KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • こて絵
  • 一族
  • 一種
  • 令和
  • 創建
  • 北山村
  • 史跡
  • 同治
  • 場所
  • 左右対称

「香洲」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2000年06月30日
    「夢香洲夏夕幻影」 夢二の未公開作品発見

    発見された竹久夢二作の掛け軸「夢香洲夏夕幻影(むかうじまなつのよのまぼろし)」

    商品コード: 2000063000065

  • 2022年05月12日
    (1)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、北山村の風景。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209710

  • 2022年05月12日
    (6)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、楊氏大宗祠の前殿「紹経堂」の内部に掛かる清代の扁額。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209834

  • 2022年05月12日
    (8)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、楊氏大宗祠にある楊匏安(よう・ほうあん、中国共産党初期の党員、1896-1931年)陳列ホール。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209826

  • 2022年05月12日
    (11)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、楊氏大宗祠の前殿「紹経堂」の内部。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209829

  • 2022年05月12日
    (12)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、楊氏大宗祠の前殿「紹経堂」。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209833

  • 2022年05月12日
    (10)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、楊氏大宗祠の前殿「紹経堂」の内部。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209900

  • 2022年05月12日
    (9)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、楊氏大宗祠にあるシモクレンの古木。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209831

  • 2022年05月12日
    (3)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、北山村の風景。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209823

  • 2022年05月12日
    (5)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、楊氏大宗祠の前殿と後殿の間にある中庭。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209828

  • 2022年05月12日
    (4)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、楊氏大宗祠の入り口。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209822

  • 2022年05月12日
    (2)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、北山村の風景。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209836

  • 2022年05月12日
    (13)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、楊氏大宗祠の前庁(入り口ホール)。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209838

  • 2022年05月12日
    (7)北山村と楊氏大宗祠広東省珠海市

    8日、楊氏大宗祠の後殿内部。中国広東省珠海市香洲区南屏鎮の北山村は、多くの史跡があることで知られ、清代の古民家90棟が良好な状態で残る。中でも村東部の楊氏大宗祠は、同市に残る最大の宗祠(一族が祖先を祭る場所)で、創建は清の同治7(1868)年。硬山式屋根(切妻屋根の一種)と青磚(青灰色のれんが)の壁を持つ建物が、中軸線上に左右対称に配置されており、石彫や木彫、れんが彫刻、こて絵などの装飾が施されている。敷地面積8838平方メートル、建築面積は2520平方メートルで、珠海の古建築芸術の典型とされる。1986年に市の文物保護単位(重要文化財に相当)、2002年に省の文物保護単位に指定された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209832

  • 1