KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 屋外
  • 記者
  • 建物
  • モノレール車両
  • 利便性
  • 南北
  • 延長
  • 緩和
  • 自動運転

「高架駅」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
37
( 1 37 件を表示)
  • 1
37
( 1 37 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    横浜市営地下鉄 新羽駅

    キーワード:ブルーライン、駅、屋外、橋脚、建物、交通、港北区、通学、通勤、鉄道、登校、日本、無人、建築、横浜市営地下鉄、新羽駅、テーマメイン写真、高架駅、にっぱ駅=撮影日不明、神奈川県横浜市、クレジット:Keiji_Kaneda/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021504209

  • -
    横浜市営地下鉄 新羽駅

    キーワード:ブルーライン、駅、屋外、橋脚、建物、交通、港北区、通学、通勤、鉄道、登校、日本、歩道、無人、建築、横浜市営地下鉄、新羽駅、テーマメイン写真、高架駅、にっぱ駅=撮影日不明、神奈川県横浜市、クレジット:Keiji_Kaneda/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021504242

  • -
    横浜市営地下鉄 新羽駅

    キーワード:ブルーライン、駅、屋外、建物、交通、港北区、人物、通学、通勤、鉄道、登校、日本、横浜市営地下鉄、新羽駅、風景メイン写真、高架駅、にっぱ駅=撮影日不明、神奈川県横浜市、クレジット:Keiji_Kaneda/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021504195

  • -
    横浜市営地下鉄 新羽駅

    キーワード:バス停、ブルーライン、駅、屋外、建物、交通、港北区、人物、通学、通勤、鉄道、登校、日本、路線バス、横浜市営地下鉄、新羽駅、風景メイン写真、高架駅、にっぱ駅=撮影日不明、神奈川県横浜市、クレジット:Keiji_Kaneda/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021504257

  • -
    相鉄線 星川駅

    キーワード:レール、駅、屋外、架線、交通、信号機、青信号、線路、通学、通勤、鉄道、日本、無人、相模鉄道、ポイント、星川駅、保土ケ谷区、テーマメイン写真、高架駅、ダブルクロス、島式駅=撮影日不明、神奈川県横浜市、クレジット:Keiji_Kaneda/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021504389

  • -
    相鉄線 星川駅

    キーワード:レール、駅、屋外、架線、交通、信号機、青信号、線路、朝、通学、通勤、鉄道、日本、無人、相模鉄道、ポイント、星川駅、保土ケ谷区、テーマメイン写真、高架駅、島式駅=撮影日不明、神奈川県横浜市、クレジット:Keiji_Kaneda/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021504345

  • 1968年10月23日
    取り壊し進む岡山駅舎

    山陽新幹線岡山乗り入れという新しい時代に対応するため、40年以上にわたって岡山の玄関口として県民に親しまれてきた岡山駅本屋の取り壊しが始まった。岡山駅の開設は山陽鉄道の三石―岡山間が開通した明治24年。その後、国鉄が買収、大正15年にこの駅舎が完成。新駅舎は昭和45年に鉄筋コンクリート3階建ての高架駅としてお目見えした。=1968(昭和43)年10月23日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121801448

  • 1976年01月01日
    Kreuzberg 1976

    FILED - 01 January 1976, Berlin: Berlin districts / 1976 Kreuzberg: Skalitzer Strasse, corner Wiener, the Goerlitzer Bahnhof elevated railway station. Urban landscape as in the 19th century / Founding period // Urban development Photo: Paul Glaser/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071904828

  • 1976年01月01日
    Kreuzberg 1976

    FILED - 01 January 1976, Berlin: Berlin districts / 1976 Kreuzberg: Skalitzer Strasse, corner Wiener, the Goerlitzer Bahnhof elevated railway station. Urban landscape as in the 19th century / Founding period // Urban development Photo: Paul Glaser/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071904678

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年09月09日
    落下したコンクリ片 高架駅でコンクリ片落下

    JR松江駅の高架橋から落下したコンクリート片=9日午後

    商品コード: 2000090900110

  • 2016年03月20日
    御徒町駅

    キーワード:駅、屋外、建物、午前中、高架下、重厚な、春、日本、入り口、風景、無人、JR東日本、御徒町、御徒町駅、風景メイン写真、高架駅=2016(平成28)年3月20日、東京都台東区、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122902467

  • 2018年08月20日
    Sunrise at Kottbusser Tor

    20 August 2018, Germany, Berlin: The sun rises behind the illuminated elevated railway station. The area around the Kottbusser Tor is considered a focal point of street crime in the capital. Photo: Stefan Jaitner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082120449

  • 2018年08月20日
    Sunrise at Kottbusser Tor

    20 August 2018, Germany, Berlin: The sun rises behind the illuminated elevated railway station. The area around the Kottbusser Tor is considered a focal point of street crime in the capital. Photo: Stefan Jaitner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082120250

  • 2019年01月08日
    杭州と黄山を結ぶ高速鉄道が開通「東洋のスイス」にも新駅

    8日、杭黄高速鉄道三陽駅の下に広がる「徽派」の古村落。中国浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄高速鉄道が昨年12月25日に開通した。これに伴い、浙江省杭州市との境に位置する安徽省歙(きゅう)県三陽鎮に三陽駅が開業し、中国で唯一、郷鎮にある高速鉄道高架駅となった。三陽駅はプラットホームが高架橋の上に設けられているため視界が広く、列車を降りた乗客の目には、遠方の山々や安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の古村落が飛び込んでくるので、乗客はまるで展望台にいるような気分になる。(合肥=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120664

  • 2019年01月08日
    杭州と黄山を結ぶ高速鉄道が開通「東洋のスイス」にも新駅

    8日、高架橋の上に設けられた杭黄高速鉄道三陽駅。中国浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄高速鉄道が昨年12月25日に開通した。これに伴い、浙江省杭州市との境に位置する安徽省歙(きゅう)県三陽鎮に三陽駅が開業し、中国で唯一、郷鎮にある高速鉄道高架駅となった。三陽駅はプラットホームが高架橋の上に設けられているため視界が広く、列車を降りた乗客の目には、遠方の山々や安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の古村落が飛び込んでくるので、乗客はまるで展望台にいるような気分になる。(合肥=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120756

  • 2019年01月08日
    杭州と黄山を結ぶ高速鉄道が開通「東洋のスイス」にも新駅

    8日、ゆっくりと駅に進入する杭州から黄山に向かう列車。中国浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄高速鉄道が昨年12月25日に開通した。これに伴い、浙江省杭州市との境に位置する安徽省歙(きゅう)県三陽鎮に三陽駅が開業し、中国で唯一、郷鎮にある高速鉄道高架駅となった。三陽駅はプラットホームが高架橋の上に設けられているため視界が広く、列車を降りた乗客の目には、遠方の山々や安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の古村落が飛び込んでくるので、乗客はまるで展望台にいるような気分になる。(合肥=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120668

  • 2019年06月13日
    つくばエクスプレス 流山セントラルパーク駅

    キーワード:つくばエクスプレス、駅、屋外、建物、鉄道、日本、無人、首都圏新都市鉄道、流山セントラルパーク駅、TX、テーマメイン写真、高架駅=2019(令和元)年6月13日、千葉県流山市、クレジット:Nobuyuki_Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070119670

  • 2019年06月13日
    つくばエクスプレス 流山セントラルパーク駅

    キーワード:つくばエクスプレス、駅、屋外、建物、鉄道、日本、無人、首都圏新都市鉄道、流山セントラルパーク駅、TX、風景メイン写真、高架駅=2019(令和元)年6月13日、千葉県流山市、クレジット:Nobuyuki_Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070119368

  • 2019年06月13日
    つくばエクスプレス 流山セントラルパーク駅

    キーワード:つくばエクスプレス、駅、屋外、建物、鉄道、日本、無人、首都圏新都市鉄道、流山セントラルパーク駅、TX、風景メイン写真、高架駅=2019(令和元)年6月13日、千葉県流山市、クレジット:Nobuyuki_Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070119371

  • 2021年06月10日
    The elevated section of Shenyang Metro Line 3 reveals its beauty

    June 9, 2021, Shenyang, Shenyang, China: On June 9, 2021, Shenyang, Liaoning, workers were intensively working on the first contract section of the first phase of the Shenyang Metro Line 3 project. Some of the viaduct piers have already taken shape, and some are already visible. It is understood that Shenyang Metro Line 3 is an elevated line to the west of Ganguan Station, and the 9 stations are all elevated stations. This is the first time that Shenyang Metro Line 3 runs on the viaduct in the form of a light rail. Moreover, in order to adapt to the snowy and severe cold climate in Shenyang, the elevated line station adopts a fully enclosed platform form, which will provide passengers with a relatively comfortable waiting environment. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021061004027

  • 2021年06月10日
    The elevated section of Shenyang Metro Line 3 reveals its beauty

    June 9, 2021, Shenyang, Shenyang, China: On June 9, 2021, Shenyang, Liaoning, workers were intensively working on the first contract section of the first phase of the Shenyang Metro Line 3 project. Some of the viaduct piers have already taken shape, and some are already visible. It is understood that Shenyang Metro Line 3 is an elevated line to the west of Ganguan Station, and the 9 stations are all elevated stations. This is the first time that Shenyang Metro Line 3 runs on the viaduct in the form of a light rail. Moreover, in order to adapt to the snowy and severe cold climate in Shenyang, the elevated line station adopts a fully enclosed platform form, which will provide passengers with a relatively comfortable waiting environment. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021061003972

  • 2021年06月10日
    The elevated section of Shenyang Metro Line 3 reveals its beauty

    June 9, 2021, Shenyang, Shenyang, China: On June 9, 2021, Shenyang, Liaoning, workers were intensively working on the first contract section of the first phase of the Shenyang Metro Line 3 project. Some of the viaduct piers have already taken shape, and some are already visible. It is understood that Shenyang Metro Line 3 is an elevated line to the west of Ganguan Station, and the 9 stations are all elevated stations. This is the first time that Shenyang Metro Line 3 runs on the viaduct in the form of a light rail. Moreover, in order to adapt to the snowy and severe cold climate in Shenyang, the elevated line station adopts a fully enclosed platform form, which will provide passengers with a relatively comfortable waiting environment. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021061004008

  • 2021年06月10日
    The elevated section of Shenyang Metro Line 3 reveals its beauty

    June 9, 2021, Shenyang, Shenyang, China: On June 9, 2021, Shenyang, Liaoning, workers were intensively working on the first contract section of the first phase of the Shenyang Metro Line 3 project. Some of the viaduct piers have already taken shape, and some are already visible. It is understood that Shenyang Metro Line 3 is an elevated line to the west of Ganguan Station, and the 9 stations are all elevated stations. This is the first time that Shenyang Metro Line 3 runs on the viaduct in the form of a light rail. Moreover, in order to adapt to the snowy and severe cold climate in Shenyang, the elevated line station adopts a fully enclosed platform form, which will provide passengers with a relatively comfortable waiting environment. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021061003993

  • 2021年06月10日
    The elevated section of Shenyang Metro Line 3 reveals its beauty

    June 9, 2021, Shenyang, Shenyang, China: On June 9, 2021, Shenyang, Liaoning, workers were intensively working on the first contract section of the first phase of the Shenyang Metro Line 3 project. Some of the viaduct piers have already taken shape, and some are already visible. It is understood that Shenyang Metro Line 3 is an elevated line to the west of Ganguan Station, and the 9 stations are all elevated stations. This is the first time that Shenyang Metro Line 3 runs on the viaduct in the form of a light rail. Moreover, in order to adapt to the snowy and severe cold climate in Shenyang, the elevated line station adopts a fully enclosed platform form, which will provide passengers with a relatively comfortable waiting environment. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021061003984

  • 2021年11月03日
    CHINA-ANHUI-WUHU-MONORAIL LINE-OPEN (CN)

    (211103) -- WUHU, Nov. 3, 2021 (Xinhua) -- Citizens take a self-driving train running on the monorail line 1 in Wuhu City, east China‘s Anhui Province, Nov. 3, 2021. The city of Wuhu officially unveiled its first monorail line on Wednesday amid efforts to build a green transportation system in the city. The monorail line 1 operates in a north-south direction covering a total distance of 30.5 kilometers with 25 elevated stations. Trains plying on the line can travel at a speed of up to 80 kilometers per hour. (Xinhua/Cao Li)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110404616

  • 2021年11月03日
    CHINA-ANHUI-WUHU-MONORAIL LINE-OPEN (CN)

    (211103) -- WUHU, Nov. 3, 2021 (Xinhua) -- Citizens buy tickets to board the train running on the monorail line 1 in Wuhu City, east China‘s Anhui Province, Nov. 3, 2021. The city of Wuhu officially unveiled its first monorail line on Wednesday amid efforts to build a green transportation system in the city. The monorail line 1 operates in a north-south direction covering a total distance of 30.5 kilometers with 25 elevated stations. Trains plying on the line can travel at a speed of up to 80 kilometers per hour. (Xinhua/Cao Li)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110404995

  • 2021年11月03日
    CHINA-ANHUI-WUHU-MONORAIL LINE-OPEN (CN)

    (211103) -- WUHU, Nov. 3, 2021 (Xinhua) -- A self-driving train is ready to run on the monorail line 1 in Wuhu City, east China‘s Anhui Province, Nov. 3, 2021. The city of Wuhu officially unveiled its first monorail line on Wednesday amid efforts to build a green transportation system in the city. The monorail line 1 operates in a north-south direction covering a total distance of 30.5 kilometers with 25 elevated stations. Trains plying on the line can travel at a speed of up to 80 kilometers per hour. (Xinhua/Cao Li)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110404967

  • 2021年11月03日
    CHINA-ANHUI-WUHU-MONORAIL LINE-OPEN (CN)

    (211103) -- WUHU, Nov. 3, 2021 (Xinhua) -- Aerial photo taken on Nov. 3, 2021 shows a self-driving train running on the monorail line 1 in Wuhu City, east China‘s Anhui Province. The city of Wuhu officially unveiled its first monorail line on Wednesday amid efforts to build a green transportation system in the city. The monorail line 1 operates in a north-south direction covering a total distance of 30.5 kilometers with 25 elevated stations. Trains plying on the line can travel at a speed of up to 80 kilometers per hour. (Xinhua/Cao Li)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110404975

  • 2021年11月03日
    CHINA-ANHUI-WUHU-MONORAIL LINE-OPEN (CN)

    (211103) -- WUHU, Nov. 3, 2021 (Xinhua) -- A self-driving train runs on the monorail line 1 in Wuhu City, east China‘s Anhui Province, Nov. 3, 2021. The city of Wuhu officially unveiled its first monorail line on Wednesday amid efforts to build a green transportation system in the city. The monorail line 1 operates in a north-south direction covering a total distance of 30.5 kilometers with 25 elevated stations. Trains plying on the line can travel at a speed of up to 80 kilometers per hour. (Xinhua/Cao Li)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110404179

  • 2021年11月03日
    CHINA-ANHUI-WUHU-MONORAIL LINE-OPEN (CN)

    (211103) -- WUHU, Nov. 3, 2021 (Xinhua) -- Aerial photo taken on Nov. 3, 2021 shows a self-driving train running on the monorail line 1 in Wuhu City, east China‘s Anhui Province. The city of Wuhu officially unveiled its first monorail line on Wednesday amid efforts to build a green transportation system in the city. The monorail line 1 operates in a north-south direction covering a total distance of 30.5 kilometers with 25 elevated stations. Trains plying on the line can travel at a speed of up to 80 kilometers per hour. (Xinhua/Cao Li)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110404492

  • 2021年11月04日
    (2)自動運転の跨座式モノレールが運用開始安徽省蕪湖市

    3日、自動運転で走行中の跨座式モノレール。中国安徽省蕪湖市で3日、自動運転の跨座(こざ)式モノレール車両を採用した軌道交通1号線が運用を開始した。同路線は総延長約30キロ、設計時速80キロで、同市を南北に走り、沿線には高架駅25カ所が設置されている。運用後は同市の道路渋滞が大幅に緩和され、市民生活の利便性が向上する。(蕪湖=新華社記者/曹力)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407624

  • 2021年11月04日
    (3)自動運転の跨座式モノレールが運用開始安徽省蕪湖市

    3日、自動運転の跨座式モノレールを体験する市民。中国安徽省蕪湖市で3日、自動運転の跨座(こざ)式モノレール車両を採用した軌道交通1号線が運用を開始した。同路線は総延長約30キロ、設計時速80キロで、同市を南北に走り、沿線には高架駅25カ所が設置されている。運用後は同市の道路渋滞が大幅に緩和され、市民生活の利便性が向上する。(蕪湖=新華社記者/曹力)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407617

  • 2021年11月04日
    (7)自動運転の跨座式モノレールが運用開始安徽省蕪湖市

    3日、自動運転で走行中の跨座式モノレール。(小型無人機から)中国安徽省蕪湖市で3日、自動運転の跨座(こざ)式モノレール車両を採用した軌道交通1号線が運用を開始した。同路線は総延長約30キロ、設計時速80キロで、同市を南北に走り、沿線には高架駅25カ所が設置されている。運用後は同市の道路渋滞が大幅に緩和され、市民生活の利便性が向上する。(蕪湖=新華社記者/曹力)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407785

  • 2021年11月04日
    (5)自動運転の跨座式モノレールが運用開始安徽省蕪湖市

    3日、発車を待つ自動運転の跨座式モノレール。中国安徽省蕪湖市で3日、自動運転の跨座(こざ)式モノレール車両を採用した軌道交通1号線が運用を開始した。同路線は総延長約30キロ、設計時速80キロで、同市を南北に走り、沿線には高架駅25カ所が設置されている。運用後は同市の道路渋滞が大幅に緩和され、市民生活の利便性が向上する。(蕪湖=新華社記者/曹力)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407778

  • 2021年11月04日
    (4)自動運転の跨座式モノレールが運用開始安徽省蕪湖市

    3日、制御室で仕事に集中する蕪湖市軌道交通の職員。中国安徽省蕪湖市で3日、自動運転の跨座(こざ)式モノレール車両を採用した軌道交通1号線が運用を開始した。同路線は総延長約30キロ、設計時速80キロで、同市を南北に走り、沿線には高架駅25カ所が設置されている。運用後は同市の道路渋滞が大幅に緩和され、市民生活の利便性が向上する。(蕪湖=新華社記者/曹力)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407779

  • 2021年11月04日
    (6)自動運転の跨座式モノレールが運用開始安徽省蕪湖市

    3日、発券機で乗車券を購入する市民。中国安徽省蕪湖市で3日、自動運転の跨座(こざ)式モノレール車両を採用した軌道交通1号線が運用を開始した。同路線は総延長約30キロ、設計時速80キロで、同市を南北に走り、沿線には高架駅25カ所が設置されている。運用後は同市の道路渋滞が大幅に緩和され、市民生活の利便性が向上する。(蕪湖=新華社記者/曹力)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407781

  • 2021年11月04日
    (1)自動運転の跨座式モノレールが運用開始安徽省蕪湖市

    3日、自動運転で走行中の跨座式モノレール。(小型無人機から)中国安徽省蕪湖市で3日、自動運転の跨座(こざ)式モノレール車両を採用した軌道交通1号線が運用を開始した。同路線は総延長約30キロ、設計時速80キロで、同市を南北に走り、沿線には高架駅25カ所が設置されている。運用後は同市の道路渋滞が大幅に緩和され、市民生活の利便性が向上する。(蕪湖=新華社記者/曹力)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407583

  • 1