「2019家郷大集」農作物即売会で地元の漬物を試食する人々。「江南の名鎮」と称される中国江西省南昌市南昌県蒋巷鎮で6日、地域の特色を残しながら農村ブランドを発展させることを目的とした「2019家郷大集(ふるさと市場)農産物即売会」が行われた。即売会には、魚醤、豆豉(大豆を発酵させて作る調味料)、べっこう飴細工、干したアヒル肉など100種類近い地元の農産物が並び、訪れた多くの市民や観光客が買い求めていた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100292

  •  歴史文化街区で無形文化遺産を展示黒竜江省ハルビン市
    2019年06月08日
    歴史文化街区で無形文化遺産を展示黒竜江省ハルビン市

    8日、机の上に並べられた「面塑」(もち米の粉を練って作った人形)と「糖人」(飴細工の人形)。中国の「文化と自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日、今年は6月8日)にちなみ、黒竜江省文化・観光部門は7〜10日、同省の無形文化遺産の中から伝統美術や伝統医薬、伝統舞踊などの分野別に約70の無形文化遺産を精選し、ハルビン市道外(どうがい)区にある中華バロック歴史文化街区で展示イベントを開催している。また同省各地でも、関連法律普及宣伝など複数のイベントを行っている。(ハルビン=新華社記者/董宝森)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108152

  •  豊作を祝うイベント開催江蘇省徐州市
    2019年10月19日
    豊作を祝うイベント開催江蘇省徐州市

    19日、飴細工を買い求める人々。中国江蘇省新沂(しんぎ)市(徐州市の管轄下にある県級市)棋盤鎮で19日、豊作を祝うイベントが開かれた。農民らは歌や踊り、地元の特色ある農産物の展示販売やグルメフェスティバルなどを通じて豊作を祝った。(新沂=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304740

  •  地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市
    2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、屋台で売られている飴細工(吹糖人)をじっと見つめる子ども。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322790

  •  地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市
    2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、買ったばかりの飴細工(吹糖人)をうれしそうに見つめる子どもたち。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322784

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2020年03月16日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で、同市に伝わる伝統芸能「開封盤鼓」を披露する演者。(3月16日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209457

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2020年03月16日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で、しんこ細工を並べるスタッフ。(3月16日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209306

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2020年03月16日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で子どもに飴細工を見せるスタッフ。(3月16日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209361

  •  「皇寺廟会」で伝統芸能を満喫遼寧省瀋陽市
    2020年10月01日
    「皇寺廟会」で伝統芸能を満喫遼寧省瀋陽市

    1日、遼寧省瀋陽市で開かれた「皇寺廟会」で、糖画(べっこう飴細工)を買う市民。中国の国慶節と中秋節を祝う大型連休(今年は10月1〜8日)が1日始まった。この日には遼寧省瀋陽市で「皇寺廟会」が開かれ、観光客らはさまざまなパフォーマンスを見物したり、各地のB級グルメを味わったりして楽しんでいた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100703178

  •  「皇寺廟会」で伝統芸能を満喫遼寧省瀋陽市
    2020年10月01日
    「皇寺廟会」で伝統芸能を満喫遼寧省瀋陽市

    1日、遼寧省瀋陽市で開かれた「皇寺廟会」で、糖画(べっこう飴細工)を作る無形文化遺産の伝承者。中国の国慶節と中秋節を祝う大型連休(今年は10月1〜8日)が1日始まった。この日には遼寧省瀋陽市で「皇寺廟会」が開かれ、観光客らはさまざまなパフォーマンスを見物したり、各地のB級グルメを味わったりして楽しんでいた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100703204

  • 1