KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • ちょう
  • インターネット
  • カメラ
  • ライブ配信
  • リンゴ
  • 場所
  • 宅配便
  • 山頂
  • 幹部

「高橋鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 00:53.70
    2021年04月10日
    「新華社」たわわに実ったサクランボ、収穫ピーク迎える貴州省桐梓県

    中国貴州省遵義市桐梓(とうし)県高橋鎮にある約1万ムー(約667ヘクタール)の農園はこのところ、サクランボが収穫期を迎えており、園内は、サクランボ狩りなどを楽しむ観光客でにぎわっている。同鎮は興隆村や周市村などで、1万ムーにわたってレッドチェリーなどのサクランボの植え付けを行っており、興隆村のサクランボ園だけでも開園初日には延べ千人以上の観光客が訪れたという。(記者/陳嬙)=配信日:2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041311940

  • 2022年04月14日
    (3)農家がネットと携帯電話を利用し新ビジネス陝西省延安市

    延安市延長県七里村街道管村にある里親制度を採用した農業モデルパーク。(資料写真)農家がオンラインで顧客に果樹を選んでもらい、定期的に果樹の生育をライブ配信する。収穫した新鮮な果物を宅配便で顧客の家に届ける…。中国陝西省延安市の果樹園では、このようなインターネットを利用した果樹の里親制度が広がりつつあり、農家は携帯電話という「新しい農具」を使って「延安の味」の販路を拡大している。延安市安塞区高橋鎮南溝村の幹部、張光紅(ちょう・こうこう)さんは、11年前にこの村に着任した。当時の村の通信環境は極めて不便で、「電話をかけるにも、電波が届く場所を探して山頂まで行くほどだった」という。村では2014年から、リンゴやサクランボの栽培が盛んになり、数年で大規模に広がった。また通信環境の改善に伴い、張さんは携帯電話を使って村の美しい風景をライブ配信し、村の農産物を販売する取り組みを始めた。同様の例は、この村から100キロ離れた延長県七里村街道の管村にもみられる。果樹の里親制度を採用した農業モデルパークに植えられた100本以上のリンゴの木には、それぞれ顧客が付いている。果樹園にはカメラが設置され、顧客は携帯電話のミニプログラムを通じて園内を見渡すことができる。里親制度とライブ配信を使った販売方法により、村の果樹農家は、リンゴ1キロを販売するごとに、以前より1元(1元=約20円)多く稼げるようになった。(延安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408793

  • 2022年04月14日
    (1)農家がネットと携帯電話を利用し新ビジネス陝西省延安市

    延安市安塞区高橋鎮南溝村のサクランボ園で、海外の消費者が里親となっているサクランボの木。(2021年10月22日撮影)農家がオンラインで顧客に果樹を選んでもらい、定期的に果樹の生育をライブ配信する。収穫した新鮮な果物を宅配便で顧客の家に届ける…。中国陝西省延安市の果樹園では、このようなインターネットを利用した果樹の里親制度が広がりつつあり、農家は携帯電話という「新しい農具」を使って「延安の味」の販路を拡大している。延安市安塞区高橋鎮南溝村の幹部、張光紅(ちょう・こうこう)さんは、11年前にこの村に着任した。当時の村の通信環境は極めて不便で、「電話をかけるにも、電波が届く場所を探して山頂まで行くほどだった」という。村では2014年から、リンゴやサクランボの栽培が盛んになり、数年で大規模に広がった。また通信環境の改善に伴い、張さんは携帯電話を使って村の美しい風景をライブ配信し、村の農産物を販売する取り組みを始めた。同様の例は、この村から100キロ離れた延長県七里村街道の管村にもみられる。果樹の里親制度を採用した農業モデルパークに植えられた100本以上のリンゴの木には、それぞれ顧客が付いている。果樹園にはカメラが設置され、顧客は携帯電話のミニプログラムを通じて園内を見渡すことができる。里親制度とライブ配信を使った販売方法により、村の果樹農家は、リンゴ1キロを販売するごとに、以前より1元(1元=約20円)多く稼げるようになった。(延安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408837

  • 2022年04月14日
    (2)農家がネットと携帯電話を利用し新ビジネス陝西省延安市

    延安市延長県七里村街道管村にある里親制度を採用した農業モデルパーク。(2020年6月9日撮影)農家がオンラインで顧客に果樹を選んでもらい、定期的に果樹の生育をライブ配信する。収穫した新鮮な果物を宅配便で顧客の家に届ける…。中国陝西省延安市の果樹園では、このようなインターネットを利用した果樹の里親制度が広がりつつあり、農家は携帯電話という「新しい農具」を使って「延安の味」の販路を拡大している。延安市安塞区高橋鎮南溝村の幹部、張光紅(ちょう・こうこう)さんは、11年前にこの村に着任した。当時の村の通信環境は極めて不便で、「電話をかけるにも、電波が届く場所を探して山頂まで行くほどだった」という。村では2014年から、リンゴやサクランボの栽培が盛んになり、数年で大規模に広がった。また通信環境の改善に伴い、張さんは携帯電話を使って村の美しい風景をライブ配信し、村の農産物を販売する取り組みを始めた。同様の例は、この村から100キロ離れた延長県七里村街道の管村にもみられる。果樹の里親制度を採用した農業モデルパークに植えられた100本以上のリンゴの木には、それぞれ顧客が付いている。果樹園にはカメラが設置され、顧客は携帯電話のミニプログラムを通じて園内を見渡すことができる。里親制度とライブ配信を使った販売方法により、村の果樹農家は、リンゴ1キロを販売するごとに、以前より1元(1元=約20円)多く稼げるようになった。(延安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408787

  • 1