KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 南鳥島
  • 令和
  • 記者
  • 伊豆諸島
  • 日本
  • 昭和
  • 西寧
  • 内地
  • 繁殖
  • 増加

「鳥島」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
441
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
441
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1942年03月05日
    南鳥島付近図

    南鳥島付近図=整理1942(昭和17)年3月5日(番号なし)

    商品コード: 2015081900350

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1943年09月28日
    太平洋戦争

    1943年9月(米国時間)、小笠原諸島南鳥島の日本軍飛行場を爆撃し、空母へ帰還する米海軍の雷撃機TBFアベンジャー。画面奥で煙を上げているのが南鳥島。米海軍機動部隊によるこの日の攻撃で、島の日本軍施設の80%が破壊されたとされる、米海軍撮影(ACME)

    商品コード: 2010081700460

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1943年09月29日
    太平洋戦争

    小笠原諸島南鳥島で1943年9月(米国時間)、日本軍の爆撃機と燃料タンクが米軍機の爆撃を受け、炎上している。手前は米海軍の雷撃機TBFアベンジャーの主翼、米海軍撮影(ACME)

    商品コード: 2010081700463

  • 1944年08月31日
    大鳥島神社

    森厳の気満つる大鳥島神社=撮影年月日不明、現ウェーク島(飯島海軍報道班員撮影)(番号なし)

    商品コード: 2015010700545

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年06月14日
    太平洋戦争

    米陸軍第7航空隊の爆撃機による攻撃で炎上する小笠原諸島南鳥島の飛行場=1945年6月、米陸軍航空隊撮影(ACME)

    商品コード: 2010070700294

  • 1945年10月16日
    復員将兵浦賀上陸

    南鳥島から第1大海丸で復員の将兵たち=1945(昭和20)年10月16日、神奈川県浦賀港(20年内地883)

    商品コード: 2014081900532

  • 1945年10月16日
    復員将兵浦賀上陸

    南鳥島から第1大海丸で復員し、上陸した将兵たち=1945(昭和20)年10月16日、神奈川県浦賀港(20年内地882)

    商品コード: 2014081900531

  • 1947年08月23日
    鳥島(資料)

    気象庁の鳥島測候所がある伊豆諸島南端の鳥島=1947(昭和22)年8月23日(22年内地5834)

    商品コード: 2014082100348

  • 1953年02月05日
    日本丸南鳥島遺骨調査

    南鳥島の資料を前に当時の様子を話す元陸軍大佐の松原雅太氏=1953(昭和28)年2月5日出稿 (28年内地357)

    商品コード: 2012100200088

  • 1953年02月05日
    南方遺骨調査団が慰霊祭

    南鳥島で営まれた慰霊祭で慰霊の辞を述べる宗教代表者=1953(昭和28)年2月5日 (28年内地717)

    商品コード: 2012100200292

  • 1953年02月05日
    南方遺骨調査団が慰霊祭

    南鳥島の忠霊塔に参拝する遺骨調査団一行=1953(昭和28)年2月5日 (28年内地716)

    商品コード: 2012100200294

  • 1953年02月05日
    南方遺骨調査団で慰霊祭

    南鳥島に遺骨調査団が建てた戦没日本人之碑=1953(昭和28)年2月5日 (28年内地715)

    商品コード: 2012100200295

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1953年03月04日
    南鳥島で慰霊祭

    南鳥島の慰霊祭で慰霊の辞を読み上げる南方遺骨調査団の宇野団長=1953(昭和28)年3月4日、南鳥島(28年内地718)

    商品コード: 2006022700368

  • 1955年01月30日
    東京・鳥島の観測所

    東京・鳥島の船着き場=1955(昭和30)年1月30日出稿 (縮刷版に掲載なし 30年内地番号なし)

    商品コード: 2012072400266

  • 1955年01月30日
    東京・鳥島の観測所

    船着き場から観測所を結ぶ荷物運搬用のケーブル=1955(昭和30)年1月撮影日不明 (縮刷版に掲載なし 30年内地番号なし)

    商品コード: 2012072400264

  • 1955年01月30日
    東京・鳥島の観測所

    東京・鳥島の気象観測所=1955(昭和30)年1月撮影日不明 (30年内地311)

    商品コード: 2012072400263

  • 1957年07月22日
    鳥島(資料)

    海から見た鳥島=1957(昭和32)年7月撮影日不明(32年内地番号なし 縮刷版掲載なし)

    商品コード: 2012070900105

  • 1957年07月24日
    鳥島の気象観測所完成

    完成した鳥島の気象観測所=1957(昭和32)年7月24日出稿(32年内地1204)

    商品コード: 2012070900104

  • 1957年08月05日
    鳥島気象観測所

    鳥島月夜山にたてられた高層気象観測遠隔自動操縦装置。右は昔の噴火口外輪山=1957(昭和32)年8月5日出稿 (32年内地1271)IGY国際地球観測年

    商品コード: 2012070900126

  • 1965年11月15日
    鳥島気象観測所の全員撤退

    火山爆発の恐れから全員撤退が決まり、最後の観測をする鳥島気象観測所員=1965(昭和40)年11月15日(40年内地6379)

    商品コード: 2011090100383

  • 1965年11月15日
    鳥島気象観測所の全員撤退

    火山爆発の恐れから全員撤退が決まった鳥島気象観測所=1965(昭和40)年11月15日(40年内地6382)

    商品コード: 2011090100384

  • 1965年11月16日
    鳥島気象観測所の全員撤退

    火山爆発の恐れから全員が撤退し、海洋観測船「凌風丸」に収容された鳥島気象観測所員=1965(昭和40)年11月16日午前7時30分(40年内地6386)

    商品コード: 2011090100386

  • 1965年11月16日
    鳥島気象観測所の全員撤退

    撤退する観測所員を収容する海洋観測船「凌風丸」。上方の建物は無人となった鳥島気象観測所=1965(昭和40)年11月16日午前6時30分(40年内地6385)

    商品コード: 2011090100385

  • 1965年11月18日
    鳥島観測員、東京に帰る

    「凌風丸」から東京港竹芝桟橋に降り立つ鳥島気象観測所員=1965(昭和40)年11月18日

    商品コード: 2011090100391

  • 1965年11月18日
    鳥島観測員、東京に帰る

    家族と無事を喜び合う鳥島気象観測所員=1965(昭和40)年11月18日、東京港竹芝桟橋

    商品コード: 2011090100390

  • 1965年11月27日
    鳥島から漁船員救出

    鳥島から救出され、救命ボートからカッターに乗り移る第八小正丸の乗組員=1965(昭和40)年11月27日、巡視船「のじま」乗組員撮影(40年内地6617)

    商品コード: 2011090100412

  • 1965年11月27日
    鳥島から漁船員救出

    鳥島から救出され、カッターで巡視船「のじま」に向かう第八小正丸の乗組員=1965(昭和40)年11月27日、巡視船「のじま」乗組員撮影(40年内地6618)

    商品コード: 2011090100413

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1965年11月27日
    鳥島で地震続く

    鳥島硫黄山の火口=1965(昭和40)年11月27日午後4時55分、共同通信社特別機から(40年内地6603)

    商品コード: 2011090100409

  • 1965年11月27日
    鳥島から漁船員救出

    鳥島から救出され、救命ボートに乗り込む第八小正丸の乗組員。後は鳥島=1965(昭和40)年11月27日、巡視船「のじま」乗組員撮影(40年内地6616)

    商品コード: 2011090100411

  • 1965年11月28日
    鳥島から漁船員救出

    鳥島から救出され、巡視船「のじま」船内で台風と地震の恐怖を語る第八小正丸の斎藤船長(左)と島岡漁労長。後は乗組員たち=1965(昭和40)年11月28日、横浜港(40年内地6614)

    商品コード: 2011090100410

  • 1966年03月31日
    凌風丸、鳥島調査から帰る

    鳥島の月夜山中腹から見た気象観測所=1966(昭和41)年3月31日出稿、気象庁鳥島調査班撮影(41年内地1935)

    商品コード: 2011052500194

  • 1966年03月31日
    凌風丸、鳥島調査から帰る

    放置されていた電磁式地震計を点検する調査員。11月27日の震度が記録されていた=1966(昭和41)年3月31日出稿、気象庁鳥島調査班撮影(41年内地1937)

    商品コード: 2011052500196

  • 1966年03月31日
    凌風丸、鳥島調査から帰る

    荒れたままの観測所宿舎の廊下=1966(昭和41)年3月31日出稿、気象庁鳥島調査班撮影(41年内地1936)

    商品コード: 2011052500195

  • 1966年03月31日
    凌風丸、鳥島調査から帰る

    硫黄山ふもと北西で噴気温の測定をする調査員=1966(昭和41)年3月31日出稿、気象庁鳥島調査班撮影(41年内地1939)

    商品コード: 2011052500199

  • 1966年03月31日
    凌風丸、鳥島調査から帰る

    地震計室の窓の破損状況=1966(昭和41)年3月31日出稿、気象庁鳥島調査班撮影(41年内地1938)

    商品コード: 2011052500197

  • 1966年03月31日
    凌風丸、鳥島調査から帰る

    オゾン観測室と宿舎の間をうろついていたブタ=1966(昭和41)年3月31日出稿、気象庁鳥島調査班撮影(41年内地1940)

    商品コード: 2011052500200

  • 1968年06月26日
    小笠原諸島が日本復帰

    旧米海軍司令部前で行われた返還式(硫黄島、南鳥島でも同時に実施)=1968(昭和43)年6月26日、父島

    商品コード: 2003071600180

  • 1978年10月03日
    「マグネトロン」 富士山頂新レーダーをみる

    レーダーの心臓部、電波を発信する「マグネトロン」。北は函館市の北から、南は鳥島をすっぽり包み、西は福岡、宮崎まで及び、北海道と九州の一部を除いて日本全土のほとんどを“射程距離”としている=1978(昭和53)年10月、富士山測候所

    商品コード: 2015071500203

  • 1988年04月22日
    沖ノ鳥島を補強工事

    大型海洋工事作業母船「すにもすえーす」の甲板には島を波の浸食から守る鉄製の消波ブロックなどの建設資材が満載されている=1988(昭和63)年4月22日、横浜港

    商品コード: 2007010500115

  • 1988年04月22日
    沖ノ鳥島を補強工事

    補強工事のためのブロック、小型作業船、ヘリを搭載して出航する海洋工事作業母船「すにもすえーす」=1988(昭和63)年4月22日、横浜港(カラーニュースで出稿)

    商品コード: 2007010500116

  • 1988年08月31日
    消波ブロックで囲まれた沖ノ鳥島 沖ノ鳥島の領土保全工事進む

    領土保全工事が進む日本最南端の島・沖ノ鳥島=1988(昭和63)年8月 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第9巻使用画像(P179)

    商品コード: 2015060200328

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年09月19日
    鹿島―南鳥島の距離を測定

    南鳥島の超長基線電波干渉計(VLBI)

    商品コード: 2009012900416

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年09月19日
    鹿島―南鳥島の距離を測定

    南鳥島

    商品コード: 2009012900415

  • 1989年10月01日
    佐賀県 鳥島、大島

    鳥島(手前)と大島(向こう側)=1989(平成元)年10月1日、佐賀県唐津市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041200658

  • 1989年11月04日
    沖ノ鳥島で領土保全作戦

    太平洋の荒波に削られ水没寸前となった日本最南端の沖ノ鳥島で、防波堤を築く工事が、1989(平成元)年11月4日に完了。40万平方キロの経済水域確保のため、約285億円かけての領土保全作戦だった。平成元年11月4日

    商品コード: 2003090200107

  • 1989年12月02日
    「時の人」

    沖ノ鳥島保全工事で現場責任者を務めた若杉正之(わかすぎ・まさゆき)さん

    商品コード: 2020061906613

  • 1997年02月24日
    沖縄・鳥島射爆撃場 劣化ウラン問題で環境調査

    米軍が劣化ウラン弾を誤射した沖縄県の鳥島射爆撃場=24日午後3時15分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 1997022400059

  • 1997年02月24日
    鳥島に残る不発弾 むき出しの地肌に不発弾

    米軍の砲撃訓練でむき出しとなった地肌に不発弾や砲弾の破片が残る沖縄県の鳥島射爆撃場=24日午後3時20分、共同通信社ヘリから(米軍機が劣化ウラン弾を発射演習)

    商品コード: 1997022400073

  • 1997年02月24日
    環境調査する測量船 劣化ウラン問題で環境調査

    米軍が劣化ウラン弾を誤射した沖縄県の鳥島射爆撃場(上)の周辺海域で環境調査をする海上保安庁の測量船「明洋」=24日午後3時、共同通信社ヘリから

    商品コード: 1997022400060

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年03月07日
    乗り込む米軍スタッフら 鳥島射爆撃場調査に出発

    鳥島射爆撃場の環境調査に向かうためヘリコプターに乗り込む米軍スタッフと日本政府関係者ら=7日午前8時、沖縄県・米軍嘉手納基地(米軍海兵隊機による劣化ウラン弾発射問題)

    商品コード: 1997030700011

  • 1998年12月21日
    沖ノ鳥島の北露岩 浸食続く沖ノ鳥島を守れ

    浸食から守るため、コンクリートと鉄製の消波ブロックで囲まれた沖ノ鳥島の北露岩=88(昭和63)年8月

    商品コード: 1998122100142

  • 2000年02月19日
    南鳥島全景 最東端の滑走路守る12人

    上空から見た小笠原諸島の南鳥島=東京都小笠原村

    商品コード: 2000021900014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年02月19日
    大砲と救難飛行艇 最東端の滑走路守る12人

    南鳥島の滑走路付近に残る旧日本軍の大砲。左は海上自衛隊の救難飛行艇=東京都小笠原村

    商品コード: 2000021900015

  • 2000年02月27日
    アホウドリの親子 アホウドリ“子育て中”

    ヒナへえさの補給するため巣に舞い降りたアホウドリの母親。手前はデコイ(おとりの模型)、後方はクロアシアホウドリ=東京・鳥島の初寝崎

    商品コード: 2000022700042

  • 2000年03月07日
    デコイに求愛のアホウドリ 鳥島は恋の季節

    本物そっくりに作られたデコイ(おとりの模型)に求愛するアホウドリ(左)=東京・鳥島の初寝崎

    商品コード: 2000030700094

  • 2000年03月24日
    鳥島の硫黄山 よみがえれ、アホウドリ

    火山島である鳥島は、天然記念物に指定され現在は無人島。硫黄山の火口からは噴気が上がる

    商品コード: 2000032400078

  • 2000年08月21日
    繁殖地のアホウドリ 貴重な鳥類保護に衛星利用

    北東アジア地域での保護対策強化が図られるアホウドリ=今年3月、東京都・伊豆諸島の鳥島(K00ー9368)

    商品コード: 2000082100124

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年09月28日
    時代を越えて

    週刊少年ジャンプ編集長の鳥島和彦さん=東京都千代田区の集英社

    商品コード: 2000100200084

  • 2001年05月02日
    人工衛星で飛行ルート解明 日米でアホウドリ生態調査

    生態の共同調査が決まったアホウドリ=2000年3月、伊豆諸島・鳥島(K00・9368)

    商品コード: 2001050200012

  • 2002年08月12日
    鳥島のアホウドリ 伊豆・鳥島が噴火

    鳥島に生息する絶滅危ぐ種のアホウドリ=2000年3月

    商品コード: 2002081200160

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年08月12日
    噴煙上がる鳥島 鳥島で噴煙、海保が警報

    硫黄山山頂付近から白い噴煙を上げる伊豆諸島・鳥島=11日(第三管区海上保安本部提供)

    商品コード: 2002081200029

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年08月12日
    噴煙上がる山頂付近 鳥島で噴煙、海保が警報

    山頂付近から白い噴煙を上げる伊豆諸島・鳥島の硫黄山=11日(第三管区海上保安本部提供)

    商品コード: 2002081200044

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年08月12日
    硫黄山から噴煙 鳥島で噴煙、海保が警報

    白い噴煙を上げる伊豆諸島・鳥島の硫黄山山頂=11日(第三管区海上保安本部提供)

    商品コード: 2002081200028

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年08月12日
    噴煙を上げる硫黄山 鳥島が63年ぶり噴火

    噴煙を上げる鳥島の硫黄山の火口=12日午後(第三管区海上保安本部提供)

    商品コード: 2002081200222

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年08月12日
    噴煙上がる鳥島 鳥島が63年ぶり噴火

    63年ぶりに噴火した硫黄山から噴煙が立ち上る鳥島=12日午前11時50分(第三管区海上保安本部提供)

    商品コード: 2002081200195

  • 2002年08月13日
    噴煙上げる鳥島 鳥島で3つの噴出口確認

    硫黄山の山頂付近から噴煙を上げる鳥島=13日正午ごろ(第三管区海上保安本部提供)

    商品コード: 2002081300242

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年01月02日
    8号幸栄丸の船体 漁船不明、乗組員2人無事

    伊豆諸島・鳥島の海岸で見つかった漁船「8号幸栄丸」とみられる船体=2日午後1時45分ごろ

    商品コード: 2004010200041

  • 2004年11月26日
    岩を調べる調査団 沖ノ鳥島に民間視察団

    沖ノ鳥島の東小島に上陸、岩を覆うチタン製のふたの下を調べる調査団=26日午後2時40分

    商品コード: 2004112600240

  • 2004年11月26日
    東小島に上陸した調査団 沖ノ鳥島に民間視察団

    沖ノ鳥島の東小島に上陸、岩を覆うチタン製のふたの周辺を歩く調査団=26日午後2時40分

    商品コード: 2004112600241

  • 2004年11月26日
    東小島に向かう調査団 沖ノ鳥島に民間視察団

    沖ノ鳥島の東小島に向かう調査団=26日、午後0時30分

    商品コード: 2004112600243

  • 2004年11月26日
    観測施設に向かう調査団 沖ノ鳥島に民間視察団

    沖ノ鳥島の観測施設に向かう調査団=26日午後0時45分

    商品コード: 2004112600242

  • 2004年11月26日
    停泊するチャーター船 沖ノ鳥島に民間視察団

    沖ノ鳥島周辺で停泊する調査団のチャーター船=26日午後0時30分

    商品コード: 2004112600244

  • 2004年12月05日
    WORLD NEWS REMOTEISLAND YS

    KRT WORLD NEWS STORY SLUGGED: JAPAN-REMOTEISLAND KRT PHOTOGRAPH BY YOMIURI SHIMBUN (December 5) Members of a private mission explore Higashi-kojima, the highest point on Okinotorishima Island on November 26, 2004. (lde) 2004 (Newscom TagID: krtphotoslive154351.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:MBR/KRT/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082603725

  • 2004年12月07日
    岩ばかりの海底 沖ノ鳥島を水没から守れ

    岩ばかりが目立つ沖ノ鳥島・東小島周辺の海底。さんご礁の育成が期待されている=11月26日、東京都小笠原村・水深1メートル

    商品コード: 2004120700008

  • 2004年12月07日
    ハナヤサイサンゴなど 沖ノ鳥島を水没から守れ

    沖ノ鳥島・東小島周辺の岩に根付くハナヤサイサンゴ(左上)とシャコガイの一種シラナミガイ=11月26日、東京都小笠原村・水深1メートル

    商品コード: 2004120700009

  • 2004年12月10日
    石原慎太郎都知事 沖ノ鳥島周辺で漁業

    石原慎太郎東京都知事

    商品コード: 2004121000182

  • 2004年12月14日
    設置された地点標識 島か岩か、最南端の領土

    「東小島」が「東露岩」と呼ばれていた時代に設置された標識=11月26日、東京都小笠原村の沖ノ鳥島

    商品コード: 2004121400067

  • 2004年12月14日
    「島」を見下ろす調査団員 島か岩か、最南端の領土

    東小島の護岸に上陸、「島」を見下ろす調査団員。後方は80年代にさんご礁内に設置された観測施設=11月26日、東京都小笠原村の沖ノ鳥島

    商品コード: 2004121400070

  • 2004年12月14日
    シマハギの群れ 島か岩か、最南端の領土

    東小島の護岸周辺にはシマハギが群れていた=11月26日、東京都小笠原村の沖ノ鳥島

    商品コード: 2004121400069

  • 2004年12月14日
    観察する調査団員 島か岩か、最南端の領土

    東小島を観察する調査団員。満潮時には数センチが海面に顔を出すほど=11月26日、東京都小笠原村の沖ノ鳥島

    商品コード: 2004121400065

  • 2004年12月14日
    「北小島」の護岸 島か岩か、最南端の領土

    満潮時に激しい波に洗われる「北小島」の護岸=11月26日、東京都小笠原村の沖ノ鳥島

    商品コード: 2004121400068

  • 2004年12月14日
    東小島のケーソン 島か岩か、最南端の領土

    東小島の護岸工事で作業船を留める水中のケーソン。周辺はサンゴが少なく岩ばかり目立つ=11月26日、東京都小笠原村の沖ノ鳥島

    商品コード: 2004121400066

  • 2005年04月19日
    観測所や北小島 沖ノ鳥島周辺でマグロ捕獲

    沖ノ鳥島の、潮位などの観測所施設(右手前)と北小島(右上)、旧日本海軍が築いた観測基盤(左)=17日午後、共同通信社特別機から

    商品コード: 2005041900229

  • 2005年04月19日
    操業する日本の漁船 沖ノ鳥島周辺でマグロ捕獲

    沖ノ鳥島(奥)付近で操業する日本の漁船(右下)=17日午後、共同通信社特別機から

    商品コード: 2005041900198

  • 2005年04月19日
    日本の漁船が操業 沖ノ鳥島周辺でマグロ捕獲

    沖ノ鳥島付近で操業する日本の漁船=17日午後、共同通信社特別機から

    商品コード: 2005041900200

  • 2005年04月19日
    潮位などの観測所施設 沖ノ鳥島周辺でマグロ捕獲

    沖ノ鳥島の潮位などを調べる観測所施設=17日午後、共同通信社特別機から

    商品コード: 2005041900231

  • 2005年04月19日
    沖ノ鳥島の東小島 沖ノ鳥島周辺でマグロ捕獲

    沖ノ鳥島の東小島=17日午後、共同通信社特別機から

    商品コード: 2005041900232

  • 2005年04月19日
    沖ノ鳥島 沖ノ鳥島周辺でマグロ捕獲

    環礁に囲まれた沖ノ鳥島=17日午後、共同通信社特別機から

    商品コード: 2005041900199

  • 2005年04月19日
    操業する日本漁船 沖ノ鳥島周辺でマグロ捕獲

    沖ノ鳥島付近で操業する日本の漁船=17日午後、共同通信社特別機から

    商品コード: 2005041900220

  • 2005年04月19日
    沖ノ鳥島 沖ノ鳥島周辺でマグロ捕獲

    沖ノ鳥島の(手前から上へ時計回りに)東小島、潮位などの観測所施設、旧日本海軍が築いた観測基盤、北小島=17日午後、共同通信社特別機から

    商品コード: 2005041900228

  • 2005年04月19日
    北小島や観測所 沖ノ鳥島周辺でマグロ捕獲

    沖ノ鳥島の(左から右へ)潮位などの観測所施設、旧日本海軍が築いた観測基盤、北小島=17日午後、共同通信社特別機から

    商品コード: 2005041900230

  • 2005年05月20日
    沖ノ鳥島

    キーワード:沖ノ鳥島、研究員、岩、最南端、経済水域、経済的、権利=2005(平成17)年5月20日、東京都小笠原村の沖ノ鳥島(ロイター=共同)

    商品コード: 2020082603727

  • 2005年05月20日
    稚魚を放流する石原都知事 石原知事が沖ノ鳥島視察

    ボートからシマアジの稚魚を放流する石原東京都知事=20日午後、東京都小笠原村

    商品コード: 2005052000176

  • 2005年05月20日
    調査する石原東京都知事 石原知事が沖ノ鳥島視察

    東小島付近の海中に潜って、調査する石原東京都知事(手前)=20日午後、東京都小笠原村(代表撮影)

    商品コード: 2005052000213

  • 2005年05月20日
    日の丸掲げる石原都知事 石原知事が沖ノ鳥島視察

    東小島に上陸し、「日の丸」を掲げる石原東京都知事=20日午後、東京都小笠原村

    商品コード: 2005052000160

  • 2005年05月20日
    沖ノ鳥島

    キーワード:沖ノ鳥島、研究員、岩、最南端、経済水域、経済的、権利=2005(平成17)年5月20日、東京都小笠原村の沖ノ鳥島(ロイター=共同)

    商品コード: 2020082603739

  • 2005年05月20日
    沖ノ鳥島

    キーワード:沖ノ鳥島、研究員、岩、最南端、経済水域、経済的、権利=2005(平成17)年5月20日、東京都小笠原村の沖ノ鳥島(ロイター=共同)

    商品コード: 2020082603740

  • 2005年05月20日
    沖ノ鳥島

    キーワード:沖ノ鳥島、岩、最南端、経済水域、経済的、権利、石原慎太郎、東小島、日本、国旗、日の丸=2005(平成17)年5月20日、東京都小笠原村の沖ノ鳥島(ロイター=共同)

    商品コード: 2020082603730

  • 2005年05月20日
    笑顔を見せる石原都知事 石原知事が沖ノ鳥島視察

    東小島に上陸し、「日の丸」を掲げて笑顔を見せる石原東京都知事=20日午後、東京都小笠原村

    商品コード: 2005052000161

  • 2005年05月20日
    海に入る石原都知事 石原知事が沖ノ鳥島視察

    海中の様子を調査するため、沖ノ鳥島の海に入る石原東京都知事=20日午後、東京都小笠原村

    商品コード: 2005052000174

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5