KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 彩文土器
  • 分布
  • 彩色
  • うしょう
  • アンダーソン
  • スウェーデン
  • 中心
  • 判断

「馬家窯文化」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
48
( 1 48 件を表示)
  • 1
48
( 1 48 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年09月19日
    先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会

    19日、会場に展示された馬家窯文化半山類型の陶器。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/劉学紅)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101454

  • 2019年09月19日
    先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会

    19日、展示会場。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/劉学紅)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101447

  • 2019年09月19日
    先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会

    19日、展示会場。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/劉学紅)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101376

  • 2019年09月23日
    先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会

    23日、会場に展示された馬家窯文化半山類型の小口甕(かめ)。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/路菁)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101422

  • 2019年09月23日
    先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会

    23日、会場に展示された馬家窯文化半山類型の葫蘆網格紋彩陶双耳罐(ころもうかくもんさいとうそうじかん)。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/商晨雯)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101387

  • 2019年09月23日
    先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会

    23日、会場に展示された馬家窯文化半山類型の旋渦紋彩陶双耳罐(せんかもんさいとうそうじかん)。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/路菁)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101371

  • 2019年09月23日
    先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会

    23日、会場に展示された馬家窯文化馬家窯類型の旋渦紋彩陶双耳罐(せんかもんさいとうそうじかん、耳部欠損)。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/商晨雯)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101380

  • 2019年09月23日
    先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会

    23日、会場に展示された馬家窯文化馬家窯類型の弦紋彩陶双耳瓶(げんもんさいとうそうじびん)。中国北京大学のサックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩色土器が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと文様の美しさにより、先史時代の彩色土器の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/路菁)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101378

  • 2019年09月23日
    先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会

    23日、会場に展示された馬家窯文化馬廠類型の連珠紋彩陶豆(れんじゅもんさいとうとう)。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/商晨雯)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101452

  • 2019年09月23日
    先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会

    23日、会場に展示された馬家窯文化半山類型の菱格紋彩陶双耳罐(りょうかくもんさいとうそうじかん)。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/路菁)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101430

  • 2021年05月20日
    (7)国際博物館の日、上海博物館で文化財の魅力に触れる

    18日、中国古代陶磁館に展示されている「馬家窯文化彩陶鳥紋壺」。「国際博物館の日」に当たる18日、中国上海市内にある111カ所の博物館が無料または通常の半額料金で開放された。上海博物館の中国古代青銅館、中国古代陶磁館、中国歴代印章館、中国歴代貨幣館が同日一般公開され、多くの市民や観光客が訪れた。同博物館には貴重な文化財約14万点を含む102万点以上の文化財が所蔵されており、所蔵品には青銅器や陶磁器、書画、璽印(じいん)、貨幣などが含まれる。なかでも青銅器、陶磁器、書画は、特色あるコレクションとして知られている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052100196

  • 2021年06月20日
    (5)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示 甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062500070

  • 2021年06月20日
    (4)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示 甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展で彩陶を観賞する来場者。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062500087

  • 2021年06月20日
    (3)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示 甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062500086

  • 2021年06月20日
    (9)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062100016

  • 2021年06月20日
    (2)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062009550

  • 2021年06月20日
    (6)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示 甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062500136

  • 2021年06月20日
    (10)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062100017

  • 2021年06月20日
    (8)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062100020

  • 2021年06月20日
    (7)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展で彩陶を観賞する来場者。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062100018

  • 2021年06月20日
    (1)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062009551

  • 2021年06月21日
    (3)現代に息づく伝統、彩陶職人の技 甘粛省臨夏回族自治州

    21日、彩陶を制作する馬黒麦さん。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070709631

  • 2021年06月21日
    (1)現代に息づく伝統、彩陶職人の技 甘粛省臨夏回族自治州

    21日、彩陶を制作する馬黒麦さん。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070709587

  • 2021年06月22日
    (4)現代に息づく伝統、彩陶職人の技 甘粛省臨夏回族自治州

    22日、馬黒麦さんが制作した彩陶。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070709588

  • 2021年06月24日
    (6)現代に息づく伝統、彩陶職人の技甘粛省臨夏回族自治州

    21日、彩陶を制作する馬黒麦さん。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062412727

  • 2021年06月24日
    (2)現代に息づく伝統、彩陶職人の技甘粛省臨夏回族自治州

    21日、彩陶を制作する馬黒麦さん。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062412661

  • 2021年06月24日
    (5)現代に息づく伝統、彩陶職人の技甘粛省臨夏回族自治州

    22日、馬黒麦さんが制作した彩陶。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062412726

  • 2022年01月26日
    (5)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の四圏漩渦(渦巻)文彩陶双耳罐(部分)。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613628

  • 2022年01月26日
    (8)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の弦文彩陶双耳瓶。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613597

  • 2022年01月26日
    (10)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の鋸歯文彩陶双耳壺。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613598

  • 2022年01月26日
    (2)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の漩渦(渦巻)文彩陶双耳壺。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613482

  • 2022年01月26日
    (1)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の弦文彩陶双耳瓶。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613486

  • 2022年01月26日
    (12)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の菱格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613623

  • 2022年01月26日
    (13)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の菱格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613625

  • 2022年01月26日
    (14)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の附加堆文単耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613626

  • 2022年01月26日
    (18)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の四圏漩渦(渦巻)文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613630

  • 2022年01月26日
    (9)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の鋸歯文彩陶単耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613596

  • 2022年01月26日
    (6)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館にある馬家窯遺跡発掘現場の復元模型。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613601

  • 01:17.84
    2022年01月26日
    「新華社」5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布している。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料が彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(記者/范培珅、馬莎、王紫軒) =配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613398

  • 2022年01月26日
    (19)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の網格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613639

  • 2022年01月26日
    (7)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館にある馬家窯文化の土器に残されていた記号の概略図。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613593

  • 2022年01月26日
    (4)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で馬家窯文化半山類型の彩陶を鑑賞する来館者。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613493

  • 2022年01月26日
    (17)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬廠類型の貝文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613637

  • 2022年01月26日
    (15)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で馬家窯文化馬廠類型の彩陶を鑑賞する来館者。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613622

  • 2022年01月26日
    (16)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の彩陶。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613624

  • 2022年01月26日
    (20)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬廠類型の菱格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613642

  • 2022年01月26日
    (11)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の葫蘆網格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613621

  • 2022年01月26日
    (3)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の漩渦(渦巻)文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613492

  • 1