KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 研究
  • 記載
  • 説明文
  • 場所
  • 運搬
  • 男女
  • 垂れ

「駕籠」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
95
( 1 95 件を表示)
  • 1
95
( 1 95 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • -
    幕末 駕籠 駕籠かき

    キーワード:幕末、駕籠、駕籠かき、女性、乗物=江戸期(幕末)、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020070201300

  • -
    駕籠

    キーワード:職業、駕籠屋、男性、女性、駕籠に乗る女性、乗り物=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018110727062

  • -
    駕籠

    キーワード:駕籠、駕籠かき、女性、乗物=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020073110364

  • -
    駕籠

    駕籠=1872(明治5)年11月2日、東京、「THE ILLUSTRATED LONDON NEWS」掲載、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019010401997

  • -
    山駕籠

    キーワード:山駕籠、女性、駕籠かき、乗物、ステレオ写真=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020070201225

  • -
    駕籠屋

    キーワード:駕籠屋=明治初期~中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017103100600

  • -
    駕籠屋

    キーワード:駕籠屋、男性、女性、乗り物=明治初期~中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018082220762

  • -
    駕籠

    駕籠=1866~67年、撮影場所不明、撮影者:フェリーチェ・ベアト、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2018122023017

  • -
    駕籠

    キーワード:駕籠、和装、女性、東海道、椅子式駕籠=撮影年月日不明、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018110526996

  • -
    駕籠屋

    キーワード:駕籠屋、駕籠かき=明治初期~中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018111331030

  • -
    山駕籠

    キーワード:山駕籠、男性、女性、馬、電柱、箱根辺りか、ステレオ写真=明治後期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020070201223

  • -
    駕籠かき

    駕籠は江戸時代に普及した乗物で、利用する人の身分や用途により多様な形態が存在した。この写真は、垂れがないことから山駕籠と思われる。道中や山路用で衝撃を和らげるために座布団などが用いられた。鉢巻に褌姿で草履履きの駕籠かきが手にしているのは息杖である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号64‐37‐0]

    商品コード: 2017082301003

  • -
    駕籠かき

    駕籠かき=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号126‐21‐0]

    商品コード: 2017081401803

  • -
    駕籠道中

    ここに見える駕籠は、山駕籠という粗末なもの。背景の杉並木は、日光か箱根のものであろう。駕籠の行列が、街道の道筋とは異なっているのが不自然である。恐らく撮影のための演出であろう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐16‐0]

    商品コード: 2017080201658

  • -
    山駕籠

    山駕籠=1871年、撮影場所不明、撮影者:フェリーチェ・ベアト、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2018122023076

  • -
    山駕籠

    キーワード:山駕籠、男性、女性=明治初期~中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020070201222

  • -
    駕籠かき

    キーワード:東京、風俗、山駕籠、駕籠かき、女性、乗物、街灯=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020073110340

  • -
    駕籠かき

    女性が乗っているのは江戸庶民用の四手籠と思われる。四手籠とは4本の竹を支柱とし、割竹で簡単に編んで垂れをつけた簡素な駕籠である。印半纏に草履履きの駕籠かきが息杖を手にかいている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号64‐36‐0]

    商品コード: 2017082301039

  • -
    駕籠かき

    山の道で女性を乗せた駕篭を担ぐ2人の駕篭かき。どちらも手ぬぐいを頭に巻き、脚絆に草鞋を履いている。駕篭は左の肩に担ぎ、右手に杖を持っている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐68‐0]

    商品コード: 2017080400642

  • -
    駕籠かき

    休憩中だろうか、駕籠かきの1人は煙管を吸っている。女性の乗っている駕籠は、垂れを巻き上げているようにみえるので、江戸庶民用の四手駕籠と思われる。=明治中期、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号64‐8‐0]

    商品コード: 2017082300921

  • -
    駕籠かつぎ

    駕籠かつぎ=幕末、撮影場所不明、撮影者:下岡蓮杖、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2019010401962

  • -
    椅子と駕籠

    前には息杖をもった駕籠かきと女性客。駕籠の屋根には野菜がのせられているようだ。山駕籠である。後ろには椅子に座った女性を4人の男たちがかついで運んでいる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号43‐18‐0]

    商品コード: 2017080902760

  • -
    駕籠と女性

    駕籠には、四方を囲い華美な装飾を施した「乗り物」と呼ばれるものから、囲いのない粗末な庶民用のものまで種々あった。江戸幕府は、「乗り物」に乗ることのできる者を身分によって定めていた。写真の駕籠は、最も簡便な「山駕籠」と呼ばれるものである。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号16‐20‐0]

    商品コード: 2017080201510

  • -
    刺青の駕籠かき

    スティルフリードアルバムの一枚。刺青の駕篭かき風景。刺青は後で書き入れているため参考とならない。茣蓙を巻き上げた竹製の駕籠は構造がよくわかる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号77‐47‐0]

    商品コード: 2017082400698

  • -
    駕籠に乗る娘

    垂れを巻き上げているように見えるので四手駕籠と思われる。四手籠とは4本の竹を支柱とし、割竹で簡単に編んで垂れをつけた簡素な駕籠である。駕籠かきの装束は一定しないが、息休みの時に使う息杖を必ず持っていた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐47‐0]

    商品コード: 2017081400870

  • -
    駕籠に乗る女性

    女性が乗っているのは江戸庶民用の四手籠と思われる。四手籠とは4本の竹を支柱とし、割竹で簡単に編んで垂れをつけた簡素な駕籠である。印半纏に草履履きの駕籠かきが息杖を手にかいている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号92‐43‐0]

    商品コード: 2017081401006

  • -
    駕籠に乗る女性

    駕籠舁きの装束はまちまちであるが、必ず杖を持っている。この杖は「息杖」と呼ばれ、休むときに用いられた。降雨時には、駕籠舁きは蓑と笠を身に着けたが、写真のように山駕籠の場合、簡単な屋根以外に覆うものはなく、客はかなり濡れたに違いない。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐11‐0]

    商品コード: 2017080200701

  • -
    駕籠に乗る女性

    道中や山路用に用いられた山駕籠に乗る女性。竹で底を円形に編み、垂れがない。衝撃を和らげるため座布団などが用いられた。駕籠かきは頭に手拭を巻き、半纏を着、手には杖を持っている。この杖は息杖といい、息入れする時使用した。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐143‐0]

    商品コード: 2017081002503

  • -
    花魁たちと駕籠

    花魁が従者を供にし正装して往来することを花魁道中という。新造、禿、遣手の他、夜具や三味線,太鼓を持つ男もついた=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:臼井秀三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号94‐11‐0]

    商品コード: 2017081401050

  • -
    駕籠に乗る女性

    山駕籠に乗る女性と、「息杖」を持つ駕籠舁きが2人、駕籠の屋根には客の荷物が乗っている。よく見られる演出写真である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐30‐0]

    商品コード: 2017080902601

  • -
    杉並木を行く駕籠

    杉並木を行く駕籠=明治中期、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号47‐39‐0]

    商品コード: 2017080903064

  • -
    駕籠に乗る娘

    垂れを巻き上げているように見えるので四手駕籠と思われる。四手籠とは4本の竹を支柱とし、割竹で簡単に編んで垂れをつけた簡素な駕籠である。駕籠かきの装束は一定しないが、息休みの時に使う息杖を必ず持っていた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐26‐0]

    商品コード: 2017081400911

  • -
    街道を行く駕籠

    本写真と類似のたたずまいを見せる「箱根宿」のタイトルのある古写真が存在する(「幕末日本の風景と人々」写真87)。本写真の場所の特定はできないが、幕末の宿場の様子をよく伝えるものといえよう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号16‐38‐0]

    商品コード: 2017080201522

  • -
    駕籠 イラスト

    キーワード:駕籠、駕籠かき、富士山、イラスト、絵葉書=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020073110357

  • -
    駕籠に乗る娘

    垂れを巻き上げているように見えるので四手駕籠と思われる。四手籠とは4本の竹を支柱とし、割竹で簡単に編んで垂れをつけた簡素な駕籠である。駕籠かきの装束は一定しないが、息休みの時に使う息杖を必ず持っていた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐20‐0]

    商品コード: 2017080903322

  • -
    駕籠に乗る女性

    駕籠に乗る女性=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号126‐20‐0]

    商品コード: 2017081401782

  • -
    駕籠に乗る女性

    町中の小川に架かる小さな橋を渡る山駕籠。2人の駕籠舁きは、整理番号40-30の写真の駕籠舁きと同一人物か。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐28‐0]

    商品コード: 2017080902548

  • -
    駕籠に乗る女性

    「乗り物」の担ぎ手を「六尺」と言い、駕籠の担ぎ手である駕籠舁きとは区別される。街道の宿場には、雲助という駕籠舁きがおり、駄賃以外の金銭を要求することもあったという。通常の駕籠は、1時間に1里を走ったが、江戸-京都間の早駕籠は4日半で走破したという。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐1‐0]

    商品コード: 2017080201444

  • -
    駕籠に乗る女性

    駕籠に乗る女性=1864年、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号121‐24‐0]

    商品コード: 2017081601108

  • -
    駕籠に乗る女性

    垂れを巻き上げているように見えるので四手駕籠と思われる。四手籠とは4本の竹を支柱とし、割竹で簡単に編んで垂れをつけた簡素な駕籠である。駕籠かきの装束は一定しないが、息休みの時に使う息杖を必ず持っていた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐10‐0]

    商品コード: 2017081401546

  • -
    駕籠に乗る母と娘

    駕籠は江戸時代に普及した乗物で、利用する人の身分や用途により多様な形態が存在した。この写真は、垂れがないことから山駕籠と思われる。道中や山路用で衝撃を和らげるために座布団などが用いられた。鉢巻に褌姿で草履履きの駕籠かきが手にしているのは息杖である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号69‐56‐0]

    商品コード: 2017082400239

  • -
    駕籠に乗る女性

    垂れを巻き上げているように見えるので四手駕籠と思われる。四手籠とは4本の竹を支柱とし、割竹で簡単に編んで垂れをつけた簡素な駕籠である。駕籠かきの装束は一定しないが、息休みの時に使う息杖を必ず持っていた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号49‐25‐0]

    商品コード: 2017080903293

  • -
    駕籠に乗る女性

    道中や山路用に用いられた山駕籠に乗る女性。竹で底を円形に編み、垂れがない。衝撃を和らげるため座布団などが用いられた。駕籠かきは頭に手拭を巻き、半纏を着、手には杖を持っている。この杖は息杖といい、息入れする時使用した。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐13‐0]

    商品コード: 2017080903100

  • -
    箱根宿と駕籠に乗る娘

    箱根宿の新町から箱根関所跡方向に向いた構図。背後の山は、駒ヶ岳。駕籠屋のいる街道は東海道(現在の国道一号線)で、この新町の写真右手の家屋は南西方向向きなので、子供や老人がひなたぼっこをしているような様子である。服装から晩秋か春先と思われる。駕籠の娘は観光客であろう。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐25‐0]

    商品コード: 2017081501671

  • -
    男装の女性駕籠かき

    男装の女性駕籠かき=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号67‐39‐0]

    商品コード: 2017082400210

  • -
    虫駕籠売りと少女たち

    虫駕籠売りの商人から虫駕籠を見せて貰っている少女たち。一番右側の少女は左手にうちわを持っている。娘達は、様々の虫の音色に耳を傾け、情感を育てたのだろう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号84‐10‐0]

    商品コード: 2017081401384

  • 1904年12月31日
    大谷川の山駕籠

    山駕籠に乗り大谷川(だいやがわ)を渡る日本女性を撮影したステレオ写真。この写真では撮影場所を特定するのは難しい。しかし、山駕籠で山岳渓流の狭い桟橋を渡る様子から察するに、馬返(うまがえし)付近の渓谷かと思われる。=1904(明治37)年、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐55‐0]

    商品コード: 2017081401677

  • -
    虫駕籠を持つ少女たち

    立ち姿の二人の娘はそれぞれ手に虫駕籠を提げている。中央の娘は何か棒を持っている。三人ともかっぽりとよばれる高い下駄を履いている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号84‐4‐0]

    商品コード: 2017081401475

  • -
    相駕籠に乗る女性たち

    全体的な印象、さらにはそれぞれに動きがないことから、いわゆるやらせの写真である。しかし、女性たちの着物や傘などの彩色、さらには、草原や木々の彩色は巧みである。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐157‐2]

    商品コード: 2017081002391

  • -
    Woman in carrying litter, Japan

    A photograph taken during the voyage of H.M.S. Challenger (1872-1876) funded by the British Government for scientific purposes. The expedition is believed to have been the first to carry an official photographer.、クレジット:Natural History Museum/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021061600197

  • 2018年07月31日
    見つかった駕籠 家光が贈った駕籠見つかる

    江戸幕府の3代将軍徳川家光が酒井忠勝に贈った駕籠=福井県小浜市の県立若狭歴史博物館

    商品コード: 2018073100020

  • 1997年10月10日
    駕籠かきレース 熊野古道で駕籠かきレース

    和泉式部の熊野もうでにちなんで行われた「駕籠(かご)かきレース」=10日、和歌山県本宮町

    商品コード: 1997101000079

  • 2001年10月06日
    駕籠かき競争 熊野古道で駕籠かき競争

    熊野古道で女性を乗せた駕籠を担ぎ、競争する参加者ら=6日午前、和歌山県本宮町

    商品コード: 2001100600136

  • -
    箱根街道の駕篭道中

    キーワード:駕籠屋、駕籠、山駕籠、杉並木、箱根街道=明治初期~中期、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 ※同原版で手彩色画像有り(商品コード:2017080201006)

    商品コード: 2018111331031

  • -
    箱根名物 ちや

    キーワード:駕籠、洋装、男女客、東海道、椅子式駕籠=撮影年月日不明、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018110527148

  • -
    Female bearers and a carrying chair, Japan, 1870s

    Female bearers and a carrying chair, Japan, 1870s. Date: 1870s、クレジット:Pump Park Photography/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021061107529

  • 1918年12月31日
    ‘The procession‘ Two Japanese fishermen holding large net by a bridge.

    ‘The procession‘ Two Japanese fishermen holding large net by a bridge. woodcut c 1918 by Bertha Lum, 1869-1954, American Artist based in China and Japan.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018110222711

  • -
    箱根宿

    箱根宿=幕末、箱根、撮影者:フェリーチェ・ベアト、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018122023159

  • -
    東海道

    東海道=幕末、撮影場所不明、撮影者:フェリーチェ・ベアト、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2018122023064

  • -
    かごや

    キーワード:職業、かごや、駕籠、駕籠舁き、男性、女性、運搬、乗物、FAR EAST(ファーイースト)掲載=撮影年月日不明、撮影場所不明、撮影者:フェリーチェ・ベアト(Felice Beato)、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018083005916

  • -
    木賀温泉

    キーワード:木賀(きが)温泉、駕籠、東海道=撮影年月日不明、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018110727058

  • -
    芦ノ湖

    キーワード:芦ノ湖、鳥居、駕籠、東海道、神社=撮影年月日不明、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018110527086

  • -
    中禅寺道

    中禅寺道のつづら折に山駕籠と旅人が立っている。 明治20年代につづら折の新道ができて山駕籠だけでなく人力車も登れるようになっった。 それまでは山駕籠も難渋する山道であった。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐18‐0]

    商品コード: 2017080201290

  • -
    箱根街道の駕篭道中

    キーワード:元箱根、駕籠の列、和服の女性客、旧街道杉並木、東海道=撮影年月日不明、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 ※同原版の画像有り

    商品コード: 2019010701525

  • -
    芦之湯

    キーワード:芦之湯、集落、駕籠、東海道=明治初期、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018110628507

  • -
    柏屋

    キーワード:元箱根、柏屋、旅籠、駕籠、東海道=撮影年月日不明、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018110527127

  • -
    元箱根の旅籠

    キーワード:元箱根、芦ノ湖、旅籠、駕籠、東海道=明治初期、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018110526974

  • 1951年09月27日
    香港

    坂道の多い香港ではなくては成らない「駕籠」=整理1951(昭和26)年9月、香港(共同)(外6120)

    商品コード: 2013120300239

  • 2000年06月30日
    浴衣姿の愛染娘 四天王寺・愛染まつり

    宝恵駕籠(ほえかご)に乗り込み、元気よく音頭を取る浴衣姿の「愛染娘」=6月30日午後、大阪市天王寺区

    商品コード: 2000063000061

  • 2001年06月30日
    浴衣姿の愛染娘 夏告げる愛染まつり

    宝恵駕籠(ほえかご)に乗り込み、音頭を取る浴衣姿の「愛染娘」=6月30日午後、大阪市天王寺区

    商品コード: 2001063000097

  • 2002年10月06日
    熊野古道でかご担ぎレース

    「熊野古道駕籠(かご)かきレース」で女性を乗せたかごを担ぐ参加者=6日、和歌山県本宮町

    商品コード: 2002100600089

  • 1998年06月30日
    宝恵駕籠行列 大阪に夏、愛染まつり

    鮮やかな浴衣姿の芸者さんを乗せて練り歩く宝恵駕籠(ほえかご)行列=30日午前10時15分、大阪市生野区新今里

    商品コード: 1998063000048

  • 2000年11月26日
    かごかきレース 熊野でかごかきレース

    熊野三山の参拝道で催された「熊野古道駕籠(かご)かきレース」=26日、和歌山県本宮町

    商品コード: 2000112600066

  • -
    箱根玉簾の滝

    箱根湯本の玉簾の滝を見学する女性と駕籠屋の様子である。付近の景観から実業家子安峻により滝ノ前遊園として整備された明治24年(1891)以降の撮影と分かる。駕籠舁の半纏に「一乃湯」とあり、塔ノ沢温泉の老舗一ノ湯旅館から宿泊客の女性が駕籠に乗って観光に来たものと推測される。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐34‐0]

    商品コード: 2017081501552

  • 1986年10月30日
    韓国関連

    ソウル大学構内の各建物を占拠し、建物の間に渡したロープに吊した駕籠を使って、乏しい食料を融通し合う学生たち=1986年10月30日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800300

  • -
    日光いろは坂

    中禅寺道のつづら折を山駕籠と人力車が登っている。明治20年代につづら折の新道ができて人力車も登れるようになった。それまでは山駕籠も難渋する山道であった。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐37‐0]

    商品コード: 2017080902135

  • -
    大涌谷の駕篭

    大涌谷の茶店と山駕籠の行列である。大涌谷の観光には、徒歩の他に、駕籠やチェアー(足の長い外国人用)と呼ばれる乗物が使われた。ネガタイトルから宮の下で写真館を営む嶋周吉氏の撮影と分かる。向かいの山は冠岳。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐14‐0]

    商品コード: 2017080200831

  • -
    日光いろは坂

    中禅寺道のつづら折に山駕籠と旅人がたたずんでいる。明治20年代につづら折の新道ができて人力車も登れるようになった。それまでは山駕籠も難渋する山道であった。写真は整理番号11-18と同じである。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐79‐0]

    商品コード: 2017080902246

  • 01:03.31
    1960年03月18日
    はなやかな時代行列

    奈良遷都1250年祭で、王朝貴族・騎馬武者などが都大路へ=公開日:1960年3月18日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2021031608336

  • -
    有馬に向かう山道

    キーワード:神戸、有馬に向かう山道、駕籠=明治初期、兵庫、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018091022583

  • -
    乙女峠からの富士山

    静岡、神奈川の県境にある乙女峠(お留め峠とも書く)から西方の富士山を遠望したもの。乙女峠は、仙石原(神奈川県)から箱根を経て御殿場(静岡県)に通じる間道の峠で、古来より富士山眺望の景勝地として知られていたが、江戸時代は通行が制限されていた。峠の頂上付近で、駕籠に乗った女性と駕籠かきが配される。=撮影年月日不明、静岡、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐1‐0]

    商品コード: 2017081401020

  • 1912年12月31日
    Kago Travelling Chair; Kusakabe Kimbei (Japanese, 1841 - 1934, active 1880s - about 1912); Japan; 1870s - 1890s;

    Kago Travelling Chair; Kusakabe Kimbei (Japanese, 1841 - 1934, active 1880s - about 1912); Japan; 1870s - 1890s; Hand-colored Albumen silver print.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100608449

  • -
    箱根権現の鳥居

    箱根神社の旧一の鳥居の写真で、現在は二の鳥居が立つ。鳥居近くに鉄湯釜が存在したのは、小林清親の絵によって明治13年(1880)までと判明しているので、それ以前の撮影と言える。駕籠は撮影用と思われ不自然に見える。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐55‐0]

    商品コード: 2017080902445

  • -
    中禅寺道

    馬返よりつづら折の坂を経て中禅寺に至る中禅寺道は険しい男体山の谷筋を通る。河原道を山駕籠と旅人が降りている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐59‐0]

    商品コード: 2017080400631

  • -
    箱根街道の駕篭道中

    箱根元箱根の杉並木に並ぶ山駕籠と雲助の行列で、何度も複製されて、箱根の雲助の写真として有名だが、最初の写真はネガ番号から日下部金幣の撮影と思われる。いかにも、土産用に作られた不自然な配列である。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐35‐0]

    商品コード: 2017080201006

  • -
    日光馬返しの茶店

    馬返しは中禅寺道の起点であり、これよりつづら折の山道の難所を経て大平に至る。写真には山駕籠と茶屋が写っている。茶屋はつた屋であろう。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐2‐0]

    商品コード: 2017080400637

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    箱根神社参詣道の屏風鳥居

    現在、ガソリンスタンドの横に碑文が立っているのみで、この鳥居は現存しないが、明治期には有名だったらしく、写真が多い。山駕籠とこうもり傘の一行の行列で、兵士らしい人も見える。芦ノ湖の見える景勝の地である。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐7‐0]

    商品コード: 2017080201410

  • -
    箱根壬生屋三景楼

    箱根宿小田原町の旅籠壬生屋(はふや)四郎右衛門は、明治になり和風ホテルとして業を続けた。その時の写真。駕籠や宿泊客の姿が見える。後、富士屋ホテルに買収され現在の箱根ホテルとなった。芦ノ湖と富士も見える。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐66‐0]

    商品コード: 2017080902264

  • -
    人力車

    駕籠に代わって、人力車が人の乗り物として普及したのは明治時代である。前傾姿勢の車夫に、傘を差す女性客。よく見られる構図の写真である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐31‐0]

    商品コード: 2017080902644

  • -
    箱根の家並み

    箱根宿の小田原町から三島町方面に向いて撮影したものであろう。東海道にしては道幅が狭く感じられるのが気になるが、背景の山の形と家並判断した。材木の山積みは、山稼か。駕籠は、いかにも不自然な様子で立っている。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐7‐0]

    商品コード: 2017080902083

  • -
    宮ノ下温泉

    明治4年秋の宮の下温泉の眺望である。右手奥に見えるのは、和風の奈良屋旅館で、早くから外人客が多かった。まだ、人力車が通れる広い道はなく、旅行者は山駕籠に頼った。右手の山は明星岳である。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐37‐0]

    商品コード: 2017080201813

  • -
    塔ノ沢温泉

    駕籠が渡っている土橋は玉の緒橋で、早川の上に架かり、現在は国道一号線が通る。人力車も見え、湯本・塔ノ沢間が車道となった明治14年(1881)以降の撮影と思われる。車道の左手は元湯(現環翠楼)、右手は一ノ湯(現一の湯)、中央奥に見えるのは田村(現存せず)で、この辺りが塔ノ沢の中心であった。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:臼井秀三郎(?)、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号65‐5‐0]

    商品コード: 2017082301065

  • -
    箱根神社

    箱根神社の二の鳥居と駕籠屋の写真で、明治13年(1880)の小林清親の絵では高札は鳥居の右側にあるが、左側に移動している。また、元寇の際に国土平穏を祈願し、神恩に感謝して造られた鎌倉期の鉄湯釜二つ(国指定重要文化財)も神社本殿に移動して消えている。背後は芦ノ湖。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐53‐0]

    商品コード: 2017081400639

  • -
    箱根の水車小屋

    現在の宮城野宝珠院駐車場の位置からの北東方向の眺望。水車小屋は今は民家に変わったが、その前の瀬戸沢の流れや水車小屋左横の水路も全く同様に現存する。駕籠かきの立つ場所は昭和50年頃まで実際、田であった。遠方の山は箱根外輪山の明神ヶ岳と火打ち岳。中程は、上(かみ)と向かいの里山。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐19‐0]

    商品コード: 2017081401410

  • -
    人力車に乗る女性

    駕籠に代わって、人力車が人の乗り物として普及したのは明治時代である。和泉要助が1869年(明治2年)に考案したという。車輪は木製であったが、後にゴム製タイヤとなり、乗り心地がよくなった。また、座席後ろには折畳式の覆いが付けられている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号13‐8‐0]

    商品コード: 2017080201357

  • 1