KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 高力士
  • 成功
  • 見方
  • 頭部
  • りきし
  • プリンター
  • 上海博物館
  • 仏像
  • 写真家
  • 制作

「高力」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年10月25日
    出発する医師ら NPO医師らがトルコへ

    トルコ東部大地震の被災地で救援活動に取り組むため、成田空港を出発するNPO法人TMATの高力俊策医師(左手前)ら=25日午前11時30分

    商品コード: 2011102500095

  • 2011年10月26日
    大高力 都道府県アマゴルフ第1日

    第1日、4番でアプローチショットを放つ大高力=サンセットヒルズCC

    商品コード: 2011102600532

  • 2011年10月27日
    大高力 都道府県アマゴルフ最終日

    最終日、11番でセカンドショットを放つ大高力=サンセットヒルズCC

    商品コード: 2011102700428

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年04月17日
    診察する高力俊策医師 ロビーに長机、けが人診察

    「仮設診療所」で被災者を診察する高力俊策医師(右)=17日午後、熊本県御船町

    商品コード: 2016041700773

  • 2018年10月07日
    手術する高力医師 邦人医師らが被災地支援

    頭部に外傷を負った患者の手術をする高力俊策医師(右手前)=6日、インドネシア・スラウェシ島パル(共同)

    商品コード: 2018100700664

  • 2018年11月22日
    高力ボルト 鉄骨用ボルトが不足

    供給不足となっている高力ボルト(国交省提供)

    商品コード: 2018112232826

  • 2018年11月22日
    設置された高力ボルト 鉄骨用ボルトが不足

    設置された高力ボルト(国交省提供)

    商品コード: 2018112232829

  • 2019年04月06日
    「平成」 愛知に歴代元号並ぶ町

    愛知県幸田町の高力地区で、「平成」にある田んぼを指さす内田等さん=3月

    商品コード: 2019040600017

  • 01:20.28
    2020年06月25日
    「新華社」中国開発の新型コロナ不活化ワクチン、臨床試験進む

    中国医薬集団(シノファーム)傘下の武漢生物製品研究所が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンの第1・2相臨床試験盲検下レビューと段階的盲検化解除の結果がこのほど発表された。それによると、ワクチン接種後の安全性は高く、深刻な副作用は1件も生じなかった。異なる手順や用量のワクチンを接種した被験者には、いずれも高力価の抗体ができており、28日の間隔を空けて2回目の接種をした後は、中和抗体の陽転率が100%に達した。同研究所首席科学者の申碩(しん・せき)氏は、有効性を示す重要な指標は中和抗体の陽転率と力価レベルだと指摘。これまでのワクチン開発の経験から、中和抗体の高い陽転率と高力価が維持できれば、ワクチンは非常に高い確率で成功するので、今回の臨床試験は重要な段階的成果を収めたとの見方を示した。同研究所によると、今回の臨床試験は、ランダム・二重盲検・プラセボ対照の第1・2相試験で、河南省疾病予防控制センターの主導の下、4月12日に同省武陟県で始まった。現時点の被験者は1120人で、既に全員が2回の接種を終えた。申氏は、科学的観点から最終的なワクチン有効率は実際の臨床研究によって決定すべきだと説明。全ては第3相臨床研究の進展にかかっており、この点に対し自信を持っていると述べた。(記者/廖君、潘志偉)<映像内容>新型コロナウイルス不活化ワクチンの開発、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804967

  • 2020年10月02日
    竜門石窟、散逸した仏頭を「デジタル復元」河南省洛陽市

    3Dプリンターで複製した仏頭を据え付ける竜門石窟研究院の職員。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟寺院「竜門石窟」でこのほど、3Dプリンターで複製した仏頭彫刻が、奉先寺北壁にある等身大の残存像に据え付けられた。仏頭と残像の断面はぴたりとはまり、仏像の高精度の復元が実現した。今回「合体」に成功した仏像は、唐の開元年間(713~741年)に高力士(こう・りきし)ら宮廷の宦官が、玄宗皇帝に誕生祝いとして制作させた。竜門石窟研究院の温玉成(おん・ぎょくせい)元所長は、日本の写真家が1923年に撮影した写真に仏像の頭部が写っていることから、仏頭は同年以降に盗まれたとの見方を示す。仏頭の現物は、上海博物館が1957年に北京で購入し、その後同館が所蔵している。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500761

  • 2020年10月02日
    竜門石窟、散逸した仏頭を「デジタル復元」河南省洛陽市

    3Dプリンターで複製した仏頭を据え付ける竜門石窟研究院の職員。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟寺院「竜門石窟」でこのほど、3Dプリンターで複製した仏頭彫刻が、奉先寺北壁にある等身大の残存像に据え付けられた。仏頭と残像の断面はぴたりとはまり、仏像の高精度の復元が実現した。今回「合体」に成功した仏像は、唐の開元年間(713~741年)に高力士(こう・りきし)ら宮廷の宦官が、玄宗皇帝に誕生祝いとして制作させた。竜門石窟研究院の温玉成(おん・ぎょくせい)元所長は、日本の写真家が1923年に撮影した写真に仏像の頭部が写っていることから、仏頭は同年以降に盗まれたとの見方を示す。仏頭の現物は、上海博物館が1957年に北京で購入し、その後同館が所蔵している。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500409

  • 2020年10月02日
    竜門石窟、散逸した仏頭を「デジタル復元」河南省洛陽市

    3Dプリンターで複製した仏頭の据え付け準備する竜門石窟研究院の職員。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟寺院「竜門石窟」でこのほど、3Dプリンターで複製した仏頭彫刻が、奉先寺北壁にある等身大の残存像に据え付けられた。仏頭と残像の断面はぴたりとはまり、仏像の高精度の復元が実現した。今回「合体」に成功した仏像は、唐の開元年間(713~741年)に高力士(こう・りきし)ら宮廷の宦官が、玄宗皇帝に誕生祝いとして制作させた。竜門石窟研究院の温玉成(おん・ぎょくせい)元所長は、日本の写真家が1923年に撮影した写真に仏像の頭部が写っていることから、仏頭は同年以降に盗まれたとの見方を示す。仏頭の現物は、上海博物館が1957年に北京で購入し、その後同館が所蔵している。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500504

  • 2020年10月02日
    竜門石窟、散逸した仏頭を「デジタル復元」河南省洛陽市

    竜門石窟の奉先寺北壁に残る首を盗まれた等身大の仏像。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟寺院「竜門石窟」でこのほど、3Dプリンターで複製した仏頭彫刻が、奉先寺北壁にある等身大の残存像に据え付けられた。仏頭と残像の断面はぴたりとはまり、仏像の高精度の復元が実現した。今回「合体」に成功した仏像は、唐の開元年間(713~741年)に高力士(こう・りきし)ら宮廷の宦官が、玄宗皇帝に誕生祝いとして制作させた。竜門石窟研究院の温玉成(おん・ぎょくせい)元所長は、日本の写真家が1923年に撮影した写真に仏像の頭部が写っていることから、仏頭は同年以降に盗まれたとの見方を示す。仏頭の現物は、上海博物館が1957年に北京で購入し、その後同館が所蔵している。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500599

  • 2020年10月02日
    竜門石窟、散逸した仏頭を「デジタル復元」河南省洛陽市

    竜門石窟の奉先寺北壁に残る首を盗まれた等身大の仏像。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟寺院「竜門石窟」でこのほど、3Dプリンターで複製した仏頭彫刻が、奉先寺北壁にある等身大の残存像に据え付けられた。仏頭と残像の断面はぴたりとはまり、仏像の高精度の復元が実現した。今回「合体」に成功した仏像は、唐の開元年間(713~741年)に高力士(こう・りきし)ら宮廷の宦官が、玄宗皇帝に誕生祝いとして制作させた。竜門石窟研究院の温玉成(おん・ぎょくせい)元所長は、日本の写真家が1923年に撮影した写真に仏像の頭部が写っていることから、仏頭は同年以降に盗まれたとの見方を示す。仏頭の現物は、上海博物館が1957年に北京で購入し、その後同館が所蔵している。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500542

  • 2020年10月02日
    竜門石窟、散逸した仏頭を「デジタル復元」河南省洛陽市

    3Dプリンターで複製した仏頭を据え付ける竜門石窟研究院の職員。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟寺院「竜門石窟」でこのほど、3Dプリンターで複製した仏頭彫刻が、奉先寺北壁にある等身大の残存像に据え付けられた。仏頭と残像の断面はぴたりとはまり、仏像の高精度の復元が実現した。今回「合体」に成功した仏像は、唐の開元年間(713~741年)に高力士(こう・りきし)ら宮廷の宦官が、玄宗皇帝に誕生祝いとして制作させた。竜門石窟研究院の温玉成(おん・ぎょくせい)元所長は、日本の写真家が1923年に撮影した写真に仏像の頭部が写っていることから、仏頭は同年以降に盗まれたとの見方を示す。仏頭の現物は、上海博物館が1957年に北京で購入し、その後同館が所蔵している。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500551

  • 2020年10月02日
    竜門石窟、散逸した仏頭を「デジタル復元」河南省洛陽市

    3Dプリンターで複製した仏頭の据え付け準備する竜門石窟研究院の職員。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟寺院「竜門石窟」でこのほど、3Dプリンターで複製した仏頭彫刻が、奉先寺北壁にある等身大の残存像に据え付けられた。仏頭と残像の断面はぴたりとはまり、仏像の高精度の復元が実現した。今回「合体」に成功した仏像は、唐の開元年間(713~741年)に高力士(こう・りきし)ら宮廷の宦官が、玄宗皇帝に誕生祝いとして制作させた。竜門石窟研究院の温玉成(おん・ぎょくせい)元所長は、日本の写真家が1923年に撮影した写真に仏像の頭部が写っていることから、仏頭は同年以降に盗まれたとの見方を示す。仏頭の現物は、上海博物館が1957年に北京で購入し、その後同館が所蔵している。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500563

  • 1