KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 故宮博物院
  • 時計
  • 記者
  • すぐり
  • チベット仏教
  • 余り
  • 北京
  • 康楽
  • 様子
  • 活用

「香港科学館」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年12月06日
    故宮収蔵の機械式時計とシルクロード山水地図、香港で展示

    6日、「時計の宝物展」に展示された機械式時計。中国香港特別行政区の香港科学館で7日、「独特の工夫を巡らす-時計の宝物展」と「シルクロード山水地図展」が開幕した。故宮博物院に収蔵されている120点の機械式時計や古代シルクロード山水地図が出展されており、香港市民に新たな文化遺産展覧の場を提供している。(香港=新華社記者/呉暁初)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109981

  • 2018年12月06日
    故宮収蔵の機械式時計とシルクロード山水地図、香港で展示

    6日に撮影した「シルクロード山水地図展」のポスター。中国香港特別行政区の香港科学館で7日、「独特の工夫を巡らす-時計の宝物展」と「シルクロード山水地図展」が開幕した。故宮博物院に収蔵されている120点の機械式時計や古代シルクロード山水地図が出展されており、香港市民に新たな文化遺産展覧の場を提供している。(香港=新華社記者/呉暁初)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109912

  • 2019年12月19日
    香港で「故宮文化財修復展」文化財と科学技術の融合を紹介

    19日、「内里乾坤-故宮文化財修復展」の展示品。中国香港特別行政区政府の康楽・文化事務署と北京の故宮博物院が共同で主催する「内里乾坤-故宮文化財修復展」が今月14日から来年3月18日まで香港科学館で開催されている。故宮博物院が収蔵する修復文化財の中から、青銅器や時計、紡織品、チベット仏教の仏画タンカ、漆器、陶磁器など、よりすぐりの100点(組)余りを展示。科学技術が文化財修復に活用される様子を紹介する。(香港=新華社記者/呉暁初)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602833

  • 2019年12月19日
    香港で「故宮文化財修復展」文化財と科学技術の融合を紹介

    19日、「内里乾坤-故宮文化財修復展」で青花磁(藍色の柄を焼きつけた陶磁器)修復のコンピュータシミュレーション技術を紹介するスタッフ。中国香港特別行政区政府の康楽・文化事務署と北京の故宮博物院が共同で主催する「内里乾坤-故宮文化財修復展」が今月14日から来年3月18日まで香港科学館で開催されている。故宮博物院が収蔵する修復文化財の中から、青銅器や時計、紡織品、チベット仏教の仏画タンカ、漆器、陶磁器など、よりすぐりの100点(組)余りを展示。科学技術が文化財修復に活用される様子を紹介する。(香港=新華社記者/呉暁初)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602810

  • 2019年12月19日
    香港で「故宮文化財修復展」文化財と科学技術の融合を紹介

    19日、文化財修復活動を紹介する香港特別行政区政府の康楽・文化事務署文化財修復事務所の謝建輝(しゃ・けんき)総監。中国香港特別行政区政府の康楽・文化事務署と北京の故宮博物院が共同で主催する「内里乾坤-故宮文化財修復展」が今月14日から来年3月18日まで香港科学館で開催されている。故宮博物院が収蔵する修復文化財の中から、青銅器や時計、紡織品、チベット仏教の仏画タンカ、漆器、陶磁器など、よりすぐりの100点(組)余りを展示。科学技術が文化財修復に活用される様子を紹介する。(香港=新華社記者/呉暁初)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602829

  • 2019年12月19日
    香港で「故宮文化財修復展」文化財と科学技術の融合を紹介

    19日、「内里乾坤-故宮文化財修復展」の展示品。中国香港特別行政区政府の康楽・文化事務署と北京の故宮博物院が共同で主催する「内里乾坤-故宮文化財修復展」が今月14日から来年3月18日まで香港科学館で開催されている。故宮博物院が収蔵する修復文化財の中から、青銅器や時計、紡織品、チベット仏教の仏画タンカ、漆器、陶磁器など、よりすぐりの100点(組)余りを展示。科学技術が文化財修復に活用される様子を紹介する。(香港=新華社記者/呉暁初)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602745

  • 2019年12月19日
    香港で「故宮文化財修復展」文化財と科学技術の融合を紹介

    19日、「内里乾坤-故宮文化財修復展」に展示された百年近い歴史を持つ313号列車の車両。中国香港特別行政区政府の康楽・文化事務署と北京の故宮博物院が共同で主催する「内里乾坤-故宮文化財修復展」が今月14日から来年3月18日まで香港科学館で開催されている。故宮博物院が収蔵する修復文化財の中から、青銅器や時計、紡織品、チベット仏教の仏画タンカ、漆器、陶磁器など、よりすぐりの100点(組)余りを展示。科学技術が文化財修復に活用される様子を紹介する。(香港=新華社記者/呉暁初)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602802

  • 02:50.37
    2019年12月25日
    「新華社」香港で「故宮文化財修復展」文化財と科学技術の融合を紹介

    中国香港特別行政区政府の康楽・文化事務署と北京の故宮博物院が共同で主催する「内里乾坤-故宮文化財修復展」が今月14日から来年3月18日まで香港科学館で開催されている。故宮博物院が収蔵する修復文化財の中から、青銅器や時計、紡織品、チベット仏教の仏画タンカ、漆器、陶磁器など、よりすぐりの100点(組)余りを展示。科学技術が文化財修復に活用される様子を紹介する。合金の人面の仮面「人面紋牌飾」は中でも注目の逸品の一つで、遼代(916~1125年)の副葬品と考えられている。文化財修復の専門家が3Dプリント技術によって欠落部分を補うとともに、拭き取りやすい溶液を用い、樹脂と無酸紙を組み合わせて仮面を裏側から補強した。文字を彫刻した衝立型の置物「彫羅漢寿字插屏」は、かなり前から激しく変形していた。専門家がX線を照射して内部構造を解析したところ、内部が横方向に10本、縦方向に2本の針金で支えられていることが判明。そこで、これらのデータに基づき、挿屏の整形と修復計画が策定された。同展ではこのほか、文化財修復弁事処の仕事に焦点を当てた。百年近い歴史を持つ313号列車の車両と中国が輸出した油絵「朝覲図」(ちょうきんず、拝謁図)の修復プロセスの展示を通じて、修復作業と専門技術をわかりやすく紹介している。(記者/陳其蔓、梁嘉駿、丁梓懿)<映像内容>故宮文化財修復展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322932

  • 1