KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平壌市内
  • 朝鮮労働党
  • ピョンヤン
  • 金日成広場
  • 故金正日
  • スローガン
  • 平壌市民
  • 故金日成
  • 正日総書記
  • 日成主席

「首都平壌」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
164
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
164
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:41.47
    2021年01月17日
    北朝鮮で最高人民会議か 平壌市内雑観

    北朝鮮は17日、国会に当たる最高人民会議の招集日を迎えた。首都平壌(ピョンヤン)で5~12日に開かれた朝鮮労働党大会の決定を踏まえ、国家機関の組織改編や人事、予算を決める。5年ぶりの党大会で総書記に就任した金正恩(キムジョンウン)氏が「国家の代表」である国務委員長職に代わる新たなポストに就く可能性もある。  <映像内容>北朝鮮・平壌の市内雑観、5~12日に第8回朝鮮労働党大会が開催された「4・25文化会館」など、撮影日:2021(令和3)年1月17日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2021(令和3)年1月17日

  • 01:00.19
    2020年12月17日
    金総書記死去9年で献花 マスク姿の平壌市民ら

    北朝鮮は17日、金正日総書記死去から9年を迎え、首都平壌では市民や軍人らが早朝から故金日成主席と金正日氏の銅像が立つ万寿台を訪れて献花した。 北朝鮮は来年1月に5年ぶりに開かれる朝鮮労働党大会を前に、新型コロナウイルスの防疫対策を徹底。市民らはみなマスクを着用していた。<映像内容>万寿台の丘で献花する市民、マスク姿の市民、並ぶ半旗など、撮影日:2020(令和2)年12月17日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年12月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:58.55
    2020年11月21日
    台風復旧終え首都帰還 北朝鮮、国民動員続く

    北朝鮮東部での台風被害復旧に動員されていた首都平壌の朝鮮労働党員らが20日、約2カ月ぶりに帰還した。相次いだ自然災害からの復旧は一段落ついたとみられるが、来年1月初めの党大会を控え、国民総出で経済建設などに当たる「80日戦闘」は年末まで続く。<映像内容>北朝鮮・平壌の映像、平壌駅での花束を手に支援団の帰還を待つ職場の同僚や家族ら、平壌市統計局幹部の承賢秀(スン・ヒョンス)氏(46)は「敬愛する最高指導者同志(金正恩朝鮮労働党委員長)の呼び掛けに応えて北部へと駆けつけた同僚らが帰ってくるとの知らせを聞いて、たまらず駆けつけた。本当に同僚らに会えると思うと、心は感動でいっぱいだ」と発言、平壌駅ホームの看板「台風被害復旧戦闘で偉勲を立てて帰ってきた首都党員師団の戦闘員らを熱烈歓迎します」、頭上には「敬愛する最高指導者金正恩同志万歳!」、出迎えた党高官ら、支援団を乗せた列車 、支援団の参加者の大学院生の金明日(キム・ミョンイル)氏(35)は「元帥さま(金正恩氏の人民愛の政治を支え、被害地区戦闘場に駆けつけて戻ってきたところだ。平壌市全体をあげて歓迎してくれている。首都党員師団の戦闘員の一人となったことを誇りに思う」と発言、支援団参加者らを乗せたバス、錦山太陽宮殿広場での報告大会の様子、撮影日:2020(令和2)年11月21日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年11月21日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:00.92
    2020年10月12日
    北朝鮮「80日戦闘」突入 平壌で軍民決起集会

    北朝鮮の首都平壌の金日成広場で12日、国民総動員で経済立て直しを図る「80日戦闘」のための「軍民連合集会」が開かれた。朴奉珠朝鮮労働党副委員長や金徳訓首相、金正官人民武力相(国防相)らが出席した。 軍民集会には平壌市民や学生、軍人が参加。「自力更生」「軍民大団結」などのプラカードを掲げて行進した。10日未明に同広場で開かれた軍事パレードの参加者や観衆はマスクを着けていなかったが、12日の集会参加者はみなマスク姿だった。 <映像内容>北朝鮮の平壌市の金日成広場で開かれた「軍民連合集会」の様子。呉〓根(オ・ソクグン)氏(46)のインタビュー「敬愛する最高指導者が閲兵式(軍事パレード)で行った演説を聞いて、敬愛する元帥様さえいればどんな難関も試練も恐れることはないと強く感じた。80日戦闘への党の呼びかけを受け止め、党員としての本分と責任を果たしたい」。演説する朴奉珠党副委員長など、撮影日:2020(令和2)年10月12日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年10月12日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:44.10
    2020年10月08日
    平壌で党創建75年祝賀公演 「笑いの舞台」初日

    北朝鮮は10日、党創建75年を迎える。制裁や新型コロナウイルス、豪雨被害で経済は厳しさを増しているが、首都平壌ではさまざまな祝賀行事を開催。7日には青年公園野外劇場で「笑いの舞台」の公演が始まり、人気俳優による漫談や動物サーカスが披露された。 同劇場は、今年1月に改修を終え、さまざまなイベントに使われている。「笑いの舞台」公演は16日まで続く。 <映像内容>「笑いの舞台」の雑観、10日の祝賀行事に招待された各地の代表や軍人・市民らが観覧する様子、マスク姿の観覧客など、撮影日:2020(令和2)年10月8日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年10月8日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:12.43
    2020年10月07日
    平壌で祝賀行事始まる 10日に党創建75周年

    北朝鮮の首都平壌で10日の朝鮮労働党創建75周年を前にさまざまな祝賀行事が始まった。10日には軍事パレードなどの大規模な行事が行われるとみられており、招待を受けた各地の代表らが7日までに首都に到着。6日には音楽に合わせたプロジェクションマッピングによる「照明祭典」が開幕した。  <映像内容>平壌で党創建75年祝い行われたプロジェクションマッピングの様子、撮影日:2020(令和2)年10月7日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年10月7日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:24.55
    2020年09月25日
    朝鮮紙、コロナ阻止訴え 警戒続く平壌市内

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は25日、新型コロナウイルスの流入阻止に向けた「防疫障壁」の一層の強化を訴えた。韓国人男性が北朝鮮兵士により射殺されたと韓国政府が発表したことについては触れていない。 北朝鮮メディアは、陸上だけでなく、海や河川からもコロナウイルスが流入しうると強調、監視所が増設されたと伝えている。 現地からの情報では、首都平壌では市民は外出時や公共の場所で引き続きマスクを着用。公共交通機関や商店での消毒なども徹底されている。 <映像内容>平壌市内の様子、大型テレビで世界各地の新型コロナウイルス感染拡大に関するニュースを放映する様子、市民らはみなマスク姿、10月10日の朝鮮労働党創建75年を祝う看板など。平壌市内のレストランでのコロナ対策の様子、手すりからテーブルまで徹底消毒、従業員の話、ガラスの張り紙「新型コロナウイルス感染症を徹底して阻止しよう」、入店する前に手を消毒、体温を測る客など。レストラン従業員の金光玉さん(40)の話 訳「非常防疫活動が長期化しているのに対応し、ウイルスが流入しうる場所を徹底して探し出して対策を取っている。客のマスク着用や体温計測、手の消毒などを一層強化している。一瞬の気の緩みがもたらしうる深刻な結果を認識し、防疫活動をいっそう強化したい」、撮影日:2020(令和2)年9月25日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年9月25日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:11.30
    2020年09月09日
    北朝鮮 建国72年で市民ら献花 制裁、コロナ、台風で三重苦

    北朝鮮は9日、建国72年の記念日を迎えた。首都平壌では国旗が掲揚され、マスク姿の軍人や市民らが朝から万寿台の丘に立つ故金日成主席や故金正日総書記の銅像に献花した。 金正恩朝鮮労働党委員長は5日に台風9号の被害を受けた東部咸鏡南道などを視察し、現地で党政務局拡大会議を開いたのに続き、8日には平壌で党中央軍事委員会拡大会議を主宰し復旧対策を協議。年末までの経済事業計画を全面的に見直す必要性にも言及した。 今年最大の節目である10月10日の党創建75年が1カ月後に迫る中、金正恩氏は被災地の復旧作業に、軍部隊に加え首都平壌の党員まで動員。制裁、新型コロナウイルス、自然災害の「三重苦」への危機感がうかがえる。 <映像内容>万寿台の丘で献花する市民や軍人ら 普通門周辺 「朝鮮民主主義人民共和国 万歳!」 「偉大な将軍様は絶世の愛国者」 「共和国創建」 「共和国創建慶祝」、撮影日:2020(令和2)年9月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年9月9日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:11.17
    2020年09月02日
    北朝鮮 北朝鮮が台風備え緊急対策 平壌では街路樹に添え木

    北朝鮮が台風9号に備えた緊急対策を取っている。首都平壌では2日、街路樹に添え木を設置したり、看板を一時的に撤去したりする作業が急ピッチで進められた。 朝鮮中央通信によると、関係機関が建物や道路、農地の状況を確認。日本海沿岸の水産事業所では海上の船舶に安全な海域への退避を指示し、水揚げ設備や養殖場が被害を受けないようにしている。 <映像内容>台風が接近する平壌市街の様子、台風に備えて朝鮮労働党の宣伝画やスローガンなどが撤去された様子、街路樹の添え木など、撮影日:2020(令和2)年9月2日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年9月2日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.19
    2020年08月27日
    北朝鮮 台風8号、平壌にも被害 街路樹など市内雑観

    台風8号は26日から27日にかけ台風8号が朝鮮半島西部を通過。北朝鮮の首都平壌も大雨が降り、強風で街中の樹木が折れるなどの被害が出た。 北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは26日から27日にかけて一切放送を中断せず、朝鮮半島西部を通過した台風8号への警戒を呼び掛けた。<映像内容>街路樹の風による揺れや、折れたり傾いたりした様子、雲の動き、水没した樹木などの雑観、撮影日:2020(令和2)年8月27日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月27日

  • 00:59.52
    2020年08月19日
    北朝鮮で党中央委総会開催か 平壌市内雑観

    北朝鮮の首都・平壌では19日、朝鮮労働党の重要政策を決める中央委員会総会が開かれたとみられる。金正恩党委員長が出席し、党の組織改編などについて決める見通し。 北朝鮮は国内に新型コロナウイルス感染者はいないと主張する一方、国境封鎖を継続し、防疫活動を強化。国民には外出時のマスク着用を義務づけ、平壌への出入りも厳しく統制しているもようだ。 <映像内容>平壌市内雑観、平壌第1百貨店周辺、千里馬銅像、経済建設の目標達成を呼び掛けるスローガン、凱旋門周辺など、撮影日:2020(令和2)年8月19日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月19日

  • 00:55.45
    2020年08月15日
    北朝鮮 植民地解放75年で献花 北朝鮮「国防力強化」

    日本の植民地支配からの解放75年を迎えた北朝鮮の首都平壌では15日、中心部の万寿台の丘に立つ故金日成主席と故金正日総書記の銅像に市民や軍人らが献花した。 朝鮮労働党機関紙、労働新聞は社説で、8月15日は日本から祖国を解放した金日成氏の「不滅の業績」を胸に深く刻み、国と民族の自主権を守り抜く意思を固める日だと強調。金正恩党委員長の下に団結し、「自衛的国防力」を引き続き強化していくべきだと訴えた。 <映像内容>万寿台の丘での献花(冒頭)、体育館周辺、道路脇に設置された祝賀看板「偉大なる首領様(故金日成主席)は絶世の愛国者 祖国解放75周年」、撮影日:2020(令和2)年8月15日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月15日

  • 01:20.61
    2020年08月07日
    北朝鮮、バス乗車時も消毒 新型コロナで防疫強化

    新型コロナウイルスが流入した恐れがあるとして一部地域に非常事態を宣言した北朝鮮が、首都平壌での防疫対策を強化している。スーパーなどへの入店時だけでなく、トロリーバスなど公共交通機関の乗車前にも一人一人、手を消毒する対策を取っている。 北朝鮮は7月下旬、新型コロナに感染した疑いのある脱北者が密かに韓国から南西部開城市に戻っていたとして同市を完全封鎖した。ただ、その後、確定診断は伝えられず、感染実態は不明だ。  <映像内容>北朝鮮の平壌の市内雑観、大聖(テソン)百貨店、日常生活でのコロナ予防対策を伝える大型モニター、入店前に消毒と検温、消毒液の散布、北朝鮮は公共の場所でのマスク着用を義務化、トロリーバスでは乗客一人一人が乗車前に手を消毒などの様子、撮影日:2020(令和2)年8月7日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月7日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:47.94
    2020年08月05日
    北朝鮮、首都など洪水警報 大雨で「最大の緊張状態」

    北朝鮮各地で梅雨前線の影響により連日、大雨が続いている。朝鮮労働党機関紙、労働新聞は5日、首都平壌を流れる大同江流域と南西部開城市近くを流れる礼成江流域に洪水注意警報が発令され、平壌市などが「最大の緊張状態」で被害防止の対策を立てていると伝えた。 平壌市内は5日、土砂降りが続き、大同江は水かさが増していた。大同江近くの「未来科学者通り」に位置する気象水文局では、マスク姿の職員らが気象データの分析など対応に追われた。 <映像内容>気象水文局の様子、気象水文局中央気象予報台の李成民(リ・ソンミン)副台長インタビュー、平壌市内を流れる大同江、平壌第1百貨店周辺の様子など。李成民副台長インタビュー訳「今日から明日にかけて、梅雨前線と低気圧に変わった台風4号の通過に伴い、わが国の大部分の地域で暴雨、大雨が予想されます。その後も梅雨前線がわが国周辺に停滞し、何日間も大雨が降ると予想されます。このため谷あいや低地の住民は警戒するとともに、人的、物的被害を防ぐための対策が必要です」、撮影日:2020(令和2)年8月5日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月5日

  • 01:07.46
    2020年07月03日
    平壌市民マスク着用継続 国境封鎖長期化の見通し

    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は2日の党政治局拡大会議で、周辺国で新型コロナウイルス感染が再び拡大傾向にあるとして、防疫対策の強化を指示した。中国やロシアとの国境封鎖は長期化する見通しで、首都平壌では3日も市民らはマスクを着けて外出していた。 <映像内容>マスクを着けて歩く平壌市民ら、撮影日:2020(令和2)年7月3日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年7月3日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:54.98
    2020年06月25日
    平壌の戦死者墓地で献花 「祖国解放戦争」70年

    朝鮮戦争勃発から70年を迎えた北朝鮮の首都平壌では25日、市民らが「参戦烈士墓」を訪れて献花し、戦死者らを追悼した。北朝鮮では朝鮮戦争は「祖国解放戦争」と呼ばれている。 参戦烈士墓は1953年7月の休戦協定調印から60年となった2013年に「戦勝60周年」を記念して整備され、金正恩朝鮮労働党委員長もたびたび訪れている。 <映像内容>朝鮮戦争勃発70年を迎えた平壌の様子。平壌の「祖国解放戦争参戦烈士墓」にある人民軍烈士追慕塔に献花する市民。墓に献花する市民。平壌の「4・25文化会館」周辺。市民らは新型コロナウイルス予防のマスク着用を続けている、撮影日:2020(令和2)年6月25日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年6月25日

  • 01:38.56
    2020年06月07日
    北朝鮮、体制批判ビラで対韓国への攻勢強める 大規模集会、結束狙いも

    北朝鮮が脱北者団体による体制批判ビラ散布を契機に、韓国との対決姿勢を強めている。連日のように非難談話を発表し、首都平壌では大規模な抗議集会を開催。韓国の文在寅政権に態度転換を迫るとともに、内部結束を図る狙いもありそうだ。<映像内容>脱北者による北朝鮮批判ビラ散布を糾弾する集会、撮影日:2020(令和2)年6月7日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年6月7日

  • 01:35.46
    2020年06月03日
    北朝鮮で新学年スタート 小中高、コロナ予防徹底

    北朝鮮で3日、新型コロナウイルス感染予防のため休校していた全国の小中学校や高校が授業を再開、例年より2カ月遅れで新学年が始まった。北朝鮮は国内に感染者はいないとする一方、海外との往来遮断は継続、予防対策の徹底を呼び掛けている。首都平壌中心部の「創田通り」にある創田小学校では3日朝、校門で校医が生徒らの体温をチェック。校舎に入る前に手を消毒し、授業中も全員マスクを着けていた。創田通りは、金正恩朝鮮労働党委員長が最高指導者となって間もない2012年6月に再開発事業が完成した地区で、高層住宅が立ち並ぶ。創田小校内には金氏が視察したことを示すプレートが掲げられていた。<映像内容>平壌中心部の再開発地区、創田通り。新一年生が保護者らと登校、創田小学校の校門では校医が体温測定、校舎に入る前に消毒、手洗い、5年1組(数学の授業風景)と1年1組の2012年5月30日に金正恩朝鮮労働党委員長(当時は第1書記)が視察したことを示すプレート、小学校入学を祝うメッセージ、金正恩氏が視察した当時の写真と新学期初日は感染予防のためのマスク着用や手洗いの方法を指導など、撮影日:2020(令和2)年6月3日、撮影場所:北朝鮮平壌市の創田小学校

    撮影: 2020(令和2)年6月3日

  • 00:50.91
    2020年06月02日
    北朝鮮も小中学校再開へ 国境封鎖は5カ月目に

    北朝鮮の内閣などの機関紙「民主朝鮮」は2日、新型コロナウイルス感染予防のため休校になっていた全国の小中学校や高校で6月初めから新学期が始まり、託児所や幼稚園、老人ホームも業務を再開すると伝えた。コロナの爆発的感染の危険性は低くなったと判断、徐々に市民生活の正常化を目指しているもようだ。ただ、海外との往来遮断措置は継続。貿易の9割以上を占める中国との国境封鎖は5カ月目に入り、経済活動への打撃は長期化しそうだ。北朝鮮は国内に感染者は一人もいないとしているが、首都平壌の市民らは公共の場ではマスク着用を続けている。<映像内容>平壌市内雑観。週末の夕方、万寿台芸術劇場周辺で家路に就くマスク姿の市民ら。音楽や照明とともに「踊る噴水」が演出され、市民らの憩いの場となっている金日成広場前の大同江の川辺。高層マンションが立つ再開発地区の様子、撮影日:2020(令和2)年6月2日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年6月2日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.49
    2020年05月15日
    ロシアが北朝鮮に小麦支援 コロナ禍で食料不足懸念

    ロシアの在北朝鮮大使館は15日までに、ロシアが人道支援として提供した小麦2万5千トンを積んだ貨物船が北朝鮮西部・南浦港に着いたと明らかにした。北朝鮮は慢性的な食料不足に悩むが、新型コロナウイルス対策の国境封鎖により事態の深刻化が懸念されている。ロシア大使館はフェイスブックで、世界食糧計画(WFP)の調査を引用し、昨年、北朝鮮の穀倉地帯を襲った干ばつなどのせいで、少なくとも人口の4割に当たる1千万人が食料不足に直面していると指摘した。北朝鮮は今年1月末から中国やロシアとの国境を封鎖し、経済的な後ろ盾である中国との貿易も激減。肥料や燃料の不足で農業が打撃を受ける可能性が指摘されている。3月以降、海外からの支援物資は厳しい検疫措置の下、受け入れる一方、国内の非常防疫体制は維持。首都平壌では15日、雨天の中、市民らがマスク姿で出勤していた。<映像内容>平壌市内雑観。自立経済で制裁に対抗する「正面突破戦」を訴えるスローガン、平壌駅、柳京ホテル前の様子、撮影日:2020(令和2)年5月15日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年5月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:34.73
    2020年04月27日
    平壌、市民生活は「平穏」 南北首脳会談から2年

    2018年に軍事境界線のある板門店で開かれた南北首脳会談から27日で2年となった。金正恩朝鮮労働党委員長の健康不安説が浮上しているが、消息筋によると、北朝鮮の首都平壌では市民生活に特段変わった様子は見られない。<映像内容>マスク姿の市民らが行き交う平壌市内の様子、撮影日:2020(令和2)年4月27日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年4月27日

  • 01:35.26
    2020年04月22日
    北朝鮮、大学など授業再開 コロナ感染ゼロと強調

    新型コロナウイルス感染者はいないとする北朝鮮の首都平壌で22日までに大学などが授業を再開した。校内の消毒やマスクの着用、全校集会は行わないなどの感染予防対策を徹底している。<映像内容>再開した平壌外国語大学の様子。学生らがマスク姿で登校、校門で体温を測定、教室に入る際も手を消毒、撮影日:2020(令和2)年4月22日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年4月22日

  • 00:52.35
    2020年04月10日
    北朝鮮で最高人民会議招集 体制安定を誇示

    北朝鮮の首都平壌は10日、今年最初の最高人民会議の招集日を迎えた。世界が新型コロナ対応に追われる中、金正恩氏は軍事訓練視察も継続して体制安定を誇示。周辺国は対米方針や国務委員会人事に注目している。平壌市内では10日朝、新型コロナ感染予防のためマスクを着用した市民らが職場に向かった。<映像内容>新型コロナ予防のためマスクを着けて歩く市民ら。地下鉄勝利駅周辺や平壌駅周辺の様子。「民族の栄光 慶祝」の看板。「百戦百勝の旗印」と書かれた看板。海外での新型コロナウイルス感染状況を伝えるニュースが映し出された大型画面など。4月10日に平壌市内で撮影、撮影日:2020(令和2)年4月10日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年4月10日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.79
    2020年04月09日
    北朝鮮、10日に最高人民会議 ミサイル継続、人事焦点

    北朝鮮は10日、国会に当たる最高人民会議を首都平壌で開く。開催は昨年8月以来。非核化を巡る米朝交渉再開のめどが立たない中、金正恩朝鮮労働党委員長は核・ミサイル戦力の増強を続ける構え。会議では対米方針のほか、経済政策や人事が焦点だ。<映像内容>最高人民会議が開かれる万寿台議事堂や、金日成広場、街中の表情、第1百貨店近くの歩道にある「人民経済の自立性」を訴える看板、新型コロナ予防のためマスクを着けて通行する市民ら。9日に平壌市内で撮影、撮影日:2020(令和2)年4月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年4月9日

  • 01:13.04
    2020年04月08日
    総書記の国防委員長就任から9日で27年 平壌市内の様子

    北朝鮮は9日、故金正日総書記の国防委員長就任から27年の記念日を迎える。首都平壌市内では祝賀のための花が植えられるなどした。<映像内容> 故金正日総書記の国防委員長就任記念日を控えた平壌市内の様子。撮影日は4月8日。撮影場所は平壌市内、撮影日:2020(令和2)年4月8日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年4月8日

  • 01:01.49
    2020年03月28日
    北朝鮮 IT人材育成へ190校 全国に専門校開設

    北朝鮮が情報技術(IT)分野の人材を若いうちから育成するため、全国のすべての道、市、郡で「情報技術高級中学校(高校)」を開設、現在の11校から今年190校に増やす計画を進めている。10月10日に朝鮮労働党創建75年の節目を迎えるのに合わせた事業の一環で、首都平壌では19校を設立。教育委員会普通教育局の金昌秀局長(57)は「国家の科学技術発展を担っていく人材を養成したい」と語った。北朝鮮では2017年から主要工業地区や農村地域、水産拠点などに地域の特性に合わせた技術高級中学校を開校。?年からは各道に情報技術高等中学校を設置し、先行運用している。<映像内容>平壌第1百貨店近くに設置された看板「科学で飛躍し、教育で未来を担保しよう」とのスローガン。教育委員会普通教育局の金昌秀局長(57)インタビュー「中等教育段階から情報技術人材を養成する目的でしばらく前から教育力量が十分な学校を選んでやってきた経験を使って、今回が全国全ての道、市、郡にひとつずつ、約190の情報技術高級中学校を設立します。これにより党の要求に応え、中等教育から国の科学技術発展を担っていく人材を育てます。平壌市だけでも19校が新設される。情報技術人材育成に力を入れ国に必要な技術人材を育成することに積極的に寄与したい」。平壌市大城区域に設立された「6月9日竜北技術高級中学校」、撮影日:2020(令和2)年3月28日、撮影場所:平壌市内

    撮影: 2020(令和2)年3月28日

  • 01:15.77
    2020年03月08日
    北朝鮮「女性の地位最高」 男性らプレゼント買い求め

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は8日、「国際女性デー」に際した社説で「わが国は女性の尊厳と地位が最高の境地に達した国だ」と主張した。首都平壌では、化粧品や花束など妻や母親へのプレゼントを買い求める男性の姿が多く見られた。北朝鮮は新型コロナウイルス感染予防のため外出時は必ずマスクを着用するよう指示。平壌市内のフラワーショップや化粧品展示場では店員も客らもマスク姿だった。〈映像内容〉マスク姿が目立つ平壌市内の花屋や市民に人気の化粧品「銀河水(ウナス)」を製造している平壌化粧品工場の化粧品展示場の様子、展示場従業員の李玉金(リ・オククム)さん(33)のインタビュー、撮影日:2020(令和2)年3月8日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年3月8日

  • 01:32.79
    2020年02月26日
    北朝鮮 平壌市内、路面電車も消毒 感染者なしと当局者

    北朝鮮の首都平壌(ピョンヤン)で26日、新型コロナウイルス予防対策の一環として実施している路面電車の消毒作業が一部報道機関に公開された。当局者は、同国では感染者は発生していないとしている。電車の消毒作業に当たっていた万景台(マンギョンデ)区域衛生防疫所の医師、崔上烈(チェ・サンリョル)氏(46)は「わが国にこれまでウイルスが入ってきていないからと言って、決して油断してはならない」と強調。公共交通機関や公共の場所での消毒作業に力を入れていると語った。<映像内容>路面電車の車両を消毒する様子や、マスク姿で路面電車に乗り降りする客の姿、撮影日:2020(令和2)年2月26日、撮影場所:北朝鮮平壌市

    撮影: 2020(令和2)年2月26日

  • 00:58.05
    2020年02月16日
    北朝鮮 万寿台の丘で献花 総書記誕生日・生誕78年

    北朝鮮は16日、故金正日総書記の生誕78年を迎え、首都平壌では朝から市民らが「万寿台の丘」に立つ故金日成主席と故金正日総書記の銅像に献花する姿がみられた。<映像内容>市民らが万寿台の丘で献花する様子、撮影日:2020(令和2)年2月16日、撮影場所:平壌市内の万寿台の丘

    撮影: 2020(令和2)年2月16日

  • 00:38.17
    2020年02月15日
    北朝鮮、16日に金総書記生誕記念日 国防力強化と称賛

    北朝鮮は16日、故金正日総書記の誕生日「光明星節」を迎える。朝鮮労働党機関紙、労働新聞は15日の論説で金正日氏が国防力強化に最優先で取り組んだと称賛した。首都平壌では光明星節を祝う看板が設置され、市民らは新型コロナウイルス予防のためマスクを着用して外出していた。〈映像内容〉金総書記生誕記念日の前日に岩井の看板が設置され、新型肺炎予防でマスクを着用して外出する市民の様子など。

  • 01:24.05
    2020年01月21日
    北朝鮮 冬のスポーツ人気 スケート場もにぎわい

    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が各地にスキー場を建設するなどし、冬のスポーツが盛んになっている。首都平壌の東平壌地区にあるスケート場も21日、冬休みの学生や家族連れでにぎわっていた。<映像内容>スケート場と「わが国が一番いい!」のスローガン、スケート場職員の李香美(リ・ヒャンミ、39)さんと、平壌第1音楽学院の学生李柳成(リ・リュソンさん、14)のインタビューなど。21日、平壌市東平壌地区の人民野外スケート場で撮影、撮影日:2020(令和2)年1月21日、撮影場所:平壌市東平壌地区

    撮影: 2020(令和2)年1月21日

  • 01:45.87
    2020年01月17日
    北朝鮮 北朝鮮、農業増産訴え 政府職員が営農支援

    北朝鮮の首都平壌で17日、政府の各省や企業所で働く職員らが郊外の野菜農場などに出掛け、新年の農業準備を手伝った。金日成広場では出発式が行われ、制裁に対抗する自給自足や農業増産を訴えるスローガンが掲げられた。朝鮮職業総同盟の奉元翼副委員長は「(昨年は)悪辣な制裁封鎖や過酷な自然災害の中でも穀物生産で前進があった。農業部門や労働者の努力のたまものだ」と語った。北朝鮮では毎週金曜日、国家機関などで働く事務職員らが交代で肉体労働に参加することになっており、17日は今年初の「金曜労働」の日。職員らは自前の農具を用意し、トラックで肥料を運んだ。<映像内容>金曜労働に向かうトラックや参加者が集結する金日成広場、国土環境保護省のトラック、「農業にすべての力量を総集中総動員しよう」「自力更生、自給自足」「正面突破戦」などのスローガン、朝鮮職業総同盟中央委員会の奉元翼(ポン・ウォンイク)副委員長インタビュー、金日成広場での出発式、「みなが党の農業革命方針貫徹へ!」とのスローガン、黄色いトラック「正面突破戦」と正面に書かれた黄色いトラック、肥料を積んで郊外の農場に向かうトラック、平壌市万景台区域にある野菜農場での金曜労働の様子など、撮影日:2020(令和2)年1月17日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2020(令和2)年1月17日

  • 01:37.86
    2020年01月16日
    北朝鮮 平壌の野外劇場を改修「正面突破」スローガンも

    北朝鮮の首都平壌の「青年公園野外劇場」が改修され、16日に完工式が行われた。朝鮮労働党の金能五(キム・ヌンオ)平壌市党委員長らが出席。昨年の党会議で採択された、自力更生で経済制裁などの困難に立ち向かう「正面突破戦」のスローガンも掲げられた。野外劇場は市中心部北の丘、牡丹峰のふもとに位置し、約1万人を収容。声楽室や舞踊室、コンピューター室もある。金能五氏は完工式で「多くの党員や労働者の献身的な努力」により改修されたと強調。同劇場の安桂心(アン・ケシム)群衆文化教養課長(36)は「首都の市民らが立派に文化芸術活動をできるよう現代的設備を備えている」と語った。<映像内容>北朝鮮の平壌で行われた「青年公園野外劇場」の改修の完工式の様子。現地時間16日撮影、撮影日:2020(令和2)年1月16日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2020(令和2)年1月16日

  • 01:06.93
    2020年01月12日
    平壌で今年初の体育の日 「体力つけて強国建設」

    北朝鮮は12日、今年最初の「体育の日」を迎えた。首都平壌の金日成広場では中央省庁や政府機関の職員らが集団ジョギングやリズム体操、「健康テコンドー」で汗を流した。北朝鮮では毎月第2日曜日を「体育の日」と定め、運動を奨励している。市内各地でもバレーボールの試合などが行われた。<映像内容>金日成広場で行われた体育の日の行事の様子、朝鮮職業総同盟の朱英吉委員長が「しっかりした体力をつけて社会主義強国建設で本分を果たさねばならない」とあいさつする様子、中央省庁や政府機関の職員らが集団でジョギングする様子、健康テコンドー、リズム体操、バレーボールなどを楽しむ様子、撮影日:2020(令和2)年1月12日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年1月12日

  • 00:59.12
    2020年01月05日
    北朝鮮首相ら決起集会 平壌で「自力更生」訴え

    北朝鮮の首都、平壌の金日成広場で5日、年末の朝鮮労働党中央委員会総会の決定貫徹を訴える決起集会が開かれた。金才竜首相らが出席し、広場を埋め尽くした市民らが「自力更生だけが生きる道だ」などと書かれたプラカードを掲げ行進した。金正恩党委員長は昨年12月28~31日に開催された総会で、核戦力増強を続けながら、外部に頼らない経済建設で米主導の制裁に対抗する「正面突破」路線を打ち出した。決起集会には、金才竜氏のほか、金徳訓党副委員長、金能五・平壌市党委員長ら党や政府幹部が出席した。<映像内容> 「自力更生」を訴える巨大な看板、演説する金能五(キム・ヌンオ)平壌市党委員長、集会に参加した金才竜(キム・ジェリョン)首相、撮影日:2020(令和2)年1月5日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年1月5日

  • 02:10.93
    2020年01月01日
    平壌で新年カウントダウン 公演開催、氷の彫刻展も

    北朝鮮の首都・平壌では、中心部の金日成広場で大みそかから1日にかけて新年を祝う年越しコンサートが開かれた。1日午前0時が近づくと、集まった市民はカウントダウンを開始。新年を告げる鐘の音が響くと、歓声が湧き起こった。同広場では氷の彫刻展も開かれた。コンサートには、2018年2月に韓国で開かれた平昌冬季五輪に合わせて韓国で公演を行った「三池淵管弦楽団」や、女性音楽グループ「牡丹峰電子楽団」などが出演。花火も打ち上げられるなど華やかなムードに包まれた。<映像内容>北朝鮮の平壌の新年を祝う年越しコンサートと氷の彫刻展の様子、撮影日:2020(令和2)年1月1日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年1月1日

  • 01:12.87
    2020年01月01日
    新年祝い、銅像に献花 北朝鮮・平壌

    北朝鮮の首都・平壌では1日、厳しい冷え込みの中、市民が新年に合わせて中心部の「万寿台の丘」を訪問し、故金日成主席と故金正日総書記の銅像に献花した。<映像内容>北朝鮮の首都・平壌で、市民が新年に合わせて中心部の「万寿台の丘」を訪問、故金日成主席と故金正日総書記の銅像に献花する様子、撮影日:2020(令和2)年1月1日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2020(令和2)年1月1日

  • 01:02.62
    2019年12月31日
    平壌で新年の飾り付け 氷の彫刻展準備も

    北朝鮮の首都平壌では大みそかの12月31日、平壌駅前や金日成広場をはじめ、市内各所に新年の飾り付けが設置され、祝賀ムードが漂った。金日成広場近くでは氷の彫刻展の準備が進められ、凱旋門や馬、魚をかたどったさまざまな作品が並んでいる。気温は氷点下に落ち込み、通りは厚いコートを着込んだ市民らが行き交った。<映像内容>北朝鮮・平壌の新年の準備の街雑観、氷の彫刻展など、撮影日:2019(令和元)年12月31日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2019(令和元)年12月31日

  • 01:10.00
    2019年12月30日
    平壌市民らが献花 金氏、軍トップ就任8年

    北朝鮮は30日、金正恩朝鮮労働党委員長が軍最高司令官に就任して8年の記念日を迎えた。首都平壌では多くの市民や軍人が朝から中心部の万寿台の丘を訪、故金日成主席と故金正日総書記の銅像に献花した。<映像内容>献花する平壌市民らの様子、撮影日:2019(令和元)年12月30日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2019(令和元)年12月30日

  • 01:12.60
    2019年12月26日
    平壌で新年カード販売好調 絵柄さまざま

    北朝鮮の首都・平壌(ピョンヤン)の記念品店が年の瀬を迎え、新年のカードを買い求める市民らでにぎわっている。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が建設を推進、今年完成したばかりの北部三池淵(サムジヨン)市の山間都市や中部陽徳郡(ヤンドクグン)の温泉リゾートをあしらったデザインも登場した。家族や親戚へのカードを買いに15歳の娘と共に訪れた平壌市の李銀姫(リ・ウンヒ)さん(40)は「種類も多く、たっぷり時間をかけて選びました」と語った。<映像内容> 店の外観、カード物撮り、店内雑観、お客さんの様子、客の母娘インタビューなど、撮影日:2019(令和元)年12月26日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年12月26日

  • 00:50.05
    2019年12月24日
    北朝鮮 平壌で祝賀舞踏会 故金総書記の記念日

    北朝鮮は24日、故金正日総書記の軍最高司令官就任28周年と金正日氏の母、故金正淑氏の生誕記念日を迎え、首都平壌では学生らによる祝賀舞踏会が行われた。屋外での舞踏会には、外国人観光客とみられる人たちが加わる場面もあった。<映像内容>故金総書記の記念日に行われた祝賀舞踏会の様子、撮影日:2019(令和元)年12月24日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2019(令和元)年12月24日

  • 00:34.03
    2019年11月29日
    中国のオーケストラ訪朝 北朝鮮・平壌国際空港

    中国・国家大劇院のオーケストラが29日、北朝鮮の首都平壌に到着した。北朝鮮文化省の金明鐘局長が平壌国際空港で出迎えた。<映像内容>中国・国家大劇院のオーケストラが平壌国際空港に到着した際の映像、撮影日:2019(令和元)年11月29日、撮影場所:北朝鮮・平壌

    撮影: 2019(令和元)年11月29日

  • 01:29.72
    2019年11月12日
    平壌で化粧品展示会 制裁対象外 輸出強化も

    北朝鮮の首都平壌(ピョンヤン)の駅前百貨店で12日までに「全国化粧品展示会」が開幕した。平壌や中国との国境に接する新義州(シンウィジュ)の工場で製造された国産の約930種類の化粧品、約80種類の香料製品が出品されている。化粧品輸出は国連安全保障理事会決議による経済制裁の対象外で、北朝鮮は外貨稼ぎのための新たな主力産品の一つとして開発に力を入れているようだ。朝鮮ニンジンを使った製品などを出品した平壌化粧品工場の研究所に勤める李正姫(リジョンヒ)さん(26)は「天然素材で皮膚への刺激が少なく、世界的な競争力を持った化粧品を、さらにたくさん開発し、人々の生活に寄与したい」と語った。<映像内容>全国化粧品展示会の様子、雑観、撮影日:2019(令和元)年11月12日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2019(令和元)年11月12日

  • 00:56.35
    2019年11月11日
    北朝鮮 平壌で農業・食品博覧会

    北朝鮮の首都平壌(ピョンヤン)の平壌体育館で11日、農業や食品分野の国際展覧会が開幕した。北朝鮮や中国などの60社余りが参加し、先端科学技術を駆使した加工食品などが出品された。<映像内容>11日に開幕した国際展覧会の様子、撮影日:2019(令和元)年11月11日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2019(令和元)年11月11日

  • 00:49.01
    2019年11月07日
    平壌で彫刻・工芸品展

    北朝鮮の首都・平壌で7日、「全国彫刻・工芸祭典」が開幕した。万寿台創作社をはじめ、美術創作機関の彫刻家や工芸士、大学生、愛好家らが創作した約350点が展示された。朝鮮中央通信によると、チェ・ホンナム文化次官らも会場を訪れた。<映像内容>北朝鮮の首都・平壌で開幕した「全国彫刻・工芸祭典」の様子、撮影日:2019(令和元)年11月7日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年11月7日

  • 00:58.62
    2019年10月29日
    平壌で中国建国70年写真展

    北朝鮮の首都、平壌で29日、中国建国70年を祝う写真展が始まった。北朝鮮の対外交流の窓口、対外文化連絡委員会(対文委)の朴京日(パク・ギョンイル)副委員長や中国大使館関係者らが出席して開幕式が開かれた。会場の人民文化宮殿には、中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席の活動や中国の発展の様子を記録した写真が多数展示された。<映像内容>平壌で始まった中国建国70年を祝う写真展の様子、撮影日:2019(令和元)年10月29日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年10月29日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:21.44
    2019年10月06日
    中朝が国交樹立70年 北朝鮮の首都・平壌の表情

    中国と北朝鮮は6日、国交樹立から70年を迎えた。朝鮮戦争での中国義勇軍参戦を記念する平壌市内の「友誼塔」には、中国人観光客らが訪れ献花した。塔を案内した鄭現美さん(39)は「朝中は伝統的に深い関係があり、今後も親善を続けていかなければならない」と話した。<映像内容>「友誼塔」外観、塔の内部にある中朝の国旗をあしらったレリーフ、内部に展示された朝鮮戦争時の絵、朝中関係について話す鄭現美さん、塔外壁のレリーフ、塔を訪れた中国人観光客、献花する中国人観光客、手向けた花、塔に礼をする中国人観光客ら、内部の展示物を見る中国人観光客、万寿台の丘、金日成広場、平壌駅など、撮影日:2019(令和元)年10月6日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年10月6日

  • 01:06.66
    2019年10月05日
    北朝鮮 6日で中朝国交樹立70年 平壌では記念切手販売

    中国と北朝鮮は6日、国交樹立から70年を迎える。節目の年だが、5日の段階で要人の往来などは両国から発表されておらず、どのような記念行事が開かれるかは不明だ。北朝鮮の首都、平壌市内の切手販売店では70年の記念切手の販売が最近始まったほか、中国大使館前にもこれまでの首脳会談の写真などが掲示されていた。撮影日:2019(令和元)年10月5日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年10月5日

  • 01:01.89
    2019年09月30日
    平壌で秋季マラソン大会 日本人も参加

    北朝鮮の首都、平壌で29日、秋のマラソン大会が開かれた。中国やロシア、ドイツ、ポーランド、インドネシアなど世界各国の愛好家が参加、日本人女性の姿もあった。<映像内容>北朝鮮の平壌での秋のマラソン大会の様子、撮影日:2019(令和元)年9月30日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年9月30日

  • 00:56.39
    2019年09月11日
    平壌市民ら発射報道に関心 地下鉄駅の新聞に人だかり

    北朝鮮の首都平壌市内では11日、金正恩朝鮮労働党委員長が10日に「超大型多連装ロケット砲」の試射を視察したと1面で報じた党機関紙、労働新聞の紙面を市民が食い入るように読む姿が見られた。地下鉄の復興駅と栄光駅のホームでは、数カ所に設置された労働新聞の掲示板前で乗客らが立ち止まり、視察場面の写真が付いた記事を読んでいた。高齢者や学生などで一時、人だかりができる場面もあった。<映像内容>地下鉄「復興駅」ホームに設置された労働新聞を読む市民ら、撮影日:2019(令和元)年9月11日、撮影場所:北朝鮮 平壌 復興駅

    撮影: 2019(令和元)年9月11日

  • 03:12.23
    2019年09月09日
    「新華社」平壌市民、朝鮮の建国71周年を祝う

    朝鮮(北朝鮮)は9日、建国71周年を迎えた。首都平壌の通りの両側には国旗と祝賀のスローガンが掲げられ、商店の入口の上には色とりどりの旗が飾られた。建党記念塔の広場では、金日成(キム・イルソン)総合大学や金亨稷(キム・ヒョンジク)師範大学などの名門校から祝日の盛装をした数千人の学生が集まり、音楽に合わせ集団ダンスを踊った。万寿台の故金日成氏と故金正日(キム・ジョンイル)氏の銅像の前では、数十組の新郎新婦が親族友人を伴って銅像に献花し、記念の集合写真を撮って祖国への愛情を表した。(記者/劉艶霞)<映像内容>建国71周年を迎えた北朝鮮のお祝いの様子、撮影日:2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:18.01
    2019年09月09日
    北朝鮮、建国71周年祝う 市民ら献花、舞踏会も

    北朝鮮は9日、建国71周年の記念日を迎えた。首都平壌では、市民らが朝から「万寿台(マンスデ)の丘」を訪れ故金日成(キムイルソン)主席と故金正日(キムジョンイル)総書記の銅像に献花。祝賀の舞踏会も開催された。<映像内容>万寿台の丘での市民らの献花、金日成広場、平壌駅前、「9・9節 慶祝」の看板、「共和国創建 慶祝」の看板、献花の様子、舞踏会、舞踏会をみる外国人観光客ら、踊りの輪に加わる外国人観光客の様子、撮影日:2019(令和元)年9月9日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年9月9日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.79
    2019年09月07日
    台風被害阻止へ北朝鮮厳戒

    非常に強い台風13号が朝鮮半島に接近したことを受け、北朝鮮の首都平壌では7日、被害防止のため警戒態勢が取られた。金正恩朝鮮労働党委員長が会議に出席し対策を指示、メディアも大きく報じるなど国を挙げた対応を取った。朝鮮中央通信によると、平壌では6日、党中央軍事委員会が緊急対策会議を開催。金氏は被害が予想される地域を点検して予防のために大衆を積極的に動員し、電力工業や農業部門での被害を最小化する対策を講じるよう指示した。<映像内容>北朝鮮の平壌で台風の被害防止の準備をする様子、撮影日:2019(令和元)年9月7日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年9月7日

  • 02:37.54
    2019年08月21日
    「新華社」空から平壌を見渡そう美林航空クラブを訪ねて

    朝鮮(北朝鮮)の首都平壌の東郊に位置する美林航空クラブ(MirimAviationClub)は、飛行愛好家に向けて体験型観光を提供している。同クラブは現在、朝鮮(北朝鮮)が開発・製造した25機の観光用超軽量飛行機を所有しており、滑走路、誘導路、駐機場、屋外観覧席など必要な設備もすべて整っている。飛行中の安全を確保するため、搭乗者は事前に指定された飛行服とヘルメットを着用し、体重を測定して、セキュリティー検査を受ける必要がある。飛行ルートは規定のルートと観光客が自分で選ぶルートの2種類があり、うち規定ルートは20ドル(1ドル=約106円)から200ドルまで、異なる価格が設定されている。(記者/劉艶霞、江亜平)<映像内容>北朝鮮の美林航空クラブ、飛行の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.36
    2019年08月19日
    子ども机から自動ドアまで 北朝鮮・平壌で家具展示会

    北朝鮮の首都・平壌で19日、さまざまな工夫を凝らした家具や建築装飾の展示会が始まった。ベッドにも使える子ども用机や、太陽光発電パネル1枚で一日中稼働する節電型の自動ドアなどが出展。開幕式には朝鮮労働党で軽工業などを担当する朴泰成副委員長らが参加した。<映像内容>展示会場外観、会場を視察する朴副委員長(中央)、場内雑観、子ども用机を出品した備品製作所の金春革所長と節電型自動ドアを出品した企業所の白鉄進課長のインタビューなど、撮影日:2019(令和元)年8月19日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年8月19日

  • 01:17.24
    2019年08月10日
    平壌に「ダチョウ牧場」 観光活用、食肉加工場も

    北朝鮮の首都平壌で10日までに、「平壌ダチョウ牧場」の竣工式が開かれ、集まった朝鮮労働党幹部や牧場の従業員ら関係者が拍手を送って祝った。ダチョウの飼育施設のほか、食肉加工場、子ども向けの遊び場などを備えている。観光施設としても活用する方針で、ダチョウが引く乗り物に乗る人々の様子がお披露目された。牧場にはモニターを使って成育を管理するシステムが整えられ、多数のダチョウが群れを成している。施設内には、ダチョウの皮を使ったシューズ、骨を利用した指輪や首飾りなどの装飾品、卵に細工を施したオブジェも展示された。解体施設もあり、肉はソーセージなどの食品に加工されるという。〈映像内容〉金正日氏の記念碑、「平壌ダチョウ牧場全景図」(左上)の地図、竣工式、ダチョウ通り、ダチョウの群れ、解体と食肉加工の様子、「ダチョウ革靴」と書かれた革靴、骨の装飾品や皮、卵のオブジェ、全景、牧場で働く金光進さん(45)のインタビュー、ダチョウに乗る人々、ダチョウの「馬車」など ※インタビュー参考訳「この平壌ダチョウ牧場は偉大な金正恩朝鮮労働党委員長の大きな愛と配慮による現代的なダチョウ牧場です。ダチョウ肉の加工工場や体育館、科学技術施設をはじめ、現代的な建物を建設し、遊び場も現代的につくられており、ダチョウの管理能力を一新し、生産性では1・7倍以上の成果を達成する土台が備えられている。現在われわれは多様なダチョウ工芸品や、加工品を生産している。新しくわれわれはダチョウ観光も実現させ、人々がダチョウ牧場に来て楽しい休暇のひとときを過ごせるような取り組みも進めている」(※訳は参考です、テロップなどでのそのままの使用は避けてください)、撮影日:2019(令和元)年8月10日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年8月10日

  • 01:02.32
    2019年08月07日
    平壌で中国社会主義写真展

    北朝鮮の首都平壌で7日までに、中国の「社会主義建設の成果」をテーマにした写真展が開かれた。会場に並べられたパネルに中国の観光や文化、歴史、スポーツ、産業などさまざまな分野の写真が掲げられ、訪れた大勢の平壌市民らが足を止めて見入っていた。写真展は在北朝鮮中国大使館が主催し6日から8日まで。〈映像内容〉北朝鮮の首都平壌で開かれた中国の「社会主義建設の成果」をテーマにした写真展の様子、撮影日:2019(令和元)年8月7日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年8月7日

  • 01:05.43
    2019年08月06日
    平壌で体育宿泊施設竣工 15階建て、電子図書館も

    北朝鮮の首都平壌で6日、スポーツ選手向けの宿泊施設「体育人宿所」の竣工式が行われ、大勢の関係者らが拍手を送って祝福した。施設は15階建てで「電子図書館」や「戦術討議室」、スポーツ用品店なども備えている。内覧会も開かれ、関係者やスポーツ選手らが各種施設を見て回った。重量挙げ女子で2012年ロンドン五輪で69キロ級、16年リオデジャネイロ五輪では75キロ級を制した金メダリストの林正心さんは「立派に築かれた体育人宿所を見て、スポーツ選手になったことへの大きな誇りを感じる」と強調。「もっとたくさんの汗を流し、国際大会のたびにさらに良い成績を収めたい」と抱負を語った。<映像内容>外観、竣工式の様子、内覧会の様子、林正心選手インタビューなど、撮影日:2019(令和元)年8月6日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年8月6日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:10.57
    2019年07月27日
    朝鮮戦争休戦66年で舞踏会開催 北朝鮮・平壌

    朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定締結から66年となる27日、北朝鮮の首都平壌市内で数百人の学生らによる祝いの舞踏会が開かれた。〈映像内容〉車内から撮影した平壌駅や付近の道路の上に掲げられた国旗のほか「戦勝 7・27」や「勝利の7・27は永遠に 慶祝」などとと書かれた看板などの市内雑観、舞踏会と「慶祝 7・27」の看板など、撮影日:2019(令和元)年7月27日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2019(令和元)年7月27日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:27.08
    2019年07月26日
    制裁前提の経済建設強調 北朝鮮、27日で休戦66年

    朝鮮半島は27日、朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定調印から66年を迎える。北朝鮮では、首都平壌で25日夕から幹線道路脇での政治スローガンの看板が取り換えられ、「一心団結」「全人民の総攻勢」などの文字が並ぶ。国家と朝鮮労働党への結集を求め、国際社会の制裁が継続することを前提とした経済建設を市民に求めている。〈映像内容〉金日正広場、平壌駅前、「戦勝 7・27」などと書かれた看板や市内の飾り付けや雑観、「万寿台の丘」に手向ける花を運ぶ人たち、金春愛さんのインタビュー、撮影日:2019(令和元)年7月26日、撮影場所:北朝鮮 金日正広場 平壌駅前

    撮影: 2019(令和元)年7月26日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.75
    2019年07月25日
    発射報道ない平壌 市民生活に変化なし

    北朝鮮が25日に東部から短距離弾道ミサイルを発射したことを北朝鮮メディアは同日報じておらず、首都平壌では発射の事実を知る一般市民はいない。〈映像内容〉平壌市内の平壌駅前や金日成広場、金日成主席の生家を訪れる観光客などの雑観、撮影日:2019(令和元)年7月25日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年7月25日

  • 01:25.01
    2019年07月25日
    平壌、地下鉄駅の改修進む 明るいホームにテレビも

    北朝鮮の首都平壌(ピョンヤン)で、1973年に開通した地下鉄の駅の改修工事が今年1月から続いている。2路線のうち千里馬(チョンリマ)線の凱旋(ケソン)駅の工事が最初に完了し、24日、地下鉄当局が取材に応じた。地表から約100メートルの深さにあるホームは天井の照明が明るくなり、テレビや新しい換気装置も導入された。〈映像内容〉北朝鮮の首都平壌の凱旋駅の外観、ホーム、列車、平壌の金日成広場など、撮影日:2019(令和元)年7月25日、撮影場所:北朝鮮 平壌 凱旋駅

    撮影: 2019(令和元)年7月25日

  • 00:46.98
    2019年07月08日
    北朝鮮、金主席死去25年を追悼

    北朝鮮は8日、金日成主席の死去から25年を迎えた。首都平壌では、金主席と故金正日総書記の銅像が立つ「万寿台の丘」に8日朝から大勢の市民や軍人が訪れ、献花した。〈映像内容〉金日成主席の死去25年で「万寿台の丘」に大勢の市民や軍人が訪れ献花などをする様子、撮影日:2019(令和元)年7月8日、撮影場所:北朝鮮 平壌 万寿台の丘

    撮影: 2019(令和元)年7月8日

  • 01:19.47
    2019年06月27日
    北朝鮮マスゲーム再開 長期公演で外貨獲得

    北朝鮮の首都平壌でマスゲーム・芸術公演「人民の国」が27日までに再開された。10月中旬までの長期公演を予定。大規模なマスゲームは2年連続となり、外国人観光客誘致による外貨獲得や、体制宣伝への思惑がうかがえる。公演は今月3日に始まったが、約1週間で中断していた。理由は公表していない。〈映像内容〉人文字や集団演技のマスゲームや観客の様子など、撮影日:2019(令和元)年6月27日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年6月27日

  • 05:26.03
    2019年06月01日
    「新華社」文化·スポーツイベントで「国際児童デー」祝う朝鮮·平壌

    朝鮮(北朝鮮)の首都平壌にある大城山(テソンサン)遊園地で1日午前、多くの文化・スポーツ関連のイベントが行われた。市内の各幼稚園から千人近くの子どもが色とりどりの鮮やかな服装を身にまとい参加し、同日の「国際児童デー」を祝った。(記者/江亜平、程大雨、劉艶霞)<映像内容>北朝鮮の「国際児童デー」を祝うイベントの様子、撮影日:2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.10
    2019年05月29日
    平壌の地下街で商品展示会 地方の特産物が人気

    北朝鮮の首都平壌市の中区域にある地下街で春の商品展示会が29日までに始まった。平壌や地方の約200の工場などが参加。大勢の人でにぎわい、衣料品や食品、化粧品などの日用品や地方の特産物が人気を集めていた。昨年7月に金正恩朝鮮労働党委員長が現地指導した東部江原道の松涛園総合食料工場は菓子など約120種を出品。<映像内容>展示会雑観、看板、商品販売の様子、販売担当者の金智香さん(24)へのインタビューなど、撮影日:2019(令和元)年5月29日、撮影場所:北朝鮮 平壌 ※インタビューの参考訳「私たちの工場が参加するのは今回が2回目です。約120種の製品を出しています。とても好評です。敬愛する最高指導者同志が昨年、私たちの工場を現地指導した際に、とてもおいしいと評価してくださったこのお菓子がとくに好評です。このような経験を基に人々の好評を得る製品をさらにたくさん生産して、人々の食生活向上に貢献したいです」(参考ですのでそのままテロップ等への使用は避けてください)

    撮影: 2019(令和元)年5月29日

  • 03:13.94
    2019年05月14日
    「新華社」中国語ガイド人材育成に注力平壌観光大学を訪ねて

    朝鮮(北朝鮮)では夏の訪れとともに観光シーズンを迎える。過ごしやすい気候と風光明媚な自然にひかれ、世界中から多くの観光客がこの神秘の国に足を踏み入れる。記者は先ごろ、首都平壌で、観光ガイドを養成する平壌観光大学を取材した。同校で中国語を教える韓雪香(ハン・ソルヒャン)氏によると、平壌観光大学は別名を平壌旅行大学ともいい、2014年に国内の観光人材を育成する専門大学として創設された。前身は1987年に設立された平壌ガイド通訳学校で、朝鮮(北朝鮮)の観光業発展に伴い2002年に校名を平壌旅行学校へと変更。2014年に現在の名称になった。現在、千人以上の学生が在籍しており、ガイド、マネジメント、遠隔教育の3学部が設置されている。3学部はさらに中国語、英語、ロシア語、観光開発、観光マネジメントなどの専攻に分かれている。韓氏によると、毎年200人余りが卒業し、朝鮮(北朝鮮)各所の観光部門へ配属されているという。朝鮮(北朝鮮)は現在、観光シーズンを迎えつつあり、毎日約千人の観光客が入国している。うち7割近くが中国人観光客であり、中国語ガイドは引く手あまたとなっている。同校では成長を続ける自国の観光業に歩調を合わせるため、中国語教育課程を中心的な学科と位置づけており、学生の間でも一番人気がある。千人余りの在学生のうち、中国語専攻の学生は半分以上を占める。同校では、現代化の要請に応える国際的なガイド人材育成基地を作り上げるため、さまざまな教育方式を積極的に取り入れ、教育理念を改革し、国際交流と協力を強化している。中国や英国、フランス、日本、国連世界観光機関(UNWTO)などの国や機関と国際学術交流と共同研究を行うほか、定期的に学生を海外留学に派遣し、また外国人教師を招聘している。(記者/劉艶霞)<映像内容>北朝鮮の平壌観光大学の授業の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:24.23
    2019年05月01日
    「新華社」メーデーに歌や踊り、ピクニックを楽しむ朝鮮平壌

    メーデーの1日、朝鮮(北朝鮮)の首都平壌市の万景台(マンギョンデ)にある竜岳山(リョンアクサン)は、ピクニックを楽しむ人々でにぎわった。この地を訪れた外国人観光客も、朝鮮(北朝鮮)の人々と一緒に歌ったり踊ったりして楽しんでいた。朝鮮(北朝鮮)ではメーデーは法定休日となっている。(記者/劉艶霞)<映像内容>北朝鮮でピクニックを楽しむ人たちの様子、撮影日:2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.68
    2019年04月21日
    平壌で馬術大会

    北朝鮮の首都、平壌(ピョンヤン)の美林(ミリム)乗馬クラブで21日、乗馬愛好家による春の馬術大会が始まった。同国馬術協会の主催。同協会メンバーやアマチュア愛好家らが参加し2日間の予定で種目別の馬術を競う。障害飛越に参加した朴(パク)セフン君(14)は「両親と一緒に休日に乗馬クラブに来るようになりました。乗馬を習い始めてまだ2年弱ですが、勇敢さや大胆さを身につける上でとても良い運動です」と語った。美林乗馬クラブは2013年10月に一般市民向けにオープンした。金正恩朝鮮労働党委員長(当時は党第1書記)が工事段階からたびたび視察したことで知られる。〈映像内容〉北朝鮮の平壌の美林乗馬クラブでの馬術大会の様子、撮影日:2019(平成31)年4月21日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月21日

  • 03:49.86
    2019年04月15日
    「新華社」平壌大聖百貨店が新装開店金正恩氏も視察

    朝鮮(北朝鮮)の首都平壌(ピョンヤン)にある大聖百貨店が15日、1年余りにわたるリニューアル工事を終え、新装開店した。当日はオープンを聞いてやって来た多くの来店客で大いににぎわった。同百貨店は、平壌市内の綾羅大街と産院街の交差点に位置する大型総合商業施設で、現代的大型ショッピングの内装スタイルを取り入れ、外観はシンプルで洗練されている。入口の上方のディスプレー画面には各階の商品情報が流れている。同店のフロアガイドには地上5階、地下1階の6階建てと説明されている。1階はスーパーと日用雑貨品フロア。2階は総合販売フロアになっていて、正面から入るとまず大人向けの服飾売場があり、華麗な民族衣装が最も目につく場所に飾られている。その右側には寝具・カーテン売場、左側には家電売場があり、4Kの液晶テレビ、ドラム式洗濯機など各種家電製品を取りそろえている。子ども用品売場には、玩具、衣類などがきれいに並べられていて、多くの子連れ客が品物を選んでいた。3階は靴や高級用品フロアで、外国製品も多い。4階はレストランやカフェのあるフードコートになっていて、朝鮮料理が中心。ドリンクバーや鉄板焼、韓国式焼肉のカウンター前には人だかりができていた。この施設は、現代的な改装のうえに国際レベルのマルチ機能陳列棚、最新式の照明設備も取り入れ、豊富な品ぞろえをしている。さらに、パラマエスカレーターからは、施設の外に植えられたアンズの花が満開になっている美しい景色が見られ、来客は買い物だけでなく、美しい景色も楽しんでいた。朝鮮中央通信は8日、同国の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏が同百貨店を視察した際、サービス環境や規模、商品の質や品ぞろえを高く評価したと伝えた。(記者/劉艶霞)<映像内容>北朝鮮平壌の大聖百貨店、新装開店の様子、撮影日:2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:42.46
    2019年04月15日
    「新華社」アンズの花の香りと共に迎える太陽節朝鮮平壌

    アンズの花が見頃を迎えた朝鮮(北朝鮮)の首都平壌(ピョンヤン)でこのほど、15日の故・金日成(キム・イルソン)主席の誕生日「太陽節」を盛大に迎えるため、市民が華やかな衣装を身にまとい、マスゲームの練習を行った。色鮮やかな民族衣装を着た人々が軽快な音楽が流れる中、躍動感のあるダンスを踊り、祝日のムードを盛り上げた。<映像内容>太陽節を迎える北朝鮮の風景、ダンスの練習などの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.50
    2019年04月15日
    平壌で金日成氏の生誕記念 国挙げて祝賀、銅像に献花

    北朝鮮は15日、建国の父として今も国内の強い支持を得ている故金日成主席の誕生日「太陽節」を迎えた。首都平壌では朝から市民らが「万寿台の丘」に立つ金日成氏と故金正日総書記の銅像に献花し、「民族最大の祝日」を国を挙げて盛り上げた。通りには「慶祝」とハングルで書かれた掲示が取り付けられ、祝賀ムードを盛り上げた。万寿台の丘には朝鮮労働党の組織や、軍、家族などさまざまなグループが花を持って訪れた。<映像内容>金日成広場、万寿台の丘、献花に向かう市民の列、万寿台の丘に立つ銅像、献花する市民ら、市内に掲げられた「太陽節」と書かれた横断幕、鄭哲秀さんインタビュー、撮影日:2019(平成31)年4月15日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月15日

  • 01:42.46
    2019年04月14日
    平壌の百貨店が新装開店へ 金正恩氏も視察

    北朝鮮の首都平壌にある大聖百貨店が14日、改修工事を終え、新装開店に向けた記念式典を開いた。この日に先立ち金正恩朝鮮労働党委員長が視察し、サービス向上に努めるよう指示したことが大きく報道されている。故金日成主席の誕生日の15日にオープンする。〈映像内容〉百貨店の外観や式典の雑観、食品やビール、衣服などが陳列された棚の様子など、撮影日:2019(平成31)年4月14日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月14日

  • 01:53.01
    2019年04月14日
    平壌で「金日成花」展示会 記念日控え、祝賀ムード

    北朝鮮の建国の父として今も強い支持を得ている故金日成主席の誕生日「太陽節」を15日に控え、首都平壌では14日、金日成氏を象徴するラン科の「金日成花」の展示会に大勢の人が足を運ぶなど祝賀ムードが高まっている。〈映像内容〉展示会の様子、会場雑観、金日成花の寄りや会場の全景、訪れた人たち、ガイドの李潤伊さんインタビュー、撮影日:2019(平成31)年4月14日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月14日

  • 01:13.70
    2019年04月13日
    平壌で正恩氏支持集会 ナンバー2崔氏が演説

    北朝鮮の首都平壌の金日成広場で13日、金正恩朝鮮労働党委員長が国家の最高指導者として再任されたことを祝う大会が開かれた。最高人民会議常任委員長に就任し、事実上の体制ナンバー2の立場を固めた崔竜海氏が報告演説を行い、「自力更生」で経済建設を目指すとの方針を訴えた。〈映像内容〉万寿台の丘の銅像、金正恩氏の国務委員長推戴記念の慶祝行事のため市民らが金日成広場に集まって開始を待っている様子(主体思想塔から撮影)、橋を渡って広場に向かう市民らの列(主体思想塔から撮影)、金日成広場で金正恩氏の国務委員長推戴記念の祝賀行事 撮影日:2019(平成31)年4月13日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月13日

  • 01:03.09
    2019年04月12日
    「自力更生」平壌各所で 金日成時代の標語広く定着

    北朝鮮の国会に当たる最高人民会議の開催が伝えられた12日、首都平壌では、同会議で強調された「自力更生」のスローガンが至る所に掲げられていた。故金日成主席の時代から唱えられた「体に染みついた標語」(平壌市民)だといい、制裁が続く中でも他国に頼らず経済発展を目指そうという姿勢は、市民に広く定着しているようだ。「自力更生」「朝鮮労働党の思想貫徹を」。平壌市の中心部では、赤地に白抜きの字で書かれた真新しい横断幕が各所に設置されていた。市内にある金元均名称音楽総合大の林海栄教授は取材に「誰が制裁をしても、何が不足したとしても、われわれの力だけで生きるというのは子どもや孫にまで受け継がれ、人民の体質となっている」と話した。〈映像内容〉平壌駅前、「自力更生」のスローガン看板、金正日広場、平壌市内の様子、林海栄教授インタビューなど、撮影日:2019(平成31)年4月12日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月12日

  • 00:39.47
    2019年04月10日
    芸術祝典開幕 北朝鮮・平壌

    北朝鮮の首都平壌で10日、故金日成(キム・イルソン)主席生誕記念日(15日)を前に芸術祝典が始まった。17日までの予定。祝典には全国から選抜された約40の団体から約1500人が参加。舞踊などの公演のほかマジックショーも行われる。烽火(ポンファ)芸術劇場で開かれた開幕式では朴春男(パク・チュンナム)文化相が開幕の辞を述べた。〈映像内容〉烽火芸術劇場、開幕を宣言する朴春男(パク・チュンナム)文化相、金正恩氏の党最高指導者就任7周年を祝う看板、芸術祝典のポスター、最高人民会議が開催される万寿台(マンスデ)議事堂など、撮影日:2019(平成31)年4月10日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月10日

  • 01:48.50
    2019年04月09日
    平壌で相次ぎ祝賀行事 金主席の生誕記念日前に

    北朝鮮の首都平壌で故金日成主席の生誕記念日(15日)を前にさまざまな祝賀行事が行われている。9日にはお菓子でつくったアート作品の展示会が始まったほか、テコンドーなどの武道大会が開かれた。〈映像内容〉祝賀行事の様子、アート作品の展示会、武道大会の様子など、撮影日:2019(平成31)年4月9日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月9日

  • 01:35.32
    2019年04月07日
    平壌で国際マラソン大会 日本含む外国人千人も

    北朝鮮の首都平壌で7日、故金日成主席の生誕記念日(15日)の祝賀行事の一環として恒例の国際マラソン大会が開かれ、日本やドイツ、ロシアなど約40カ国から外国人千人以上が参加した。外国人市民ランナーの受け入れは2014年に始まった。昨年は約600人と前年から半減したが、今年はほぼ回復。米朝首脳会談をはじめ北朝鮮が積極外交に出たことや、外国人観光客の誘致に力を入れていることが背景にあるとみられる。〈映像内容〉会場外観、スタート、街中のコース、ゴールの様子、朝鮮陸上協会の李賢哲副書記長(50)が「今回が30回目。40カ国余りから千人以上が参加した。年々規模が拡大している。多くの選手がわが朝鮮民主主義人民共和国を直接自分の体で走りながら見るために参加している。今後さらに多くの国の選手が参加することを期待している」とインタビューに答えている様子、撮影日:2019(平成31)年4月7日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月7日

  • 00:44.94
    2019年03月08日
    北朝鮮、男性ら花買い求め 「世界で無二の女性天国」

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は8日、国際女性デーに際し社説や関連記事を掲載した。資本主義国では女性差別や性暴力が深刻な社会問題となっているのに対し、北朝鮮は女性を尊重する「世界に二つとない女性の天国」だと強調、「社会主義強国」の建設に尽くすよう訴えた。首都平壌では同日、あちこちで男性市民らが母親や妻に贈る花を買い求める姿がみられた。国家切手発行局で働く金ハクミョンさんは「子どものために苦労している母が喜んでくれれば」と語り、花束を買っていた。〈映像内容〉平壌市内の花屋での販売の様子や購入客の様子、花の雑観、購入客インタビュー、撮影日:2019(平成31)年3月8日、撮影場所:北朝鮮 平壌市内

    撮影: 2019(平成31)年3月8日

  • 01:06.43
    2019年02月16日
    総書記誕生日で市民ら献花 北朝鮮

    北朝鮮は16日、故金正日総書記の生誕記念日「光明星節」を迎えた。首都平壌では早朝から多くの市民らが中心部の「万寿台の丘」に立つ金総書記と故金日成主席の銅像に献花するなど、祝賀ムードに包まれた。〈映像内容〉故金正日総書記の生誕記念日「光明星節」を迎えた北朝鮮の首都平壌の中心部の「万寿台の丘」に立つ金総書記と故金日成主席の銅像に市民らが献花する様子など、撮影日:2019(平成31)年2月16日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年2月16日

  • 01:52.47
    2019年02月15日
    金総書記誕生日前に記念行事 平壌市内雑観

    北朝鮮で故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日「光明星節」を16日に迎えるのを前に、首都平壌(ピョンヤン)市内では15日、雪が舞う中、「2・16慶祝」などと書かれた祝いの看板や国旗が飾られた。〈映像内容〉北朝鮮で故金正日総書記の誕生日「光明星節」前日の平壌市内雑観、撮影日:2019(平成31)年2月15日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年2月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.03
    2019年02月08日
    北朝鮮の軍創建記念日 祝賀舞踏会

    北朝鮮は8日、朝鮮人民軍創建71年の記念日を迎えた。米朝首脳再会談を今月末に控える中、昨年実施した軍事パレードは行われず、国営メディアも核・ミサイルへの言及を控え、抑制的な対応を見せた。首都平壌は同日、氷点下10度を下回る厳しい寒さ。中心部の「万寿台の丘」に立つ故金日成主席と故金正日総書記の銅像の前には、朝から軍人や市民らが献花に訪れた。市内の広場では若者らによる祝賀舞踏会も開かれ、祝日ムードが漂った。〈映像内容〉北朝鮮の平壌市内の祝賀舞踏会の様子と市内雑観、撮影日:2019(平成31)年2月8日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年2月8日

  • 01:02.06
    2019年01月04日
    「新年の辞」貫徹呼び掛け 平壌で大規模集会

    北朝鮮の首都平壌の金日成広場で4日、金正恩朝鮮労働党委員長が1日の「新年の辞」で提示した課題の貫徹を呼び掛ける大規模集会が開かれた。朴奉珠首相ら政府や党の幹部が出席。「自力更生」「科学技術強国化」など経済建設を訴えるスローガンやプラカードが多く掲げられ、市民らが集会後、行進した。<映像内容>北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が発表した「新年の辞」の課題貫徹を呼び掛ける集会、参加者の表情、掲げられたスローガン、行進の様子など、撮影日:2019(平成31)年1月4日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年1月4日

  • 01:09.06
    2019年01月01日
    北朝鮮が年越しコンサート 金日成広場

    北朝鮮の首都平壌の金日成(キム・イルソン)広場で31日午後11時半(日本時間同)から「迎春祝賀公演」が行われ、朝鮮中央テレビが年をまたいで実況中継した。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の体制下、平壌の発展を印象づける狙いもありそうだ。〈映像内容〉北朝鮮の首都平壌の金日成広場での迎春祝賀公演と氷の彫刻展の様子、撮影日:2019(平成31)年1月1日、撮影場所:北朝鮮 平壌 ※2018年12月31日から2019年1月1日にかけて撮影

    撮影: 2019(平成31)年1月1日

  • 01:19.04
    2018年12月31日
    北朝鮮の平壌で正月の準備

    北朝鮮の金正恩氏は元日、新年の辞を発表する見通しだ。米朝関係や核問題でどのような立場を示すかが焦点。首都平壌では31日、新年を祝う看板や飾り付けが設置され、大きな雪だるまもお目見えした。〈映像内容〉北朝鮮の首都平壌で新年を祝う準備が整った様子、撮影日:2019(平成31)年12月31日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年12月31日

  • 03:19.33
    2018年10月12日
    朝鮮労働党創建73年の平壌 韓国への視線、まだ慎重

    今月10日の朝鮮労働党創建73周年記念日に合わせ13日まで北朝鮮を訪問した。首都平壌では、今年3回の首脳会談を行った韓国との関係改善を公然化する動きが出始めた。ただ過去には南北融和ムードが一転して対決姿勢に変わった時期もあり、市民の間では慎重な見方がまだ根強いようだ。地下鉄の復興駅の前に米朝首脳会談後の9月上旬まで残っていた「米帝が襲いかかるなら地球上から完全に葬り去ろう」との横断幕は姿を消していた。<映像内容>平壌市内の地下鉄の駅、平壌地下鉄の案内人孫哲虎さん(53)が説明する様子、ホームの新聞を見る様子、車内の様子、発車の様子など、撮影日:2018(平成30)年10月12日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2018(平成30)年10月12日

  • 01:28.75
    2018年10月10日
    党記念日、祝賀ムード 万寿台の丘で献花

    北朝鮮は10日、朝鮮労働党創建73周年の記念日を迎えた。首都・平壌の街頭には党の旗や党創建を祝う看板が掲げられ、祝賀ムードに包まれた。平壌中心部の「万寿台の丘」にある故金日成主席と故金正日総書記の銅像の前には、朝から市民や軍人らがグループをつくって次々と訪れ、献花した。〈映像内容〉市民らが万寿台の丘で献花する様子、撮影日:2018(平成30)年10月10日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2018(平成30)年10月10日

  • 01:16.87
    2018年10月10日
    北朝鮮、党記念日で舞踏会 平壌、祝賀ムードに

    北朝鮮は10日、朝鮮労働党創建73周年の記念日を迎えた。首都・平壌の街頭には党の旗や党創建を祝う看板が掲げられ、祝賀ムードに包まれた。平壌中心部では、祝賀の舞踏会も開かれ、市民らが踊った。今年は北朝鮮で重視される5年や10年の節目に当たらず、大規模な祝賀行事は予告されていない。〈映像内容〉街中の舞踏会で市民らが踊る様子、見物客など、撮影日:2018(平成30)年10月10日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2018(平成30)年10月10日

  • 02:24.24
    2018年09月19日
    平壌で国際映画祭始まる 「和解の気流」と文化相

    北朝鮮の首都平壌で19日、「平壌国際映画祝典」が28日までの日程で始まり、開幕式が開かれた。主催者によると中国やロシア、イランなど40カ国超の約500作品が上映される。朴春男文化相はあいさつで、韓国の文在寅大統領が訪朝中であることを念頭に、祝典が「朝鮮半島の和解と協力、平和と繁栄の新たな気流の中で行われる」と強調した。祝典の組織委員会メンバーの金才赫氏は「今日まさに北南首脳会談も行われており、今後はきっと人文学の交流分野でも奇跡的なことが起きると思う」と述べ、韓国との文化交流の拡大に期待感を示した。祝典は2年に1度開かれ、今回で16回目。長編映画やアニメ、ドキュメンタリーが上映され、コンペティションも行われる。開幕式では審査員として中国やポーランド、カナダ、ロシアの映画監督らが紹介された。〈映像内容〉会場外観、映画祭雑観、朴文化相あいさつ雑観、観客雑観、中国やロシアの監督が紹介される様子、金才赫氏の話など、撮影日:2018(平成30)年9月19日、撮影場所:平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月19日

  • 01:47.07
    2018年09月19日
    南北会談に高い関心 報道を見る平壌市民

    北朝鮮の首都平壌では19日、金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領の会談や交流に、人々が高い関心を寄せた。平壌駅前では大型スクリーンに19日午後、朝鮮中央テレビのニュースが映し出され、市民らが両首脳の映像を食い入るように見つめていた。〈映像内容〉平壌駅前の大型スクリーンで南北首脳会談のニュース、撮影日:2018(平成30)年9月19日、撮影場所:平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月19日

  • 03:31.91
    2018年09月11日
    平壌でたいまつ行進 建国70年祝賀行事

    北朝鮮の首都平壌で10日夜、建国70年を祝うたいまつ行進が行われ、外国メディアに公開された。花火も打ち上げられ、会場の金日成広場は祝賀ムードに包まれた。数万人の青年らがたいまつを手に「経済建設」「朝鮮労働党万歳」などとシュプレヒコールを上げながら広場を行進し、人文字を作った。金正恩党委員長は姿を見せず、序列2位の金永南最高人民会議常任委員長が外国要人らと観覧した。<映像内容>観覧する金永南最高人民会議常任委員長、シュプレヒコールを上げながら行進する青年たち、たいまつ行進を地上で撮影した映像など、撮影日:2018(平成30)年9月11日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:52.59
    2018年09月09日
    金正恩氏は演説せず 北朝鮮・建国70年パレード

    北朝鮮は9日、建国70年の記念日を迎えた。首都平壌で同日午前、軍事パレードが行われ金正恩朝鮮労働党委員長が観閲した。パレードには、米国を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)を含め弾道ミサイルは登場しなかった。金正恩氏は演説せず、党序列2位の金永南最高人民会議常任委員長が行った。〈映像内容〉兵士たちや戦車の行進など、パレードを高い位置から撮影した映像、撮影日:2018(平成30)年9月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月9日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:59.82
    2018年09月09日
    建国70年で軍事パレードへ 北朝鮮、ICBMに注目

    北朝鮮は9日、建国70年の記念日を迎えた。主要祝賀行事として首都平壌の金日成広場で軍事パレードが行われるとみられる。米朝の非核化交渉が停滞する中、米国を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)を登場させるかどうかや、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が演説した場合に、非核化や米朝関係を巡り、どのような発言をするのかが注目される。〈映像内容〉平壌市内の朝の表情。パレードに参加するとみられる車列や、待機する人々、撮影日:2018(平成30)年9月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月9日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:46.53
    2018年09月09日
    北朝鮮パレードには弾道ミサイルなし 建国70年

    北朝鮮は9日、建国70年の記念日を迎えた。首都平壌で同日午前、軍事パレードが行われ金正恩朝鮮労働党委員長が観閲した。パレードには、米国を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)を含め弾道ミサイルとみられる兵器は登場しなかった。〈映像内容〉軍事パレードの様子、群衆に向かって手を振る金正恩委員長、中国共産党序列3位の栗戦書・全国人民代表大会常務委員長の様子など、撮影日:2018(平成30)年9月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月9日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:20.75
    2018年09月05日
    「ルポ」建国70年の平壌 経済重視

    建国70年を9日に迎える北朝鮮の首都平壌に共同通信記者が入った。街中では米国非難や核・ミサイルに関するスローガンが影を潜め、経済発展を呼び掛ける看板が目立つ。米国に非核化を約束し経済発展に総力を挙げる新路線は、工場などの生産現場にも浸透しているようだ。8日、平壌化粧品工場は世界中から訪朝した100人以上の記者でごった返した。工場併設の直売所販売員、李香(リ・ヒャン)さん(25)は力を込めた。故金正日(キム・ジョンイル)総書記の母、故金正淑(キム・ジョンスク)氏の名を冠した「模範的工場」(北朝鮮関係者)の金正淑平壌製糸工場も公開された。〈映像内容〉5日撮影の平壌駅前、6日撮影の「経済強国」と書かれた看板、8日撮影の平壌化粧品工場、販売員の李香さんインタビュー、7日撮影の製糸工場、5日撮影の市内交通の様子、5日夜の平壌駅前、7日撮影の市内夜景など、撮影日:2018(平成30)年9月5日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月5日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:37.57
    2018年09月04日
    建国70年の祝賀準備着々 平壌、看板設置や行事練習

    北朝鮮が建国70年の記念日を迎えるのを前に、首都平壌では祝賀行事の準備が着々と進められている。中心部の金日成広場では飾り付けが行われ、市内のあちこちで市民らが行事の練習をする姿も見られる。9日に軍事パレードが行われるとみられる金日成広場には建国の年に当たる「1948」と書かれた赤い看板が設置され、街頭には「共和国創建70周年慶祝」などと書かれた看板が掲げられた。平壌の羊角島(ヤンガクト)ホテルには外国メディア向けのプレスセンターが開設される予定で、関係者によれば総勢100人以上が利用するという。建国70年を記念し、国旗や国章をあしらった切手シートも発売された。〈映像内容〉4日撮影の平壌市内の雑観、祝賀行事の準備が進む金日成広場などの様子、5日撮影の平壌市内の雑観、祝賀行事の準備が進む金日成広場などの様子、プレスセンターが設置されるホテル、切手の物撮りなど、撮影日:2018(平成30)年9月4日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月4日

  • 04:43.43
    2018年08月23日
    「新華社」【字幕あり】朝鮮の女性、独特の体操で出勤する市民を応援

    朝鮮の首都平壌(ピョンヤン)の平日の朝、主要幹線道路の交差点ではこうした女性たちの集団がいつも見られる。統一されたユニフォームを着用した女性たちが、腰鼓を叩いたり、赤旗を振ったり、音楽に合わせて隊形を変えたりしている。夏の暑い日も冬の寒い日も、1年を通して、女性たちは定刻に各交差点に姿を見せる。これは、平壌の各区・郡の女性同盟委員会が自発的に始めた特別な活動であり、毎朝足早に出勤する人たちにエールを送るものだ。平壌普通江区女性同盟委員会の宋楊蘭(ソン・ヤンナン)会長によると、家で過ごしている女性たちが、国と社会に貢献するために、この活動を自発的に企画したという。年齢は30~40歳くらいで、自由な時間を使って自発的に稽古をしている。女性同盟委員会は女性たちのために統一されたユニフォームを仕立てて、各人にそれぞれ赤旗2本と腰鼓を配布すると同時に、プロの振付師を定期的に招いて振り付けや動きを整えた。平壌市内の19の地区と郡ごとに衣服の色は異なり、夏はミニスカートスーツ、冬は明るい色の綿入りコートとズボンを着用する。慌ただしい通勤時間、職場に急ぐ労働者を応援する女性たちの姿は、風物詩となっている。交通渋滞を緩和するために、平壌は時差出勤制度を実施している。特殊な業種以外は、出勤時間が通常7時から9時までの間で異なっているため、女性たちは人通りが最も多い時間帯を選んで、主要な幹線道路の交差点で1~2時間活動する。長時間の旗振りに加え、正確な動きも要求されるので、体力的にもきつい。この点について、女性たちはこの活動を通じて国に貢献できることをとても誇りに感じている、と宋氏は明かした。平壌普通江区女性同盟委員会会長宋楊蘭氏この朝の活動は、彼女たちが自発的に始めたことなので、きついとは思っていません。朝の活動が終わって帰宅すると、夫や子ども、家族の世話をします。疲れますが、党と国を愛する彼女たちは、党と国に貢献できることに誇りを感じています。(記者/劉艶霞)<映像内容>集団でダンスをする北朝鮮の女性、平壌普通江区女性同盟委員会会長のコメント、撮影日:2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:29.24
    2018年08月03日
    北朝鮮で猛暑続く 40度超、農業被害も

    北朝鮮で観測史上、例のない猛暑が続いている。5日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は高温や干ばつによる農作物などへの被害防止を国民に呼び掛け、各地の取り組みを紹介した。7月中旬に気温が上がり始め、北部では40度超を記録した。首都平壌では市民が小さな携帯用扇風機で暑さをしのぐ姿も。〈映像内容〉猛暑が続く平壌市内の様子、気象水門局短期予報室の康哲準(カン・チョルジュン)室長のインタビューなど、撮影日:2018(平成30)年8月3日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年8月3日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:23.65
    2018年07月27日
    追悼行事や祝いのダンス 休戦協定65年の北朝鮮・平壌

    朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定締結から65年を迎えた27日、北朝鮮の首都平壌では、戦死者らの追悼行事が行われた。北朝鮮はこの日を米国との戦争に勝利した記念日と位置づけている。午前中には平壌郊外にある戦死者らが眠る「祖国解放戦争参戦烈士の墓」で、金英哲・朝鮮労働党副委員長や軍幹部、遺族ら計約300人が参加し、追悼の式典が行われ、参加者が献花した。27日は休日で、市民らは早朝から故金日成主席と故金正日総書記の銅像が並ぶ市中心部の万寿台の丘を訪れ次々献花した。<映像内容>朝鮮戦争に参加した兵士の墓を訪れた北朝鮮の金英哲・朝鮮労働党副委員長ら、金正恩党委員長の名が記された花輪、献花する軍幹部ら、旗やスローガンで飾られた祝日ムードの平壌街頭、万寿台の丘で献花する人たちなど、撮影日:2018(平成30)年7月27日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2018(平成30)年7月27日

  • 1
  • 2