KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • チーム
  • ユリ根
  • 人々
  • 低温
  • 干ばつ
  • 特性
  • 球根
  • 科学者

「鱗茎」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 01:21.24
    2020年05月25日
    「新華社」河南省でハクチョウの首の形をした青銅壺が出土中には成分不明の液体

    中国河南省の三門峡市文物考古研究所の考古学者がこのほど、同市内の発掘現場で、首を曲げたハクチョウの頭部をかたどった青銅製のつぼを発見した。「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」と名付けられたつぼの中には、成分不明の液体が3千ミリリットル以上入っていたという。同研究所の関係責任者の祝暁東(しゅく・ぎょうとう)氏によると、青銅壺は同市開発区後川棚戸区(バラック地区)の再開発工事に伴い実施した発掘調査で見つかった古墓から出土した。墓葬の形式から秦王朝末期から漢王朝初期のものと思われ、被葬者は爵位を持つ下級官吏と見られている。墓からは青銅壺以外にも銅鍪(どうぼう、煮沸器)や銅盆(どうぼん)、鉄剣、玉剣具なども出土した。祝氏によると、当時の青銅壺は注口部分がニンニクの鱗茎(りんけい)の形をしているものが多く、ハクチョウやガン、アヒルなどの動物の形をしたものもあったが数は少ないという。今回出土した青銅壺はハクチョウの頭部と曲がった首からなる注口と下膨れの胴部、圏足を持つ。頂部に穴が1カ所開いており、独特な形状をしている。祝氏は「出土した青銅壺から推測すれば、三門峡では秦王朝末期から漢王朝初期に既にハクチョウが見られたと考えられるが、実際は珍しかったのではないか」と語った。壺の中の液体は黄褐色で多くの不純物が沈殿していた。具体的な成分については現在検査が行われている。(記者/楊金鑫、李麗静)<映像内容>ハクチョウの頭部をかたどった青銅製のつぼが出土、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401862

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月26日
    (2)中国の科学者、食用ユリの選抜育種に成功雲南省昆明市

    14日、畑で食用ユリを摘み取る徐永艶氏。中国雲南省昆明市にある西南林業大学の徐永艶(じょ・えいえん)氏率いるチームが、20年間にわたる研究を経て、花と球根(鱗茎、ユリ根)が食べられるユリの選抜育種に成功した。寒冷高地の乾燥山地に暮らす人々の栽培作物品種が充実する。今回育種に成功した食用ユリは、徐氏のチームが野生ユリ40種余りの遺伝資源を用いて遠縁交雑育種を行ったもので、高温や低温、干ばつ、痩せ地に強く、繁殖率が高いなどの特性を持つ11品種を選別。ユリの菓子や缶詰といった加工技術も模索している。(昆明=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112611697

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月26日
    (1)中国の科学者、食用ユリの選抜育種に成功雲南省昆明市

    14日、畑で栽培されている食用ユリ。中国雲南省昆明市にある西南林業大学の徐永艶(じょ・えいえん)氏率いるチームが、20年間にわたる研究を経て、花と球根(鱗茎、ユリ根)が食べられるユリの選抜育種に成功した。寒冷高地の乾燥山地に暮らす人々の栽培作物品種が充実する。今回育種に成功した食用ユリは、徐氏のチームが野生ユリ40種余りの遺伝資源を用いて遠縁交雑育種を行ったもので、高温や低温、干ばつ、痩せ地に強く、繁殖率が高いなどの特性を持つ11品種を選別。ユリの菓子や缶詰といった加工技術も模索している。(昆明=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112611651

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月26日
    (3)中国の科学者、食用ユリの選抜育種に成功雲南省昆明市

    14日、畑で栽培されている食用ユリ。中国雲南省昆明市にある西南林業大学の徐永艶(じょ・えいえん)氏率いるチームが、20年間にわたる研究を経て、花と球根(鱗茎、ユリ根)が食べられるユリの選抜育種に成功した。寒冷高地の乾燥山地に暮らす人々の栽培作物品種が充実する。今回育種に成功した食用ユリは、徐氏のチームが野生ユリ40種余りの遺伝資源を用いて遠縁交雑育種を行ったもので、高温や低温、干ばつ、痩せ地に強く、繁殖率が高いなどの特性を持つ11品種を選別。ユリの菓子や缶詰といった加工技術も模索している。(昆明=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112611680

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月26日
    (4)中国の科学者、食用ユリの選抜育種に成功雲南省昆明市

    14日、畑で栽培されている食用ユリ。中国雲南省昆明市にある西南林業大学の徐永艶(じょ・えいえん)氏率いるチームが、20年間にわたる研究を経て、花と球根(鱗茎、ユリ根)が食べられるユリの選抜育種に成功した。寒冷高地の乾燥山地に暮らす人々の栽培作物品種が充実する。今回育種に成功した食用ユリは、徐氏のチームが野生ユリ40種余りの遺伝資源を用いて遠縁交雑育種を行ったもので、高温や低温、干ばつ、痩せ地に強く、繁殖率が高いなどの特性を持つ11品種を選別。ユリの菓子や缶詰といった加工技術も模索している。(昆明=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112611580

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.41
    2022年05月10日
    「新華社」イリ河谷を彩るアミガサユリ新疆ウイグル自治区

    二十四節気の「立夏」を過ぎ、中国新疆ウイグル自治区イリ(伊犁)河谷では、アミガサユリが1万ムー(約667ヘクタール)にわたり咲き乱れる見事な光景が広がっている。アミガサユリの鱗茎は中国で古くから薬として使われており、地元では一部の住民の重要な収入源となっている。(記者/孫少雄) =配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100646

  • 1