KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 研究
  • 開発
  • 成功
  • 作業
  • 建設
  • 情報
  • ロボット
  • 活用

「高精度」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
260
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
260
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    OBRERO TRABAJANDO EN UN TORNO DE ALTA PRECISION - FOTOGRAFIA EN BLANCO Y NEGRO - AÑOS 60.

    OBRERO TRABAJANDO EN UN TORNO DE ALTA PRECISION - FOTOGRAFIA EN BLANCO Y NEGRO - AÑOS 60. Location: ISODEL SPRECHER. MADRID. SPAIN.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021062602474

  • 1978年03月16日
    地下地震観測壕 地震の“巣”を探る 京大・阿武山地震観測所

    戦時中の防空壕(ごう)を思わす地下地震観測壕で、送信ケーブルを点検する観測員。土地開発の“悪条件”を補うため、昭和46年地中観測室(深さ50メートル、全長250メートルの横穴)を構築し、電磁式地震計を移して高精度の観測を始めた(写真ニュース「地震の“巣”を探る 京大・阿武山地震観測所」6枚組の2)(53年内地 2555)

    商品コード: 2015042200276

  • 1994年01月19日
    「オフタイム」 プロ使用に耐える高精度

    「ページメーカー4・5J」のパッケージ(ソフト)

    商品コード: 1994011900008

  • 1996年09月06日
    広島市の衛星写真 最高精度のセンサー画像

    地球観測衛星「みどり」が撮影した広島市の衛星写真(宇宙開発事業団提供)

    商品コード: 1996090600053

  • 1997年07月24日
    開発に成功した電子顕微鏡 高精度の電子顕微鏡を開発

    新しく開発した電子顕微鏡を説明する田中通義教授=24日午後、仙台市青葉区片平の東北大科学計測研究所

    商品コード: 1997072400057

  • 1998年02月21日
    高精度の水中顕微鏡

    大津市のソフトウエア会社「キステム」が開発した高精度の水中顕微鏡

    商品コード: 1998022100086

  • 1998年04月27日
    ホールの時計塔 北京西駅に時計塔

    北京の南西方面への玄関口として96年1月にオープンした北京西駅に、このほど巨大な時計塔がお目見えした。日本の時計メーカーが作ったもので、四角すいを逆に重ねた高さ3・4メートルのステンレス製の塔に直径90センチの時計を4面付けたモダンなデザイン。1時間ごとにメロディーを奏で、誤差は7日間で0・7秒以内と高精度を誇っている。毎日2万人以上の乗客が利用する同駅の中央ホールに設置され、時計としてはもちろん、待ち合わせの目印としても活躍が期待されている=北京市内(共同)

    商品コード: 1998042700154

  • 1999年10月15日
    無人トラクターを開発

    高精度GPS(衛星利用測位システム)を搭載し、農作業を無人で行えるトラクター=札幌市北区の北海道大付属農場

    商品コード: 1999101500066

  • 2001年03月15日
    タンデム型加速器 放射性炭素法が高精度に

    )、社会452S、20日付朝刊以降使用、解禁厳守(一括使用可)  高精度の年代測定で考古学界を揺らす名古屋大のタンデム型加速器

    商品コード: 2001031500076

  • 2001年05月28日
    目崎裕史さん 最高精度の位置情報

    「社会の安全ニーズに積極的に対応していく」と話す目崎裕史さん

    商品コード: 2001052800072

  • 2004年02月18日
    ビームライン「BL―5」 最高精度でタンパク質解析

    タンパク質の立体構造を解析する新施設、ビームライン「BL―5」=18日午後、茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構

    商品コード: 2004021800201

  • 2004年06月24日
    フェーベのクローズアップ 土星の衛星、彗星と類似

    NASAなどの無人探査機カッシーニが撮影した、土星の衛星フェーベの高精度画像(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004062400108

  • 2005年08月01日
    虹彩認証装置の試作品 虹彩認証、高精度の新方式

    東北大のグループなどが開発した新方式の虹彩認証装置の試作品=1日午後、仙台市の東北大

    商品コード: 2005080100254

  • 2005年12月24日
    DNAの検査チップ ナタデココで高精度解析

    田渕真理・徳島大特任講師らが開発したDNAを高精度に解析できるプラスチック製装置

    商品コード: 2005122400072

  • 2006年05月02日
    秋田大などが開発した装置 手や指の動きを高精度再現

    秋田大などの研究グループが開発した、手や指の動きを再現し動画化するための装置=秋田市の秋田大学

    商品コード: 2006050200196

  • 2007年02月23日
    高松塚石室の原寸大写真 精巧な石室「実測図」完成

    高精度デジタルカメラで撮影し作成された、奈良県明日香村の高松塚古墳石室を原寸大パネルにした「フォトマップ」=23日午後、奈良県橿原市

    商品コード: 2007022300170

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年03月02日
    台風による水害 高精度の温暖化予測目指す

    2004年10月、台風23号による大雨で大きな被害が出た兵庫県出石町

    商品コード: 2007030200034

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年06月20日
    航空観測で台風予想実験

    日米韓による台風高精度観測

    商品コード: 2008062000014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年06月20日
    航空観測で台風予想実験

    日米韓による台風高精度観測

    商品コード: 2008062000015

  • 2010年01月26日
    大同江食料工場 平壌にハイテク焼酎工場

    高精度のコンピューター数値制御の工作機械を導入し、「平壌焼酎」を生産する大同江食料工場=23日、平壌(共同)

    商品コード: 2010012600031

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年10月07日
    説明する巽主任教授 高精度DNA鑑定を導入

    新しいDNA鑑定システムを説明する近畿大の巽信二主任教授=7日午後、大阪府大阪狭山市

    商品コード: 2010100700378

  • 2010年10月07日
    説明する巽主任教授 高精度の新DNA鑑定導入

    新しいDNA鑑定システムを説明する近畿大の巽信二主任教授=7日午後、大阪府大阪狭山市

    商品コード: 2010100700579

  • 2013年09月12日
    高精度のカーナビ 商品ニュース

    パナソニックのカーナビ「CN―R300D」

    商品コード: 2013091200241

  • 2014年05月23日
    ガッツポーズする宮間 高精度のCKで2点演出

    決勝進出を決め、ガッツポーズする宮間=22日、ホーチミン(共同)

    商品コード: 2014052300044

  • 2015年08月28日
    窓を覆ったトラクター 高精度測位を除雪、農業に

    「タフパッド」を据えた運転席の窓を覆って白線に沿って進み、障害物を避けるトラクター=28日午後、札幌市

    商品コード: 2015082800816

  • 2016年10月20日
    記者会見する古賀教授 難病診断に高精度の指標

    「ミトコンドリア病」を診断する指標として、「GDF15」に注目した理由を説明する久留米大の古賀靖敏教授=19日、福岡県久留米市

    商品コード: 2016102000796

  • 2017年05月06日
    高精度の道路地図開発

    デジタルマップを使った自動運転のイメージ

    商品コード: 2017050600090

  • 2017年05月06日
    高精度の道路地図開発

    デジタルマップを使った自動運転のイメージ

    商品コード: 2017050600091

  • 2017年05月06日
    高精度の道路地図開発

    デジタルマップを使った自動運転のイメージ

    商品コード: 2017050600092

  • 2017年05月06日
    高精度の道路地図開発

    デジタルマップを使った自動運転のイメージ

    商品コード: 2017050600093

  • 2017年07月06日
    ロボット田植え機

    農研機構・農業技術革新工学研究センターが移植作業を無人化できるロボット田植え機を披露した。高精度なリアルタイム衛星測位システム(RTK—GNSS)を使い、真っすぐに移植できる。作業者は畦(あぜ)から田植え機に苗を供給。作業人数を減らすことができる。=2017(平成29)年7月6日、埼玉県鴻巣市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031400624

  • 2017年07月06日
    ロボット田植え機

    農研機構・農業技術革新工学研究センターが移植作業を無人化できるロボット田植え機を披露した。高精度なリアルタイム衛星測位システム(RTK—GNSS)を使い、真っすぐに移植できる。作業者は畦(あぜ)から田植え機に苗を供給。作業人数を減らすことができる。=2017(平成29)年7月6日、埼玉県鴻巣市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031400625

  • 2017年08月19日
    みちびき3号機打ち上げ

    高精度な位置情報の活用例

    商品コード: 2017081900319

  • 2017年08月19日
    みちびき3号機打ち上げ

    高精度な位置情報の活用例

    商品コード: 2017081900320

  • 2017年08月19日
    みちびき3号機打ち上げ

    高精度な位置情報の活用例

    商品コード: 2017081900321

  • 2017年08月19日
    みちびき3号機打ち上げ

    高精度な位置情報の活用例

    商品コード: 2017081900322

  • 2018年07月24日
    ベッドセンサーシステム リコー、介護分野で新製品

    リコーとミネベアミツミが発売する介護向けのベッドセンサーシステム。ベッドの脚に高精度センサーを取り付ける=24日、東京都港区

    商品コード: 2018072401236

  • 2018年08月21日
    中国、直径4メートルの大口径SiC非球面ミラーの開発に成功

    21日、検測塔で4メートル高精度SiC非球面ミラーの表面を検査する研究者。中国吉林省長春市の中国科学院長春光学精密機械・物理研究所で21日、構想に9年間かけ、研磨に18カ月を要した直径4メートル、重さ1・6トンの「巨大ミラー」が検収に合格した。国家重大科学研究装備開発プロジェクトの「4メートル高精度SiC(シリコンカーバイド)非球面光学ミラー統合製造システム」の最新成果であり、中国の大口径SiC非球面ミラーの製造能力が世界先端レベルに達したことを意味する。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082714933

  • 2018年08月21日
    中国、直径4メートルの大口径SiC非球面ミラーの開発に成功

    21日に撮影された4メートル大口径高精度SiC非球面ミラー。中国吉林省長春市の中国科学院長春光学精密機械・物理研究所で21日、構想に9年間かけ、研磨に18カ月を要した直径4メートル、重さ1・6トンの「巨大ミラー」が検収に合格した。国家重大科学研究装備開発プロジェクトの「4メートル高精度SiC(シリコンカーバイド)非球面光学ミラー統合製造システム」の最新成果であり、中国の大口径SiC非球面ミラーの製造能力が世界先端レベルに達したことを意味する。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715497

  • 2018年08月21日
    中国、直径4メートルの大口径SiC非球面ミラーの開発に成功

    21日、検測塔で4メートル高精度SiC非球面ミラーの表面を検査する研究者。中国吉林省長春市の中国科学院長春光学精密機械・物理研究所で21日、構想に9年間かけ、研磨に18カ月を要した直径4メートル、重さ1・6トンの「巨大ミラー」が検収に合格した。国家重大科学研究装備開発プロジェクトの「4メートル高精度SiC(シリコンカーバイド)非球面光学ミラー統合製造システム」の最新成果であり、中国の大口径SiC非球面ミラーの製造能力が世界先端レベルに達したことを意味する。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082714955

  • 2018年08月21日
    中国、直径4メートルの大口径SiC非球面ミラーの開発に成功

    21日、検測塔で4メートル高精度SiC非球面ミラーの表面を検査する研究者。中国吉林省長春市の中国科学院長春光学精密機械・物理研究所で21日、構想に9年間かけ、研磨に18カ月を要した直径4メートル、重さ1・6トンの「巨大ミラー」が検収に合格した。国家重大科学研究装備開発プロジェクトの「4メートル高精度SiC(シリコンカーバイド)非球面光学ミラー統合製造システム」の最新成果であり、中国の大口径SiC非球面ミラーの製造能力が世界先端レベルに達したことを意味する。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715177

  • 2018年08月21日
    中国、直径4メートルの大口径SiC非球面ミラーの開発に成功

    21日、高精度SiC非球面光学ミラー製造用の高温焼結炉。中国吉林省長春市の中国科学院長春光学精密機械・物理研究所で21日、構想に9年間かけ、研磨に18カ月を要した直径4メートル、重さ1・6トンの「巨大ミラー」が検収に合格した。国家重大科学研究装備開発プロジェクトの「4メートル高精度SiC(シリコンカーバイド)非球面光学ミラー統合製造システム」の最新成果であり、中国の大口径SiC非球面ミラーの製造能力が世界先端レベルに達したことを意味する。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715485

  • 2018年09月25日
    元奈文研所長の鈴木嘉吉氏 高精度の復元、その先に

    興福寺・中金堂の復元を統括した建築史家で元奈良文化財研究所所長の鈴木嘉吉さん=奈良市

    商品コード: 2018092521139

  • 2018年11月09日
    伊藤勉さん より使いやすく、高精度を

    「現代の名工」に選ばれた機械式時計組立師の伊藤勉さん=岩手県雫石町

    商品コード: 2018110923605

  • 2018年11月09日
    組立師の伊藤さん より使いやすく、高精度を

    「現代の名工」に選ばれた機械式時計組立師の伊藤勉さん=岩手県雫石町

    商品コード: 2018110923568

  • 2018年12月30日
    「偉大な変革-慶祝改革開放40周年大型展」、2019年3月20日まで

    12月30日、大口径の高精度非球面光学ミラーの前で記念撮影をする来場者。中国北京で開催されている「偉大な変革-慶祝改革開放40周年大型展」は2018年11月13日の開幕以来、中国共産党中央委員会が非常に重視し、社会各界が関心を寄せ、各報道機関が継続的に報道し、幹部も市民も参観に訪れ、社会全体が改革開放40周年を祝う雰囲気に包まれ、好ましい社会的効果を生み出している。中央宣伝部など主催側は、一般市民や冬休みを迎える学生の強い要望に応え、同展の社会的効果を十分に発揮させるため、会期を2019年3月20日までとすることを決定した。(北京=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400350

  • 2019年02月28日
    黒崎屋の店内 料理人は「調理に専念を」

    ショーケース内の様子を天井の高精度ビデオカメラが映し出す鮮魚店「黒崎屋」の店内=15日、富山市

    商品コード: 2019022800037

  • 2019年02月28日
    「黒崎屋」の店内 料理人は「調理に専念を」

    ショーケース内の様子を天井の高精度ビデオカメラが映し出す鮮魚店「黒崎屋」の店内=15日、富山市

    商品コード: 2019022800038

  • 2019年03月08日
    Trade Fair IWA OutdoorClassics

    08 March 2019, Bavaria, Nürnberg: A precision rifle of the type G28 of the German weapon manufacturer Heckler und Koch is on display at the IWA OutdoorClassics trade fair for hunting, shooting, outdoor and security at the company‘s stand. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031500639

  • 2019年03月08日
    Trade Fair IWA OutdoorClassics

    08 March 2019, Bavaria, Nürnberg: A precision rifle of the type G28 of the German weapon manufacturer Heckler und Koch is on display at the IWA OutdoorClassics trade fair for hunting, shooting, outdoor and security at the company‘s stand. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031500645

  • 2019年04月09日
    海底地盤改良用の国産自己昇降式作業台船が進水上海市

    9日、上海振華重工(集団)股份有限公司の海洋工学基盤事業部のふ頭に停泊する自己昇降式作業台船「一航津平2号」。中国交通建設第一航務工程局が開発・投資し、上海振華重工が製造した自己昇降式作業台船「一航津平2号」が9日、進水した。基準位置決め、石材輸送、高精度敷設、品質検査・検収機能を一体化した「一航津平2号」は、高効率で自動化された敷設作業が可能なことから、深海の砕石敷設作業における「3Dプリンター」とも呼ばれている。7月から深圳-中山区間を結ぶ道路の建設に投入される。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041600859

  • 2019年04月09日
    海底地盤改良用の国産自己昇降式作業台船が進水上海市

    9日、上海振華重工(集団)股份有限公司の海洋工学基盤事業部のふ頭に停泊する自己昇降式作業台船「一航津平2号」。中国交通建設第一航務工程局が開発・投資し、上海振華重工が製造した自己昇降式作業台船「一航津平2号」が9日、進水した。基準位置決め、石材輸送、高精度敷設、品質検査・検収機能を一体化した「一航津平2号」は、高効率で自動化された敷設作業が可能なことから、深海の砕石敷設作業における「3Dプリンター」とも呼ばれている。7月から深圳-中山区間を結ぶ道路の建設に投入される。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041600794

  • 2019年04月09日
    海底地盤改良用の国産自己昇降式作業台船が進水上海市

    9日、上海振華重工(集団)股份有限公司の海洋工学基盤事業部のふ頭に停泊する自己昇降式作業台船「一航津平2号」。中国交通建設第一航務工程局が開発・投資し、上海振華重工が製造した自己昇降式作業台船「一航津平2号」が9日、進水した。基準位置決め、石材輸送、高精度敷設、品質検査・検収機能を一体化した「一航津平2号」は、高効率で自動化された敷設作業が可能なことから、深海の砕石敷設作業における「3Dプリンター」とも呼ばれている。7月から深圳-中山区間を結ぶ道路の建設に投入される。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041600806

  • 2019年04月09日
    海底地盤改良用の国産自己昇降式作業台船が進水上海市

    9日、上海振華重工(集団)股份有限公司の海洋工学基盤事業部のふ頭に停泊する自己昇降式作業台船「一航津平2号」。中国交通建設第一航務工程局が開発・投資し、上海振華重工が製造した自己昇降式作業台船「一航津平2号」が9日、進水した。基準位置決め、石材輸送、高精度敷設、品質検査・検収機能を一体化した「一航津平2号」は、高効率で自動化された敷設作業が可能なことから、深海の砕石敷設作業における「3Dプリンター」とも呼ばれている。7月から深圳-中山区間を結ぶ道路の建設に投入される。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041600962

  • 2019年04月09日
    海底地盤改良用の国産自己昇降式作業台船が進水上海市

    9日、上海振華重工(集団)股份有限公司の海洋工学基盤事業部のふ頭に停泊する自己昇降式作業台船「一航津平2号」。中国交通建設第一航務工程局が開発・投資し、上海振華重工が製造した自己昇降式作業台船「一航津平2号」が9日、進水した。基準位置決め、石材輸送、高精度敷設、品質検査・検収機能を一体化した「一航津平2号」は、高効率で自動化された敷設作業が可能なことから、深海の砕石敷設作業における「3Dプリンター」とも呼ばれている。7月から深圳-中山区間を結ぶ道路の建設に投入される。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041600867

  • 01:36.22
    2019年04月10日
    最新鋭支援ロボットを国内初導入 膝手術で近畿大

    損傷した膝関節を人工関節に置き換える手術の最新鋭支援ロボットを、国内で初導入したと近畿大が10日、発表した。加齢に伴う関節症、リウマチやスポーツによる損傷が対象で、高精度手術により早期社会復帰が可能という。〈映像内容〉近畿大学医学部整形外科学教室の赤木将男(あかぎ・まさお)主任教授による支援ロボットの説明、同教室の墳本一郎(つかもと・いちろう)医学部講師による支援ロボットのデモンストレーション、赤木主任教授(向かって左)らによる質疑応答、近畿大病院の外観、撮影日:2019(平成31)年4月10日、撮影場所:大阪府 近畿大学病院

    商品コード: 2019041100272

  • 00:53.46
    2019年04月22日
    「新華社」上海国際モーターショー高速道路上での自動運転など先端技術が集結

    中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第18回上海国際自動車工業展覧会(上海国際モーターショー)は今年初めて「モビリティの未来」をテーマにした展示ホールを設置した。自動運転ソリューション企業やアルゴリズムソフトウエア企業など、国内外の有名な自動車テクノロジー企業が多数出展し、自動車分野における優れたブラックテクノロジー(画期的で先進的な技術)が未来の移動手段にさまざまな可能性を示した。デモンストレーションエリアでは、中国のシステム開発会社、禾多科技(HOLOMATIC)が、量産可能な高速道路自動運転ソリューションを展示し、北京と上海を結ぶ京沪高速道路での路上テストの様子が再現された。テスト車両は夜間、トンネル、交通渋滞、工事区間、割り込み運転などの場面において、照度不足、障害のある路面、明るさや薄暗さの急激な変化といった特殊な環境や突発的な状況にも対応できた。路上テストは今年の3月、1200キロの距離を2日半かけて実施された。自動運転技術は高速道路上の運転だけでなく、駐車分野でもその力を発揮している。車両、駐車場、高精度地図を三位一体化した技術的解決法により、運転手が決まった位置で車両を停車させると、車両は自動で駐車位置を探して入庫し、出庫も自動で行う。このスマート・バレーパーキング・システムは、今年下半期に試験運用が計画されている。(記者/孫青、陳傑)<映像内容>上海国際モーターショーの様子、高速道路上での自動運転映像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202272

  • 2019年05月10日
    悠心のFSSを設置した充填機

    悠心は、食品などに用いる液体入り小袋の充てん時に発生するヒートシール不良を即時的に検知する画像検査システム「FSS」を発売した。人手による検査作業に比べて省人・低コスト化、検査の高精度化が図れる。価格は消費税抜きで500万円からで、初年度20台の納入を目指す。FSSは液体充填包装機で液体を詰め、フィルムの端を加熱してシーリングした際に、カメラでシール部を検査する。フィルムに熱を加える「シール板」と呼ばれる機構の大きさをあらかじめ設定しておくことで、検査領域を決められる。シール部にシワやかみこみ、発泡など液漏れにつながる不良が見つかった場合は、その小袋を排出する。排出装置は同機に備わっているものを使うことも、別途機構を設けることも可能。検査した画像データは全数保存。あとで不良が起きた場合のトレーサビリティーも確保し、原因追及と改善につなげられる。=2019(令和元)年5月10日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103444

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:45.89
    2019年05月16日
    「新華社」自動運転バス導入、手のひら認証乗車も可能に天津市

    中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティー)でこのほど、自動運転バス3台が導入され、自動運転技術が現実の生活という舞台で披露されることになった。同エコシティの担当者によると、3台の自動運転バスは中新(中国・シンガポール)友好図書館を始発停留所とし、信息園(情報パーク)を終着停留所とする全長2・5キロの路線を時速15〜20キロ、片道15分で走行する形で、先行的に試験導入された。バスの外観デザインには「かわいらしい」パンダがモチーフに取り入れられている。バスの研究開発エンジニア、左中梁(さ・ちゅうりょう)氏は、バス車両は全長12メートルで、電動機を動力源とする新エネルギー、自動運転、付加価値サービスの3方向からのレベルアップを実現したと説明した。最大の目玉である自動運転については、このバスは車両や交通弱者、信号機など周囲の情報を感知・識別し、車両をコントロールして自動で加減速や方向転換、緊急制動、車線変更、停留所への出入りなど各種機能を実現した。従来型のバスと同様に、このバスにも運転席があり、各車1人の安全管理員が乗り込み、緊急事態が発生した場合には自動運転から手動操作に切り替える。安全管理員がハンドルのそばにある自動運転ヒューマン・マシン・インタラクション(HMI)のディスプレーに表示された「自動運転モード」のボタンをタップすれば発車する。車内には音声対話システムや運転手の疲労警報システム、人工知能(AI)自動販売機などを配備している。高精度スマート生体認証システムを通じた手のひら認証乗車や車内での手のひら認証購入を実現した。乗客は着席後、各座席の背面にある小型インタラクティブ・ディスプレイで運行経路などを尋ねることができる。バスの研究開発を行った深蘭科技(ディープブルーテクノロジー)の趙旭(ちょう・きょく)副総裁は、このバスは乗客による窃盗やけんか、喫煙などの行動を識別・分析すると説明した。この種の行為を識別・検知した場合は、システムが行為者の身体的特徴を記録し、直ちに警戒放送を行うという。(記者/毛振華)<映像内容>自動運転バスの様子、手のひら認証乗車など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603800

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:45.89
    2019年05月21日
    「新華社」自動運転バス導入、手のひら認証乗車も可能に天津市

    中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティー)でこのほど、自動運転バス3台が導入され、自動運転技術が現実の生活という舞台で披露されることになった。同エコシティの担当者によると、3台の自動運転バスは中新(中国・シンガポール)友好図書館を始発停留所とし、信息園(情報パーク)を終着停留所とする全長2・5キロの路線を時速15〜20キロ、片道15分で走行する形で、先行的に試験導入された。バスの外観デザインには「かわいらしい」パンダがモチーフに取り入れられている。バスの研究開発エンジニア、左中梁(さ・ちゅうりょう)氏は、バス車両は全長12メートルで、電動機を動力源とする新エネルギー、自動運転、付加価値サービスの3方向からのレベルアップを実現したと説明した。最大の目玉である自動運転については、このバスは車両や交通弱者、信号機など周囲の情報を感知・識別し、車両をコントロールして自動で加減速や方向転換、緊急制動、車線変更、停留所への出入りなど各種機能を実現した。従来型のバスと同様に、このバスにも運転席があり、各車1人の安全管理員が乗り込み、緊急事態が発生した場合には自動運転から手動操作に切り替える。安全管理員がハンドルのそばにある自動運転ヒューマン・マシン・インタラクション(HMI)のディスプレーに表示された「自動運転モード」のボタンをタップすれば発車する。車内には音声対話システムや運転手の疲労警報システム、人工知能(AI)自動販売機などを配備している。高精度スマート生体認証システムを通じた手のひら認証乗車や車内での手のひら認証購入を実現した。乗客は着席後、各座席の背面にある小型インタラクティブ・ディスプレイで運行経路などを尋ねることができる。バスの研究開発を行った深蘭科技(ディープブルーテクノロジー)の趙旭(ちょう・きょく)副総裁は、このバスは乗客による窃盗やけんか、喫煙などの行動を識別・分析すると説明した。この種の行為を識別・検知した場合は、システムが行為者の身体的特徴を記録し、直ちに警戒放送を行うという。(記者/毛振華)<映像内容>自動運転バスの様子、手のひら認証乗車など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200217

  • 02:57.38
    2019年05月25日
    「新華社」京雄都市間鉄道の固安特大橋、橋桁の旋回架設に成功河北省

    中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道建設工事で25日、難関工事とされていた「固安特大橋」の廊涿高速(廊房市-涿(たく)州市)をまたぐ区間の橋桁の架設が完了した。高速道路の両脇であらかじめ建設した桁をジャッキアップし、道路方向に対し90度方向に旋回させ、高速道路の真上で結合させた。高さの異なる桁を連結させたことは、同鉄道の建設で画期的な成果となった。今回の工事は、これまでの高速鉄道の橋梁建設で最大スパンの桁の回転連結であり、高さの異なる桁の連結は、鉄道建設全体でも初めての例となった。今回利用した「高度不均衡・長スパン・下向き勾配」条件下での旋回架設技術は、回転に必要なけん引力が最小で済むだけでなく、低リスク、高精度、低コストなどのメリットがあるという。(記者/張碩)<映像内容>京雄都市間鉄道建設工事の様子、撮影日:2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052902984

  • 2019年05月31日
    【新中国成立70周年】さまざまな職業から70年の発展を振り返る

    上:1949年10月8日、秋の収穫作業をする黒竜江省チチハル市訥河(とつが)県の農家。(チチハル=新華社記者/王純徳)下:2019年5月31日、山東省済寧市嘉祥県仲山鎮で自動運転収穫機を遠隔操作して作業を進める雷沃重工の作業員。今では収穫機に自動運転システムが搭載され、高精度の位置設定や自動経路計画、自動走行が可能になった。(済寧=新華社記者/郭緒雷)中国国家統計局のデータによると、1952年の中国の国内総生産(GDP)はわずか679億元だったが、2018年には90兆元の大台を突破した。(組み合わせ写真、北京=新華社配信)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501091

  • 2019年06月20日
    高精度角速度センサー(右)とMEMSセンサーを実装した基板

    住友精密工業と米コリンズエアロスペースは2024年までに、微小電気機械システム(MEMS)センサーの生産能力を現状比最大5倍に引き上げる。2社が折半出資する英子会社が20年8月までに約10億円を投じ、住友精密本社内(兵庫県尼崎市)の工場を拡張する。航空宇宙向け慣性センサーなどの従来品に加え、工場や機械の自動化に必要な各種センサーの受託生産が大きく伸びる。事業拡大の好機とみて能力増強に踏み切る。2社が99年に50%ずつ出資して設立した英子会社「シリコンセンシングシステムズ」(SSSL、プリマス)は、唯一の生産拠点を住友精密本社に置いている。増強の第1期として20年8月までに工場を別の建屋に移し、現状比約2倍の3000平方メートルに拡張。クリーンルームのほか、エッチングやスパッタの装置を増設し、生産能力を同2倍に増やす。新工場は従来の直径6インチより大きい8インチウエハーを使う生産工程を初導入する。8インチのシリコン基板上にチタン酸ジルコン酸鉛(PZT)薄膜をスパッタ法で均一形成する独自技術を最近確立した。新技術も活用することで生産能力は現状比最大5倍まで増やせる。24年まで需要に応じて段階的に増強する。=2019(令和元)年6月20日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062804685

  • 2019年06月21日
    日本伸管、前回の南極氷床深層掘削で使われたドリル(右がアルミ管による外筒部)

    日本伸管(埼玉県新座市)は、国立極地研究所の南極氷床深層掘削用ドリル向けに高精度アルミニウム管を納入した。極地研が2003―07年に実施した掘削プロジェクトへ02年に供給して以来、17年ぶり。前回の掘削でその精度や耐久性、軽さなどが高く評価され、21年にも始まる見通しの次期掘削計画のドリルへも採用が決まった。長さ5・2メートルと4・8メートルの管を5本ずつ、ドリル製造会社に納めた。極地研によると、年末にはドリルの1号機が完成する予定だ。前回のドリルは細長い円筒形で全長12・2メートル、直径12・8センチメートル。その外側の筒に日本伸管のアルミ管が使われた。内側に収納する回転ドリルとぶつからないよう、長さ5メートルで曲がり精度0・3ミリメートル以内という高い精度を実現した。今回は17年ぶりの製造のため、「金型も何も残っていない。素材も含めてすべてやり直し」(北沢武夫技術開発部・安全環境部・管理部部長)だったが、前回の経験も生かし、それ以上の特性を実現した。=2019(令和元)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070402331

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、決勝会場で香りを審査する福建省農業農村庁の教授級高級農芸師、蘇峰(そ・ほう)氏(左から2人目)ら。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405285

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、競技会の開幕を知らせる海峡両岸茶産業交流協会の元執行会長、福建省茶業協会の楊祖基(よう・そき)会長(右)と寧徳市海峡茶業交流協会の李歩泉(り・ほせん)会長(左)。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405317

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、会場で茶葉を審査する専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405325

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、重さ64キロの「瑞達大茶餅」の説明をする、福鼎市無形文化遺産「福鼎白茶制作技芸」の代表的伝承者、陳家瑞(ちん・かすい)氏。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405389

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、開幕式会場で行われた茶芸の実演。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405392

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、香りを審査する茶葉品評の専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405328

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、闘茶競技会の開幕式で記念撮影する受賞店の代表者と授賞者(中央)。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405284

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、開幕式で「郷村振興貢献企業代表」として表彰される陳家雅(ちん・かが)氏(左から2人目)。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405283

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、決勝会場で官能評価を行う専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405323

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、闘茶競技会の開幕式で記念撮影をする「郷村振興産業発展リーダー」の受賞者ら。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405334

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、決勝会場で開いた茶葉を審査する、茶葉品評の専門家、陳金水(ちん・きんすい)氏(前列右)。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405296

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、決勝会場で茶の風味を審査する専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405303

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、決勝会場で茶葉の外形を審査する専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405308

  • 2019年09月12日
    京東物流の無人配送車、時速6キロでスマート走行

    12日、湖南省の長沙科技新城内を走行する無人配送車。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の無人配送車が湖南省長沙市の長沙科技新城内を時速6キロの速度で走行している。高精度の測位センサーとロボット視覚を持ち、周囲の環境を認識しながら、路上の障害物や通行人を自動でよけ、停車や待機も自律的に行う。荷物を入れるロッカーを22ボックス搭載しており、1日当たり約100個の小包を配送することができる。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700597

  • 2019年09月12日
    京東物流の無人配送車、時速6キロでスマート走行

    12日、湖南省の長沙科技新城内で配送ステーションに入る無人配送車。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の無人配送車が湖南省長沙市の長沙科技新城内を時速6キロの速度で走行している。高精度の測位センサーとロボット視覚を持ち、周囲の環境を認識しながら、路上の障害物や通行人を自動でよけ、停車や待機も自律的に行う。荷物を入れるロッカーを22ボックス搭載しており、1日当たり約100個の小包を配送することができる。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700478

  • 2019年09月12日
    京東物流の無人配送車、時速6キロでスマート走行

    12日、湖南省の長沙科技新城内で宅配車両とすれ違う無人配送車。(小型無人機から)中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の無人配送車が湖南省長沙市の長沙科技新城内を時速6キロの速度で走行している。高精度の測位センサーとロボット視覚を持ち、周囲の環境を認識しながら、路上の障害物や通行人を自動でよけ、停車や待機も自律的に行う。荷物を入れるロッカーを22ボックス搭載しており、1日当たり約100個の小包を配送することができる。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700477

  • 2019年09月12日
    京東物流の無人配送車、時速6キロでスマート走行

    12日、湖南省の長沙科技新城内で宅配情報を処理しながら、小包を無人配送車に積み込むスタッフ。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の無人配送車が湖南省長沙市の長沙科技新城内を時速6キロの速度で走行している。高精度の測位センサーとロボット視覚を持ち、周囲の環境を認識しながら、路上の障害物や通行人を自動でよけ、停車や待機も自律的に行う。荷物を入れるロッカーを22ボックス搭載しており、1日当たり約100個の小包を配送することができる。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700715

  • 2019年09月12日
    京東物流の無人配送車、時速6キロでスマート走行

    12日、湖南省の長沙科技新城内で小包を無人配送車に積み込むスタッフ。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の無人配送車が湖南省長沙市の長沙科技新城内を時速6キロの速度で走行している。高精度の測位センサーとロボット視覚を持ち、周囲の環境を認識しながら、路上の障害物や通行人を自動でよけ、停車や待機も自律的に行う。荷物を入れるロッカーを22ボックス搭載しており、1日当たり約100個の小包を配送することができる。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700723

  • 2019年10月11日
    3千メートル級深海曳航体システム、年内にも使用開始

    11日、2019年中国国際鉱業大会で展示された、3千メートル級の音響深海曳航体システム。中国天津市でこのほど開かれた2019中国国際鉱業大会で、3千メートル級の音響深海曳航体システムが披露された。同システムは観測精度が高く、測深やサイドスキャンによる浅層断面探査の機能があり、水面下で長時間の連続作業が可能。中国国内をリードし、世界でも先進的なレベルに達している。同システムは高精度な浅海底表層の地質構造や微地形の精細な探査測定に利用でき、海底の測深図や地形図、浅層断面図などが得られる。多金属団塊やコバルト・リッチ・クラスト、熱水硫化物などの海底鉱物資源調査にも用いられ、中国の深海探査の重要な機器となる。(天津=新華社配信/劉惟真)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605183

  • 00:39.27
    2019年10月16日
    「新華社」中国が独自開発した超高速3Dプリンター、科学技術展に登場

    中国北京市の中関村国家自主イノベーションモデルエリア展示センターで16日、2019中関村フォーラム「中関村国際最先端科学技術成果展」が開幕した。会場では、超高速3Dプリンターが大きな注目を集めている。この卓上型光硬化3Dプリンター「SLASH」は、最高速度が毎時1200ミリメートルで、世界でも高速な卓上型光硬化プリンターとなっている。最高精度は49マイクロメートルで、これはロケットエンジンのタービンブレードやインペラー上部にも使える精度で、中国が独自に開発し、知的財産権を持つコア技術となっている。このプリンターは、オーダーメード医療や教育訓練、娯楽・動画など幅広い分野での利用が見込める。(記者/趙旭、陳鍾昊、田晨旭)<映像内容>超高速3Dプリンターの様子、撮影日:2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101804887

  • 2019年11月06日
    パナソニックとマイクロ化学技研が共同開発した量産化技術でつくったマイクロ化学チップの例

    パナソニックは6日、東京大学発ベンチャーのマイクロ化学技研(川崎市幸区)と共同で、ガラスモールド工法により微小な流路内で化学反応などを起こすマイクロ化学チップの量産化技術を開発したと発表した。血液検査や製薬、環境調査に使う分析装置などをワンチップ化できる。2019年度内に試作受注を始め、20年度からの量産を目指す。マイクロ化学チップは、ガラス基板の上に大型分析装置や化学プラントの機能を集約したイメージ。ガラスモールド工法は従来のガラスエッチング工法と比べて大量生産できるほか、約10分の1の低コスト化、約10倍の高精度化を実現する。パナソニックが保有していた、カメラなどの非球面レンズ生産に用いるガラスモールド工法を転用した。今回の開発技術により、直径50ミリメートルまでのチップ化と月産数万枚までの量産が可能だ。低コスト化により、現場でチップを使い捨てできる利点もある。チップ材料の主流は現在、大量生産しやすく低コストな樹脂製。ただ、樹脂製だと耐薬品・環境性に難があり、さらなる普及の課題となっていた。=2019(令和元)年11月6日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112106226

  • 00:46.84
    2019年12月09日
    「新華社」「透視眼」と「安定した手」を持つ外科手術ロボット甘粛省

    中国甘粛省人民医院第2整形外科の劉林(りゅう・りん)主任医師のチームはこのほど、68歳の男性患者に対し、整形外科手術ロボット「天璣(てんき)」を使った手術を行い、無事成功した。「天璣」は最も新しい第3世代の中国製整形外科手術ロボット。整形外科に特化し「透視眼」のような3D透視スキャンが可能で、安定したロボットアームにより、医師が器具を持ち続ける疲労感を軽減する。また、0・8ミリまで識別できる精度の高い「方向感覚」があり、手術経路を事前に計画する「先見の明」も持つ。「天璣」の使用は、大きな切り口や大きな傷、感染症を起こしやすいという従来の整形外科手術を大きく変えた。手術時間を明らかに短縮し、出血量を抑え、手術のリスクを大きく低下させ、低侵襲、高精度の理想的な効果を得た。(記者/梁軍)<映像内容>整形外科手術ロボットを使った手術の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121002876

  • 2019年12月19日
    日本リニアックスの業界最小クラスの6軸力覚センサー「TFSシリーズ」

    日本リニアックス(大阪市北区)は、業界最小クラスのロボット向け6軸力覚センサー「TFSシリーズ=写真」を開発した。産業用ロボットハンドの指先に搭載し、対象物を繊細につかむための力加減を制御できる。ハンドの指先の小型化に対応することで、用途範囲の拡大を狙う。今春にも発売予定。産業用ロボットやヒューマノイドロボットなどへの採用を見込む。直径12ミリメートル、高さ15ミリメートルの円柱形状。同社従来品「TFSAシリーズ」と同等程度のサイズだが、ケーブルとの接続部分の突起形状を無くし、完全な円柱形状とした。指先が小型化したロボットハンドにも対応しやすい。力の検出方式として独自の「薄膜ひずみゲージ式」を採用。一般的なひずみゲージ式に比べて約4倍の高感度化を実現し、高精度に力加減を制御できる。TFSシリーズの発売に合わせて、ロボットの腕や手首向けの6軸力覚センサー「LFSシリーズ」のラインアップも拡充し、直径60ミリメートル製品を新たに追加する。国内のロボット向け力覚センサーで高シェアのワコーテック(富山県高岡市)などと差別化する。日本リニアックスはニチコンの子会社。=2019(令和元)年12月19日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013002620

  • 00:54.18
    2020年01月11日
    「新華社」中国の巨大電波望遠鏡「天眼」が正式稼働国内外への開放を強化

    中国の500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」が11日、国の検収に合格し、3年にわたる調整期間を経て正式に稼働を開始した。今後は高効率で安定した運用に力を入れ、国内外への開放と共用を強化する。「天眼」は、貴州省平塘県に建設された単口径では世界最大の電波望遠鏡。建設過程では巨大なサイズや超高精度などの技術的難題を解決してきた。国家検収委員会の専門家は「天眼」の各指標がいずれも承認された検収指標に達しているかそれを上回っていると指摘。一部の基幹技術は世界のトップレベルに達したと述べた。「天眼」が持つ高感度性は今後3~5年、低周波重力波の検出や高速電波バーストの起源、星間分子などの最先端分野で進展を生み出すことが見込まれる。中国科学院国家天文台は現在、国内外の専門家を積極的に組織し「天眼」の優れた性能をいかに発揮するかを研究しており、国内外への開放と共用を強化することで、重要な成果の実現を目指している。(記者/楊焱彬、劉勤兵、呉思)<映像内容>巨大電波望遠鏡「天眼」の空撮、撮影日:2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322900

  • 02:23.10
    2020年01月28日
    「新華社」四川省の病院で省内初の「指静脈認証」決済始まる

    四川省人民病院はこのほど、同省初となる社会医療保険カードによる支払いに画期的で先進的なテクノロジーを利用した「指静脈認証決済」システムを導入した。事前に指静脈情報を登録しておけば、診察後は会計のために列に並ぶ必要はなく、診察室で専用の機器に指の静脈情報を読み取らせるだけで支払いを済ませられる。同病院医学情報センターの雷舜東(らい・しゅんとう)チーフエンジニアは「静脈は体の内側にあるので複製や盗用のリスクが低く、また生体組織を使った技術のため偽造の心配がない。年齢や生活環境、仕事、心理的要因の変化に伴って変わることもないため、目下、最先端の次世代生体認証技術」と説明する。雷氏によるとこの技術は、静脈を流れる還元ヘモグロビンが近赤外線を吸収できるという性質を利用し、近赤外線を指に当てて小型近赤外線カメラで指を撮影し、静脈パターンの画像を取得する。この画像を使った個人認証は高精度かつ高速で、医療保険カードを使った支払いが数秒で完了する。同病院は引き続き、院内の全外来診察室にこのシステムを導入するとともに、四川省と成都市の医療保険部門の指導の下、ゆくゆくは医療保険カードを利用する患者の入院費用の支払いをベッドサイドで「指決済」できるようにするという。(記者/董小紅、薛晨)<映像内容>四川省の病院で指静脈認証を導入、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100645

  • 2020年02月05日
    Commissioning of CARA high-performance computer

    05 February 2020, Saxony, Dresden: An employee walks between the storage systems of the CARA (Computer for Advanced Research in Aerospace) high-performance computer from the German Aerospace Center (DLR). The high-performance computer was installed in the computer center of the Technische Universität Dresden (TU Dresden) and is operated by the Center for Information Services and High-Performance Computing (ZIH). In the future, the high-performance computer will be able to perform highly accurate and complex simulations that will accelerate the introduction of new technologies in aerospace. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020706388

  • 2020年02月05日
    Commissioning of CARA high-performance computer

    05 February 2020, Saxony, Dresden: A corridor leads between the storage systems of the CARA (Computer for Advanced Research in Aerospace) high-performance computer from the German Aerospace Center (DLR). The high-performance computer was installed in the computer center of the Technische Universität Dresden (TU Dresden) and is operated by the Center for Information Services and High-Performance Computing (ZIH). In the future, the high-performance computer will be able to perform highly accurate and complex simulations that will accelerate the introduction of new technologies in aerospace. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020706425

  • 2020年02月05日
    Commissioning of CARA high-performance computer

    05 February 2020, Saxony, Dresden: An employee walks between the storage systems of the CARA (Computer for Advanced Research in Aerospace) high-performance computer from the German Aerospace Center (DLR). The high-performance computer was installed in the computer center of the Technische Universität Dresden (TU Dresden) and is operated by the Center for Information Services and High-Performance Computing (ZIH). In the future, the high-performance computer will be able to perform highly accurate and complex simulations that will accelerate the introduction of new technologies in aerospace. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020706600

  • 2020年02月05日
    Commissioning of CARA high-performance computer

    05 February 2020, Saxony, Dresden: View of the storage systems of the CARA (Computer for Advanced Research in Aerospace) high-performance computer from the German Aerospace Center (DLR). The high-performance computer was installed in the computer center of the Technische Universität Dresden (TU Dresden) and is operated by the Center for Information Services and High-Performance Computing (ZIH). In the future, the high-performance computer will be able to perform highly accurate and complex simulations that will accelerate the introduction of new technologies in aerospace. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020706586

  • 2020年02月05日
    Commissioning of CARA high-performance computer

    05 February 2020, Saxony, Dresden: View from behind the storage systems of the CARA (Computer for Advanced Research in Aerospace) high-performance computer from the German Aerospace Center (DLR). The high-performance computer was installed in the computer center of the Technische Universität Dresden (TU Dresden) and is operated by the Center for Information Services and High-Performance Computing (ZIH). In the future, the high-performance computer will be able to perform highly accurate and complex simulations that will accelerate the introduction of new technologies in aerospace. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020706603

  • 2020年02月05日
    Commissioning of CARA high-performance computer

    05 February 2020, Saxony, Dresden: View from behind the storage systems of the CARA (Computer for Advanced Research in Aerospace) high-performance computer from the German Aerospace Center (DLR). The high-performance computer was installed in the computer center of the Technische Universität Dresden (TU Dresden) and is operated by the Center for Information Services and High-Performance Computing (ZIH). In the future, the high-performance computer will be able to perform highly accurate and complex simulations that will accelerate the introduction of new technologies in aerospace. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020706483

  • 2020年02月05日
    Commissioning of CARA high-performance computer

    05 February 2020, Saxony, Dresden: View from behind the storage systems of the CARA (Computer for Advanced Research in Aerospace) high-performance computer from the German Aerospace Center (DLR). The high-performance computer was installed in the computer center of the Technische Universität Dresden (TU Dresden) and is operated by the Center for Information Services and High-Performance Computing (ZIH). In the future, the high-performance computer will be able to perform highly accurate and complex simulations that will accelerate the introduction of new technologies in aerospace. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020706489

  • 2020年02月05日
    Commissioning of CARA high-performance computer

    05 February 2020, Saxony, Dresden: View of the storage systems of the CARA (Computer for Advanced Research in Aerospace) high-performance computer from the German Aerospace Center (DLR). The high-performance computer was installed in the computer center of the Technische Universität Dresden (TU Dresden) and is operated by the Center for Information Services and High-Performance Computing (ZIH). In the future, the high-performance computer will be able to perform highly accurate and complex simulations that will accelerate the introduction of new technologies in aerospace. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020706398

  • 2020年02月05日
    Commissioning of CARA high-performance computer

    05 February 2020, Saxony, Dresden: View of the storage systems of the CARA (Computer for Advanced Research in Aerospace) high-performance computer from the German Aerospace Center (DLR). The high-performance computer was installed in the computer center of the Technische Universität Dresden (TU Dresden) and is operated by the Center for Information Services and High-Performance Computing (ZIH). In the future, the high-performance computer will be able to perform highly accurate and complex simulations that will accelerate the introduction of new technologies in aerospace. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020706473

  • 2020年02月05日
    Commissioning of CARA high-performance computer

    05 February 2020, Saxony, Dresden: View from behind the storage systems of the CARA (Computer for Advanced Research in Aerospace) high-performance computer from the German Aerospace Center (DLR). The high-performance computer was installed in the computer center of the Technische Universität Dresden (TU Dresden) and is operated by the Center for Information Services and High-Performance Computing (ZIH). In the future, the high-performance computer will be able to perform highly accurate and complex simulations that will accelerate the introduction of new technologies in aerospace. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020705873

  • 2020年02月05日
    Commissioning of CARA high-performance computer

    05 February 2020, Saxony, Dresden: View from behind the storage systems of the CARA (Computer for Advanced Research in Aerospace) high-performance computer from the German Aerospace Center (DLR). The high-performance computer was installed in the computer center of the Technische Universität Dresden (TU Dresden) and is operated by the Center for Information Services and High-Performance Computing (ZIH). In the future, the high-performance computer will be able to perform highly accurate and complex simulations that will accelerate the introduction of new technologies in aerospace. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020706515

  • 1
  • 2
  • 3